純金の指輪リフォーム!金貨&インゴットを溶かして指輪にリフォーム

手作りジュエリーの宝石店・ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で鍛造という製法で作ってます

当店2代目で宝飾職人歴25年の私、池田が書くブログです
鍛造(たんぞう)という製法を広める為に活動をしています。

ちなみに鍛造とは、昔から伝わってきた日本の伝統技法で
リングの素材となるプラチナや金を鍛冶で鍛えて造る製法
鍛えてリングを作るので鍛造リングと言って伝統工芸です。

鍛造リングは世の中のジュエリーの中で僅か5%以下しか
存在しないので知っている人には絶大な人気を誇ります!
私のように鍛造を受け継いだ宝飾職人は全国でも極わずか。

さて、記事の本題に入りますが、当店は結婚指輪などの
鍛造リングをメインに作っておりますが、リフォームにも
力を入れています(お客様の地金で鍛造リングに作り替え)

本日のブログはお客様からお預かりした純金のインゴット
純金の金貨(メダル)を溶かして2本の純金の指輪を作ります。

 

インゴットを溶かして指輪にリフォーム

リフォームのご依頼を頂いたお客様は三重県のお客様です
当店は新潟県ですが圧倒的に新潟県外のお客様が多いです。

ネットでリフォームが出来るのか凄く不安だと思いますが
メールやお電話でのやりとりでリフォームができますので
お気軽にお問い合わせを頂ければ私がご対応をいたします。

お客様がお持ちの地金を、写メやカメラで撮影して頂いて
こんな指輪が作りたいという見本となる画像を添付をして
送っていただければリフォームの見積もり費用が出せます。

三重県のお客様から頂いたジュエリーリフォームの内容は
純金(k24)のインゴット=金貨3枚(大中小)を溶かして
純金の月形甲丸を2本作るというリフォーム内容なんです。

純金インゴット リフォーム

また、お客様から純金(k24)のインゴットだけではなくて
ルース(角ダイヤとエメラルド)も一緒に預かっていまして
2本の月形甲丸リングにそれぞれのルースを埋め込みます。

画像がジュエリーリフォームに使う3枚のインゴットです
大中小と3枚ある金貨(インゴット)を溶かして塊にします
1番下に置いた金貨が一番大きく1番重いので敷きました。

純金のインゴットを溶かす

地金を溶かすための専用の溶解皿(皿ちょこ)に金貨を3枚
入れてバーナーの炎でインゴットを全部一緒に溶かします
綺麗な金貨ですね~さすが純金だけあって黄金の輝きです。

当店は小さな宝石店&工房なので金を溶かす大きな溶解炉
でなくバーナーの炎を調節して金やプラチナを溶かします。

酸素バーナーのメリットは、炎の火加減を微調整ができて
それぞれの地金の融点に合わせられるのでとても便利です。

純金の溶ける温度は1,064度

純金の溶ける温度、融点は1,064度

純金(k24)がドロドロに溶ける温度は1,100度弱です
約1,100度の火力があれば純金が溶けるということです。

3枚の純金インゴットがドロドロに溶けて混ざり合います
今回はインゴットを溶かしましたがリングでもネックレス
でも同じ工程で溶かして1つの塊にしてリフォームします。

純金 溶かし方

思い出の詰まったアクセサリーを
溶かしてそのまま使ってリフォーム

他の宝石店ではお客様からお預かりした地金をどうやって
使ってリフォームをしているのか分からないと思いますが
当店の場合は間違いなく溶かして使うのでご安心ください!

画像のように、お客様からお預かりした地金を溶かす時は
デジカメで撮影してお客様が安心できるようにしています

お客様によってはお預かりしたゴールドやプラチナなどの
アクセサリーに特別な思い入れがあることがある為です!
例えば形見だったり、記念のものだったりと様々あります。

そのような大切な地金をそのまま使うことでお客様は安心
できますし、その地金を使う事に意味があるので重要です。

純金 画像

地金を溶かすと必ず”ヘリ”
という目減りが発生します

この目減りの現象は、純金に限らずプラチナも同様です
具体的には地金を溶かす溶解中に、地金が火花になって
飛び散ったり、指輪を彫金するときに細かい粉や粒子に
なって散ったり、磨きの研磨作業の時に地金が摩耗して
無くなったりというのが主な目減りの原因になります。

もともとある地金で作れる場合(リフォームをする場合)
目減りをしても作り替えますが、地金が少ない場合は、
新しい地金をプラスして作り替えるという事になります
その場合、新しく足した地金代が別途に必要になります。

逆に地金が沢山あって指輪を作っても地金が余った場合
余った地金の代金を工賃から引きますので安くなります。

純金の鍛造

純金を溶かしてリフォーム
24金 純金のリングの作り方

溶かした純金を鍛冶で鍛錬しながら制作、これが鍛造です
金床(かなどこ)に純金を乗せてハンマーで叩いて締めます

金を締め上げることで金に含まれる微量な空気を出します
じっくりと何度も繰り返して金を鍛錬する事で放出します
この空気が、ひび割れや巣穴の原因になるので無くします。

鍛錬で絞め続けた金は、密度が上がって金が濃くなります
密度の増した金で作るリングは丈夫で強いということです。

いつもの記事はここから制作工程を詳しく書いていますが
めっちゃ忙しいので制作工程を省かせていただきます(汗)
リフォームで2本の月形リングになった画像をご覧下さい。

純金の月形リング

純金の月形甲丸リング

金槌で叩いて純金を鍛錬しながら月形リングの形に作って
ヤスリでの彫金で削りながら月形甲丸を仕上げていきます
今回は忙しくて作業工程を記事に書いておりませんが(汗)

画像の月形甲丸リングの中心に、穴が開いていますよね
この穴にお預かりした石(ダイヤとエメラルド)を入れます。

上の月形甲丸リングには、珍しい台形の角ダイヤを入れて
下の月形甲丸リングにはエメラルドを伏せ込みで入れます。

24金の月形リング

ルースに合わせて月形甲丸を制作

今回のルースは角ダイヤとエメラルドですがどんな石でも
石に合わせて月形甲丸リングを作っていく必要があります。

ルースの幅(直径)と厚み以上のリングの幅と厚みが必要
お客様からルースをお預かりした時点で石のサイズを計り
どのくらいの大きさの指輪になるのか計算をして作ります。

角ダイヤが入る月形甲丸リングの大きさと(幅と厚み)
エメラルドが入る月形甲丸リングの大きさが違う理由は
ルースに合わせて作っているので指輪の大きさが違います。

月形甲丸リング ダイヤ

純金の月形甲丸リングが完成!
純金のインゴットからリメイク

2本の純金の月形甲丸リングに石留めをすれば完成です!
角ダイヤと角エメラルドを伏せ込みで指輪に埋めました。

伏せ込みという石留め方法は、ルース全体を(縦も横も)
全面を指輪に埋め込む手法です(額縁のイメージです)

ルース全体を埋め込むので純金の重さも多く必要でしたが
伏せ込みでなくて細目の指輪を作った場合は、ここまでの
純金の重さは必要ないので石留めの方法で変わるんですよ。

しかし、純金をたっぷりと使って作る指輪は魅力的です!
純金は柔らかい金なので幅と厚みがあるほうが安全ですね
エメラルドの緑と純金の黄金色が素晴らしくマッチします。

月形甲丸リング エメラルド

純金のリフォームをお伝えいたしました

今回は純金の金貨、純金インゴットを溶かしてリフォーム
を致しましたが、インゴットでなくても他のアクセサリー
でも溶かして作り替える事はできますのでご安心ください。

18金は(k18)純金の他に銀や銅などが含まれていますので
金が硬くなっていますが、純金は18金に比べて柔らかくて
指輪が変形したりキズが付きやすかったりするのですが、

鍛えて造る鍛造となると、密度が増していますので普通の
純金の指輪よりは多少は強くなっているので変形しにくい
ので鍛造でリフォームができるのは魅力的だと思います!

 

記事の最後に、リフォームのご依頼を頂きました
三重県のお客様からのお手紙をご紹介いたします

ネットでジュエリーコウキを探していただいて
ご依頼をいただいて本当にありがとう御座いました

当店は宝飾職人の私がリフォームをする宝石店です
お手持ちの地金を間違いなく使って作り替えます!
リフォームに関してはお気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事のお問い合わせやご依頼は→コチラ
私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

 

===========お客様の声============

ジュエリーコウキ 池田様

指輪 無事届きましたよ^^
とても 素晴らしい出来ですね^^

責任を持って 大切に、大切にします。
魂に響くものがありました

指輪もそうですが製作過程での
池田さんの丁寧なご対応に感動しました

また 是非是非お願いしたいと思いました≧∇≦o
この度は本当に素敵な刻を ありがとうございました

=============================

 

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA