マット 結婚指輪【艶消しの中に輝くライン・インフィニティ】ウェーブ 結婚指輪

ご紹介する手作り結婚指輪のデザインは
マット仕上げのインフィニティリング
ウェーブのラインだけが光沢に輝きます

本日もジュエリーコウキの手作り結婚指輪の
記事をご覧頂いて誠にありがとう御座います
2代目の池田です、よろしくお願い致します。

一昔前はピッカピカの光沢(鏡面)仕上げの
結婚指輪が定番で、沢山作っていましたが
今は光沢も艶消しも半々位の割合になりました

実は自分の結婚指輪も(約15年前ですがw)
艶が一切ないマットの結婚指輪を作りましたが
15年も使っていても光沢よりも傷が目立たず
マットの魅力を肌で感じているのでお勧めです!

 

今回、ご紹介をさせて頂くマットの結婚指輪は
茨城県のお客様からご注文をいただきました
制作のご依頼をいただき、ありがとう御座います

結婚指輪の仕上げはマット加工なのですが、
デザインはインフィニティのフォルムなんです
すでに完成しておりますので写真をご覧ください。

真っ白な艶消しが印象的なマットの結婚指輪
インフィニティ ひねったラインが光ります

マットカラーのパーセンテージが多いんですが
ワンポイントでラインを光らせると目立つんです

側面から来た捻じれラインだけを光らせる事により
ひねったインフィニティを魅せる事が出来るんです

今回は艶消しの割合を多くしたインフィニティですが
お客様のお好みでラインだけをマット加工にして他を
光らせる事も可能ですし全面光沢ももちろん可能です。

実際に板を、ひねって指輪を作る事も可能ですが
指輪の内側も捻じれるので、着け心地が悪くなって
当たって痛かったり、挟まって痛かったり、水分が
溜まったりストレスを感じますのでお勧めできません

私がインフィニティの捻りラインを生み出す場合は
つけ心地を優先する為に内側は普通のまま作ります
リングの表面だけの彫金で捻ったように魅せますよ!

 

 

こちらのインフィニティの結婚指輪を
手作りする工程を詳しく記事にします

まずは結婚指輪(プラチナ・ペアリング)に
必要な白金を計算して溶かして1つの塊にします
※白金とはプラチナの事です

白金の融点(溶ける温度)は約1770度!
凄い温度ですよね~危険を伴う作業という事です
溶接用のサングラスをしないと目が焼けます(汗)

そしてバチバチと火花が散ったりもしますので
火傷にも注意が必要なので薄着はお勧めしません

この火花は高価な白金の一部なので勿体ないです
どれだけ火花を出さないで溶かせるのかも技術です。

※溶解(ようかい)とは地金を溶かす作業の事です
※地金とは、これから作る指輪の素材。今回は白金

 

実際に酸素バーナーでプラチナを溶かしている
動画を撮影しましたのでご覧ください(^ω^)

 

溶かしたプラチナ塊を鍛える

手作り結婚指輪の大事なベースとなるプラチナです
指輪作りの前に指輪の素材を鍛える所から始まります

鍛える地金と書いて鍛金(たんきん)と言います
昔から日本に伝わる伝統技術で、聞きなれた言葉で
言うと「鍛冶」です。聞いたことがあると思います。

鍛える地金と書いて、鍛金と読むと言いましたが
鍛えた地金で物作りをする事を鍛造(たんぞう)と
いいます。鍛えながら造るという意味です(^ω^)

ジュエリー業界では鍛造リングと呼ばれています

じっくりと鍛えながら造る事から普通の宝石店には
難しく、専門の技術を持つ職人がいる事と設備など
ごく一部のジュエリーショップしか対応できません。

鍛造リングのメリット

鍛えて造る鍛造リングのメリットは凄いです!
鍛造のメカニズムは、じっくりとプラチナを金槌で
叩きあげて炎でナマス(焼く)工程を何回もすると
プラチナの密度が増して粘り強い白金になるんです

粘り強いプラチナリングは、変形にも強いですし
強度にも強くて長く指にする結婚指輪には最適です!
出来合いのリングとは下地から違うという事ですね

 

鍛冶の作業風景も是非ご覧ください!
このようにして地金を鍛えるんですよ

 

鍛冶で伸ばした白金板

やみくもに白金を叩けば良いという訳ではないです
最終的に下の写真のような長い板になるようにします

叩いて焼いて、叩いて焼いて、また叩いて・・・
地道にこの工程を繰り返しながら伸ばしていくんです。

板のサイズに理由あり

長い板に伸ばしたプラチナですが計算されています
板の長さは結婚指輪(ペアリング)2本分の指輪に
必要なサイズの長さなんです。具体的に説明すると

板の幅はリングの幅という事になり
板の厚みはリングの厚みという事なんです(^ω^)
ペアリングに必要な長さと幅、厚みという事ですね。

1つの素材から2つの指輪を作る

ここまでの工程を見てピンと来た人も多いかと!
1つの素材を(白金)ここまで伸ばしましたよね
という事は・・おおお・・・おおおおおお Σ(゚Д゚)

同じ素材の結婚指輪ですね!

大切なパートナーと同じ一緒のプラチナですよね!
同じ素材で手作りをする結婚指輪、強い絆を感じます
大切な結婚指輪だからこそ、その工程にこだわります。

プラチナリングのベースに刻印

1枚の長い白金板を2枚のペアにしました
これがペア・プラチナリングのベースという事です
リングの素材がプラチナ900なので(pt900)の刻印

そしてジュエリーコウキ・オリジナルハンドメイド
を証明する(JK)マークが入った刻印を打ち込みます
2種類ともリングの中側になる面に合わせて打ちます。

指輪になるように丸める

いよいよ板からリングに変身しますよ(^ω^)
刻印を打ち込んだ面が指輪の内側になるようにします

丸棒という棒にプラチナ板をあてて木槌で叩きます
丸棒に沿って叩きながら丸めると綺麗に丸まりますよ

丸め方は他にも色々あるんですが1番綺麗なリングに
なる丸め方は自分がこれが1番かなと思っております。

金槌ではなく木槌で叩く理由は、傷がつかない為
金槌で叩くとインパクトが強いのですぐ凹むからです
※サイズを伸ばす時は金槌を使わないと伸びません

白金板を丸めると、端と端が合わさり隙間が出ますが
溶接をする時に隙間があると不具合が出てしまうので
合わせ口の隙間が消えるよう溝を削って調節をします。

プラチナ指輪の溶接

結婚指輪の素材はプラチナ(白金)
プラチナリングの溶接はエネルギーが凄いですよ
1番最初の工程と同じように溶解のような作業です

共付け(ともづけ)と言う溶接方法でリングを完全に
融合させる為に溶解と同じく溶かして溶接をさせます。

共付けとはプラチナリングの一部の地金を薄く伸ばし
隙間のない合わせ口に挟みこんで、溶解の時と同じに
酸素バーナーで合わせ口をドロドロに溶かして溶接!

指輪の合わせ口も、薄く伸ばして挟みこんだ地金も
同時に溶ける事によって完全融合させる難易度が高い
溶接方法で失敗すればプラチナリングが溶けます(汗)

要は溶ける範囲をどれだけ小さくできるか!そこです
あまりにもリング本体が溶け過ぎるとそこで終了(涙)
私の場合は写真のようにリングの角が溶ける程度です

共付けの様子も動画で撮りました!
やっぱり直接どんな作業なのか見たほうが
分かりやすくて、理解も出来ると思います

 

結婚指輪のサイズ調整

難易度の高い共付け作業が完了すれば次の工程へ
再び丸棒にリングを入れてハンマーで叩いていきます

ここで使うハンマーは木槌ではなく金槌でOK
綺麗に丸まってはいますが、完璧な円ではないので
金槌でリング全面を叩いて完璧な「真円」にします。

真円にリングを成形したら、丸棒に入れたままで
金槌で細かく叩きながらサイズを細かく伸ばします

細かく叩く事がサイズ調整ではポイントとなります
細かく叩く事によりサイズが少しづつ伸びるんです

出来合いの既製品のリング全般に言える事ですが
1号単位でしかサイズがない宝石店がほとんどです

当店は手作り結婚指輪なので、お客様のサイズに
細かく対応できるように0.5号でもそれ以下でも
対応できるように細かく叩いて微調整をしています。

結婚指輪の太さを調整

結婚指輪の幅が3mmのインフィニティリングです
写真の段階だと3.5mm位ありますので幅を削ります

両方のリング側面をバランスよく削っていきます
片側づつ0.25mmを削ると丁度よく3mmに仕上がります

指輪を円盤のように回転させながらヤスリで削ると
側面が平になって均等に削れるのでお勧めです(^ω^)

プラチナリングの角を落とす

男女ともにリングの太さを3mmに調整しました
写真をよ~く見ると分かるのですが、角があります
これは地金を削った時にでる「バリ」という角です

このバリと言われる角が非常に危ないんです(汗)
ノコギリのような小さい刃が集まってできた角で
とっても鋭利なので作業中に指を切ってしまいます

バリが出てきた時点でヤスリで削り落としましょう
触って痛くない程度に角を落とすとやりやすいです。

結婚指輪にデザインを入れる

フラットだった指輪に、いよいよデザインが入ります
ヤスリを使ったり、リューターの先端工具を使ったり
色々な工具を使いながらプラチナを削る彫金作業です

デザインの肝となるのは、ずばりウェーブ!
インフィニティのねじれたようなウェーブですよね

無限大のマークのような捻じれたラインになるように
削って見た目が捻じれたように見せるんです(^ω^)

ヤスリでいきなり削って曲線を作るのは危険ですので
まず定規などで計りながらラインの位置を決定させて
油性マジックでラインを書いて、バランスを確認して
削っても大丈夫と判断したら削るようにすると安心です

白金板の状態の時に強引にねじって、曲げて指輪を
作る事も可能ですが、着け心地が最悪に悪くなるし、
ねじった中心が肉厚になるのでバランスが崩れます(汗)

それなら実際に指輪を捻るのではなくて、ねじった
ように見せられるならそれが1番綺麗で間違いないです
つけ心地も良くバランスも良い。手作りなら可能です!

ひねり、ウェーブラインを削り出して
無限大のインフィニティを結婚指輪に

インフィニティのウェーブはデリケートなライン
ひねり方を間違えると、ひねったように見えなくて
普通の流れたラインに見えるので難しいです(;´Д`)

大きなヤスリは一切使わないで、精密ヤスリという
細かい所を削る専用の小さいヤスリでチマチマと
削っていくしかありませんが大事な作業なんですよ

コツコツと削りながら曲線を地道に調節していくと
バランスが崩れる事もなくウェーブも生きてきます。

ペアリングでインフィニティを合わせる

結婚指輪=ペアリングですよね
ペアリングなので、インフィニティのウェーブの
曲線を合わせる必要があるので同じに合わせます

結婚指輪のサイズが違う場合が普通に多いんですが
サイズが違ってもインフィニティの長さや大きさ
曲がり具合などを合わせてバランスを合わせます

さすがにサイズが10号以上や、それ以上の差が
あるとリングの面積が違ってくるので難しいですが
それでも極力合わせるように努力は絶対にします!

つけ心地の良い指輪にする

結婚指輪は長く指につける大切な記念のリングです
長く付ける指輪だからこそ、つけ心地にストレスを
感じないように滑らかに優しいフィット感が必要!

手作り結婚指輪だからこそ着け心地にこだわります
プラチナリングの内側の角を落として、内側の全体
を楕円形になるように削りながら丸めていくんです。

画像のようにリングの内側を滑らかにする事で
指への当たりが優しく感じてフィット感も出ます

フラットな平の内面よりも着け心地は全然違います
汗や水などの水分も掃けやすいのも魅力です(^ω^)
せっかくの手作り結婚指輪なので妥協はしません!

結婚指輪の角を無くし丸いフォルムに

結婚指輪を甲丸のように浅く丸く削っていきます
専門用語では平甲丸といって丸すぎない甲丸ですね

フラットで平な平打ちデザインもインフィニティは
センター部分だけなら出来ますが、甲丸に近い方が
角が無くなるのでリング全体を繋げる事が出来ます。

最初のヤスリは荒い目で削って、平甲丸の形を出し
平甲丸のフォルムになったら細かい目のヤスリで
プラチナリングのフォルムを成形して馴染ませます

指輪の角を削って落としながら平甲丸にしていくと
指輪の角が無くなって滑らかになり、表面と側面の
繋がりができるので更に、ねじったように見えます。

インフィニティのウェーブが命

今回の手作り結婚指輪の最大のデザインポイントは
インフィニティの捻ったウェーブを忠実に再現する

実際に1本のラインを、ひねったように見せる事が
出来るか出来ないかでインフィニティの完成度が
大きく変わりますので徹底的に確認して彫金します。

インフィニティのウェーブが出たらOK

角が無くなって面が滑らかになると全体が繋がります
※インフィニティの曲げた一部分だけには角がある事

ヤスリや更に細かな先端工具で削り出したラインです
ひねったように綺麗に見せる事ができましたね(^ω^)

平打ちデザインだと表面と側面に角が絶対あるので
区切りが出来てしまうのでウェーブが繋がりませんが
このような工程で角を無くせばラインが繋がりますね。

傷消しの仕上げ作業

結婚指輪の手作り作業も、いよいよ大詰めを迎えます
ヤスリや先端工具でフォルムを削り出しましたので
プラチナリングの全体に傷が残っている状態なんです

耐水性の紙ヤスリでプラチナリングの傷消しをします
水を含ませながら指輪の全面を何度も擦る事によって
研磨砂と水が混ざって、傷の奥まで浸透するんですね。

研磨ゴムで更に仕上げる

耐水性の紙ヤスリで小傷を消す作業をしましたが、
次は紙ヤスリで擦った時にできる髪の毛のように極細の
細かい小傷の束を消していく作業になるんです(^ω^)

シリコンポインターという工具で早く言えば研磨ゴム
研磨材の含まれたゴムの塊を高速回転させて仕上げます

シリコンポインターの形状は様々ありますが
シリコンポインターの素材は主に2種類がメインです

上の画像の茶色いゴムは研磨材の入った研磨専用で
下の画像の水色のゴムは滑らかにして光らせる役目です

ヘラ掛けで鏡面仕上げ

結婚指輪の内側をシリコンポインターで仕上げました
※表は艶消しのマット加工なので茶色いゴムで終了です

水色のゴムで磨くと光沢になりますが反射はしません
鏡のように反射するには鏡面加工をしないと光りません
「ヘラがけ」という工程で鏡面を出して仕上げていきます

ヘラ掛けのやり方

プラチナリングの磨きたい面にヘラ棒を押し当てます
強く押し当ててヘラ棒を滑らせると鏡面がでてきます
プラチナの面が潰れて鏡面になるという事です(^ω^)

いがいと簡単な作業に聞こえるかもしれませんが、
これが超難しい作業でコツが分からないとプラチナが
傷だらけになったり凹んだりするので技術が必要です。

バフ掛けで最終仕上げ

これが最後の磨きになります(超音波洗浄は除く)
ヘラ掛けでピッカピカになった鏡面を更に磨きます
バフとは、固い布が集まった磨き布の事で形も様々

シリコンポインターと同じで高速回転で仕上げます
小型のバフかた大型のバフまで使い分けて磨きます
バフの威力が凄いので指輪を離さないように磨きます

結婚指輪の内側には記念日や名前やメッセージなどの
アルファベットや数字などの刻印を入れます(^ω^)

結婚指輪にマット加工

結婚指輪の内側が完成したので(磨き&中文字刻印)
今度はプラチナリング表面の最終仕上げになります

ツヤ消しマット加工を、リング表面全体に施します
最終体形はインフィニティのウェーブが光るんですが
まずは、全てマット加工をしてから最後に光らせます

マット加工のやり方にも複数の種類があるのですが
艶消しの中でも艶が一切消えて真っ白になる加工で
砂の粒子を勢いよく吹き付けマット加工を施します。

インフィニティのウェーブを中心に角度を変えながら
綺麗なマットになるように、砂の粒子を吹き付けます

指輪の角度を変えながらインフィニティの隅々まで
砂の粒子が行き届くように吹き付けてマットにします
インフィニティだけではなく指輪の側面も艶消しです。

インフィニティのウェーブを光らせる

これで本当に最後の仕上げとなります
インフィニティの捻じれた曲線をヘラ掛けで磨きます
ヘラ掛けの後は、先程と同じようにバフ掛けをします

艶が一切ない真っ白なフォルムに一筋の輝きライン
インフィニティの曲線が指輪全体を引き立たせます!
ここは好みもあるので全面マット加工でも面白いです。

インフィニティリングの結婚指輪が完成
削り出しで見事に立体感を演出しました
鍛造と彫金にこだわった職人の指輪です

ねじれて見えるインフィニティの曲線が魅力的です
指輪の横(側面)から見ると、こんな感じですね
側面からラインが捻じれてウェーブを表現しています

プラチナリングの光沢面は、リングの内側の面と
インフィニティのウェーブ曲線のみが光っているので
真横から結婚指輪を見ると全てマットに見えるんです。

手作り結婚指輪の詳細

○素材 プラチナ900(pt900)
○太さ ペアで共に3mmの幅
○肉厚 ペアで共に1.6mmの高さ
○形状 平甲丸デザイン(平打ち甲丸)
○デザイン インフィニティの輪・インフィニティリング
○仕上げ  マット加工、インフィニティの曲線が光沢

手作り結婚指輪の制作のご依頼を頂きました
茨城県のA様には心から感謝いたします
ご注文を頂きましてありがとう御座いました!

A様からメールにてお手紙を頂きましたので
少しだけご紹介をさせていただきますね(^ω^)

=================================
写真で見ていたよりも
ずっとずっと素敵な指輪が届きました!
入れ物がとてもかわいいので
フォトウェディングの際このまま使わせて頂きます。

製作時の写真も、わくわくしながら
彼と見させて頂いていました。
本当にありがとうございました!!
=================================

こちらこそご依頼をいただき有難う御座いました!
とっても素敵な結婚指輪を手作りさせていただいて
仕事をしていても楽しく考えながら制作出来ました

やはり結婚指輪は、つけ心地の良さが重要ですので
インフィニティのウェーブのバランスを崩さない
ように試行錯誤しながら作ったので面白かったです

そんな結婚指輪を360度から見て頂きたいので
動画で撮りましたので是非、ご覧ください(*´ω`*)

 

=================================
指輪作りの制作日記をご覧頂いて、工程に納得をしてから
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
真心をこめて1つ1つ手作りをする本物の結婚指輪ですよ

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA