結婚指輪 彫刻で手作り!プラチナを彫刻 ユニークで個性的なデザイン

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
伝統技法の鍛造と彫刻(彫金)で手作りします

新潟県長岡市にあるジュエリーコウキは伝統技法の
鍛造(たんぞう)と彫金彫刻の技術で指輪を作ります。

昔から代々受け継がれてきたハイレベルな制作技術
ですので技術を継承した宝飾職人しか作れない製法
全国でも限られた工房でしか製造販売ができません。

こんにちは (゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの2代目で、宝飾職人の池田です
宝飾職人歴は26年で鍛造と彫金を継承した職人で
ブログも私が書いていますので宜しくお願いします。

 

プラチナを彫刻して作る結婚指輪

本日のブログも結婚指輪の制作風景をお伝えいたします
彫刻作業(彫金作業)がメインの記事内容となります
プラチナの彫刻彫金にこだわった渾身の結婚指輪ですね!

結婚指輪のご依頼主様は、群馬県のお客様になります
結婚指輪のご依頼をいただきまして有難うございました。

とっても親切なお客様で、毎日のようにメールを頂いて
素敵なメールのご返信に、毎日凄く楽しかったです(^-^)
魂をこめて結婚指輪の彫刻作業にどっぷり没頭しました!

ジュエリー職人

彫刻や彫金で作る結婚指輪とは?

まずここからです。簡単ですが説明させていただきます

彫金や彫刻の意味なんですが金槌とタガネという工具で
地金をコツコツ削ったり彫ったりして模様を彫刻したり
リングのデザインを作っていく伝統技法の事を言います。

そして地金とは、リングを作るの為のベースとなる金属
今回はプラチナの結婚指輪、地金はプラチナという事で
プラチナを彫金や彫刻で結婚指輪を手作りしていきます。

ジュエリー業界の中で彫金や彫刻といえば、鏨や金槌を
使って表現する彫金の他にも、ヤスリで地金を削ったり
リュータの先端工具などで地金を削ったり彫ったりして

形を造ったり、模様(和彫りや洋彫り)を彫ったりする
などの作業を全部まとめて、彫金や彫刻と呼んでいます。

簡単に説明させていただきましたが、今回の記事内容は
工具を使ってプラチナを削ったり、彫り出したりという
これこそ彫金と彫刻!という作業工程をお見せ致します。

 

プラチナの結婚指輪を彫刻、
個性的でユニークなデザイン

彫刻や彫金作業で造り上げる結婚指輪のデザインですが
滴(しずく)をモチーフにして制作した個性的なデザイン。

可愛い滴の粒が繋がってリングになるように考えました
優しく流れ落ちる滴をイメージするために動きも加えて
形だけではなくて、光沢と艶消しも使って仕上げました。

文字だけでの説明がかなり難しいので、すでに完成した
彫刻と彫金にこだわった結婚指輪の画像をご覧ください。

DSCN1262

彫金と彫刻で結婚指輪を手作り

とっても特徴があって、珍しいデザインの結婚指輪です
滴の1つ1つを彫刻や彫金で擦り出して手作りしました。

こちらの彫刻デザインの結婚指輪が完成するまでの工程
を細かく撮影してアップしますので楽しんでご覧下さい。

ヤスリや工具で、ガッツリと削ったり彫ったりする彫金
プラチナを彫刻する光景は、見ていて最高に爽快です!
それでは結婚指輪の完成までよろしくお願いいたします。

 

プラチナ 溶解

結婚指輪のベースとなる
プラチナを溶かして塊に

結婚指輪は2本のペアリングという事になりますので
2本分のプラチナリングを手作りする為に必要になる
プラチナを計算して割り出して、溶かして塊にします。

溶解皿(溶解るつぼ)にプラチナを入れて酸素バーナー
の強烈な炎の火力でドロドロに溶けるまで溶かします
このように溶かす作業を溶解(ようかい)といいます。

プラチナ 熔解

溶解皿から地金塊を取り出す

溶解皿の坩堝(るつぼ)が丸い容器の形なので、地金が
溶けて地金塊になると丸い形の塊になって固まります。

これが結婚指輪の1番最初の姿ということになります
結婚指輪というかリングの形にもなっていない姿です。

ここから時間をじっくりとかけながら鍛造作業からの
彫金、彫刻作業で結婚指輪の形に作っていくんですね!

プラチナ 鍛造

日本伝統技法の1つ
鍛造(たんぞう)です

これからお見せするのが、日本が誇る鍛造という製法

鍛冶と金物の町、新潟が誇る全国でも屈指な鍛造技術
メイドインジャパン!メイドインニイガタの鍛造です。

金床(かなどこ)という鍛冶台に溶かしたプラチナ塊を
乗せてヤットコで掴んで固定してハンマーで叩きます!

真っ赤に熱しているプラチナ塊はとても危険ですので
ヤットコでしっかりと掴んで固定をして鍛冶作業です。

鍛造 プラチナ

地金塊を締め上げて鍛錬

鍛冶で地金塊を叩き上げる事を締め上げるともいって
金床に乗せたプラチナ塊をハンマーで叩いて締めます。

鍛えて造ると書いて「鍛造」という意味になります
溶かした地金塊をハンマーで叩いて締めて鍛錬します。

画像でお分かり頂けるかと思いますが、ハンマーを
振りかざす勢いと、力強さが凄まじいのが分かります。

プラチナ 鍛錬

怪我と火傷に要注意

鍛造のメインとなる鍛冶作業はめちゃめちゃ危険です
真っ赤なプラチナ塊をハンマーで力強く叩きますので
ヤットコの掴みが甘いと衝撃ではじいてしまうんです!

床に落としてしまうと床が燃えて焦げてしまいますし
もし体に飛んできたら火傷をしてしまうので危険です。

かといって、火傷が怖いからと臆病になってしまうと
プラチナ塊を鍛えることができないので真剣勝負です
鍛造を継承した職人は体を張って指輪を作っています。

プラチナ 鍛冶

万遍なく締める事がポイント

万遍なく叩いて締められるように四面から叩きながら
四角形になるようにハンマーで成形をしながらの作業。

丸かった地金塊が少しづつ鍛冶作業で四角になります
地味で地道な鍛冶を続けながら叩き伸ばしていきます。

まだリングの形になるのには程遠い状態になりますが
じっくり丹念に鍛えていきながらリングに近づけます。

プラチナ 鍛冶

巣穴の原因を無くす

プラチナに限らずゴールドでもシルバーでも地金内に
微量な空気が入っているんですが、この空気が厄介で
巣穴の原因になるので何度も締めて空気を抜きます。

地金内に微量とはいえ空気が入っているということは
結婚指輪の強度に深く関係してきますので鍛冶作業で
空気を完全に地金内から外に放出させることが重要。

空気が地金内に残っているということはスポンジ状態
強度も弱くなりますし、表面から巣穴が出たりします
出来合いの既製品に巣穴がたまにあるのがそれが原因。

※出来合いの既製品は巣穴が表面にでたらロウ付けで
巣穴を溶かして隠しますが内部の巣穴はそのままです。

プラチナ 焼きなまし

焼きなまし

プラチナ塊をハンマーで叩き上げて締め上げていくと
プラチナ塊が締まり過ぎてカッチカチになってきます
硬くなりすぎると叩くとハンマーが跳ね返ってきます。

結婚指輪の強度を上げるために締めているので実際に
硬く締まってきたということは良いことなんですが、
まだまだ更に締め続けていくことで更に強くさせます。

そこで地金塊をバーナーの炎で真っ赤に焼き上げます
そうする事で締まりの硬さが緩和するので更に叩いて
締め上げて強度を上げることができるようになります。

鍛冶 プラチナ

プラチナ 鍛造製法

鍛造 指輪 作り方

指輪の作り方

結婚指輪 手作り

結婚指輪 刻印

指輪作り

指輪 制作工程

指輪 共付け

結婚指輪 ロウ付け

指輪 サイズ 伸ばし方

DSCN1222

まずは鍛冶作業で叩きまくって育てられたプラチナの
リングの幅が大幅に広くなっているので削り整えます!

当初は幅4.0ミリの結婚指輪になりますが
最終的には側面もがっつり削りデザインを出すので
幅が4.0ミリの部分もあれば3.0ミリの部分もあります
もちろん幅だけではなく、肉厚の凹凸もけっこう出るデザイン

DSCN1223

幾何学的な複雑なデザインを削ったり彫ったりと
彫金していくので、まずは下書きが必須になります

失敗が許されない高価な素材のプラチナなので
下書きといってもラフスケッチのような下書きではなく
設計図のような細かくキッチリとした下書きになります

結婚指輪の幅の中で、デザインを作りだすので正確に
この下書き作業を「ケガキ作業」とも言います(^ω^)

DSCN1224

シンプルな下書きに見えるかと思いますが、そうでもなく
均等に割り出した位置、間隔、ラインと重要な線を描き、
そこから形の土台となる部分を削っていく事になります。

最初から細かいデザインに手をつけていく事が出来ません
ですので最初は大きなデザイン、重要なデザインから削り
そこからまた細かく位置を割り出し下書きをして削るという
そういう繰り返しの彫金(ちょうきん)が続く事になるんです

DSCN1227

大雑把ですが、それとなくデザインが見えてきました
丸くなっている所が、まが玉や滴をイメージした箇所

デザインの輪郭を削り出しながら位置を調整します
設計図通りに削れば、ある程度は大丈夫なんですが
削って行く段階で位置がずれたりする場合があるので
微調整を繰り替えしながらプラチナを削る事になります

DSCN1229

彫金作業中の結婚指輪を横から見るとこうなっています
結婚指輪の肉厚の凹凸がハッキリとわかりますね(^ω^)

こういう凹凸を側面だけではなく、表面にも出す事で
デザインの立体感や全体の動きが増していく事になります
淡く流れる滴のイメージもありますので動きは重要ですね

DSCN1231

プラチナの彫金(ちょうきん)作業が進むにつれて
結婚指輪のデザインもドンドン表れていましたね~
まだ平っぽいですが滴っぽい感じが出てきました!

最初の設計図の時から、かなり外見が変わったでしょ?
何もなかったフラットな平打ちが、ヤスリなどの工具で
削ったり彫ったりで、こんなにも指輪の形が変化するんです

DSCN1232

超硬ヤスリで豪快にプラチナリングを削っていますが
まだまだ中盤くらいという彫金作業の工程なんですよね
このような進め方で、デザインを頭に入れながら削ります

結婚指輪の出来上がったデザインのイメージを頭の中で
描いておかないと彫金作業は順調に進みません(汗)

設計図通りに削れば良いというのは彫金の初期段階のみで
彫金作業が中盤に入れば、リング表面も削る事になるので、
計算して表面に書いた設計図も消えてしまうからなんですよね

DSCN1233

ここまで彫金が進むと、見える部分に書いてあった設計図は
もはや・・・ほぼ消えて役に立たないレベルまで来ております(汗)

家の設計図のように、綺麗に描かれた用紙が存在しないので
ですので先程いったように、頭の中でデザインをキッチリと
イメージしておかないと彫金作業が終盤に入った時に厳しく
なってしまうので、頭に描いた理想形になるように削ります。

DSCN1235

滴が優しく流れるようなイメージの輪郭が出来てきました
良い感じで結婚指輪のデザインが見えてきましたね(^ω^)

かなり勢いよくプラチナをガッツリ削っていますが、
基本的にはプラチナは、余計な削り方をしたら失敗します
削る箇所を絞って(狙って)削るのも職人の腕前なんですね

DSCN1237

ロウ付けや、トモ付け、レーザー溶接などでプラチナを
失敗箇所に足す事は出来ない事もないのですが、基本的には
足すという作業は同じ地金じゃなくなるのでしたくありません

最初からの地金で削りあげ彫りあげて作るのにこだわります
これこそ1つの同じ地金から二人分の結婚指輪を作るという
私のこだわりなんですよね。なので修正等は一切しません!

DSCN1239

まが玉や滴のデザインのリング全面の輪郭が完成したら
今度は、いよいよ削り出した平面のプラチナを丸めます!

プラチナを丸める作業でデザインに立体感が生まれます
まが玉のデザインの凹凸によって丸め方を変えていきます

同じように全面の全てを丸めるのではなくデザインの箇所に
よって丸めていく事で更に立体感と奥行き感が生まれるんです

DSCN1241

めちゃくちゃ結婚指輪に動き、流れが出てきましたね!
ヤスリだけの彫金(ちょうきん)作業でここまで出来ます
他の工具も使いますが、写真の段階ではヤスリのみです。

もちろんヤスリにも色々な種類があります(形や大きさ)
これから削ろうとするデザインに合わせてヤスリを選び、
そして頭の中のイメージ通りに彫金をしていく事がコツです

DSCN1242

結婚指輪の全体の形が、かなり見えましたね(^ω^)
ヤスリで入らないような部分はペン型工具の先端に
専用刃を装着して高速回転で細かく地金を削り出します

そして目の細かいヤスリやリューターバーで
結婚指輪の隅々まで仕上げていく作業となります
彫金作業でいうと、いよいよ終盤の作業となります!

DSCN1243

まが玉や滴の良さが全面にでるように微調整を繰り返しながら
細かく削りデザインの輪郭や凹凸などここで完成するようにします

そして、これだけプラチナを彫りこんだデザインとなると
気になるのが着け心地(指への負担)だと思います!

大丈夫です。安心して下さい!!
ちゃんと着け心地は良くしてありますよ(^ω^)

DSCN1244

確かに結婚指輪の表面といい、側面といい凹凸が激しい
デザインではありますが、角という角を全て丸めてあります
デザインが損なわれない程度の角落としなので大丈夫です!

もちろん指輪の内側も、指の形の角度に合わせて丸く
削ってありますので着け心地には何の問題もありません

DSCN1245

内側を削るヤスリも、目が優しく細かい種類の物を
何種類も使って丸めていくのでフィット感も抜群です

結婚指輪の着け心地を、指で確認してOKが出たら
プラチナを削る彫金(ちょうきん)作業は終了となります

DSCN1246

超硬ヤスリで勢いよく削り、そして丁寧に削りましたが
地金を削った後の小傷はどうしてもありますので処理をします
ここで綺麗に小傷を落とさないと傷が残るので確実に消します

耐水性のサンドペーパーでプラチナ全面の小傷を取ります
水に濡らしながら何度も何度も結婚指輪の全面を擦ります

こうする事で、水分を吸収した細かい砂が摩擦を繰り返し
プラチナの小傷を取り除いていくという仕組みになります
プラチナ全面の小傷がなくなると真っ白なプラチナになります

DSCN1247

次はサンドペーパーで摩擦して出来た超細かい傷を消します
紙ヤスリでも細かい超小傷は出てしまいますので処理をします

シリコンポインターという研磨ゴムで小傷を取り除いていきます
茶色い硬い研磨剤が入った特殊ゴムですね(多彩な形があります)
結婚指輪のデザイン部分に合わせながらポインターを選びます

DSCN1248

シリコンポインターは、シリコンと名がつくので、そんなに
削れないと思う人も多いと思いますが、実は研磨ゴムなので
意外と削れるんで、同じ場所ばかりヒットさせておくと・・・
プラチナが凹んでしまうので本当に注意が必要な作業なんです

DSCN1249

茶色い研磨ゴムで、結婚指輪の全面の小傷を取り除いたら
次は青色の柔らかいシリコンポインターで磨く作業になります

このシリコンポインターも多彩な形があるのでデザインや
用途に合わせながら高速回転をして磨いていくんですね
こちらの青いゴムは柔らかいので研磨ではなく磨き作業です。

DSCN1250

この傷を消す作業や、磨く作業も業界では彫金(ちょうきん)と
呼ぶ関係者も多いですが、自分が思っている本当の彫金作業とは
やはり地金を削って、形を生み出すまでの工程だと思っております

DSCN1251

まが玉や、滴をイメージしたデザインの結婚指輪
とっても優しい感じが視覚で伝わってくると思います

柔らかそうなデザイン、流れのあるデザイン
奥行、立体感のあるデザイン、そして優しいデフォルメ
形は完成しましたが、もう1つ何かが足りないと思いません?

それは輝き、透明度です!
ピッカピカに輝いてこその滴デザインだと思っておりますので
気合を入れてプラチナを何度も磨きまくる最終磨きに進みます!

DSCN1255

この鉛筆みたいな棒は何?
これは超硬ヘラ棒という工具で、まさに魔法のステッキです♪
使い方はいたって簡単そうに見えますが簡単ではないんですw

ヘラ磨きと呼ばれるこの作業は、鏡面を生み出すメイン作業で
プラチナの特性を分かった上で使い方をマスターする作業です

鏡面を出す、鏡面を仕上げるのは職人さんの腕で違いが出ます!
パワーを込めて目に見えない傷を滑らせて潰していくイメージ
鏡のような鏡面を生み出すにも、すべてが手作業なんですよね

DSCN1256

ヘラ磨きで鏡面を生み出したら、バフ磨きという仕上げで完了
硬い研磨布で、ヘラで仕上げた鏡面を磨いて更に光らせます
鏡と同じように反射するまで、とことんプラチナを磨き倒します

写真はリューターに装着できる小さいバージョンのバフですが
この他にも大きな研磨機に装着されたフル回転のバフ機で磨きます

DSCN1257

これで完成!と言っても過言ではないのですが
ツヤ消し(マット加工)を使ってデザインを引き締めます

写真を見て分かるかと思いますが、ピカピカ光りすぎて
デザインの区別が分かりません(これで完成でもOKです)
全面光沢が悪い訳ではないですよ~好みの問題です(^ω^)

滴デザインはピッカピカの鏡面、その他の部分には
つや消しを有効的に使ってデザインを分け、立体感を強調
とっても動きのある魅力的な結婚指輪が完成しました\(^o^)/

DSCN1259

DSCN1262

DSCN1260

彫金(ちょうきん)に、こだわった結婚指輪いかがですか?

もちろん彫金だけではなく、鍛造(たんぞう)で1から
叩いて焼いての繰り返しで作る、超こだわりの結婚指輪です

手間がかかっても本物の結婚指輪を多くの皆様に届けたいですね
価格もお求めやすいようにしておりますので是非どうぞ(^ω^)

 

最後になりますが、こちらの結婚指輪をご依頼された
群馬県のお客様から頂いたお手紙をご紹介させて頂きます
作り手として、貰ったお手紙がとっても嬉しかったのでm(__)m

池田さん、忙しい中、私たちの為に早く
納品して頂いて本当にありがとうございました。
ずっと、指から外すことなく付けますと2人で誓いました。
本当に、お世話様になりました。
これからも、素敵なお仕事を自信持って続けてください。

 

お仕事のお問い合わせやご依頼は→コチラ

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

メールやお電話でもご対応しております
○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA