30代 憧れの結婚指輪は純金!相場と純金の魅力&デザインを紹介

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統工芸の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります

刀職人が刀を刀鍛冶で作るように、鍛造リング職人の
私、池田が指輪鍛冶で指輪を鍛えてリングを作ります

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は市場の
結婚指輪の1%以下しか存在しない特別なリングです

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店 ジュエリーコウキの2代目で代表の池田と申します

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています

刀職人が、刀を刀鍛冶で作るように、鍛造リング職人の
私、池田が指輪鍛冶でリングを鍛えて鍛造リングを作成

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという伝統工芸

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います

いつもブログは鍛造リングの作成工程を書いていますが
職人目線で書いた職人の豆知識ブログも書いております

指輪を作るプロなので何かのお役に立てればと思います
それでは今回の職人の豆知識ブログの内容はコチラです

 

30代の憧れの結婚指輪は純金!
相場や人気デザインを徹底解説。

購入傾向や選び方のポイント、予算設定方法、
男女別の注意点とおすすめデザインもご紹介。

紹介をする鍛造で作り上げた結婚指輪がこちら

30代の大人カップルに人気の純金で結婚指輪を作りました

デザインは槌目リングのデザインで男女で太さが違います
太めストレートの平甲丸が男性で、女性は細めのv字リング

純金はゴールドの中で1番純度が高くて希少価値が高いです
金相場も高騰しているので資産価値としても高くて人気です

鍛造という製法は日本の伝統工芸で手作業で作っていきます
大量生産で作る一般的な鋳造製品とは違って唯一無二の指輪

実際に鍛造で作り上げる結婚指輪の作り方を紹介しながら、
30代の結婚指輪について詳しく説明していきたいと思います

30代 結婚指輪

続きを読む

純金 純プラチナ 鍛造の結婚指輪を手作り&作り方 2人で違う素材

鍛造の指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

刀職人が刀を刀鍛冶で作るように、鍛造リング職人の
私、池田が指輪鍛冶で指輪を鍛えてリングを作ります

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴31年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

刀職人が刀を刀鍛冶で作るように、鍛造リング職人の
私、池田が指輪鍛冶で指輪を鍛えてリングを作ります

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです

鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純金と純プラチナで結婚指輪を作る】

純金と純プラチナの2種類を素材として結婚指輪を制作

結婚指輪を作る素材で1番多いのがプラチナとゴールド
プラチナはpt900、ゴールドはk18 が一般的なのですが、

本日は、大変珍しい純プラチナ(pt1000)と純金(k24)の
2種類の違う素材を使って結婚指輪を作っていきます!

よくあるプラチナとゴールドを1本の結婚指輪に使った
コンビのデザインではなくて女性用と男性用で違います

今回は男性が純プラチナ、女性が純金で指輪を作ります
2人の好みで別々の違う素材、違う色でも問題なしです

※1本のコンビリングはメンテナンスが効かないんです
別々の素材を一緒にして作ると融点(溶ける温度)や
地金の性質が違うので無理が生じて壊れやすいんですね。

純金 純プラチナ

【純金と純プラチナは柔らかい】

純金と純プラチナは純度がMAXなので柔らかいんです
不純物が地金に含まれていないので柔らかいということ。

というのも一般的に結婚指輪で使われているゴールドは
純金ではなくてk18が圧倒的に多いです(k18以下も多い)

純金だけだと柔らかくてリングに向かないので割り金
として銀や銅を加えて溶かしてk18やk18以下にします

そうすれば金が硬くなって細工もできるからなんです。

純プラチナも同じで柔らかくてリングに向かないので
割りがねとしてパラジウムを加えて溶かしてpt900に
したりpt900以下にします(一般的にpt900が多いです)

純金と純プラチナは柔らかいので変形するのでリングに
向かないという理由と柔らかいので細工が難しいんです

そのような理由から市販の指輪にはほとんど無いんです
しかし!日本伝統技法の鍛造は凄いです!柔らかい地金

を鍛冶で鍛錬するので密度が高まって頑丈になるんです
純金でも純プラチナでも安心して結婚指輪を作れます!

続きを読む

純金でシンプルな鍛造の結婚指輪を手作り&作り方

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は市場の
結婚指輪の1%以下しか存在しない特別なリングです。

更に希少価値が高い純金となれば市場の0.1%ほど
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

鍛造職人

こんにちは (*´Д`)

ジュエリーコウキ 2代目の池田です 鍛造職人歴は31年

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

本日、ご紹介をさせて頂く鍛造リングは純金の結婚指輪
下記の画像の純金の結婚指輪を鍛造で手作りをしました。

 

【純金の結婚指輪】

本日のブログは鍛造で手作りをする純金の結婚指輪の
作り方を分かりやすく記事に書いていきたいと思います

鍛造を継承している私が作る本物の純金の鍛造リング
24金と純金は同じで刻印ではk24や24kと表記されます

24金の結婚指輪は柔らかいのでリングに向いておらず
結婚指輪としてはお目にかかる事がとても少ないです。

しかし!私が継承している日本伝統技法の鍛造製法で
指輪を作れば頑丈で強くなるので指輪として使えます!

地金を鍛えて造る指輪だから鍛造リングと言われます
そしてリングの地金が純金になりますので純金リング

鍛造で手作りをする純金リング=純金の結婚指輪です。

ご紹介をする純金の結婚指輪はすでに完成しています
まずは完成をした結婚指輪がどんなものかご覧下さい。

純金 結婚指輪 シンプル

【純金 結婚指輪 手作り】

画像の純金の結婚指輪はすべてが手作業の手作りです
手作りで指輪を作るからこそ珍しい仕上げもできます

イメージ的に金というとキラキラに光った黄金の色を
イメージする人が圧倒的に多いかと思っておりますが

画像を見て「おおお!」と思った人も多いはずです!
これは「荒仕上げ」という彫金で作った結婚指輪です

 

続きを読む

純金と純プラチナで作る鍛造 結婚指輪の作り方!コンビデザイン

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリング

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴31年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです

鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

本日は純金と純プラチナを使って結婚指輪を作ります!

純金(k24)と純プラチナ(pt1000)とは

純金(24金)と純プラチナ(pt1000)は純度MAXの地金です

純金は純粋な金(24金)で、表記はk24や24kになります
ずっと相場が高騰しているので価格も凄く高くなります。

純プラチナは純粋なプラチナで表記はpt1000になります
pt999という表記もありますが製造メーカーで異なります。

当店の場合はpt999.5以上の場合はpt1000を刻印しています

pt999の場合はpt999の刻印を使用していますがどちらも
差がないので製造メーカーによって表記が異なるんですね。

純金も純プラチナも純度がMAXなので純粋な愛の連想を
させるという事で「純愛」の結婚指輪と呼ばれ大人気です。

 

純金と純プラチナの結婚指輪

本日は、純金と純プラチナの2種類の純粋な地金を使って

結婚指輪を作っていきますが1つの指輪の2種類の地金を
使うのではなくて男性用と女性用で素材を変えるんですね。

プラチナとゴールドの2色を1つの指輪でデザインとして

作っているリングを見ることがあると思いますが作り手と
しては地金同士に負担がかかるので当店は作っていません。

純金と純プラチナ、そもそも全くの別物の素材になります

溶ける融点が約2倍も違うのでサイズ直しなどのメンテも
効きにくい(ほとんどが効かない)のが最大のデメリット。

地金の強度や粘りなど質が違うので無理に2つくっつけて
しまうとメンテナンスは出来ない、歪んだり変形したりを

しやすいのでリングが壊れやすくなってしまうんです(汗)
お客様に安心して身に着けて頂きたいので2種類の地金を

くっつけるコンビはしていませんが、その代わりに2つの
別々の素材で1本1本作るということはしています(^-^)

早速ですが完成した純金と純プラチナの指輪をご覧下さい!

結婚指輪 純金 純プラチナ

女性用の結婚指輪が純金で
男性用の指輪が純プラチナ

北海道札幌市O様のご依頼で結婚指輪を制作いたしました
結婚指輪のご依頼を頂きましてありがとうございました!

女性用の結婚指輪を純金(24金)で作らせていただきました
男性用の結婚指輪を純プラチナで作らせていただきました

結婚指輪のデザインはシンプルイズベストで甲丸デザイン

甲丸(こうまる)は丸いフォルムで指への当たりが優しく
昔から愛されている定番のデザインで今も定番で人気です。

注目ポイントは仕上げ方法です!一般的に純金とプラチナ
といえばピカピカに光った光沢仕上げが一般的ですよね~

しかしヤスリで削る彫金技術で粗く仕上げた荒仕上げです

ヘアラインにも似てる細い彫金ラインが輝くデザインです
手作業で削るので高度な彫金技術が必要となる仕上げです。

それではこだわり鍛造の結婚指輪の制作工程をご覧下さい!

 

続きを読む

30代 30代後半の大人カップルが選ぶ 上品で人気の純金の結婚指輪

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

ジュエリーコウキの二代目で鍛造の職人歴31年です!

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです

鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います

 

【30代 30代後半の結婚指輪】

本日ご紹介をする鍛造リングは、人気の純金の結婚指輪
しかも高価な純金で作る大人の結婚指輪になります(^-^)

30代のカップルさんからのご依頼を多く頂いております
純金は上品で落ち着いて見えるのが30代で人気の理由。

純金は高騰が続いていてゴールドの中で1番高い金です
女性でも男性でも純金は憧れの素材で高級感があります。

最高の素材となる純金と、最高の製法の鍛造で作ります

30代の大人の方に喜んで頂ける気品がある結婚指輪です
早速、純金で鍛造で作り上げた結婚指輪をご紹介します。

 

【結婚指輪 30代 シンプルが人気】

30代の方はシンプルなデザインがお勧めですし人気です
シンプルのほうがサイズ直しなどメンテナンスが効いて、

安心して長く着けていられますしシンプルは流行りなど
時代に流される事がなくずっと着けていられるのが魅力。

着け心地もとても良いので日常生活でも邪魔にならずに
毎日安心して身に着けて頂ける結婚指輪になります(^-^)

結婚指輪 30代

30代の方で 人気の結婚指輪は
シンプルなデザインが多いです

今回は、シンプルな甲丸(こうまる)というデザインで
昔から愛されている丸い形で着け心地も凄く良いんです。

リングの幅は3mm リングの厚みは2mm ボリューミー
ふっくらとした優しいフォルムで手触りも優しいんです。

シンプルな甲丸デザインですが、仕上げ方が違うんです
ヤスリ彫金の荒仕上げという仕上げ方でお洒落なんです。

純金と言えばピカピカに光った光沢が定番で有名ですが
昔のイメージもあるので(昔は純金といえば光沢なので)

彫金で仕上げた濃いヘアラインのような加工も魅力です!

それでは30代の方に根強い人気の純金の結婚指輪の制作
工程をアップしますので最後まで宜しくお願い致します。

続きを読む

最高級!24金の結婚指輪 鍛造で作る純金リングの魅力と作り方

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています

当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は31年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です

父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
故郷の新潟の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が

ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!
鍛造が注目されるようになってから鍛造風というのが

全国で増えて目立つようになってきましたが鍛造風と
いうのは本物の鍛造ではないのでお気をつけください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします

今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【最高級の24金で作る結婚指輪】

24金 結婚指輪

どうですか!味わい深い雰囲気がある24金の結婚指輪

表面の凹凸は槌目(つちめ)という日本の伝統模様です
槌目は金槌で叩いた打痕で美しい槌目は技術が必要です。

ゴールドと言えばピッカピカに光ったものが定番ですが
画像のようにマットの艶消しに仕上げるのも美しいです!

24金は純度MAXなので黄金(おうごん)の色なんです

黄金色(こがねいろ)とも呼ばれていて普通の金よりも
濃い色が特徴で、鏡面にしても艶消しにしても綺麗です!

 

24金の結婚指輪を作るなら
日本の鍛造ブランドが安心!

日本伝統技法で日本伝統模様の槌目で仕上げてあります
製法も鍛造で日本伝統技法なので日本の技術が集結です!

24金は金の純度が1番高い混ざりけ無しの純粋な金です

ということで24金は凄く柔らかい金という事になります
柔らか過ぎるのでリングには向いてません(変形や歪み)

しかし日本の職人の技術力は凄いです!柔らかい24金も
じっくりと時間をかけて鍛造で作ると頑丈になるんです!

24金が強く頑丈になる細かい理由は後で説明をしますが

日本の鍛造という製法は世界でも尊敬されている製法で
正真正銘の鍛造は本当に少ないので希少価値が高いです。

ちなみに当店ジュエリーコウキは鍛造を継承しています
鍛造ブランドのジュエリーコウキが作る指輪は本物です!

続きを読む

24金 鍛造の結婚指輪 作り方!伝統工芸 純金の強度が増して頑丈に

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは市場の
リングの中でも1%未満しか存在しない特別なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

鍛造職人

こんにちは (*´Д`)
結婚指輪を作る職人です

ジュエリーコウキ2代目の池田です。鍛造職人歴は31年

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して1つ1つ指輪を手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

本日は24金、純金の結婚指輪をご紹介します

純金の結婚指輪がどうやって作られていくのか?

出来合いの既製品ではなくて、伝統技術の鍛造で
作りあげる純金の結婚指輪の制作工程はレアです

市場で約1%しかないと言われている鍛造リング
更に純金となれば0.1%ほどの超希少なリング

なぜ稀少なのか記事を読んで頂ければ分かります。

 

結婚指輪 24金 手作り

結婚指輪の素材で1番多いのがプラチナになります
次に多い素材が k18のイエローゴールドになります。

24金の純金が素材の結婚指輪はほとんどありません

その理由は純金が柔らかすぎて指輪に向かないため
指輪が歪むし傷や凹みが付くので指輪に向きません。

24金の純金は不純物が入っていないので柔らかくて

k18になるとシルバーや銅などが含まれるので硬く
指輪が歪みにくく傷や凹みも付きにくくなります。

という事は、結婚指輪を純金で作るということは
純金の柔らかさを強く丈夫にする必要があります

どうすればいいのか?その答えが「鍛造で作る」

まず鍛造で作った24金の結婚指輪をご覧下さい

結婚指輪 24金

続きを読む

伝統工芸 鍛造の結婚指輪 作り方!職人が純金で作った結婚指輪

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは市場の
リングの中でも1%未満しか存在しない特別なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

鍛造職人

こんにちは (*´Д`)
結婚指輪を作る職人です

ジュエリーコウキ2代目の池田です。鍛造職人歴は31年

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して1つ1つ指輪を手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【結婚指輪 伝統工芸】

伝統工芸の鍛造の結婚指輪は、伝統技法の鍛冶で手作り

代々受け継がれてきた鍛冶の技術で結婚指輪を作ります
伝統工芸、伝統技法の鍛造は鍛えて造るという製法です。

そして、ご紹介をする鍛造の結婚指輪の素材は純金です
こちらも大昔から日本や世界中で最も価値がある金です。

最高の素材である純金で作る伝統工芸の鍛造の結婚指輪
これでもか!というほどに日本の伝統を詰め込みました!

それでは、完成した鍛造の純金の結婚指輪をご覧下さい

結婚指輪 伝統工芸

伝統技法の鍛造製法
伝統模様の槌目模様

日本の伝統技術をたっぷりと詰め込んだ結婚指輪です

鍛造という伝統技法、槌目という伝統工芸と伝統模様
槌目(つちめ)とは金槌で打ち出して作る模様のこと。

槌起銅器という工芸品がありますが似たような工程で
作られますのでどちらも槌目模様が付くのが特徴です。

鍛造の結婚指輪の詳細ですが、メンズとレディースで
リング幅と厚みが異なりメンズが幅5mm 厚み2.3mm

レディースのリングが幅3mm 厚み2mmになります
幅と厚みは違いますがどちらも同じ槌目で揃えました

くすみ加工で槌目を仕上げると上品で美しくなります
それでは伝統工芸である鍛造の作り方をお見せします!

続きを読む

【鍛造】純金の結婚指輪 作り方 ピッカピカに輝く純金の鏡面加工

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は市場の
結婚指輪の1%以下しか存在しない特別なリングです。

更に希少価値が高い純金となれば市場の0.1%以下
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

ジュエリーコウキの2代目の池田、鍛造職人歴30年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

結婚指輪 純金

【結婚指輪 純金 鍛造で作る】

ご紹介をする鍛造の純金の結婚指輪は上記のデザイン

シンプルで丸い滑らかな甲丸(こうまる)という形です
昔はカマボコとも呼ばれていて昔から愛されたデザイン。

昔からあるデザインで今も人気ということはそういう事
シンプルで着け心地が良く時代や流行に左右されません。

甲丸リングの幅は3ミリ、厚みは2ミリで作成しました
ボリュームがあるので甲丸リングの着け応えは最高です。

それでは早速、こちらの純金の結婚指輪を鍛造で作って
いく制作過程を記事に書きますので完成までご覧下さい!

続きを読む

24k 純金の結婚指輪 安心の鍛造ブランド 美しい槌目 くすみ加工

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた鍛造職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は市場の
結婚指輪の1%以下しか存在しない特別なリングです。

更に希少価値が高い純金となれば市場の0.1%ほど
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

鍛造職人

こんにちは (*´Д`)

ジュエリーコウキ 2代目の池田です 鍛造職人歴は30年

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

市販の既製品の指輪よりも、数倍は頑丈で強い指輪です
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

本日、ご紹介をさせて頂く鍛造リングは純金の結婚指輪
下記の画像の純金の結婚指輪を鍛造で手作りをしました。

24k 結婚指輪

【24k 結婚指輪】

24kの純金で私が作り上げた鍛造の結婚指輪になります

24kの純金と言えばピカピカの鏡面仕上げが定番ですが
派手すぎない光沢になる「くすみ加工」で仕上げました。

リングのデザインは平打ちベースに縦目の槌目加工です
槌目模様には様々な種類がありますが縦目の槌目模様は

槌目模様の中でも1番シンプルで凹凸が少なく上品です
更に、くすみ加工で槌目が淡い光沢になって美しいです。

リング幅は3mm リングの厚みは2mm 重厚感があります
リングの肉厚を十分とることで槌目が強く打てるんです。

こちらの24k 鍛造の結婚指輪の作り方を詳しく書きます
記事の最後まで(指輪の完成まで)ご覧下さいませ(^-^)

続きを読む