コンビの桜が可愛すぎる結婚指輪~ハンドメイドの魅力を徹底解説!

皆様、お世話になっております
ジュエリーコウキの2代目、池田です
本日もブログをガシガシ更新しましたw

ハンドメイド(手作り)の魅力も
ガシガシとお伝えしたいと思います!

今回、ご紹介させて頂く結婚指輪はキュート♪
めっちゃ可愛い結婚指輪なんですよね(*´Д`)
見た目も可愛いですが雰囲気も可愛いんですよ

 

桜の花をモチーフとした可愛い結婚指輪です

桜の打ち出しをメインにしたデザインなのですが
桜の花が光沢と艶消しの2種類にわけたコンビです
花の感じ(質感)が全く変わるので躍動感が出ます

そして桜だけではなく、ハートを彫り込むんですよ
2つの指輪を重ねるとハートが浮き出る仕組みです♪
ダイヤも1つ埋め込むので可愛い三昧の結婚指輪です

説明だけだと分かりずらいと思いますので、
完成した結婚指輪の写真をお見せいたします(^ω^)

dscn3910

こちらの桜コンビ(光沢&マット)手作り結婚指輪は
福島県のお客様から制作のご依頼を頂きました!
何度もご丁寧にご連絡を頂き、ありがとう御座いました

※まずは制作した結婚指輪の詳細からお伝えいたします

○指輪の幅 男女共に3.5ミリ
○指輪の厚さ 男女共に1.6ミリ
○桜の打ち出し(光沢&艶消しのコンビ)
○女性の指輪にダイヤモンド×1ピース
○ハート彫り(男女の指輪を重ねると浮き出る)

1つ1つの指輪作りの工程を超こだわっておりますので
こちらの桜コンビ結婚指輪が完成するまでの制作工程です

 

 

まずはプラチナの熔解(ようかい)

当店で作る結婚指輪は、まずこの工程から始まります
ちなみに、プラチナの融点が約1770度です

ペア2本分を作るのに必要なプラチナを溶かします
溶かす事を専門用語で熔解(ようかい)と呼びます

そして溶けたプラチナの塊を金槌で叩いて、炎で焼いて
その繰り返しで地金を鍛える鍛金(たんきん)に進みます

dscn3921

鍛金の写真をまとめたので、工程の説明をいたします

溶かして丸くなったプラチナの塊を鍛えていく作業です
地金を鍛えながら造るので鍛造(たんぞう)とも呼びます

金床(角床)という台にプラチナを乗せて金槌で叩きます
何度も叩いて何度も炎でナマして(焼いて)繰り返します
四角形になるように金槌で調節しながら叩いて成形します。

1466400020151344859

鍛える地金と書いて鍛金と言いますが、そのメカニズムは
プラチナの中に含まれている微量な空気を「す」と呼び、
この「す」を叩いて焼き上げる事で放出されていくんです

それだけではなく、プラチナの粒子が鍛金作業の刺激で
綺麗に整いプラチナの密度を極限まで高める作業なんです

そうしたプラチナは粘り強く強度も高い事から大人気です
しかし、鍛金&鍛造ができる店はほとんどなく専門店のみ。

1466400206032223570

1つのプラチナから2本の指輪を手作りします

丸い塊だったプラチナが、叩いて焼いての繰り返し作業で
1本の細長い板状になりました(ここから2つにします)

同じ1つのプラチナから2つの結婚指輪が誕生(*´Д`)
指輪から絆や愛を感じられて超素敵だと思いませんか♪

この作業は完全ハンドメイドだからこそ可能な工程です
何故なら、一般的に販売されている結婚指輪は鋳造です

鋳造(ちゅうぞう)とは溶かしたプラチナを指輪の型に
流し込む方法です(大量生産の場合が多い製造方法です)
このような工程から鋳造と鍛造とは全くの別物です!

1466400340971468440

鍛造や彫金ができる店は一握り

先程、お話ししたように鍛造が出来る専門店は一握り
鍛金&鍛造を覚えた職人がいないと出来ないという事と
鍛冶作業に可能な設備をもっている工房が必要という事

そして鍛造だけではなく、彫金(ちょうきん)作業が
出来る専門店も少ないんです。まぁ街を歩いてみると
普通のジュエリーショップしか見かけないと思いますがw

このように職人の腕で、本物の結婚指輪を作れるのは
全国でも一握りのお店だけだと断言してもいいです(*´Д`)

dscn3876

リングの形になったら次の段階(彫金)へと進みます

丸棒という工具に、丸めたプラチナリングを挿入して
金槌でリング全面を細かく叩いて綺麗な真円にします
そして更に金槌で叩いて指定サイズまで伸ばします

プラチナを溶かして、その溶かした塊を叩いて伸ばして
板状になったら丸めてリングの形にして共付け(溶接)
指輪の形になるまで相当な手間ですが全て手作業のみです

どの工程も私が細かいチェックをしながらの作業なので
妥協は一切ありませんし、作業に自信を持っています!
作りながら自分でチェック出来るのもハンドメイドの魅力。

dscn3877

鎚目のプラチナリングになりました

金槌で叩いて出来る模様を鎚目(つちめ)と呼びます
この模様は金槌の大きさや形、そして金槌を打ち込む
力加減や角度など色々な偶然で表現される天然の模様です

そして何故、鎚目をプラチナリングに打ったのかと言うと
桜の打ち出し模様を打ち込む下地となる大切な柄なんです
桜の花が、より一層綺麗に魅せる為のベース作りという事

鎚目にも種類がありますが、今回の鎚目は、桜の花びらが
引き立つように幅が大きく凹みが浅い鎚目を打ち込みました
例えば、凹みが深くて細かい鎚目だと桜が見えないからです。

dscn3878

プラチナリングにダイヤを埋め込む(石留め)

今回の桜の打ち出しデザインには、ダイヤが1つ入ります
桜の花が舞っている中心にダイヤが輝くというイメージです

ダイヤの幅と同じ太さのドリルで表面に穴を開けます
ダイヤの幅と厚みのサイズを計り、ダイヤモンドをリングに
隙間なくキツキツに入れます(石の高さは指輪と同じに調整)

dscn3879

キツキツの穴に隙間なく入ったダイヤは当然ながら動きません
動かない事を確認して、タガネで叩いてフチで留めていきます
ダイヤの周りがフチで全て埋まるまで叩いて石留めをします

そして石留めと同時作業で、ハートを手彫りしていきます
最初から深く彫ってしまうと修正が効きにくくなるので、
まずはヤスリで浅めにマーク程度の単純なハートを削ります。

dscn3880

男女の結婚指輪が重なると「1つのハート」になるので
制作途中のプラチナリングをペアリングのように重ねて
ハートの大きさを確認しながら彫ります(サイズが違うので)

そして結婚指輪のメインとなる桜の打ち出しを入れます
桜の花びらの形をしたタガネで叩いて柄を打ち込みます

dscn3881

オリジナル結婚指輪「桜の打ち出し」

こちらの桜の打ち出し模様は当店だけのオリジナルです
そしてオリジナルなので当然ですが当店しか出来ません

タガネという四角い棒状の工具を、私が削って桜の形に
削り上げたので当店しか出来ないという事です(^ω^)
模様を打ち込む工具もオリジナルで手作りするこだわり。

dscn3884

花のバランスを考えながら打ち込みます

桜の花柄を、適当に打ち込んでいるのではありません
何も考えないで適当に打ち込むと、完成度が低いです
桜の位置を頭の中で考えながらバランス重視で打ちます

桜の花柄の1枚1枚の向きも重要となります
同じ方向で桜の花を打ち込むと模様に変化がないからです
桜の配置、向き、間隔など模様の全体バランスを考えます

dscn3886

指輪にキッチリと桜が収まらない方が自然です

指輪の幅の中にキッチリと花柄を入れた方が良いと
思いがちですが実はそうでもなくて(柄によりますが)
途中で花柄が切れたほうが自然に感じて躍動感も出ます

枠の中に綺麗に収めるのも、場合によっては大切ですが
無理に枠の中に収めようとするとバランスも崩れます
枠の外まで桜をイメージさせる事も職人の技量ですよね。

dscn3888

結婚指輪の幅をヤスリで削って調整

結婚指輪を金槌やタガネで叩きまくっていますので
リングの幅が伸びて広がっています(現在3.8ミリ)

指定のリング幅が3.5ミリですので、伸びた指輪の幅を
ヤスリで削って揃えていきます(両側の側面を削ります)
側面を削る時に、回しながら削ると均等に幅が整います。

dscn3889

マリッジリングの幅が揃いましたね(^ω^)
女性の指輪の中心にはダイヤモンドが入っているので、
側面を削る時に、片側だけ集中して削らないようにします

両方の側面を同じ分だけ削らないと、ダイヤモンドが
中心のセンターの位置にならないから、という理由ですね。

dscn3890

マリッジリングの角を落とします

プラチナリングの側面をヤスリで削ると角が出ます
この削った時に現れる鋭利な角を(バリ)と呼びます

角と表現していますが、拡大して見ると糸ノコギリ刃の
ような細かい鋭利なギザギザが集まってできている角で
指もスパッと切れますし、危険ですので角を落とします

dscn3892

つけ心地が良くなるように角を調節します

鋭利なバリを落とす事だけが角を落とす目的ではなくて
つけ心地にも影響しますので、指への当たりが良くなる
ように角を多めに落として仕上げていきます(適度な角)

お客様の好みによっては角をもっと落としても構わない
というお客様もいらっしゃいますのでお客様によってです
特に何も要望がない場合は、私が調節して角を落とします。

dscn3893

マリッジリングにハート柄を彫る

2つの結婚指輪を重ねるとハートが浮き出るように彫金
1つのマリッジリングだけみてもハート柄に見えません
2つのマリッジリングを重ねる事でラブリーなハートが♪

前半の作業工程で、ハートを軽くヤスリで削りましたが
それはハートの位置を確認する為のもので軽いマークです

今は桜の打ち出しを入れたので形も凸凹になっています
今度は先端工具で深く彫ってハートを完全に造り上げます

dscn3895

男女で指輪サイズが異なるので指輪の面積も違いますが
ハートは同じサイズになるように工具で彫り合わせます

お客様のご要望でアンバランスなハートにも出来ますよ
バランス以外もハートの大きさもご要望に応えられます
特にご要望がない場合は、私がバランス重視で彫金します。

dscn3896

つけ心地の良いマリッジリング(結婚指輪)

ずっと長く指につけるマリッジリング(結婚指輪)
だからこそ結婚指輪の着け心地は重要になります!
現段階では結婚指輪の内側はフラットな平面です

平面のままだと指への当たり(つけ心地)が悪いです
指の形に合うように指輪の内側も丸く削っていきます
丸いというよりは楕円形の形が指には優しく合います。

dscn3897

滑らかで優しい着け心地

まるで指輪をつけているのを忘れるかのような着け心地
写真を見て一目瞭然ですが、綺麗な楕円形になっています

このような楕円形を結婚指輪の内側に造る事によって
ストレスを感じない優しいフィット感を得られるんです♪
指輪の着け心地の良さには絶対的な自信があります(*´Д`)

dscn3898

結婚指輪の仕上げ作業

いよいよ指輪作りも大詰めを迎えようとしています!
結婚指輪の仕上げ作業に入ります(傷消し&磨き)

まずはヤスリの彫金作業でできた小傷を取り除きます
ヤスリ自体も荒い目から細かい目と変えていきながら
傷が小さくなっていきますが、完全には傷は消えません

そこで耐水性の紙ヤスリで小傷を消していくんです
耐水性なので水と研磨砂が混ざり合う事で、小傷の奥
まで浸透して研磨できるので小傷が綺麗に取り除けます。

dscn3899

耐水性のサンドペーパーで指輪の傷消し作業の次は
シリコンポインターという研磨ゴムで滑らかにします

リューターというペン型工具の先端に研磨ゴムを設置
して高速回転で研磨ゴムを回転させて磨くという作業

研磨のゴム道具なので、一点集中でその部分だけを磨くと
その部分だけ凹んでしまうので使い方には注意が必要です。

dscn3900

研磨ゴム(シリコンポインター)にも研磨用の硬いゴムと
磨き用の柔らかい青いゴムがあり、使い分けて仕上げます

プラチナリングに、光沢が出てきたら次は最後の磨きです
ヘラ棒という工具で、光沢から鏡のような鏡面に磨きます。

dscn3909

へらがけ(へら磨き)

へら棒という棒でプラチナを磨くと鏡面になるんです!
磨くといっても一般的にイメージする磨く工程と違います

磨きたい部分にヘラ棒を強く押しあてて滑らせて磨きます
プラチナの表面を潰して鏡面を出すという仕組みなんです

弱い力で磨いても鏡面は出ません。かといって強すぎても
プラチナの面が潰れて凸凹になって失敗してしまいます
単純に見えてもヘラ棒で鏡面を出すにも難しいという事です。

dscn3911

つや消し(マット加工)と光沢のコンビ

ベースの結婚指輪は、内側以外すべてマット仕上げにします
そしてヘラ棒で桜の数、全体の約半分を磨いて光らせます
光沢と艶消しの桜が混ざり合う事で躍動感が増します(*´Д`)

そしてハートも男女ともにキラキラに光らせます
つや消しベースの結婚指輪に輝く桜とハート、目立ちます
全部の数の桜を光らせないで半分だけ光らせるのがポイント。

dscn3910

ハンドメイドの結婚指輪が完成しました!

とっても可愛い桜とハートがモチーフの結婚指輪ですね♪
ダイヤモンドも艶消しの中で目立ってキラキラ輝きます

いくつもある桜の花びらが、光ったり艶消しになったり
その交互する桜が実際に舞っているように見えて魅力的
ベースとなる結婚指輪の鎚目模様も存在感がありますね!

ハンドメイドの魅力をたっぷりお伝えできたと思います
自分の意志で最初から最後まで作れる手作りだからこそ
間違いのない本物の結婚指輪をお客様にお渡しできます!

 

ご依頼を頂きました福島県のお客様に心から感謝です
本当にありがとう御座いました!感無量で御座います(涙)

そうだ!福島のお客様から嬉しいお手紙を頂きました
とっても嬉しい内容だったので、ここでご紹介を
させて頂いて記事を終わりにしたいと思います<(_ _)>

……………………………………………………………………..

池田様 本日無事に受け取りを完了致しました。
実物を拝見いたしました。感動ものですね!
思った通りのリングに、感無量です!

心を込めて育てて、戴きました事に感謝いたします。
本当にありがとうございました。
こちらも、このような素敵なご縁を心から感謝致します。
ありがとうございました。

……………………………………………………………………..

 

=================================
指輪作りの制作日記をご覧頂いて、工程に納得をしてから
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
真心をこめて1つ1つ手作りをする本物の結婚指輪ですよ

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA