ピンクゴールド 指輪 リングは職人が鍛造手作り!平打ち角落とし

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【ピンクゴールド 指輪 18k】

本日、ご紹介をする鍛造リングはピンクゴールドが素材

鍛造リングでピンクゴールドはとても珍しくてレアです
ネットで探しても市販の既製品ばかりだと思います(汗)
本物の日本伝統技法の鍛造となると本当に無いんですね

というのも作り手泣かせというか作るのが難しいんです
その理由はピンクゴールドは銅の配合率が多いからです。

18k ピンクゴールドとは

18kのピンクゴールドとはどんなゴールドなのかですが
ピンク色をした18kゴールドのこと(そりゃそうでしょw)

一般的な18kのイエローゴールドの配分は75%が純金で
残り25%が銀と銅で、配合率は約半々が一般的な配合率。

しかしピンクゴールドの配合率は銅が銀より多いんです
しかし配合を間違えるとピンク色が出なかったり変色を
したり作っている最中にヒビワレをしたり難しいんです。

このような理由から作り手泣かせで難しい素材なんです
市販の既製品は鋳造という機械生産ですが鍛造は手作り。

しかもサイズ直し等のメンテナンスがほとんど効かない
ので当店の場合はピンクゴールドは基本受けていません。

 

ピンクゴールドの鍛造リングは
数量限定で鍛造でお作りします

しかし!「どうしてもピンクゴールドがいいんです!」

というお客さま限定でピンクゴールドでお作り致します
その代わり、手間がかかるので約二ヶ月必要になります。

ただ金と銀と銅の配合もとても難しい(企業秘密です)
鍛造で作るのも難しい(配合が出来ても割れたりします)
このような手間が相当なので通常よりも高値になります。

メンテナンスも効きにくくて、作るのに時間がかかって
しかも値段も通常より高くなりますが、、、それでも!
ピンクゴールドで作って!となれば全力でお作りします。

前置きが長くなってしまいましたがw ご依頼を頂いて
お作りしたピンクゴールドの鍛造リングをご覧下さい!

ピンクゴールド 鍛造リング
シンプルで太め ダイヤ入り

ピンクゴールドの鍛造リングのデザインはシンプルです

少し太めの幅3.6mmの平打ちリングがベースで縁落とし、
指輪の両縁を一段落としているので厚みも分厚い2.2mm
トップにはダイヤモンドが1ピース入っているデザイン

両縁を光沢に光らせてトップは荒めのマット加工です
ピンクゴールドに荒めのマット加工をするとキラキラと
ピンク色のダイヤモンドダストのように光るのでGOOD

シンプルですがスタイリッシュでお洒落なデザインです
こちらの鍛造リングの制作過程をご覧下さいませ(^-^)

 

続きを読む

婚約指輪をネックレスにする!普段使いができる婚約ネックレス

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【婚約指輪をネックレスにする】

ご紹介をするジュエリーは”ペンダントネックレス”
プラチナで手作りをする鍛造ペンダントトップです

いつも手作り鍛造の結婚指輪が多いブログですが
ペンダントネックレスのご依頼をいただきました
がっつりとペンダントの制作工程をアップします

ご依頼を頂きましたお客様は、何と埼玉県の方で
当店まで高速バスでご来店をいただきました!

ちなみに当店は新潟県の長岡市にありますので
遠方からわざわざ本当に有難う御座います(涙)

ダイヤの婚約ネックレス

婚約指輪で人気のダイヤリングですがリングでは
なくてダイヤを使ったペンダントネックレスです

ダイヤの婚約指輪の代わりにダイヤのペンダント
ネックレスを婚約ネックレスとしてのご依頼です

様々な理由で指輪を普段使いで着けられない方も
いらっしゃいますので、ペンダントネックレスで
毎日普段使いができれば凄く嬉しいですよね(^-^)

ご依頼を頂いたペンダントネックレスのデザイン
花をモチーフにしたもので、花の種類は”日々草”

日々草

日々草の花をモチーフにして
婚約ネックレスを作成します

写真の白くて可愛い花が日々草(ニチニチソウ)
ピンク色の日々草もありますが、白の日々草を
モチーフとしてペンダントネックレスを作ります

お客様からは、リアル過ぎず、シンプル過ぎず、
その中間で日々草と分かるようにとのご依頼です
まずは実物の日々草を観察する所から始めました

花の表も裏も横も、花の並び方も(重なり方)
花が枯れないよう水に入れながら観察しました

これだけ花をがっつり見た記憶は・・・
小学生でアサガオの観察をした時以来かもですw

おっさんになってから花をゆっくりと見る機会が
本当に少なくなっていたので良い機会です(^ω^)

日々草 画像

【プラチナの婚約ネックレス】

プラチナでペンダントネックレスを作るのですが
実物大の日々草を作るとなると、でかくなるので

ペンダントトップとして考えると重いし大きいし
お客様と相談をして18ミリの直径に決まりました

ちなみにお客様は日々草のペンダントを婚約指輪
の代わりとして彼女にプロポーズをするとの事!
しかも日々草は彼女が1番大好きな花だそうです

そんな話を聞いてしまったら職人として燃えます
プロポーズの時に牡丹?とか言われたら泣きますw
かわいい純白の日々草と分かるように頑張ります!

 

続きを読む

ミル打ち リング プラチナ【鍛造】平打ちリングの縁にミル打ち

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【ミル打ち リング プラチナ】

本日ご紹介する鍛造リングは手間がかかっています
かなり細かい部分まで手作業にこだわった逸品です

ミルを打ち込むのですが1つ1つ手打ちなんですね
ミル以外にも32面のカットを1つ1つ彫金します
かなり繊細かつ計算された鍛造リングですね(^ω^)

すでに鍛造リングは完成しております
完成した繊細な鍛造リングをご覧下さい。

ミル打ち リング プラチナ

【プラチナリング 縁にミル打ち】

指輪の素材はプラチナ光沢 (pt900) 指輪の幅が3.6mm
指輪の縁にはミル打ちを一周、32面カットの平打ちです

職人の技術をを凝縮したような鍛造リングですね(^ω^)
プラチナのリングにデザインをぎゅっと詰め込みました

こちらの鍛造リング制作過程をお伝えしたいと思います
それでは指輪作成のブログを最後までご覧くださいませ。

続きを読む

ピンキーリング ペア 夫婦でお揃い!シンプル 細め2mm 槌目加工

鍛造で指輪を手作りする宝石店ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造を継承した職人が作ります

新潟県長岡市の自社工房でジュエリーコウキの二代目
宝飾職人歴29年の私、池田が丹精を込めて作ります。

鍛造(たんぞう)とは、指輪の地金となるゴールドや
プラチナを鍛冶作業で鍛錬しながら作る伝統技法です
難易度が高いハイレベルな技術なので全国でも極僅か。

昔から日本で受け継がれている伝統技法の1つなので
鍛造の技術を継承した一部の宝飾職人しか作れません
当店二代目の私、池田潤も鍛造を継承した職人の1人。

ジュエリー職人

いつも沢山の人にブログを見て頂いて最高です
指輪を作るという事に興味を持っている方々が
結構いらっしゃるんだな~と嬉しく思います!

指輪作りの工程を楽しみにしている人の為にも
指輪作りの様子を詳しく書いていきますね(^ω^)

【ピンキーリング ペア】

鍛造のピンキーリングをペアで制作をいたします
ピンキーリングの素材はプラチナ(pt900)です

リングの幅が2ミリという細めの平打ちリングに
槌目加工をしたお洒落なペアピンキーリングです

すでに完成しておりますので先に完成したペアの
プラチナ槌目加工のピンキーリングをご覧下さい!

ピンキーリング ペア

【ピンキーリング ペア シンプル】

2ミリ幅という細いペアのピンキーリングですが
シンプルな平打ちリングがベースで槌目デザイン

しっかりとした造りになっているのが分かります
2ミリという細さを感じさせない強さを感じますね

何故かというと鍛造という技法で、しっかりと作り
槌目と桜の打ち出しが力強さを増して魅せる為です
こちらの指輪が完成するまで楽しみにご覧ください!

続きを読む

ペアネックレス 大人向けに手作り!プラチナで桜の花ペンダント

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【ネックレスのペア】

当店のメイン商品は、手作りの鍛造の結婚指輪ですが
結婚指輪の代わりにペアでペンダントのネックレスを
付けるというご夫婦さんも昔より増えてきていますね

もちろん結婚をするカップルさんではなくてもペアの
ペンダントネックレスのご依頼も頂いております(^-^)

指輪にしない色々な理由がありますが1番はリングや
結婚指輪が何かしらの理由で出来ないという理由です
仕事柄できない、アレルギーで出来ないなどなどです。

結婚指輪の代わりにペアネックレス

今回ご依頼を頂いたペアのペンダントネックレスは
ご夫婦で結婚指輪の代わりにということでご依頼を
承りました。ご注文を頂きありがとう御座いました。

ペンダントのデザインは桜の花で花の中心に天然の
ピンクダイヤを使用(天然はレアで高額になります)

 

ペアネックレスはプラチナ製

ペンダントの素材はプラチナです(白金とも言う)
結婚指輪で1番多く使われている素材なんですよ

素材が色あせない事から永遠のLOVEを感じますし
ウエディングジュエリーとして縁起のよい素材です

鍛造(たんぞう)彫金(ちょうきん)という技術で
1つ1つ手作業で作るので完成度はとても高いです
すでに完成しておりますので写真をご覧ください!

ペアネックレス プラチナ 花

ペンダントもネックレスもペア

ペンダントトップに使われているチェーンもプラチナ
長さは男性が50センチで、女性が40センチです
さすがにネックレスは手作りではなくて出来合いです

手作りをしたペンダント トップはペアで同じ桜の形
女性には、天然のピンクダイヤモンドが花の中心に
男性の方には一般的な透明のダイヤを使っております

こちらのペアネックレスが完成するまでの過程です
いつもの指輪作りの工程と違うので面白いと思います。

続きを読む

幅広い鍛造プラチナリングがお洒落!太い6mm幅×ダイヤ10個入り

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【鍛造プラチナリング 幅広い】

本日ご紹介をする鍛造プラチナリングは豪華版です(^-^)

幅広いプラチナリングで、太さが何と6ミリもあります
プラチナリングの素材はプラチナ900(pt900)です
ダイヤを10ピース埋め込んでマット加工で仕上げます

かなりのボリュームがある鍛造プラチナリングなんです
リングの太さもリングの肉厚もあってインパクト満点!

鍛造プラチナリング ダイヤ10ピース

ダイヤを10ピースも使っている豪華版ですがダイヤの
大きさがバラバラなんですが石留めをする石の位置も
アンバランスにするのでダイヤを散りばめる感じです

すでに鍛造プラチナリングは完成しておりますので
完成をした鍛造プラチナリングの画像をご覧ください

鍛造 プラチナリング ダイヤ

PT900 幅広い鍛造リング
ダイヤ10個 マット仕上げ

めちゃめちゃ豪華な仕様の鍛造プラチナリングですね!
プラチナ(pt900)を日本伝統技法の鍛造でリングを作成

大きさが違うダイヤを10ピース使ってアンバランスに
太い6ミリ幅のプラチナリングに散りばめて入れました

こちらの画像の鍛造プラチナリングが完成するまでの
制作過程を記事にしますので楽しんでご覧下さいませ!

続きを読む

鍛造 プラチナリングの強度は頑丈!普段使いできる太め5.5ミリ幅

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【普段使いができる 鍛造リング】

普段着のように常に毎日してほしい鍛造リングです
強度が強く傷がつきにくいプラチナリングをご紹介!

今回、制作過程をご紹介させて頂く鍛造リングは
バリバリに鍛冶で叩き上げた強度の強いリングです
しかも幅も太くて、肉厚もあって重厚感があります

毎日普段着けして欲しいという意味は愛着だけじゃなく
そのリングの強度も含めて毎日しても大丈夫という意味

傷がつきにくくて、変形もしにくい、ヘビロテOKです
ガシガシ毎日着けて頂きたい鍛造リングという事ですね
ハイセンスな鍛冶で造ったプラチナリングは凄いですよ

 

【太めで幅広い 鍛造リング】

プラチナリングの幅が5.5ミリもある幅広いタイプで
肉厚も一般的なリングよりも1.5倍の厚さがあります

そして桜の打ち出し(桜の鎚目)をガンガン打ち込んで
桜が勢いよく舞っている桜吹雪をイメージした指輪です
目立つので人と違う指輪をしたい人に好まれます(*´Д`)

ご依頼を頂いたお客様は京都府のお客様です
何度もお電話やメールでの打ち合わせに感謝です
すでに完成しておりますので完成した指輪をご覧下さい

鍛造プラチナリング 太い

鍛造プラチナリング
桜を打ち出した槌目

こちら鍛造プラチナリング、インパクトが凄いでしょw

桜がガツガツ打ち込まれていて躍動感が超あります
勢いよく桜が舞い上がっているの光景を表現しました

※写真は、桜を打ち込んでいる時の作業過程ですので
完成したリングは綺麗に幅が揃っているのでご安心を

それではリングの素材のプラチナを鍛造にこだわって
作り上げる太めの鍛造プラチナリングの制作過程です!

続きを読む

平打ちリング【鍛造】プラチナ制作過程!幅7mm マット×ヘアライン

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【鍛造リング×平打ちリング】

ご紹介する平打ち鍛造リングは重量感と重厚感があります!
とにかく見た目がボリューム満点の平打ち鍛造リングです
素材が高価なプラチナ、更にボリューミーに感じますよねw

平打ち鍛造リングの幅は何と7.0ミリ幅の幅広いタイプ
平打ちリングの肉厚(厚み)2.2ミリという分厚さです

そして平打ちリングの全面がマット加工の荒仕上げという
インパクト満点のごっつい鍛造の平打ちリングです(*´Д`)

そんなファンキーな平打ちリングのご依頼主様は
千葉県から当店までご来店を頂きましたK様です
遠方からわざわざ本当にありがとう御座いました!

こちらの鍛造の平打ちリングは完成しておりますので
完成したワイルドで重厚感のある平打ちリングをどうぞ!

平打ちリング プラチナ ヘアライン

【平打ちリング マット×ヘアライン】

平打ちリングの全面がマット仕上げでワイルドですね
指輪の内側、外側、側面と全てがマット仕上げなんです

そしてマット加工を隅々まで良く見て下さい!
何と指輪の表面、側面、内面とマットの種類が違います
のちほど制作工程で詳しくマット加工の流れを書きますが

●表面が荒い目の紙ヤスリで仕上げた「ヘアライン加工」

●側面がダイヤを使ってキラキラ光る「ダイヤのマット加工」

●内面が細かい目の紙ヤスリで仕上げた「マット加工」

プラチナリングの面によって、ここまで仕上げ方を変える
というのは珍しいですので、仕上げていて面白かったです
今回の鍛造平打ちリングも作り応えが超ありました(*´Д`)

続きを読む

ピンキーリングをペアで手作り!人気のプラチナで結婚指輪の代わり

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【ペアのピンキーリングを作る】

それでは鍛造リングの制作風景にうつりたいと思いますが
今回制作させて頂いたのがペアのピンキーリングなんです
埼玉県のお客様からのご依頼です。ありがとう御座います!

ピンキーリングとは

小指にする指輪、リングをピンキーリングと言うのですが
珍しくペアで制作するので結婚指輪としても使えるんです

今も昔も結婚指輪は左手の薬指が定番というか普通ですが
今は小指にするカップルさんも少しづつではありますが、
増えておりピンキーリングでも制作させて頂いております

小指といえば運命の赤い糸、まさしく運命の指輪物語です
ピンキーリングを結婚指輪にするなんてロマンを感じます

すでにペアのピンキーリングは完成しておりますので
完成したピンキーリングをお見せいたしますが、この素敵な
デザインのリングが完成するまでの制作工程をお見せします

DSCN2027

ピンキーリングの素材はプラチナ

まずはピンキーリングの素材とデザインの詳細です

ピンキーリングの素材はプラチナ900 (pt900)
プラチナを鍛冶で鍛えながら作る日本伝統技法の鍛造
プラチナを直接、削ったり彫ったりして作る彫金作成

ピンキーリングのデザインは十字架のクロスデザイン
クロス部分は、つや消しマット加工のホワイトクロス

サイズは1号と7号(サイズが小さいので小指に合う)
ピンキーリングの幅は3.5ミリ、肉厚は1.6ミリ

 

鍛造とは鍛えて造ることで
何で鍛えるのか?鍛冶です

まずはプラチナを鍛えて育てる作業で鍛冶で鍛えていきます
鍛冶作業ともいわれますが、とにかくこの鍛冶作業は手間が

かかり、時間を惜しまず作る事の基本となる作業なのですが
時間がないので省略させて頂きます(早速、省略ですいませんw)

指輪制作には時間をかけますが、記事には時間をかける事が
なかなか出来ない忙しい環境なのでどうか許して下さい(汗)
その代わりとは言ってなんですが動画で鍛冶の様子をアップ中!

コチラからご覧いただけます→YouTube プラチナの鍛冶

続きを読む

ごつい指輪×プラチナメンズリング作成!幅広12mm×平甲丸に槌目

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【ごつい リング】

今回ご紹介をする鍛造リングはゴツイ純プラチナリング
ゴツイと一言で言い表せないレベルのゴツサが自慢ですw
じゃ何がゴツイの?それは幅も厚みも見た目もゴツゴツw

【幅広い リング】

まずはリング幅がゴツイ!幅広い12ミリもあるんです!
リングの幅が12ミリというのは規格外で特注の幅ですw

市販の既製品で一般に販売をされている指輪はせいぜい
幅広いといっても5~6ミリほどなのでその約2倍です!

【分厚い リング】

リングの厚みもゴツイですよ!一般的に販売をしている
指輪の厚みは1.5ミリ~1.7ミリほどの厚みが多い
のですが今回のリングの厚みは3.3ミリという分厚さw

この分厚さも市販の既製品のリングの約2倍もあります!
これだけでも特注サイズなのですが見た目もゴツイです

【槌目のゴツさ 力強い!】

リング幅も厚みも超ごつくてインパクト満点なのですが
その見た目も半端ないゴツサです!画像をご覧ください!
ゴツイ指輪にゴツサ増し増しのゴツイ槌目を打ちました!

ごつい メンズリング

【幅広い純プラチナリングは超ゴツイ!】

どうですか!ごつさ100点満点の幅広プラチナリング
使用した石はお客様の大切な形見のルビーを入れました

純プラチナリングの幅は規格外の特注、怒涛の12ミリ
純プラチナリング厚みは規格外の特注、驚愕3.3ミリ
そんな規格外のリングに超絶の槌目模様!もう悶絶ですw

槌目模様は深めに打ち込む事で凹凸が増して力強くなり
更に白い艶消しにすることでインパクトが増し増しです
早速、ゴツイ純プラチナリングの制作工程をご覧下さい!

 

続きを読む