指で選ぶ結婚指輪の探し方/太い指/細い指/短い指/長い指/似合う指輪

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、愛知県T様から投稿を頂いたエピソードです

ご自身の指に似合う結婚指輪を探したエピソードです

指には様々な形や長さがありますので指に合わせての
太い指、細い指、短い指、長い指、という感じで自分
の指にどんな指輪が合うのか調べたそうなんです(^-^)

店のスタッフさんに尋ねたのか、ネットで調べたのか
詳しいことは分かりませんが概ね合っておりますので
こちらの方のアドバイスを参考にするのも良いですね。

それでは愛知県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【指に似合う理想の結婚指輪の選び方】

 

投稿者 愛知県T様

 

【結婚指輪の購入について】

結婚指輪にはストレート・
U字・V字・S字がありますが

自分自身の指の太さや形でどんなタイプの
指輪にするか選んだ方がいいと思います。

結婚指輪を購入する際は
下記のポイントを確認していきました。

≪太めの指に似合う結婚指輪≫

S字 V字タイプにすることで
指がスラっとして見えると思います。
(V字が一番効果的かなと個人的には思います)

ダイヤモンドが目立つタイプにすることで
太く見えないようにすることもできると思いました。

ストレートタイプはむくんだ時など
指輪にお肉が乗ってしまいがちなので
あまりおすすめはしないです…。

≪細い指に似合う結婚指輪≫

基本的にすべての種類が似合うと思います。

ですが、幅が太めの指輪は
指輪の主張が強すぎてあまり指に合わず

それよりも華奢でシンプルなデザインのものの方が
指の細さをしっかり強調できるかなと思います。

≪指が短めに似合う結婚指輪≫

V字でスラっと長く見せることができると思います。

私は細めの指でしたので
ストレートタイプがいいなと思っていました。

また、主人は太くてしっかりした指でしたが
私の指輪とペアのストレートタイプにしました。

サイズは私4.5号 主人16号です。

私は4号でもよかったのですが、
今後妊娠した際のむくんだ時のことを考えて
0.5号分余裕を持たせました。

また、関節が一番太い指になりますので、
付け根ではなく関節に引っかからないように
することも考えました。

主人の指輪をはめた感じを見てみましたが
太っているわけではなくただ、
太くてしっかりした指ですので

ストレートタイプでも特に違和感なく
いい感じにフィットしていると思いました。

ブランドは特にこだわりはなく、
結婚式場と提携していて
割引が聞いたことが一番の決め手でした。

決して安い買い物ではないので、
こだわりがなければそういったところも
見てみるといいかもしれません

 

【結婚指輪の価格】

新郎側 11万円程
新婦側 15万円程

刻印無料です。
ダイヤの有無での金額差だと思います。

購入後のコーティングやサイズ変更
(3号まで)も無料でしていただけます。

【結婚指輪の色と刻印】

色もゴールド・ピンクゴールド・
シルバーとありますがシルバーにしましたので
比較的シンプルな結婚指輪かなと思います。

指輪の内側には結婚記念日と
お互いのイニシャルを筆記体で刻みました。

ほとんどの方はイニシャルを入れるときに
〇“&”〇や〇“to”〇など&やtoを入れると思いますが

私たちは〇“∞”〇と無限のマークにして
ずっと一緒にという思いを込めました。

結婚指輪 シルバー

【結婚指輪のデザイン】

ダイヤは主人のものにはついていなくて
シンプルなウェーブ模様が描かれています。

私の指輪はダイヤ部分がウェーブ模様となっており、
模様に合わせてダイヤの大きさが
グラデーションになっています。

指の表側両サイドにウェーブ模様のダイヤがあり、
真ん中部分は普通のシルバーとなっています。

真ん中にダイヤがあり両サイドは
シルバーのウェーブ模様もありましたが、

真ん中だけでは少しダイヤが目立たないなと思ったことと
サイズに少し余裕を持たせている分、

中央から横にスライドしやすいこともあったので
真ん中だけではダイヤ部分が指と指の間に来てしまったり

手のひら側に来てしまったりせっかくの
デザインが上手く見せられないと思いました。

両サイドにあれば、もし横にスライドしても
ダイヤ部分が常に見えてきれいに見えると言われて
両サイド側にしました。

ダイヤの個数や大きさもデザインの中で
少し重要視していたところで

ダイヤ1つだけ中央に乗っているデザインもありますが
ダイヤが大きすぎると婚約指輪と似ているデザインでしたし、
小さすぎでもよく見えないのでやめました。

また、1個だけでは先ほどお話しした中央からずれてしまった場合
ダイヤのないシンプルなデザインの指輪となってしまいます。

ただ、丈夫に作られていますが小傷がつきやすいので
コーティングをしてもすぐに小傷がまたついてしまいます。

 

【結婚指輪のコーティング】

コーティングは無料でやってもらえますが、
購入した店舗に行かないといけないため少し手間です。

その店舗は職人に直接依頼するため返却されるまで
約1か月かかるのでその間指輪は無しとなります。

それでまたすぐに小傷がついてコーティング依頼
してとなると結構大変だなと思いました。

ですので、最近は市販で売っている金属専用の
コーティング布を購入しピカピカにしています。

最初はどれくらいきれいになるのか不安でしたが
案外きれいでツヤツヤになりますので、

店舗が遠くて行けない場合やめんどくさい方は
多少の購入費用はかかりますが、
市販のもので代用してみてもいいかもしれません。

 

【プロポーズのエピソード】

高校の体育祭の催し物で男女のペアを組む必要があり、
私は一つ上の先輩とペアになりました
それが主人との出会いです。

野球部だったこともあり坊主の日焼けがすごくて、
いかついな…と思ったのが第一印象です。

ですが、少しずつ話していくにつれて母子家庭で
汚れたユニフォームを自分で毎日洗濯していることや

母親が夜勤でいないときは自分で家事をやっていると聞き、
親に頼りっぱなしの自分が情けなくなったことを
今でも思い出します。

それからも、連絡先を交換しプライベートの話を
するようになって主人からの告白で交際に発展しました。

お互い学生の時は、デートは電車に乗って
近くのショッピングモールに行き、
プリクラをとったりしていました。

社会人になってからは移動範囲も広がって
車で様々なところに行きました。

その一つとして年末に一年の疲れを癒すため、
温泉旅行に行ったことをきっかけに
毎年年末の恒例行事になりました。

 

ちょうど交際五年がたった時でした。

温泉旅館に向かう道中で主人の
高校の友人の結婚の話で盛り上がっていました。

私自身は、当時21歳のため
“年齢的にもまだ若いし”という気持ちでいたことと

これから先、喧嘩をしても遠距離になっても
絶対に別れない変な自信もあり

特に焦る気持ちはなく、
うんうんと聞いている感じでした。

旅館の温泉に入り、
おいしいご飯を食べて少しゆっくりしていた時に
何やらカバンをゴソゴソしだした主人。

なんだろうと思っていたらバックハグを
してくれて指輪のケースを開けて
俺たちも結婚しようかと言ってくれました。

結婚したいねという話はしていましたが
まだまだ先のことだと思っていましたので、
驚きが一番でした。

でも、その時に一瞬だけお父さんと
お母さんの元から離れちゃうのか…
と寂しくなったことは主人には内緒です。

婚約指輪は真ん中に大きなダイヤが光っており
その周りに小さなダイヤが3個ずつ付いていて

リングの部分はシルバーとゴールドピンクの
2色が使われているとてもかわいいものでした。
早速つけさせてもらい、旅行中はずっとつけていました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

私自身がプロの陸上競技チームに所属していたこともあり、
プロポーズをされてから入籍まで約2年あいてしまいました。
それでもずっと待っていてくれた主人には感謝です。

この2年間でまず、結婚式場を見に行きました。

お日柄のいい日を選んでこの日と決まっていましたので、
あとはどこにするか決めるだけでした。

私たちの性格上、たくさん行き過ぎても
同じようなことを言われるだけだし、

行ってみていいと思ったならそこに決めてしまおうと
思っていたので2件しかブライダルフェアに行っていません。

予定していた挙式日から1年半前の予約でしたので
早めに行動したことですぐに予約が取れました。

挙式当日は新型コロナウイルスの懸念もありましたが
収容数限度の半分以下の人数に減らし、
お酒の提供もなしにして無事に挙げることができました。

次は入籍日をいつにするかを話し合いました。

当初、ここまで長く付き合ったわけだし、
交際記念日を同じにしようかなと思っていました。

ですが、私たちが記念日は
毎年お祝いしたいという気持ちがあり

交際記念日では主人の仕事の都合上、
毎年その日にお祝いはできないねという話になり

年末年始は毎年必ずお休みがあるので
温泉旅行でプロポーズをしてくれた日を
入籍日にすることにしました。

 

新居への引っ越し先も一緒に見に行きました。
二人で今後のことを考えて場所を決めたので

(私は退職するため、主人の仕事の動線を考えて場所を選びました)
実際に引っ越してみてすごく住み心地がいいです。

新婚旅行はシンガポールに行きたいねと話していまして
ショッピングモールに行く度にたくさん
パンフレットをもらって帰ってきました。

どのタイミングで行くのが安いのかなど
ちょっと気にしてみていました(笑)

その後、新型コロナウイルスのため
国内すら旅行に行けなくなってしまいましたが

その分一緒に家でお酒を飲んだりして
新婚生活を満喫していました。

コロナが落ち着いたら
子供と一緒に行きたいと思っています。

両家の挨拶も交際期間が7年と
長かったこともありお互いの親に

お互いのことを話していたのですぐにOKもらえて
顔合わせも常に会話が盛り上がり
無事に終えることができました。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

太い指、細い指、短い指、長い指、指に合わせて指輪を
選ぶのも1つの方法だと思いますので良いと思います。

私は指輪を28年間作り続けている宝飾職人ですが指に
合わせて似合っている指輪を選ぶ方もいらっしゃいます。

しかし、指輪の作り手として思うことは指に合わせると
いう事だけにこだわり過ぎるのも違うかなとも思います
というのは指輪の見え方は、人それぞれで千差万別です。

作り手として私が思う事は、自分が身に着けたい指輪に
することが1番だと思います。特に結婚指輪は長い時間
ずっと着ける大切な指輪になるのでそれが1番なんです。

指の形や長さで決めるよりも2人で決めたお気に入りの
結婚指輪にした方が後悔もなくずっと着けられますので
デザインや製法や素材で選ぶのも良いと思いますよ(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くので
ジュエリーコウキ2代目、私のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA