ネックレス ペンダント リメイク 18金を溶かして指輪にリメイク

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リング市場1%以下しか存在しない特別なリングです。

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回、記事の内容は使わないアクセサリーをリフォーム
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

【ネックレスを鍛造リングにリメイク】

鍛造リングは、知っている人は知っていると思いますが
手に入りにくいので、憧れの鍛造リングだと思います!

鍛造職人でも一部の鍛造職人しか作る事ができないので
全国的に見ても販売店は極めて少ないという事なんです。

ジュエリーコウキは、鍛造で結婚指輪や婚約指輪などの
指輪をメインに作っていますがリフォームもしています
何とリフォームも鍛造でしているというここだわりです。

ネックレス リメイク

ネックレス チェーンや
ペンダントをリフォーム

本日のブログで紹介をするのはジュエリーのリフォーム
使わなくなった貴金属を集めて溶かして指輪を作ります。

使わなくなった金のネックレスや、金のペンダントを
まとめて一緒に溶かして鍛造リングを新しく作ります

溶かした金だけでも作れますし新しく足す事もできます
※金を追加してリメイクをすると地金代金がかかります

リフォームの依頼を頂いたお客様は岐阜県のお客様です
当店は新潟県ですが、県外のお客様がとても多いんです
それほど鍛造でリフォームができる店が少ないんですね。

 

お客様の地金を溶かしてリメイクする方法は3通り

(1)そのままの地金を溶かして目減りが出てもその
重さ内で作れる重さで溶かしてリングを作るリメイク

(2)目減りを計算するとある地金では足りないので
新しい地金を追加して増やして溶かしてするリメイク

(3)地金に不純物が混ざっていたり純度が低い場合
分析専門機関で分析を依頼して綺麗な地金に分析する

ネックレスの場合は溶接が多いので分析を推奨します
プラチナとゴールドのコンビも分析が必要になります
分析は専門機関しかできないので分析費用が必要です。

他にも分析をすれば18金を純金にすることも可能です
18金に含まれた銀と銅を不純物として取り出すんです
不純物の重さで結構な重さが減りますが魅力的ですね。

今回は(2)のリメイクでお客様が持ち込みの地金に
新しいゴールドを追加して増やして溶かして作ります。

※新しく追加をした18金の地金代金が必要になります

ペンダント リフォーム

【k18 ゴールドを溶かしてリメイク】

k18 k20 k22 k24 同じ種類の金を溶かす

金のジュエリーでよく使われる材質がk18 k20 k22 k24
k24は純金ですが大体この4種類が多く使われています。

※当店ではk18以下の金はリフォームをしていません
k18以下になると不純物が増え不具合が出やすいので

k18以上の金なら、基本的にどの金でもリフォームOK
ただ、金を溶かして使うので混ざっても大丈夫なように
同じ種類の金のみで溶かします(k18ならk18のみ使用)

ちなみに今回、お客様からお預かりしたペンダントや
ネックレスの素材は、k18だけなので一緒に溶かせます。

※純度が違うゴールドが複数ある場合でも対応が可能で
地金分析をすれば純金や18金にできるのでリメイク可能

ネックレス 溶かしてリフォーム

【金を溶かしてリフォーム やり方】

他のリフォーム店でこの工程は見た事が無いと思います

実際にお預かりした金を、こうして溶かすという作業を
見た人は少ないはずですしほぼ見た事がないと思います。

実際に自分の金が本当に使われているのか不安ですよね?

他のリフォーム店は分かりませんが、当店は私が責任を
もって工房で間違いなく溶かします(証拠撮影もします)

金に何かしらの大切な理由があって(例えば形見など)
この金を溶かして作る事に意味がある場合が多いんです

お持ちの金を溶かして、同じ金で新しく形を変えて作る
これこそが本物のリフォームなんだと私は思っています

お客様に心から安心して頂けるように努めております!

続きを読む

父の20金の印台リングをリメイク!鍛造の結婚指輪にリフォーム

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リング市場1%以下しか存在しない特別なリングです。

当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです。

鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回、記事の内容は使わないアクセサリーをリフォーム
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

【指輪を溶かしてリフォーム&リメイク】

主に結婚指輪がメインなのですが、他にはリフォームにも
力を入れていてお客様のお手持ちのアクセサリーの地金を
そのまま溶かして使う鍛造リフォームにもこだわります!

本日の記事は鍛造でするリフォームを書きたいと思います
リフォームのご依頼を頂いたお客様は、東京のお客様です。

当店は新潟県長岡市ですがメールやお電話でリフォームの
ご依頼を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

全国各地どちらからでも大丈夫ですのでご安心ください!
こちらのHPにもお問い合わせフォームがあります(^-^)

 

さて、いよいよ本題に入ります!
ご紹介をさせて頂く、東京のお客様のリフォーム内容は
お父様から受け継いだk20印台リングを利用したいので

お父さんのk20リングを溶かして
k20の鍛造の結婚指輪にリメイク

という内容のリフォーム仕事のご依頼をいただきました

当店は鍛造専門店ですので工房で鍛冶作業もしています
地金を溶かす設備もあるのでリフォームは得意なんです。

しかも実際にお客様からお預かりした地金を溶かす工程
を証明としてデジカメで撮影してお客様にお見せします。

数あるリフォーム専門店でも、他にはないサービスです
技術に自信があるので対応可能なサービスで安心ですね。

金 指輪 溶かしてリフォーム

【金の指輪 溶かしてリフォーム】

金が足りない場合は、金を足して溶かす

画像の溶解皿に入っているのがお客様のk20印台リング
そして結婚指輪は指輪が2本必要になるペアリングです。

今回、リフォームで作り替える結婚指輪の幅が約3ミリ
指輪の肉厚もあるのでお預かりしたk20印台リングでは
足りないので新しいk20をプラスして溶かして増やします。

※ 溶解皿に乗せたk20印台リングに降りかかっている
白い粉は、金が綺麗に溶けて混ざり合わせる為の粉です。

金 指輪 溶かしてリメイク

ファイヤアアアアアアアー!!

バーナーの炎でk20リングを溶かす溶解作業(ようかい)
お父さんの金の指輪が溶けていく瞬間を撮影しました。

ずっと大切にしていたお父さんの指輪が溶けていく工程
淋しい思いもありますし、生まれ変わる希望もあります
どちらの想いも抱きながら自分は地金を溶かしています。

 

お客様の貴金属を溶かしてリメイクする方法は3通り

(1)そのままの地金を溶かして目減りが出てもその
重さ内で作れる重さで溶かしてリングを作るリメイク

(2)目減りを計算するとある地金では足りないので
新しい地金を追加して増やして溶かしてするリメイク

(3)地金に不純物が混ざっていたり純度が低い場合
分析専門機関で分析を依頼して綺麗な地金に分析する

ネックレスの場合は溶接が多いので分析を推奨します
プラチナとゴールドのコンビも分析が必要になります
分析は専門機関しかできないので分析費用が必要です。

他にも分析をすれば18金を純金にすることも可能です
18金に含まれた銀と銅を不純物として取り出すんです
不純物の重さで結構な重さが減りますが魅力的ですね。

今回は(2)のリメイクでお客様が持ち込みの地金に
新しい20金の金を追加して増やして溶かして作ります。

20金 指輪 リメイク

持ち込みの20金を溶かして指輪にリメイク

この20金を溶かして作ることに意味がある

今回のお父様の20金の指輪のリフォームもそうですが
お手持ちの金を使いたい!というお客様は多くおります。

お客様それぞれに色んな想いが貴金属に込められており
形見であったり、何かの記念であったり、思い出など、

大切にしていた貴金属をそのまま使いたいという願望が
圧倒的に多いので、その気持ちを大切にしたいんです!

本当に自分の地金を使っているのか不安というお客様が
でないように私はこうしてデジカメで撮影をしています。

続きを読む

アクセサリーリフォーム k18を純金に分析!鍛造指輪にリメイク

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リング市場1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回、記事の内容は使わないアクセサリーをリフォーム
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

【アクセサリーリメイク】

今回のアクセサリーリメイクは、k18ネックレス2本を
溶かしてペア2本の結婚指輪にリメイクをするのですが、

通常のリメイクの場合はk18を溶かすのでリメイク後の
結婚指輪は当然ですが素材はk18になるのが普通ですが

今回の場合は費用をかけ地金分析専門機関に依頼をして
k18からk24の純金に分析をしてから指輪を作るんです!

分析をして素材の純度を上げてからのリメイクは超レア
地金分析専門機関と付き合いがあるので可能なんです!

一般のリフォーム店では対応ができない高度なリメイク

地金分析とリフォーム、更に鍛造という伝統技法で作る
リフォームは全国で探してももほぼほぼ無いと思います。

アクセサリー リフォーム

【アクセサリーリフォーム】

貴金属を溶かしてリメイクする方法は3通り

(1)そのままの地金を溶かして目減りが出てもその
重さ内で作れる重さで溶かしてリングを作るリメイク

(2)目減りを計算するとある地金では足りないので
新しい地金を追加して増やして溶かしてするリメイク

(3)地金に不純物が混ざっていたり純度が低い場合
分析専門機関で分析を依頼して綺麗な地金に分析する

ネックレスの場合は溶接が多いので分析を推奨します
プラチナとゴールドのコンビも分析が必要になります
分析は専門機関しかできないので分析費用が必要です。

他にも分析をすれば18金を純金にすることも可能です
18金に含まれた銀と銅を不純物として取り出すんです
不純物の重さで結構な重さが減りますが魅力的ですね。

今回は(3)のリメイクでお客様が持ち込みの地金を
分析してk18からk24に分析をしてから指輪を作ります。

アクセサリーリメイク

k18から分析で純金に

k18 ネックレス2本を分析してk24の純金にしました
不純物が一切含まれない純金は美しいの一言ですよね。

k18の内訳はk24が75%、残り25%は銀と銅の割り金
ですので分析をすると割り金が不純物扱いとなります。

ネックレスのパーツを1コマ1コマ繋いでいる溶接も
不純物になるので地金分析をすると結構軽くなります。

しかし地金の分析は専門機関しかできない技術なので
軽くなってもk18が純金に分析できるのは魅力的です。

続きを読む

ダイヤ 一文字リングにリフォーム!古い指輪を溶かしてリメイク

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リング市場1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回、記事の内容は使わないアクセサリーをリフォーム
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

さて、ご紹介させて頂くアクセサリーリフォームの内容は
複数のダイヤリングを溶かして一文字リングにリフォーム。

ご依頼を頂いたお客様が何本かある使わないダイヤの指輪を
新しく1本の一文字にリフォームをしたいというご依頼です
ダイヤが入っているリングが複数あるのでダイヤも使います。

※ダイヤの大きさが(直径×厚み)バラバラすぎる場合は、
ダイヤモンドのサイズ的に使えるダイヤを選別して使います。

 

一文字リングとは(一文字ダイヤリング)

一文字(いちもんじ)リング、一文字ダイヤリングとは?

指輪のセンタートップに石を入れて(ほとんどの石はダイヤ)
まとめて繋げて入れるデザインで一文字リングと言われます。

エタニティリングと似ていますが少し違っていて中央に石を
まとめるデザインで月形リングというタイプの形になります
説明が難しいのでw既に完成した一文字リングを見て下さい。

一文字リング

【一文字リングのリフォーム】

こちらがリフォームをして完成した一文字リングの画像です

めっちゃ綺麗な指輪でしょ? これがダイヤの一文字リング
大きなダイヤを7ピースも使っているので合計1カラット!

もともと何本かのダイヤリングだったのでダイヤの大きさは
全部違っていますが綺麗にまとめてグラデーションで石留め。

ダイヤモンドの大きさが違っていても大きさ順にバランスが
保てるようであれば今回のように月形にしてリメイクします。

ちなみにダイヤモンドはこのような順番で指輪に入れました
3.0mm 3.1mm 3.3mm 3.6mm 3.4mm 3.2mm 3.1mm
センターに1番大きいダイヤを使ってのグラデーション配置

7ピースのダイヤの総カラット数は1カラットになりました
それではこちらの一文字リングの制作工程をお見せ致します。

 

古いダイヤリングを溶かして
一文字リングにリフォーム!

使わなくなった古いプラチナリングを溶かして作ります

一文字リング以外にも使わないプラチナリング等があれば
一緒に溶かしてリフォーム&リメイクに使うことも可能です

昔のデザインのプラチナリングはリングの裏側をくり抜いて
空洞しにて作っている場合が多いんです(軽くする為にです)

指輪を溶かしてリフォーム

今回の場合も、リングの内側がくり抜いてある軽いリングが
4本あって溶かして1本の重い指輪を作るというリフォーム。

もし地金が足りなくても新しく足せるので心配ありませんし
逆に地金が余っても工賃から金額を引けるので経済的ですね。

※リフォームをする時、お客様がお持ちの地金を溶かします
作業中に地金が火花になって散ったり仕上げ作業で磨く時に
粒子になって失くなる目減りが確実に出るのでご理解下さい。

続きを読む

婚約指輪 結婚指輪 リフォーム【結婚20周年】溶かして作り替え

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回の記事内容は指輪を溶かしてリフォーム&リメイク
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

【結婚指輪をリフォーム】

ジュエリーコウキでは鍛造の結婚指輪がメイン商品ですが

鍛造技術の応用をしたリフォーム&リメイクも大人気です
ご紹介をする今回の記事内容も指輪のリフォームです(^-^)

結婚20周年という事で20年間使っていたご夫妻の指輪、
結婚指輪と婚約指輪の合計3本を溶かして新しく作ります!

20周年という大切な結婚記念日にご依頼を頂いて感動(涙)

当店を探して見つけて頂いて本当にありがとう御座いました
それでは早速、結婚指輪のリフォームを始めたいと思います

 

【婚約指輪のリフォーム】

まずダイヤの婚約指輪をリフォームをする前段階の準備です
ジュエリーのリフォームをする前は色々な準備があるんです。

今回は立て爪のダイヤリングで素材がプラチナリングですが
他にもプラチナとゴールドのコンビネーションだったりする
事もありますので持ち込みのデザインで下準備が変わります。

婚約指輪 リフォーム

最初は婚約指輪のダイヤを立て爪から外す

婚約指輪と言えば定番で人気のダイヤモンド、そしてダイヤ
の指輪と言えば立て爪のデザインが定番で1番多い種類です
お客様の大事な婚約指輪です。丁寧にダイヤを外しましょう

いよいよリフォームの作業が始まりますよ!石起こしという
道具を使って立て爪の1つ1つを起こしてダイヤを外します

立て爪から外したダイヤモンドは超音波洗浄機でよく洗います
ダイヤの汚れも落ちてキラキラです!輝きが蘇りました(^-^)

続きを読む

ダイヤの指輪 リメイク&リフォーム!指輪は溶かして使えます

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回の記事内容は使わない古い指輪をリフォームします
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

【ダイヤの指輪 リフォーム】

いつもは鍛造で手作りをする結婚指輪がメイン
の記事ですが他にもジュエリーリフォームにも
力を入れております(もちろん鍛造で作ります)

今回ダイヤの指輪のリフォームを記事にします
昔の使わない指輪を新しいデザインにリメイク
溶かして作り替えるので素材は受け継がれます!

画像のプラチナ製のダイヤリングをリフォーム
プラチナリングは溶かしてリフォームできます
そしてダイヤモンドも新しいリングに使います

ダイヤ 指輪 リフォーム

リメイク ダイヤの指輪はプラチナ

写真のダイヤリングの素材はプラチナ900で
指輪は月形甲丸(つきがたこうまる)という形

リングの中心にダイヤが石留めされていますが
後光留めや五光留めと言われる石留め方法です
どちらも「ごこうどめ」と言われる石留めです

昔に流行った指輪のデザインで、おじいちゃん
おばあちゃんが大事にしている事が多いんです
なので形見で貰ったという人が多いと思います

当店では、このように大切な想い出のつまった
指輪をそのまま溶かして同じ地金で作ります!
もちろんダイヤもそのまま使って作るので安心。

 

ダイヤの指輪 リメイク 作り方

まず最初はプラチナリングに埋め込まれている
ダイヤモンドを取り外します(爪を起こします)

お預かりの指輪にはダイヤが入っていましたが
他の宝石も同じ事ですので宝石は全て外します

そのままでは指輪を溶かす事ができない為です
指輪の素材となるプラチナとダイヤを分けます
これで指輪を溶かす準備ができました(^ω^)

ダイヤ 指輪 リメイク

【ダイヤの指輪 溶かして リメイク】

昔の古いプラチナといってもプラチナです(^ω^)

古い新しい関係なくプラチナなので大丈夫ですよ
傷だらけでも変形していても問題なく使えますよ

※昔のプラチナは混ざり物がある場合もあります
混合物が多い場合は別で分析をする事になります

このまま昔のプラチナリングを溶かしてリメイク
をする事も可能ですが、溶かすのでヘリ(目減り)

という現象が必ず発生しますのでご理解ください
※火花になって飛び散ったり粒子なって消えます

 

続きを読む

使わない古い指輪をリフォーム!プラチナを溶かしてリメイク

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回の記事内容は使わない古い指輪をリフォームします
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

【指輪のリフォーム&リメイク】

伝統の鍛造の結婚指輪が大人気の当店なのですが
その他にジュエリーリフォームも定評があります

口コミで評判が広がってリフォームも忙しいです
1年を通して結婚指輪を作っているかリメイクや

リフォームをしているかのどちらかです(^ω^)
本当にありがたい事でお客様に感謝しております。

指輪 リフォーム

【プラチナリング 溶かしてリフォーム】

早速ですがこちらの写真↑プラチナがありますね
溶解皿というプラチナを溶かす為の皿に入れます

こちらの皿に入ったプラチナはお客様のものです
使わなくなった古いプラチナのリングを溶かして
新しいプラチナリングのデザインにリメイクです

そして、溶かすプラチナが少なくて足りないので
新しいプラチナを追加して古いプラチナを合わせ
一緒に溶かして重さを増やしてからのリフォーム

それでは指輪のリフォームの始まりです(^ω^)
素材をそのまま使うので想い出も引き継げます
記事の最後までどうぞ宜しくお願いいたします。

続きを読む

形見 祖父の指輪 結婚指輪にリフォーム 18金を溶かしてリメイク

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回の記事内容は、形見の指輪を結婚指輪にリフォーム
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

おじいちゃんの形見の指輪を結婚指輪に

形見のリングのリフォーム&リメイクの記事です

おじいちゃんから譲り受けた大切な18金の指輪を
お孫様がリフォームをして結婚指輪に作り替えます

普段は手作りの結婚指輪の制作工程を記事にして
おりますが、今回も結婚指輪なのですが少し工程が
違ってリフォーム(作り替え)という形で進みます

ご依頼を頂いたお客様は山形県のお客様です
新潟で田舎の小さい宝石店の当店を見つけて頂いて
本当にありがとう御座いました。精一杯頑張ります!

 

【形見 k18リング リフォーム】

まず、お預かりをした大切なおじいちゃんの指輪は
素材がk18イエローゴールドで幅広の平打ちリング
1本なんですが幅広&肉厚で総重量が約19gです

こちらの金の指輪を溶かして2本の指輪を作ります
デザインは同じようにシンプルな平打ちリングです

イメージでいうと、おじいさんの指輪が細くなって
2本になった感じですね(同じ形が理想ですので)

おじいちゃんの指輪が結婚指輪に生まれ変わります!
しかもデザインもほぼほぼ同じなので嬉しさ倍増!
とっても感動的な結婚指輪になりますよね(ノД`)・゜・。

【形見の指輪 溶かしてリメイク】

形見 指輪 リフォーム

【形見の18金リングを溶かします】

おじいさんの平打ちリングを溶かす所から始まります
ゴールドを溶かすと目減りという現象が必ず出ます。

ですので溶かす地金が少ない場合は新しい地金を追加
して重さを増やして一緒に溶かしてリメイクをします
今回の場合はギリギリ足りるので追加なしで行います。

お客様の貴金属を溶かしてリメイクする方法は3通り

(1)そのままの地金を溶かして目減りが出てもその
重さ内で作れる重さで溶かしてリングを作るリメイク

(2)目減りを計算するとある地金では足りないので
新しい地金を追加して増やして溶かしてするリメイク

(3)地金に不純物が混ざっていたり純度が低い場合
分析専門機関で分析を依頼して綺麗な地金に分析する

ネックレスの場合は溶接が多いので分析を推奨します
プラチナとゴールドのコンビも分析が必要になります
分析は専門機関しかできないので分析費用が必要です。

他にも分析をすれば18金を純金にすることも可能です
18金に含まれた銀と銅を不純物として取り出すんです
不純物の重さで結構な重さが減りますが魅力的ですね。

今回は(1)のリメイクでお客様が持ち込みの地金で
目減りをしても足りるのでそのまま溶かして作ります。

 

続きを読む

エタニティリングのリメイク!フルエタニティに感動リフォーム

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

今回の記事内容は、エタニティリングのリフォームです
鍛造という技術を応用してリフォームもしているんです。

 

古いエタニティリングをリフォーム
フルエタニティリングに作り替えます

かなり珍しいエタニティリングのフォルムですので
考えながらの制作なので作り応えもありました(^ω^)

何が珍しいのかと言うと、お客様からお預かりした
エタニティのダイヤの大きさがバラバラなんですよね
そして指輪の幅もバラバラという面白い形状なんです

※ダイヤを外して写真を撮りましたのでご覧ください

エタニティリング リフォーム

【エタニティリング リメイク】

エタニティリングのリメイクのご依頼は多いんですが
その中でもダイヤの大きさが異なるというのは珍しく、

エタニティのダイヤは直径が揃っているのが一般的で
幅も厚みも違う石が複数というのは難易度が高いです

湾曲している指輪というか、波になっているというか
ダイヤの大きさがバラバラなので指輪の幅もバラバラ
リングの肉厚(高さ)もバラバラなんですよね(汗)

こちらのアンバランスなエタニティリングを溶かして
バランスの取れた統一されたデザインに作り替えます

ダイヤの大きさを大中小でサイズを段階的に合わせて
リングの上を大きく、下を小さくグラデーションで
バランスをとりながら月形のような形でリメイクです

 

お客様がこのエタニティリングに気にしていた事は
ダイヤの爪がよく服などの繊維に引っかかるという事

また、内側を見るとダイヤ1つ1つに穴が開いているので
水仕事で水分が捌けにくい(抜けにくい)ので痒くなるし
穴が多くてゴミが溜まる穴が多く着け心地が悪いという事

つけ心地の問題にかなり悩んでおられるようで・・・
色々なストレスを抱えてのお客様のご相談でした(汗)

安心して毎日着けられて着け心地の良いエタニティリング
にどうしてもリメイクして欲しいという内容だったんです。

エタニティリング リメイク

古いプラチナのエタニティリングを溶かして
フルエタニティリングにリフォームをします

まあ確かにこれだけバラバラな部分が揃っていると
着け心地はもちろん、使い勝手も悪いと思います(汗)

そしてダイヤを外してみて分かったことは意外と軽い
これだけ穴が開いていたら軽いのは仕方ありませんが
強度の面でも弱くなるので地金を足して作り替えます

※プラチナを新しくプラスして指輪を作り替える事で
内側の穴は開けなくて良くなるし肉厚も厚くできます
つけ心地の面でも強度の面でも強くなるのでお勧め。

 

続きを読む

ダイヤのペンダントをリメイク!溶かしてエタニティにリメイク

鍛造リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で鍛造職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して頑丈な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

ダイヤ ペンダント ネックレス リメイク

ダイヤ ペンダント ネックレスをリメイク

私、池田は鍛造職人歴が長くてリングを作るプロですが
鍛造という技術を生かして指輪のリメイクもしています。

ダイヤ入りペンダントとネックレス(チェーン)を使用
輪っかデザインで素材がプラチナでダイヤが10ピース。

そのダイヤのペンダントをエタニティリングにリメイク
をしていく作成過程をブログに書きますのでご覧下さい。

ダイヤ ペンダント リメイク

ダイヤペンダント リメイクは石外しから

ダイヤ入りのジュエリーはダイヤ外しからスタートです

今回はダイヤのペンダントですが、ダイヤリングも同じ、
ダイヤネックレスも同じ、ダイヤを外す石外しからです。

リメイクの前にする工程ですが意外と手間がかかります
石の数が多かったり、深く埋め込んであったりと下準備
の手間がかかるのでリメイクの作業は時間がかかります。

続きを読む