「ダイヤの一文字・V字リング」 裏側を抜いていない「無垢の手作り指輪」

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

先日、栃木県からわざわざ新潟長岡市の当店まで
ご来店を頂きましたお客様の指輪制作の記事です(^ω^)

婚約指輪としてエタニティリングのご注文を頂き、
そして結婚指輪のご注文まで頂き、そして何と
彼女さんのお母様からも指輪のご注文を頂きました!

しかも親子で2回も栃木から長岡までお越し下さり(涙)
お土産まで沢山頂き、感謝しきれないお客様です(号泣)
本当に先日はお世話になりました!感無量で御座います!

 

という事で今回の記事は、お母様からご依頼を頂きました
プラチナ・ダイヤモンドリングの制作風景の記事となります

彼氏様と彼女様の結婚指輪の記事も次回に更新します
画像の枚数が多いのでサイズ調整をしてから書きます(^ω^)

先にお母様のダイヤモンドリングの制作風景からご紹介!
カテゴリーが婚約指輪しかない為、婚約指輪のカテゴリーで
記事を書かせて頂きます(実際はファッションリングです)

完成したダイヤモンドリングの写真です

dscn3659

プラチナV字リング・ダイヤモンド一文字

こちらのダイヤモンドリングの制作工程となります
角度が強めのVラインの片側にダイヤが埋め込まれます

昔の一文字リングとは違い、エタニティの石留めで制作
新しく洗練されたハイセンスの一文字という事ですね
それでは指輪の完成まで制作工程をお楽しみ下さいませ(^ω^)

 

 

当店で制作する指輪はすべて鍛造(たんぞう)です
鍛造とは、文字の意味と同じで地金を鍛えて造ります
そして、彫金(ちょうきん)手法で形を生み出します

鍛造で鍛え上げたプラチナを丸めて指輪の形にして
ヤスリやタガネ、先端工具などを駆使して手作業で
削ったり彫ったりして指輪の形を造り出していきます
このような作業を彫金(ちょうきん)と言います

最初から最後まで、手作業のみで作り上げる一点物
フルオーダーメイドとも呼ばれてれいます(^ω^)

1466400020151344859

今回の指輪作りの流れを、順番で簡単に説明すると

①指輪を作るのに必要なプラチナを計算して溶かす(溶解)
②溶かしたプラチナを叩いて焼いて鍛える(密度を上げる)
③鍛冶作業で伸ばしたプラチナ板を丸めて溶接(ロウ付け)
④指輪の形になったらヤスリなどで削り形を造る(彫金)
⑤ダイヤをエタニティのように繋げて留める(石留め)
⑥磨いて完成(最終仕上げ)

このような流れで指輪作りが進んでいき事になります
時間がないので全部の工程を書く事が出来きず申し訳ないのですが
④番からの彫金作業から完成までをアップしますのでご了承下さい

なお、鍛造やロウ付けなどの作業がご覧になりたい方は
Youtube動画で詳しくアップしてますのでご覧くださいませ(^ω^)

コチラ → プラチナリング(結婚指輪)の作り方

1466400340971468440

彫金作業で写真(下)のようにベースが完成

やや強めのV字ラインが魅力的のプラチナリング
Vラインの片側が一段上がって段差になっていて
高い段差のスペースにダイヤが繋がって入ります

指輪の肉厚はトップの方が肉厚になっております
ダイヤを埋め込む為に肉厚にしているんです(^ω^)

dscn3642

指輪の内側を丸くして、つけ心地を良く

当店で作る指輪は、つけ心地が良いと評判です
作り手の自分で言うのも恥ずかしいんですがw
指輪の着け心地には絶対の自信を持っています!

下の写真のように、指輪の内側の角をヤスリで
削り落として全体的に内側を丸く削っていくんです

dscn3643

楕円形に削る事がポイントなんです

普通に丸く削るだけで、ある程度の着け心地は良く
なるのですが、ある程度の着け心地の良さでは駄目!

指にフィットして違和感なく、ストレスを感じない
そんな高いレベルの着け心地の良さを追求します!
企業秘密で詳しくは言えませんが楕円形が指に合います

dscn3644

プラチナリングを仕上げます

ダイヤを本体に埋め込む前に、リングの小傷を消します
彫金を続けていくと、必ず小傷が表面に残るんですよね
ヤスリで地金を削るので「ヤスリ目」とも呼ばれています

耐水性の紙ヤスリで、徹底的に表面の小傷を取り除きます
耐水性の紙ヤスリは、水をつけて擦ると効果が倍増します
水と研磨砂が混ざり合って傷の奥まで浸透するからです。

dscn3647

プラチナリングの全面を仕上げたら「石留め作業」
いよいよ複数のダイヤモンドを指輪に埋め込みます

その前に、いきなり石留めの場所を彫ったりすると
並んだダイヤのスペースやバランスが合わなかった時に
修正が効かないので、彫金に入る前に設計図を書きます
設計図というよりも下書きと言った方が合っているかな?

ダイヤのサイズを計算をしながら、正確な位置、間隔、
バランス等、きっちりOKが出たら彫金へと進みます!

dscn3648

一文字リングとエタニティリングの決定的な違い

一文字(いちもんじ)というデザインの指輪ですが、
昔からの一文字というと、ダイヤが真横に繋がっている
とってもシンプルな留め方です(エタニティとは違う)

一文字リングとエタニティリングの決定的な違いは、
指輪を側面から見た時にエタニティリングは同じ肉厚で
一文字はトップが分厚く印台のような形状が多いんです

※デザインによってそうでない場合もあります

そして既製品にとにかく多いのが指輪の裏側が抜いて空洞
とくにダイヤが留まっている裏側がスッカスカの洞窟状態
なんで指輪の裏側を抜くのか・・それは石留めのしやすさ
使うプラチナの削減などありますが絶対お勧めはできません!

今回は印台のような形ではないし、エタニティリングの
形でもなく、その中間となるデザインという事なんです
しかし石留め方法はエタニティリングの留め方をします

そして指輪の裏側も空洞は一切なく、完全な無垢(むく)
無垢にする事で、着け心地が圧倒的に良くなるんです
※基本的に私が作る指輪は、完全な無垢材です(キッパリ)

dscn3649

タガネで彫金(彫り留め)

タガネという工具でプラチナリングを彫ります
タガネの先端は刃になっており、大工さんのノミ道具と
共通する部分が多い工具です(大きさは全然違いますw)

使い方も共通していて、刃で彫る(刻む)部分に当てて
タガネのお尻を金槌でコンコン叩いて彫るという使い方
タガネを滑らせると深い傷がついてしまうので要注意!

そんな繊細なタガネで彫りながら爪や縁や枠を作ります
彫って石を留めるので「彫り留め」と専門用語で言います。

dscn3650

石留め(彫り留め)

タガネで彫り上げて、ダイヤを留める為のスペースが完成
そのスペースにダイヤを入れて爪を寝かせて石を留めます

普通に爪を寝かせると、ダイヤが留まった時に三角や四角に
なったりするので、綺麗に魅せるには丸い爪をお勧めします
球体の爪は光が反射しやすいのでダイヤと一緒に光るんです

ちなみに今回、使用しているメレダイヤは最高ランクです
メレダイヤのカット、透明度、輝きとレベルが高く綺麗です。

dscn3651

石留めが完了すると分かりますが、爪もダイヤも一体感が
出てピッカピカに光っています(この時に爪も磨きます)

ミルという球体のデザインを作るときの工具で留めます
「ミル打ち」という代表的なデザインを爪にする発想です

ですので爪というよりもデザインになるので綺麗なんです
ひとつのパーツから、ひとつのデザインになります(*´Д`)

dscn3654

シリコンポインターで磨く

シリコンポインターという研磨ゴムで全面を磨きます
プラチナの表面を滑らかにしていく役割を果たします

先程の紙ヤスリでの仕上げで、小傷は消えましたが、
紙ヤスリの細かい擦り傷が残っているので取り除きます

ポインターには形が様々あるのでデザインで使い分けて
小さな隙間(例えば彫り留めスペース)なども磨きます
とことん磨く事で、より綺麗に仕上げる事が出来ます。

dscn3655

ヘラがけ(ヘラ磨き)

シリコンポインターで磨くと、磨いた場所に
艶がでますが、まだ完全な光沢ではないんです

鏡のように反射する光を生み出すには「ヘラがけ」の
仕上げが必須になります(鏡面仕上げとも呼びます)
文字の通りに鏡の面のように仕上げるので鏡面仕上げ

やり方は、ヘラ棒という工具をプラチナに強く押しあて
プラチナ面を潰すように力強く滑らせると鏡面が出ます
不慣れな人は傷だらけになり失敗するのでコツが必要!

dscn3657

バフ仕上げ(最終磨き)

ヘラがけが完了したら、最後にバフで磨いて完成です
バフとは、固く薄い布が重なり合って出来た磨き布です
主に円盤型でバフを高速回転をさせてプラチナを磨きます

バフの大きさは、リューターに設置できる小さい物から
移動ができない大きなバッファーがあります(バフ機)
こちらは凄いパワフルな回転力なので火傷に注意ですね

dscn2749

無垢で作った、プラチナV字・一文字リングの完成!

ダイヤモンドがない部分にはマット加工をしてみましたが
お好みで鏡面にする事も可能です(お客様のお好みです)

アームのV字角度もお客様の好みで緩くも強くも可能です
今回のプラチナリングは片側だけにダイヤを入れましたが
Vラインの全体にVの形でダイヤを埋め込む事も可能です。

dscn3659

ご依頼を頂いた栃木県のお客様に心から感謝いたします
2回も栃木県からご来店頂きありがとう御座いました!
そして、楽しいお時間を共有できて最高でした(^ω^)

次回の記事では、同じお客様の結婚指輪のご紹介です
画像が沢山あるのでコツコツと記事を書いていきますね
こちらの結婚指輪も無垢にこだわった最高の逸品です
ブログの更新まで、もうしばらくお待ち下さい<(_ _)>

 

こだわりの制作記事をご覧頂いて、制作工程に納得をしてから
私の作る結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
結婚指輪の一覧はコチラ → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA