ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

純金と純プラチナで作る鍛造 結婚指輪の作り方!コンビデザイン

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリング

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴31年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです

鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

本日は純金と純プラチナを使って結婚指輪を作ります!

純金(k24)と純プラチナ(pt1000)とは

純金(24金)と純プラチナ(pt1000)は純度MAXの地金です

純金は純粋な金(24金)で、表記はk24や24kになります
ずっと相場が高騰しているので価格も凄く高くなります。

純プラチナは純粋なプラチナで表記はpt1000になります
pt999という表記もありますが製造メーカーで異なります。

当店の場合はpt999.5以上の場合はpt1000を刻印しています

pt999の場合はpt999の刻印を使用していますがどちらも
差がないので製造メーカーによって表記が異なるんですね。

純金も純プラチナも純度がMAXなので純粋な愛の連想を
させるという事で「純愛」の結婚指輪と呼ばれ大人気です。

 

純金と純プラチナの結婚指輪

本日は、純金と純プラチナの2種類の純粋な地金を使って

結婚指輪を作っていきますが1つの指輪の2種類の地金を
使うのではなくて男性用と女性用で素材を変えるんですね。

プラチナとゴールドの2色を1つの指輪でデザインとして

作っているリングを見ることがあると思いますが作り手と
しては地金同士に負担がかかるので当店は作っていません。

純金と純プラチナ、そもそも全くの別物の素材になります

溶ける融点が約2倍も違うのでサイズ直しなどのメンテも
効きにくい(ほとんどが効かない)のが最大のデメリット。

地金の強度や粘りなど質が違うので無理に2つくっつけて
しまうとメンテナンスは出来ない、歪んだり変形したりを

しやすいのでリングが壊れやすくなってしまうんです(汗)
お客様に安心して身に着けて頂きたいので2種類の地金を

くっつけるコンビはしていませんが、その代わりに2つの
別々の素材で1本1本作るということはしています(^-^)

早速ですが完成した純金と純プラチナの指輪をご覧下さい!

結婚指輪 純金 純プラチナ

女性用の結婚指輪が純金で
男性用の指輪が純プラチナ

北海道札幌市O様のご依頼で結婚指輪を制作いたしました
結婚指輪のご依頼を頂きましてありがとうございました!

女性用の結婚指輪を純金(24金)で作らせていただきました
男性用の結婚指輪を純プラチナで作らせていただきました

結婚指輪のデザインはシンプルイズベストで甲丸デザイン

甲丸(こうまる)は丸いフォルムで指への当たりが優しく
昔から愛されている定番のデザインで今も定番で人気です。

注目ポイントは仕上げ方法です!一般的に純金とプラチナ
といえばピカピカに光った光沢仕上げが一般的ですよね~

しかしヤスリで削る彫金技術で粗く仕上げた荒仕上げです

ヘアラインにも似てる細い彫金ラインが輝くデザインです
手作業で削るので高度な彫金技術が必要となる仕上げです。

それではこだわり鍛造の結婚指輪の制作工程をご覧下さい!

 

(さらに…)

18金の指輪 鍛造で作るk18リング作り方!メンズ レディース兼用

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
私が1つ1つ鍛造で指輪を手作りをします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは市場の
指輪全体の1%以下しか存在しない特別なリングです

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

ジュエリーコウキの2代目の池田、鍛造職人歴31年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

ハンマリングで作り上げた鍛造リング

本日は鍛造で作り上げた18金の指輪をご紹介いたします
k18イエローゴールドで鍛造リングを手作りしました

毎日、鍛造リングや鍛造の結婚指輪を作っておりますが
今回の18金の鍛造リングは終始、金槌で叩いて作りました

※ハンマーで叩きだして作るのでハンマリングといいます

※のちほど鍛造について詳しく説明をします

普通は、金槌で叩いてヤスリで削る彫金作業で
指輪の形を作りますが今回はほぼ金槌のみです

手間は凄くかかりますが綺麗な形になりました!

【k18リング】

k18鍛造リング

キラキラとした綺麗な槌目指輪(つちめ)

※槌目とは金槌で叩いた時に出る天然の模様
日本伝統工芸で昔から愛される模様なんですよ

そして丸い指輪のフォルムをを甲丸(こうまる)

と呼ぶのですが、先程お伝えしたように金槌で
叩いて甲丸の形状を作りましたので超レアです!

こちらの指輪 k18yg(18金イエローゴールド)が
完成するまでを書きますので宜しくお願致します

 

(さらに…)

マリッジリングとは 意味は?結婚指輪と婚約指輪の違いを解説!

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統工芸の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は市場の
結婚指輪の1%以下しか存在しない特別なリングです

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店 ジュエリーコウキの2代目で代表の池田と申します

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという伝統工芸

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います

いつもブログは鍛造リングの作成工程を書いていますが
職人目線で書いた職人の豆知識ブログも書いております

指輪を作るプロなので何かのお役に立てればと思います
それでは今回の職人の豆知識ブログの内容はコチラです

 

マリッジリングの歴史や意味を探り、
結婚指輪と婚約指輪の違いを徹底解説

ウェディングリングやブライダルリングの用語解説や、
賢明な選び方とプロポーズ演出についても紹介します。

実際に鍛造プラチナ結婚指輪の作成過程を紹介しながら
マリッジリングについて説明をしていきたいと思います。

これから紹介をするマリッジリングの素材はプラチナで
細めの甲丸リングがベースで槌目を打ち込んだデザイン

つや消しマット加工にしたので槌目が上品で美しいです。

マリッジリングとは

(さらに…)

古希のお祝いに贈るジュエリーは純金リング!指輪の魅力と選び方

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統工芸の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は市場の
結婚指輪の1%以下しか存在しない特別なリングです

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店 ジュエリーコウキの2代目で代表の池田と申します

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという伝統工芸

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います

いつもブログは鍛造リングの作成工程を書いていますが
職人目線で書いた職人の豆知識ブログも書いております

指輪を作るプロなので何かのお役に立てればと思います
それでは今回の職人の豆知識ブログの内容はコチラです

 

古希のお祝いに贈る指輪の魅力と選び方を解説

紫のアメジストリングやプラチナリング、
純金リング、ダイヤモンド入り指輪など、
上品で記念に残るジュエリーを贈りましょう。

実際に古希で人気の純金リングの作成過程を紹介しながら
古希のお祝いに贈る指輪の魅力と選び方を解説いたします。

それでは鍛造で作り上げる純金リングの作成過程を見ながら
古希のお祝いに贈る指輪の魅力を知って頂きたいと思います。

ご紹介をする純金リングは下記の画像のデザインになります
太め平甲丸というフォルムに槌目を打ち込んだデザインです。

伝統工芸の鍛造で私、池田が丁寧に作り上げた特別のリング
古希のお祝いにぴったりな価値ある純金リングだと思います。

古希 ジュエリー 指輪

(さらに…)

鍛造で作るプラチナメンズリングの作り方!太い指輪に槌目加工

鍛造の指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴31年の池田です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです

鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います

 

【鍛造の指輪とは】

鍛造指輪とは鍛えながら造る指輪と書いて鍛造指輪です

本物の鍛造で手作りをする指輪はほとんど存在しません!
鍛造風は多く存在しますが本物の鍛造はレベルが違います。

鍛造風は機械圧縮などのプレスで作れますが本物の鍛造は
鍛造職人が鍛冶で作るしかないので数に限りがあるんです

しかも伝統技法なので先代から継承した職人のみ作れます。

【ごつい メンズリング】

埼玉県のお客様から鍛造指輪のご依頼を頂きました(^-^)
しかも鍛造で作れる限界の極太で槌目のゴツイ指輪です!

ゴツイを連呼してしまいましたがw それほどゴツイ指輪

神がかかった鍛造指輪で見た目のインパクトは凄まじくて
指輪というよりも芸術品の飾っておけるレベルの指輪です。

めちゃくちゃハードルを自分で上げてしまいましたがww
それほどゴツイ圧倒的なインパクトになるのでご覧下さい。

プラチナ メンズリング 鍛造

【プラチナ メンズリング】

どうですか!いかついインパクトの鍛造指輪のご登場ですw

リング幅が13ミリもある超絶極太、厚みが何と約3ミリ
肉厚があるので槌目を深く打ち込めるので凄味が増します

これだけプラチナを使うと約40グラムも必要になります
槌目模様の大きさと深さは規格外のサイズですが可能です

手作りの鍛造で作れる限界ギリギリの鍛造指輪になります
こちらの凄味のある鍛造指輪の制作工程をご覧下さいませ。

(さらに…)