結婚指輪を手作りしたい!安い指輪はシルバーor高い指輪はプラチナ

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、岡山県H様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方は結婚指輪の予算があまり
ないので、安くてもオリジナルの指輪を探していたら
手作りの指輪があるという事で二人で作ったそうです。

手作りと一言で言っても、様々な手作りのパターンが
ございますので手作りの種類については記事の最後に
実際に宝飾職人の私、池田がプロとしてご説明します。

その前に指輪のカラーはシルバーが良いと言っている
方が多いのですがシルバーカラーでも実際にシルバー
とプラチナがございます(分からない方が多いので)

シルバーは銀で、シルバーアクセサリーの素材として
よく使われている素材で銀は変色しますし安いんです。

プラチナはジュエリーの素材として使われる素材です
色はシルバーカラーですが銀と比べると色が濃いです
光沢に仕上げた時もプラチナの方が反射度が強いです。

相場も、銀と比べると段違いに高くて高価な素材です
プラチナは変色もしないので結婚指輪に向いています。

それでは岡山県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【一生の思い出になる手作り指輪】

 

投稿者 岡山県H様

 

何かと貯金の少ない私たち…。

結婚したはいいものの、指輪を買うお金は
私にも夫にも到底ありませんでした。

結婚指輪といえば、人生の一大プレゼント。
それだけに金額の張るもので、安くても3万、5万…。

婚約指輪もなかったのでこのまま結婚指輪も
なくてもいいのでは?と思っていたのですが、
夫はどうしても結婚指輪がほしい!と。

二人でたくさんインターネットで検索し、
条件に合いそうな指輪をたくさん吟味しました。

 

【男性の指が細くて女性の指輪が太い】

しかし困ったのは、夫の指が細すぎること。
そして私の指が太すぎること…(笑)

お店に行って相談しても、男性用の方を私が、
女性用の方を夫が身に着けるしかない状態に。

私たちのサイズに細かく対応してくださるお店は
お値段が高く、とても手が出ない状況でした。

その結果私たちが行きついたのが、
「手作り指輪」という選択肢。

万単位が当たり前の指輪業界の中ではとてもお安く、
ひとつあたり5000円ほどで指輪を作成できる
工房があると知り、早速予約しました。

 

【指輪の素材はシルバーだから安い】

何も下調べをせずに向かったのですが、
そこではシルバーだけでなく14金GFという
金色の指輪も作ることができました。

私は自分にはゴールド、
夫にはシルバーの方が似合うと思っていたので、

このお値段で色違いのリングが
作れるというのはとても嬉しい誤算でした。

話し合いの結果、私は夫の指輪を、
夫は私の指輪をそれぞれ作成することに。

相手のことを考えながら作るリングは緊張しましたし
なかなか満足のいく出来ではありませんでしたが、
とても愛着がわく品となりました。

主人が作ってくれた指輪には槌目模様がついていて、
私が指輪を探していた時に槌目模様が可愛いと
言っていたのを覚えてくれていたんだ!と感動しました。

結婚指輪 安い シルバー

デコボコで格好悪いけど
そこが手作り指輪の魅力!

また、内側には私の名前が彫ってあったのですが、
普段は私を呼び捨てで呼ばない夫から

呼び捨てにしてもらえたようで
付き合い始めのときめきを思い出しました(笑)

既製品よりは随分とでこぼこで格好悪いかもしれませんが、
それ以上に愛情と思い出がいっぱい詰まった
忘れられない体験となりました。

刻印については工房の方で用意をしてくださっているので、
何も持っていかなくても手ぶらで作ることが出来ました。

 

【指輪制作の講師が手伝ってくれる】

講師の方の説明も丁寧でわかりやすく、
初心者に難しいところや手間取っているところは

アドバイスをくださるので、
指輪作りに慣れていなくても安心でした。

初めてでとにかく緊張していたのですが、
横で指輪に刻印を入れる夫の顔はもっと緊張していて…。

講師の方に「もっと肩の力を抜いて!」と
何度も注意されていたのを覚えています(笑)

また、他の教室では講師の方が仕上げをしてくださって
後日郵送というプランも多かったのですが、

そちらの教室は当日持ち帰れるということで、
その点についてもポイントが高かったです。

なかなか周囲の友人でも
手作りの結婚指輪という話は聞きません。

やっぱりお店で購入したものの方が綺麗で形も整っていて、
アフターサービスも充実しているからでしょうね。

 

【ひとつ5000円で手作りができる満足感】

けれども私はひとつ5000円ぽっちであんなに
素敵な体験ができたことが本当に嬉しかったので、
次もきっと手作り指輪を選択すると思います。

好きな人が自分の横で自分のことを想って指輪を
作ってくれる…というのは、とてもときめきますよ。

それに、次はもっと綺麗な指輪を作ろう!
という意気込みも湧いてきました。

指輪を作ってからもう二年近く経ちます。
値段が安かったので耐久性を心配していたのですが、
そんな心配はまったく無用で今も綺麗なままの状態です。

ただ、14金GFは水に弱いと説明書に記載してあったので、
お風呂や洗顔の時は外すようにしています。

シルバーはそんな必要がないと夫が言っていたので、
私もやっぱりシルバーにしておけばよかったかな…
と少し後悔しました。

けれどゴールドの方が存在感があるので、
パソコン仕事や家事の時など、

指に光る指輪を見ていつも夫が見守ってくれているようで
前向きな気持ちになることが出来ます。

もちろんお店で買う指輪はクオリティが高く、
たくさんのデザインがあって素敵だと思います。

そして、二人でその中から選ぶのも
とてもドキドキすることでしょう。

けれどデザインに強いこだわりがあったり、
私たちのようにサイズが合わない!お金がない!

というカップルさんには手作り指輪も
選択肢のひとつとしておすすめします。

お互いの指輪を作りあうのはとても楽しい体験ですし、
一生忘れられない思い出になると思います。

不器用な方でも難しいことはないので、
思い出作りのためにぜひ挑戦してみてほしいです。

 

【プロポーズのエピソード】

私たちは二年間、
遠距離恋愛で付き合ってきました。
きっかけは彼の方から告白してくれたことです。

それまで私はまったく男の人と付き合ったことがなく、
このまま独身で一生を終える気満々でいました。

彼は仕事先の関係で知り合った人で、
長々とお話ししたことはほとんどありませんでした。

なので告白された時は大変驚き、
どうして私なのかと何度も尋ねたことを覚えています。

彼いわく、「頑張って仕事をしている姿が
とてもまじめで、きっといい子なんだろうな
と思って見ていた」とのこと。

私がいた部署はものすごく人手不足で
いつも走り回っていたので、

そんな風に評価してくれている人が
いるとは思ってもみませんでした。

その後私が転職したのを機に、遠距離恋愛に。

そのため、付き合っていた時は
月に一回デートできたらいい方。

周囲の友人と比べてデートの回数が少なく、
毎日顔を合わせられるわけでもないので
寂しい思いもたくさんしました。

 

彼がこちらに引っ越してくることになって、
「せっかく引っ越してきたんだからこっちの
美味しいお店が知りたい」と言われ、
おすすめのイタリアンに一緒に行くことになりました。

料理が出てくるのを待っている間、
彼が少し恥ずかしそうに「色々あったけど、
これからもよろしくお願いします」と。

最初は何のことを言っているのかわからず、
思わず「それってプロポーズ?」と聞いてしまいました(笑)

彼の方がだいぶ年上なのですが、
「恥ずかしいから何回も言わせないで!」と
真っ赤になっているところがとても可愛かったです。

元々、結婚を前提に付き合っていた私たち。

付き合うなら結婚を前提に付き合いたいと
思っていた私と彼の価値観が合い、
最初からお互い結婚するつもりでいました。

なのできちんとプロポーズされるとは思っておらず、
少しびっくりしたのを覚えています。

彼はいつもたくさん喋ってくれる人なのですが、
肝心なところではとても口下手です。

プロポーズももっと綿密に計画するはずだったのに、
ついぽろっと口をついて出てしまったそう。

ドラマチックなプロポーズではありませんでしたが、
大切な思い出のひとつです。

 

【プロポーズ後のエピソード】

私の両親も夫の両親も結婚を前提に
付き合っていることを知っていたので、
挨拶はつつがなく終了しました。

なかなか周囲では聞かないぐらいあっさりと公認された、
オープンなお付き合いだったと思います(笑)

コロナのこともあって、
私たちは結婚式をしていません。

楽しい場で感染が広がってしまったら耐えられないと思い、
何度も話し合いを重ねて二人で決めました。

友人や親族は結婚式がないのを悲しんでくれるのですが、
面倒なことが苦手な私たちにはむしろ結婚式がなくて
よかったのでは?とも思っています。

引き出物を用意したり、招待状を作ったり…という
面倒な作業は、私にはできそうにもありません…。

この状況が収まったら、親しい友人を集めて
披露宴のようなことをしようと計画を立てています。

なかなか情勢が落ち着きそうにはありませんが、
二人とも遠方の友人が多いので安心して楽しむためには
仕方ないと思っています。

 

遠距離恋愛をしていた期間が長かったので、
今もまだお互いが同じ空間にいるという
事実になかなか慣れません。

ですが一人暮らしをしている時にはなかった
「ただいま」「おかえり」というレスポンスが、
私にはとても新鮮で嬉しく感じます。

また、一緒に住んでみて一番痛感したのが、
「食の好みが合うのは大事」ということです!

私も夫も食べることが大好きなのですが、
好き嫌いのない夫は何を作っても

とても美味しそうに食べてくれて、
結婚してからそれが一番嬉しいことです。

もし自分の作ったものを
「まずい」とか「これは嫌い」と

言って残されたら激怒していただろうな…と、
好き嫌いのない夫に毎日感謝しながら生活しています。

休みの日は二人で美味しいものを買いに行ったり、
好きなものの情報を二人で共有したり…。

刺激的なことはありませんが、
遠距離でいた期間が長かった分、
当たり前のことがとても幸せに感じます。

もちろん楽しいことばかりではありませんが、
これからも小さな幸せをいっぱい積み重ねていきたいと思っています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

お二人で手作りで結婚指輪を作ったというお話しでした
素材はシルバーで1本5000円というのも安くてお得!

結婚指輪の素材としてはシルバーは変色しますしサイズ
直しや磨き直しなどのメンテナンスは効きにくいんです
しかし二人で手作りしたという思い出は他にはないです!

そして手作りと言っても様々な手作りパターンがあって
今回の記事の場合は槌目と書いてあったので実際に銀が
指輪の形になったものを叩いたり削ったんだと思います。

世の中にある手作りと言われているものはワックス製法
と言われている鋳造(ちゅうぞう)がほとんどなんです。

指輪の形になっているロウワックスというロウ材を削り
指輪の原型の型を作るという事で実際に地金で手作りを

しているのではなくロウで型を作っているのがほとんど
原型の型に溶かした地金を流し込んで形にするのが鋳造。

そして当店で手作りをしている製法が鍛造(たんぞう)
という日本伝統技法で古くから受け継がれてきた製法で

師匠から弟子へと修業で継承されているワンランク上の
製法になります(日本全国で1%ほどしか存在しません)

ですので二人で手作りができるというレベルではなくて
技術を継承した宝飾職人が丹精を込めて1つ1つ手作り
で作り上げていきます(地金を鍛冶で形にして作ります)

鍛造で作り上げたリングは密度が濃くて頑丈になるので
ずっと身に着ける結婚指輪には1番向いている製法です!

気になる値段ですが素材は高級なプラチナかゴールドで
手間が相当かかる鍛造なので1本10万円からです(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くので
ジュエリーコウキ2代目、私のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA