ピンキーリングをペアで手作り!人気のプラチナで結婚指輪の代わり

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【ペアのピンキーリングを作る】

それでは鍛造リングの制作風景にうつりたいと思いますが
今回制作させて頂いたのがペアのピンキーリングなんです
埼玉県のお客様からのご依頼です。ありがとう御座います!

ピンキーリングとは

小指にする指輪、リングをピンキーリングと言うのですが
珍しくペアで制作するので結婚指輪としても使えるんです

今も昔も結婚指輪は左手の薬指が定番というか普通ですが
今は小指にするカップルさんも少しづつではありますが、
増えておりピンキーリングでも制作させて頂いております

小指といえば運命の赤い糸、まさしく運命の指輪物語です
ピンキーリングを結婚指輪にするなんてロマンを感じます

すでにペアのピンキーリングは完成しておりますので
完成したピンキーリングをお見せいたしますが、この素敵な
デザインのリングが完成するまでの制作工程をお見せします

DSCN2027

ピンキーリングの素材はプラチナ

まずはピンキーリングの素材とデザインの詳細です

ピンキーリングの素材はプラチナ900 (pt900)
プラチナを鍛冶で鍛えながら作る日本伝統技法の鍛造
プラチナを直接、削ったり彫ったりして作る彫金作成

ピンキーリングのデザインは十字架のクロスデザイン
クロス部分は、つや消しマット加工のホワイトクロス

サイズは1号と7号(サイズが小さいので小指に合う)
ピンキーリングの幅は3.5ミリ、肉厚は1.6ミリ

 

鍛造とは鍛えて造ることで
何で鍛えるのか?鍛冶です

まずはプラチナを鍛えて育てる作業で鍛冶で鍛えていきます
鍛冶作業ともいわれますが、とにかくこの鍛冶作業は手間が

かかり、時間を惜しまず作る事の基本となる作業なのですが
時間がないので省略させて頂きます(早速、省略ですいませんw)

指輪制作には時間をかけますが、記事には時間をかける事が
なかなか出来ない忙しい環境なのでどうか許して下さい(汗)
その代わりとは言ってなんですが動画で鍛冶の様子をアップ中!

コチラからご覧いただけます→YouTube プラチナの鍛冶

続きを読む

ごつい指輪×プラチナメンズリング作成!幅広12mm×平甲丸に槌目

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【ごつい リング】

今回ご紹介をする鍛造リングはゴツイ純プラチナリング
ゴツイと一言で言い表せないレベルのゴツサが自慢ですw
じゃ何がゴツイの?それは幅も厚みも見た目もゴツゴツw

【幅広い リング】

まずはリング幅がゴツイ!幅広い12ミリもあるんです!
リングの幅が12ミリというのは規格外で特注の幅ですw

市販の既製品で一般に販売をされている指輪はせいぜい
幅広いといっても5~6ミリほどなのでその約2倍です!

【分厚い リング】

リングの厚みもゴツイですよ!一般的に販売をしている
指輪の厚みは1.5ミリ~1.7ミリほどの厚みが多い
のですが今回のリングの厚みは3.3ミリという分厚さw

この分厚さも市販の既製品のリングの約2倍もあります!
これだけでも特注サイズなのですが見た目もゴツイです

【槌目のゴツさ 力強い!】

リング幅も厚みも超ごつくてインパクト満点なのですが
その見た目も半端ないゴツサです!画像をご覧ください!
ゴツイ指輪にゴツサ増し増しのゴツイ槌目を打ちました!

ごつい メンズリング

【幅広い純プラチナリングは超ゴツイ!】

どうですか!ごつさ100点満点の幅広プラチナリング
使用した石はお客様の大切な形見のルビーを入れました

純プラチナリングの幅は規格外の特注、怒涛の12ミリ
純プラチナリング厚みは規格外の特注、驚愕3.3ミリ
そんな規格外のリングに超絶の槌目模様!もう悶絶ですw

槌目模様は深めに打ち込む事で凹凸が増して力強くなり
更に白い艶消しにすることでインパクトが増し増しです
早速、ゴツイ純プラチナリングの制作工程をご覧下さい!

 

続きを読む

純金リング くすみ加工【鍛造 製造工程】シンプルで凄く丸い超甲丸

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ
ジュエリーコウキの池田です

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純金は柔らかいので鍛造で作る】

本日、ご紹介をする鍛造リングは純金の指輪になります

純金は文字通りに「純粋な金」という事で不純物などが
一切含まれない純粋な金のみなので凄く柔らかいんです。

ゴールド製品の定番といえばk18の18金になります
リングやペンダントやネックレス等のジュエリー製品の
ほとんどがk18で作られたもので純金ではありません。

18金というのは銅や銀が混ざって出来ているゴールド
硬くなることから加工がしやすくなるので多いんですね。

という事は純金は柔らかいので加工がしにくくリングに
なると変形や凹み傷などが付きやすいので少ないんです
純金で形を作る技術も難易度が高く難しいので尚更です。

しかし!当店が継承している日本伝統技法の鍛造という
技術で鍛えながらリングを作れば頑丈に強くなるんです。

「歪みにくい、凹みにくい、傷も付きにくい、」という
特長があって市販の既製品の数倍は頑丈になるんですよ。

純金リング くすみ加工

【純金の超甲丸リング】

早速、鍛造で作り上げた純金リングをご紹介いたします

昔から大人気で定番の丸い甲丸(こうまる)という形が
更にパワーアップをした甲丸を超えた超甲丸リングです

通常の丸い甲丸より更に丸くて表面も側面も内面も甲丸
特にリング内側は内甲丸という丸さで着け心地の良さが
抜群に良くて他の指輪が着けたくないレベルの着け心地。

純金リング くすみ

純金リング くすみ加工

更に純金リングの仕上げが「くすみ加工」という仕上げ

くすみ加工は鏡面仕上げほどの反射が無い淡い光沢です
くすみ加工は指輪を使い込んでいくと くすみが増します。

使い方によって、くすみに味が出てくるようになります
唯一無二の くすみで味わい深くなるので楽しめるんです
それでは純金リング くすみ加工の鍛造制作をご覧下さい!

続きを読む

太いメンズリング×鍛造18金ゴールド【製造工程】6mm幅×槌目加工

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【幅広くて太い ゴールドリング】

ご紹介をする鍛造リングは、幅広い太いゴールドリング
リングの形状は平甲丸フォルムで槌目を打ち込みました。

素材は k18イエローゴールドで6ミリ幅と書きましたが
正確には5.7ミリ幅で6ミリ弱のリング幅になります

幅6ミリ弱だと伝わりずらいので幅6ミリと書きました
もちろん幅6ミリのジャストピッタリもお作りできます
それでは、完成をした鍛造ゴールドリングをご覧下さい!

メンズリング ゴールド

【メンズ 太いゴールドリング】

ご依頼を頂きましたお客様は茨城県O様からご依頼です

わざわざ茨城から新潟の長岡市にあるジュエリーコウキ
までお車でご来店をして下さって感謝感激でございます
車で何時間も・・本当に本当にありがとうございました!

茨城県O様は男性ですのでメンズで太めを制作しますが
女性でも太めのレディースリングもお作りできますので
興味がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい(^-^)

それでは早速、鍛造ゴールドリングの制作工程を細かく
アップしていきますので楽しんでご覧下さいませm(__)m

 

続きを読む

24金 印台リング 純金で手作り【鍛造 製造工程】珍しい丸い三味印台

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【鍛造 純金 印台リング】

本日の記事でご紹介をする鍛造リングは印台リングです

純金で作った印台リング自体が、とても珍しいのですが
製法が本物の鍛造となると日本中でもほぼほぼ無いです。

その理由はまず鍛造を継承している宝飾職人が少なくて
簡単に継承できる技術ではないので年々職人が激減(涙)

その宝飾職人の中でも印台リングを作れる人は限られて
更に純金は柔らかくて特殊なので作れる職人が極わずか。

私、池田を含めても鍛造で純金印台リングが作れる人は
本当に少ないという現状です(見つけるほうが難しい)
そんな超レアな鍛造の純金印台リングをご紹介致します!

 

【印台リング 三味の丸角】

印台リングのデザインの中でも1番人気の三味(しゃみ)
三味線に似ていることから三味と呼ばれている印面です。

一般的な三味印台リングは角がハッキリと出ていますが
今回は画像のように角を丸くした優しい三味になります。

印台リングといえばゴツイ怖いイメージが先行する指輪
ですが角を丸めることで見た目のゴツさが少なくなって
お洒落で少し可愛いく見えるので感じ方が良くなりますw

印台リング 三味

純金は凄く柔らかいので角が
潰れやすいのも丸くした理由

丸角三味をベースにして印台を作っていくと角が丸いの
で着け心地が凄く良くなって最高の着け心地になります。

しかし着け心地を良くする他にも理由がきちんとあって
純金は柔らかくて角が潰れやすいという特徴もあるので
それならば角が無い方が潰れないという計算なんですね。

鍛造で作り上げるので市販の既製品の何倍も頑丈ですが
それでも純金は純金ですので角が潰れやすいんですよね
三味の角を丸めてリングの角も丸める事で回避できます。

 

【純金 印台リング 鍛造の製造工程】

さて、いよいよ鍛造で作る純金の印台リングの制作工程

鍛造という日本伝統技法、更に純金の印台リングなので
他ではまず見れない超レア激レアな制作工程になります
この制作工程の記事を見れた方はラッキーだと思いますw

最初にお伝えしたいのですがこれからご紹介をする印台
は手間が相当かかりますし純金相場が高いので高額です

純金相場によるので時価ですが約50万円はかかります
1本作るのに約二か月かかりますのでお願いいたします。

続きを読む

いかつい指輪 メンズ ごつい幅広【鍛造】プラチナ×シンプル平甲丸!

鍛造の指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

アラフィフに足を踏み入れた宝飾職人の池田と申しますw
当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です!

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【本物の鍛造の指輪とは】

鍛造指輪とは鍛えながら造る指輪と書いて鍛造指輪です

本物の鍛造で手作りをする指輪はほとんど存在しません!
鍛造風は多く存在しますが本物の鍛造はレベルが違います。

鍛造風は機械圧縮などのプレスで作れますが本物の鍛造は
宝飾職人が鍛冶で作るしかないので数に限りがあるんです
しかも伝統技法なので先代から継承した職人のみ作れます。

【ごつい メンズの指輪】

埼玉県のお客様から鍛造指輪のご依頼を頂きました(^-^)
しかも鍛造で作れる限界の極太で槌目のゴツイ指輪です!

ゴツイを連呼してしまいましたがw それほどゴツイ指輪
神がかかった鍛造指輪で見た目のインパクトは凄まじくて
指輪というよりも芸術品の飾っておけるレベルの指輪です。

めちゃくちゃハードルを自分で上げてしまいましたがww
それほどゴツイ圧倒的なインパクトになるのでご覧下さい。

ごつい 指輪 メンズ

【いかつい メンズリング】

どうですか!いかついインパクトの鍛造指輪のご登場ですw

リング幅が13ミリもある超絶極太、厚みが何と約3ミリ
肉厚があるので槌目を深く打ち込めるので凄味が増します
これだけプラチナを使うと約40グラムも必要になります!

槌目模様の大きさと深さは規格外のサイズなので可能です
手作りの鍛造で作れる限界ギリギリの鍛造指輪になります
こちらの凄味のある鍛造指輪の制作工程をご覧下さいませ。

続きを読む

純金リング メンズ×レディース【鍛造】5mmのシンプルな指輪に槌目

鍛造の純金リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ純金で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純金リング 鍛造 オーダーメイド】

本日の記事は純金リングのオーダーメイドのお話しです
オーダーメイドと一言でいっても製法が様々ありますが
日本伝統技法の鍛造で手作りをするオーダーメイドです!

日本が誇る鍛造、昔から代々受け継がれてきた伝統技法
「オーダーメイドの最高峰」といってもいいと思います
それくらい技術に自信がありますし誇りを持っています!

純金は柔らかくてリングに不向き

純金は純度MAXの純粋な金、不純物が含まれていない
ので凄く柔らかくてリングに向いていないと言われます。

ちなみに18金などは銀と銅が含まれるので硬いんです
なので市販の既製品のほとんどが18金で純金は極僅か。

しかし大丈夫です!市販の既製品と違い鍛冶で作ります
鍛造とは鍛えて造る事、鍛冶で鍛えてリングを作ります
そうすれば強度も増して頑丈になりリングでも安心です!

 

私が作る純金リングはメンズでも
レディースでもどちらでも大丈夫

私が手作りしている鍛造の純金リングはレディースでも
メンズでもどちらでも似合いますのでご安心下さい(^-^)

今回ご紹介をする純金リングのデザインはシンプルです
平打ちリングがベースで槌目(つちめ)で仕上げました。

槌目(つちめ)とは鍛造と同じく日本伝統技法の1つで
金槌で打つことから槌の目ということで槌目といいます
それでは完成をした鍛造の純金リングをご覧下さいませ!

純金リング レディース

純金リング 鍛造オーダーメイドは
レディースでもメンズでも似合う!

全てが手作業のみで作ったオーダーメイドの純金リング

リング幅が5ミリと太めで肉厚も2.2ミリと厚めです
重厚感を感じられる平打ちリングがベースの純金リング。

槌目も手打ちで仕上げて浅い縦長の縦目槌目という種類
深い槌目は凹凸がハッキリ出ますが浅い縦目槌目は凹凸
がハッキリと出ないので癖がなく何処でも着けられます。

槌目模様を艶消しのマット加工で仕上げることで槌目が
清楚で上品になって大人のお洒落な雰囲気が出てきます
レディース&メンズでもどちらでも似合うデザインです。

続きを読む

本物の純金ドッグタグ 手作り【鍛造】最高の素材×最高の技術で作成

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキ
宝飾職人が工房で鍛造で手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作り鍛造リングは全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い指輪です。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全てのジュエリーの中で鍛造のオーダーメイドで
作ったリングは僅か1%未満しか存在しないんですよ。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造ジュエリーをご紹介しています。

 

【ドッグタグを作る】

本日はドッグタグの作成工程をブログでお伝えします
しかもドッグタグの素材は純金という豪華版なんです。

純金ドッグタグは恐らく無いので作るしかありません
その前にドッグタグとは何かを説明させて頂きますね。

ドッグタグとは?

もともとドッグタグとは、兵士がしているペンダント

ネックレスチェーンにプレートのペンダントを通して
首にぶら下げるのですがプレート型のペンダントには
兵士の名前や血液型など様々な情報が刻まれています。

兵士を識別するのに使われていたと言われていますが
今はお洒落なアクセサリーの1つとして、一般の人が
ペンダントのデザインの1つとして首に下げています。

ちなみに純金のドッグタグは完成しておりますので
まずはどのようなドッグタグかご覧下さいませ(^-^)

ドッグタグ おしゃれ

おしゃれなドッグタグ

めちゃめちゃ おしゃれで豪華なドッグタグですよね!
純金をマットに仕上げたのでお洒落で格好いいんです

基本的にドッグタグはプレーンで何も文字を彫らない
タイプが人気でよく作りますが文字を彫ることも可能

※特殊なレーザーの機械で彫るので費用がかかります

ちなみにですが上の画像がドッグタグの表のデザイン
下の画像がドッグタグの裏のデザインになっています。

お客様がご自身でデザインをしてデータを作りました
その画像データをもとにしてドッグタグに彫りました。

普通の方はデータ画像を作るのが難しいと思います
そこでスケッチでも構いませんし見本画像のデータが
あればそれを元にしてレーザーで彫ることも可能です。

ドッグタグ ネックレス

【ドッグタグ オリジナル作成】

今回のオリジナルで作るドッグタグのサイズですが
厚み2.5mm × 幅20mm × 長さ30mmのサイズです

サイズが大きめなので純金の重量も必要になりますし
作る手間も相当かかりますので結果、高額になります
しかし価格以上に満足して頂けるドッグタグです(^-^)

それではオリジナルドッグタグが完成するまでの工程
をアップしますので最後まで宜しくお願いいたします。

続きを読む

指輪 お守り代わりに お守りリング!おすすめ 鍛冶の力が宿る鍛造。

鍛造リングの専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で指輪を鍛造で作ります

鍛造(たんぞう)とは、鍛えて造るという意味の製法
指輪の地金となるプラチナやゴールドを鍛冶で鍛え
地金を強く育てながら作る日本伝統技法の1つです。

昔からの伝統技術だけあって鍛造技術を受け継いだ
宝飾職人しか作る事ができない特別な製造方法です
日本全国で鍛造で指輪を作れる店は数える程度です。

鍛造で作る指輪=鍛造リングといいます

ジュエリー職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人の池田です!
宝飾職人歴は29年、鍛造を継承している1人です。

工房で昔から受け継いでいる鍛造で作っております
鍛冶と金物の町で有名な地域で作る本場の鍛造リング。

さて、本題に入りますが今回の記事で紹介するのは
お守りとして使う指輪、お守りリングの制作工程です。

 

【指輪 お守り代わり】

お守り代わりに強い指輪を鍛造で作って欲しいんです!
という制作のご依頼を福岡県のT様から頂きました。

最初にお伝えしておきますが、私は宝飾職人なので
スピリチュアル的な特別な能力は一切ございませんw

しかし、何故かお守り指輪のご依頼が多いんですよね
私も気になってご依頼を頂いたお客様に尋ねてみたら

○鍛冶で作っているから邪気を跳ね返しそうなので
○身代わりになる指輪だから壊れない強いのが良い
○深い鎚目が龍や蛇の鱗と似ていて魔除けにもなる
○昔から伝わる日本伝統技法は神秘的な力がありそう

この4点が鍛造リングをお守りとして使いたい理由で
深い鎚目の凹凸が龍や蛇の鱗と似ている。なるほど!
そう言われてみれば確かに槌目が鱗に似ているかもw

お客様に言われて初めて分かることもあるんですね
ということで完成をしたお守りリングをご覧ください
ちなみに指輪は力強さを求めて10ミリもある極太です。

お守りリング プラチナ

中指にする厄除けの指輪

中指が厄除けや、邪気を払う指ということで中指に
合わせて鍛造リングのご依頼をいただきました(^-^)

自分はスピリチュアル的な能力は一切ありませんし
スピリチュアルな知識も一切ありませんのでお客様
から色々と聞いてお守りリングの勉強になりました。

この槌目デザインがお守りの指輪としてご依頼数が
1番多いデザインというのも理由が分かりました

お守りの指輪をする指は、中指が多いということで
長い中指に合わせて太い10ミリの指輪を作りました
それではお守りリングが完成するまでをご覧下さい!

 

続きを読む

リング レディース 太めゴールドが人気【鍛造】ごつい平甲丸に槌目!

鍛造リングのブランド ジュエリーコウキ
レディースの指輪を鍛造で手作りします!

ジュエリーコウキは新潟県長岡市にある自社工房で
伝統技法の鍛造という鍛冶の技術で指輪を作ります
鍛造リングを作る宝石店の鍛造ブランドになります

鍛造(たんぞう)とは、指輪の地金となるプラチナや
ゴールドを鍛冶作業で鍛えながら造る伝統技術です
鍛冶で刀を作る刀職人さんと同じような工程の製法。

伝統技術というだけあって昔から代々受け継がれた
鍛造を継承した宝飾職人のみ作ることができません
専門設備も必要なので全国でも極僅かな専門店です。

ジュエリー職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの二代目で、宝飾職人の池田です。

ジュエリー職人とも言いますが職人歴は29年です
師匠である父から伝統技術の鍛造を継承しています。

本日、ご紹介をする鍛造リングはレディースの指輪
幅が10ミリもあって平甲丸&槌目で仕上げました。

栃木県A様からのご依頼で制作をさせて頂きました
凄まじいインパクトなのでまずは画像をご覧下さい!

リング レディース 太め

【レディースリング 太めの指輪】

太めの指輪ではなく確実に太いレディースの指輪ですw

基本的にレディースの指輪で幅広いものは少ないので
こんなに太くて槌目で仕上げた指輪は既製品では皆無
手作りで作るからこそ規格外の大きさに対応できます。

指輪の太さは驚愕の10ミリ!指輪の形状は平甲丸で
1番肉厚の部分で2.7ミりもあって重さもあります。

太くて幅広いレディースのリングを探している方には
一目惚れをするようなオーラを放っていると思いますw

 

【レディースの指輪 素材はゴールド】

ゴールドには純度と色の種類が何パターンかあります

まず純度、k24の純金が1番純度が高いゴールドです
ということは割り金が入っていないので1番高いです。

一般的に金に入れる割り金はシルバーと銅が定番です
純金に割り金を入れて溶かすことで純度が変わります

金にはk22,k20,k18があってk18が市場で1番多い金、
k18は固くて頑丈なので使い勝手も良いということと
細工や加工がしやすいのでジュエリーに向いています。

k24の純金の純度がマックスでk22,k20,k18になれば
金の純度が下がっていくので金額も下がっていきます。

しかし!金の相場自体が高い推移で動いていますので
k18でレディースの太い重い指輪ならば高くなります
ということは純度が上がればさらに高くなってきます。

 

【レディースリング ゴールドの種類】

鍛造リングで作れる素材はプラチナかゴールドですが
今回のレディースリングの素材はk18イエローゴールド

金の純度の説明をしましたが今度は金の色になります
私が鍛造で手作りする鍛造リングはイエローゴールド
レディース、メンズに限らずイエローゴールドで制作。

金の色はイエローゴールドの他にホワイトゴールドや
ピンクゴールド等がありますが、割り金に使う地金が
違うので鍛冶で鍛えると耐えられなくて割れるんです。

ひび割れや、金の変色などの不具合が多々ありますし
サイズ直しなどのメンテナンスも不可能なので当店は

安心して使えてメンテも可能なイエローゴールドのみ
で鍛造の指輪、レディースリングを作っているんです。

続きを読む