【究極】バングルの槌目が壮絶!プラチナ75g-鍛造のハンドメイド

鍛造ジュエリーの専門店 ジュエリーコウキです
日本伝統技法の1つ 鍛造という製法で作ります

鍛造(たんぞう)とは文字通りに鍛えて造るという意味
ジュエリーの素材となるプラチナやゴールドを鍛冶で
鍛えながら造る製法で昔から継承されてきた技術です。

当店は鍛造で作る指輪=鍛造リングがメインの宝石店
鍛造で作った指輪は頑丈で強度が強いという特徴から
毎日する指輪や長くする結婚指輪のご依頼が多いです。

宝飾職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

私はジュエリーコウキの2代目で宝飾職人の池田です
宝飾職人歴(ジュエリー職人歴)は27年になります。

もちろん鍛造技術を継承している宝飾職人の1人です
私の父も鍛造を継承しており親子二代で作っています。

鍛造リングがメインではありますが鍛造技術の応用で
他のジュエリーも作っています!今回はバングルです
日本伝統技法の鍛造製法で作る最強のバングルですよ!

 

【バングルをハンドメイドで作る】

全て手作業のハンドメイドでバングルを手作りします
ハンドメイドと一言でいっても作り方は様々ですよね。

当店は鍛造ジュエリーの専門店なので鍛造で作ります
鍛造自体が日本全国でも限られていて数少ない製法で
ジュエリー市場の約2%程しかないと言われています。

私がハンドメイドで作るバングルは超珍しいという事
すでにバングルが完成していますのでご覧下さいませ
日本の技術力を感じる凄まじい鍛造バングルをどうぞ!

バングル ハンドメイド

【プラチナ製の鍛造バングル】

画像を見てどうですかっ!圧倒的なバングルの姿です!
バングルの素材はプラチナでプラチナの重さも圧倒的!

プラチナ製のバングルの重さは何と約75グラムです!
ちなみにバングルの幅(太さ)は10ミリもあります
バングルの厚みは2.5ミリもある規格外のバングル。

バングルから放たれるオーラ!ポテンシャルが壮絶!
これだけクオリティの高いバングルはハンドメイドで
作るしかないと思いますし鍛造でしか表現できません!

バングル プラチナ

【和を感じる槌目のバングル】

バングルに使ったプラチナの量も半端ない凄さですが
バングルの見た目も鍛造技術を集結した逸品なんです!

それは槌目(つちめ)という日本の伝統模様なんです
金槌で叩いて凹凸の模様を出すことから槌目と言われ
熟練された職人が1つ1つ打ち込んでいく伝統の模様。

その槌目模様ですが艶消しマット加工に仕上げました

槌目模様を白く艶消しにすることで槌目模様の凹凸が
ハッキリと見えるんです(光沢だと反射するんです)
鍛造と槌目という日本技術を感じる和のバングルです

バングル メンズ

【バングルの作り方】

バングルの作り方をブログに詳しく書きますよ(^-^)

どうやってプラチナの塊がバングルの形になるのか?
制作画像と説明を入れて分かりやすく書いていきます。

日本の伝統技法の鍛造で作るバングルとは何なのか?
その凄まじさが伝わると思いますのでご覧ください!
それではバングルの作り方、制作工程のスタートです。

 

バングル制作に必要なプラチナを溶解

ここからバングル制作が始まります!長い長い工程で
少しづつバングルになっていくので気長にご覧下さい。

まずバングル制作に必要となるプラチナを用意します
バングルの縦×横の内径と、バングルの太さと厚みで
計算をして必要になるプラチナを用意して溶かします。

プラチナを溶かす工程を溶解(ようかい)といいます
プラチナは約1770℃でドロドロに溶けるんですよ。

プラチナ

今回のバングルは完成で約75グラム

鍛冶作業や彫金作業、磨き作業で摩耗をしていくので
75グラムから作ると完成後は軽くなってしまうので
余裕をもって80グラム以上から作っていくんですよ。

ただ、今回は約75グラムのバングルになりましたが
メンズのバングルの場合や、レディースのバングルの
場合や、バングルのサイズで重さも変わっていきます。

ある程度のバングルのサイズは、メンズとレディース
で決まっているのですが、サイズの他にもバングルの
太さや厚みでも必要になってくる重量が変わります。

プラチナ

鍛造制作のスタート!

鍛造は鍛えて造るという意味、鍛冶で鍛えていきます。

金床(かなどこ)という鍛冶台にプラチナを乗せます
そして金槌(ハンマー)でプラチナを叩き上げながら
鍛錬していく作業が続きます!これを鍛冶といいます。

しかし・・・プラチナの大きさが半端ないですよねw
いつもは指輪を作る事が多いのでプラチナの大きさが
際立って見えます(普通の指輪なら15本は作れます)

バングル 作り方

プラチナを叩いて締めて伸ばす

金床に乗せたプラチナをヤットコという工具で掴んで
しっかりと固定をしたらハンマーでガンガン叩きます!

地金を叩いて潰して伸ばすことを締めるともいいます
かなり力を込めてハンマーで叩かないと潰れませんw

いつも指輪を作るくらいのプラチナの大きさではなく
何倍もある大きさなので鍛冶の手間も何倍も必要です
焦らずに、じっくりと時間をかけて鍛冶作業をします。

バングル 制作

鍛造はプラチナの密度が上がる

鍛え抜かれたプラチナは密度が増して濃くなるんです
これが鍛造の最大の魅力で既製品に真似はできません!

プラチナやゴールドなどの地金内には巣という微量な
空気が含まれていて、これが巣穴の原因となるんです
分かりやすくいうとプラチナがスポンジ状態という事。

そこで鍛冶でプラチナ塊を繰り返して鍛錬することで
地金内にある巣という空気が地金外に放出されるので、

プラチナ塊が締まって、粒子も整って更に締まるので
プラチナの密度が上がっていって密度が濃くなります
何度も繰り返して鍛錬をすることでグングン増します!

バングル ハンドメイド

出来合いの既製品と、鍛造品の違い

出来合いの既製品と、鍛造品の違いは地金が違います
同じプラチナなのに違うの!? ハイ、違うんですよ!
プラチナは同じでも密度が全く違っているということ。

鍛造は工程を見て頂いて分かると思いますが鍛えます
鍛冶で鍛錬されたプラチナは密度が濃くなっています。

一方、出来合いの既製品は鋳造(ちゅうぞう)という
製法で溶かしたプラチナを商品の原型の型に流しこみ
固めて作るという製法で、大量生産も可能になります。

溶かしたプラチナを流して固めて機械で作りますので
プラチナ密度は溶かしたままで巣もそのままあります
既製品に巣穴があったり変形しやすいのはこれが原因。

そしてこの鋳造で作られるジュエリーは市場の98%
と言われており、ほぼほぼ鋳造製品という事なんです。

ハンドメイド バングル

鍛造は鋳造の何倍も頑丈で強い!

鍛造製と鋳造製の違いを説明させていただきました

鍛造は、地金を鍛えて造るので密度が増して頑丈です
鋳造は、地金を溶かしたままなので弱いままなんです。

ちなみに鍛造で製品を作ると、鋳造で作る製品よりも
何倍も強くて頑丈なので安心して付ける事ができます!

鍛造のメリットは頑丈で強度があるので変形しにくく
歪みにくく、外部からの衝撃にも強いのでキズや凹み
にも強いという特徴を持つ素晴らしい製法ということ。

バングル 手作り

焼きなまし → 更に締める

プラチナをハンマーで何度も繰り返し叩いて締めると
プラチナ塊がカッチカチに硬くなりますが更に叩くと
反発力が増してきてハンマーが跳ね返ってきます(汗)

しかし、まだまだ叩いて締めて密度を濃くしたいので
「焼きなまし」という工程で炎でプラチナが真っ赤に
なるまで焼きます。これが焼きなましという作業です。

焼きナマシをすると硬さと反発力が少し緩んできます
そうなれば更に鍛冶で鍛錬して鍛えることができます!
基本的に鍛えれば鍛えるほどプラチナは強く育ちます。

手作り バングル

地金密度を上げながら伸ばす

鍛冶の目的はプラチナの密度を上げるだけではなくて
プラチナ塊を板状になるように伸ばしていくのも目的。

バングルのフォルムが板ベースなので板の形にします。

プラチナを四面から万遍なく叩いて伸ばしていきます
四面から叩く事で密度も増して長さも伸びていきます。

バングル オーダー

叩く→焼く→叩くの繰り返し

鍛冶作業は、地味で地道な作業を繰り返していきます
ハンマーでプラチナを何度も叩いて締めて焼きなまし。

この繰り返しの作業で少しづつ少しづつ形を伸ばして
密度も少しづつ少しづつ増していくという地道な作業。

とっても地味で地道な大変な作業の連続になりますが
これこそが鍛造製法のポイントになる重要な工程です!

バングル オーダーメイド

厚みのあるバングルは歪みにくい

今回のバングルの厚みは2.5ミリもある分厚さです
何故、ここまで分厚いかというと変形させない為です。

基本的に鍛造製法なので頑丈で変形しにくいのですが
それでもプラチナというのは柔らかい地金の部類です
k18のゴールドと比べると断然、柔らかい地金です。

ですので安全策をとって厚みを2.5ミリにしました
厚くすることで変形のリスクを回避できますが槌目の
模様を深く打つ事ができるので見栄えも良くなります。

お客様の好みで、もう少しだけ厚みを薄くすることも
できますか?というご依頼があれば薄くもできます!
それでも2ミリを切るのは心配なので2ミリまでです。

バングル プラチナ

幅のあるバングルは変形しにくい

これも先程、説明をしたとおりなのですが厚みの他に
幅も太くなれば変形のリスクは当然、減っていきます。

太いバングルと細いバングルなら太いバングルの方が
間違いなくバングルの形は変形しにくくなります(^-^)

そして幅の太さに関しても、お客様の好みで作る事が
できますのでご相談を頂ければご対応をしております。

今回の10ミリ幅で、厚みが2.5ミリのバングルは
お客様のご依頼で、ごつくて丈夫なバングルにしたい!
という事でこちらの特注サイズでバングルを作りました。

プラチナ バングル

板の長さはバングルのサイズで変わる

鍛冶でようやくプラチナ塊がプラチナ板になりました
プラチナ板のサイズがバングルのベースサイズですね。

この時点で幅の太さ10ミリ、厚みが2.5ミリです
板の長さは15.5センチあります(サイズで異なる)

板の長さはバングルのサイズによって変わってきます

ごつくて大きいメンズのバングルを作るなら板の長さ
は当然長くなりますし、レディースの小さいバングル
になれば長さも短くなりますのでサイズで変わります。

バングル 刻印

バングルに刻印を打ち込む

バングルの裏側になる面に刻印を2種類打ちこみます

1つめの刻印はプラチナを証明するプラチナの刻印で
2つめの刻印はジュエリーコウキで鍛造でバングルを
制作したという証のジュエリーコウキのブランドロゴ。

ちなみにジュエリーコウキのブランドロゴは、社名の
頭文字を使ったJK(ジュエリーコウキ)の刻印です。

バングル オーダー

バングルに槌目を打ち込みます!

槌目模様をバングルに打ち込む作業も果てしないですw
バングルが真っ直ぐな板の時にハンマーで打ち込みます。

指輪に槌目模様を入れるときも相当な時間をかけながら
1つ1つ丁寧に打ち込みますがバングルはその何倍です
気の遠くなる作業ですが、神経を集中して打ち込みます。

バングル オーダーメイド

槌目模様はダブらないように打つ

槌目模様というのは千差万別、様々な種類が存在します

その理由は、金槌の大きさや重さ、金槌の形や長さなど、
他にも、金槌を打ち込む角度や、打ち込む力加減などで
槌目は変わるので、槌目の特徴に合わせ変えて打ちます。

今回の槌目模様は、深くて凹凸がしっかりした槌目です
凹凸がハッキリと分かる模様なので重ねて打つのはNG。

バングル ハンドメイド

槌目を敷き詰めるイメージで打つ

槌目の凹凸がダブって重なると模様が壊れてしまうので
凹凸が重ならないように槌目も敷き詰めるイメージです。

槌目模様の凹凸と凹凸が重ならないように敷き詰めて
凹凸と凹凸に隙間が開かないようにキツキツに入れます。

今回のような深い鎚目模様の場合は重ねず打ち込みます
しかし浅い槌目模様など他の槌目は重ねて打ち込む事も
ありますので槌目の特徴に合わせて考えながら入れます。

ハンドメイド バングル

使っている金槌はオリジナル加工

深い鎚目模様を打ち込んでいる金槌はオリジナルです!
もともとは貴金属専門の工具メーカーから小さい金槌を
購入して、自分が使いやすいように私が加工をしました。

宝飾職人は自分で使いやすいように工具を自分で調整を
しながら加工をして使うことが多いんですが私の場合は
使いやすさの他にオリジナリティーを求めて加工します。

特に今回の槌目模様は他店で見たことがないと思います!

それは私が槌目模様の特徴を考えながら金槌を加工して
打ち込んでいるので画像のようなインパクトのある槌目
になるという事で世界中探してもこの槌目はここだけです!

バングル 槌目

隙間なく敷き詰めることで迫力が出る!

私が打ち込む深い鎚目模様の特徴は、敷き詰めることで
槌目模様に凄いオーラというか迫力が出てくるのが特徴。

キツキツに凹凸をバランス良く敷き詰めて打ち込む事で
まるで蜂の巣のような、龍のような、ヘビの鱗のような
インパクト満点の力強い槌目模様になっていくんですね!

実際にこちらの槌目模様を使った指輪をよく作りますが
迫力があるので厄除けや魔除け、邪気を払いそうなので
この槌目で指輪を作って下さいというご依頼が多いです。

今回は指輪ではなくバングル制作なので面積が多くなり
もっと槌目が多く入るのでバングルの見た目が半端ないw

バングル 槌目模様

槌目は技術とセンスとバランスが重要!

金槌で打ち込むので槌目というのですが、誰でも槌目を
打ち込む事は出来ますが、打ち込んだ人の技術とセンス
で槌目模様の見た目、完成度が凄く変わってくるんです。

適当に打ち込んだ槌目なら完成度の低い槌目になります
クオリティが低い槌目模様が欲しいとは思わないですよね!

クオリティが高い美しい槌目模様が欲しいなら槌目模様
を愛している私のような宝飾職人に任せるしかないですw
どうすれば槌目を美しく魅せれるのかを追及しています!

しかも鍛造製法と同じく、槌目模様は日本の伝統模様の
1つなので基本がしっかりしていないと難しいんですよね。

槌目 バングル

私が打つ槌目は唯一無二

どうですか!この物凄いインパクトの槌目のプラチナ板w
正直ここまで美しい槌目模様を打てるのは俺しかいないw

決して大袈裟ではなく、本当に自分しかできない槌目です
というのもまずオリジナルの金槌があってこその槌目です。

金槌の形状、大きさ、長さ、重さ、打ち込むときの力加減、
全てが揃っての槌目なので同じように打ち込んだとしても
同じ槌目を出すことができない天然の産物、唯一無二です。

バングル ハンドメイド

バングルの太さを均等に削る

プラチナ板にハンマーで槌目柄をガンガン打ち込みました
これだけ半端ないサイズのバングルなので手間も相当です。

そしてハンマーでがっつりと槌目を打ち込んだという事は
プラチナ板の幅が広がって太くなっていますし歪んでます。

そこで叩き上げたプラチナ板の側面を削って幅を整えます
板の両方の側面をヤスリで削って太さを10ミリにします
同時に歪みが出ていないか確認しながら仕上げていきます。

バングル 作り方

バングルの角を取って当たりを滑らかに

バングルの側面を削るとバリという鋭利な角が出てきます
指輪も全く同じなのですが、側面を削るとバリが出ますが
これがギザギザしている角で本当に危険で危ないんです!

バングルの付け心地にも悪影響がでるので迷わず削ります
バリを削り落としたらそのままバングルの角も落とします
手首にバングルを付けると当たりが滑らかになるんですね。

深い鎚目柄は凹凸が大きくでているので角を削り落とすと
バングルの角に槌目の凹凸が表れて味わい深くお洒落です!

バングル 制作工程

槌目プラチナ板をバングルの形に!

いよいよ槌目プラチナ板をバングルの形に丸めていきます
バングル専用の芯棒という道具と、木槌を使って丸めます。

木製の木槌を使う理由は、叩いて丸めるときに槌目模様が
傷ついたり凹むのを防ぐために木槌を使って丸めるんです。

これだけ分厚くて太い規格外のプラチナ板はそう簡単には
曲がらないので、木槌で数えきれないほど叩いて少しづつ
曲げて丸めていきます(強く叩くと木槌でも槌目が凹みます)

バングル 制作過程

バングル専用の芯棒は楕円形

バングル専用の芯棒は手首の形に合わせてあるので楕円形
の形になっていて、巻き付けると楕円形に丸まるんですね
ちなみに指輪の芯棒は真円。用途に合わせて道具があります。

そして、丸めているバングルに赤い線が書いてありますが
これは赤いマジックでバングルの中心に線を引いています。

バングルの中心となるセンターを軸にして丸めていかないと
丸まった時にバングルの左右のバランスが悪くなりますので
楕円形が左右対称になるように丸めるのが重要ポイントです。

バングル 作り方

手首を通す隙間は約3センチ

芯棒に通したバングルの全面を木槌で叩いて形を整えます
芯棒の形状がバングルの形と同じ楕円形なので合わせます。

そしてバングルの下の部分に手首を通す隙間がありますが
これは平均的なメンズサイズの場合で約3センチ空けます。

手首の太さや形でバングルの手首を通す隙間も変わります
そこで事前に、ご依頼主様の手首の画像を頂いております。

バングル サイズ 計り方

【バングルのサイズ 計り方】

バングルのサイズの計り方は、上の画像を参照して下さい
手首の1番細い部分に定規を当て真上から撮影して下さい。

手首の表面に定規を当てた画像と、手首を横にして定規を
当てた2枚の画像があれば大丈夫(手首の形も分かります)

ウエストなどを計るメジャーで手首周りを計る方もいます
その画像もあれば尚安心ですが、上記の2枚で大丈夫です。

バングル 丸さ

バングルの形が完成

バングル専用の芯棒で丸めるとこういう形に仕上がります
バングル専用の芯棒で丸めたのでこの形が基本になります。

ただ、いくらバングル専用の芯棒で丸めたからと言っても
手首の形が平な場合、もう少しバングルの丸みを潰します。

手首の形は個人差がありますので画像を見て修正をします
基本的に芯棒で丸めた形がバングルの丸さにはなりますが
お客様の手首の形を画像で見て、バングルを微調整します。

バングル 付け心地

バングルの端を丸める

バングルの形が出来上がったら次は付け心地を良くします

バングルの端っこ、手首を通す隙間の端二ヵ所を丸めます
手首が出入りをする重要な所なので付け心地を良くします。

バングルの端っこの板を丸く削るだけではなくて板全体を
甲丸リングのように丸く滑らかにすると痛くなくなります。

バングル 付け心地 良い

バングルの付け心地の良さは重要!

バングルの付け心地は本当に重要になってくるポイント!
どんなにバングルのデザインが良くても付け心地が悪くて
痛かったらバングルを身に付けたくなくなってきます(汗)

今、作っているバングルは特注で規格外のサイズですので
バングルの太さは幅広くて、バングルの厚みは分厚いです
そこで隙間も普段より丸くして優しくする必要があります。

バングル 内側

バングルの内側も少し丸くします

バングル表面の角は削り落として当たりを優しくしました
次はバングル内側の角を削り落として滑らかに仕上げます。

内側の角を落とすだけではなくて内側全面も少し丸くして
あげる事で付け心地も更に滑らかになって優しくなります
手間はかかりますが、細かい気遣いが本当に重要なんです!

バングル 傷消し

バングルの傷消し

ヤスリで彫金作業をして削った小傷を消す作業になります
ヤスリでプラチナを彫金した箇所はバングルの側面と内面
彫金をしたプラチナの面に小傷があるので綺麗に消します。

耐水性サンドペーパーで徹底的に擦って仕上げていきます

耐水性のサンドペーパーの特徴は水を含ませて擦ることで
研磨砂と水が混ざり合って小傷の奥まで浸透していきます
浸透しながら擦ると綺麗に小傷が消えやすくなるんですね。

バングル 槌目

槌目をシリコンポインターで仕上げる

バングルの槌目には耐水性のサンドペーパーは使いません
サンドペーパーで仮に擦ってしまうと槌目の凹凸が摩耗を
して消えてしまうので絶対にサンドペーパーは駄目です!

そこで槌目模様の凹凸の形に合わせてシリコンポインター
という磨きゴムで1つ1つの槌目模様を仕上げていきます
地道な作業ですが1つ1つ仕上げる事で完成度が増します。

プロの宝飾職人は、商品の完成度に物凄くこだわります!
手抜きを一切しない、妥協をしない姿勢が本物の宝飾職人
こういう細かい対応でお客様が満足して頂けるんです(^-^)

槌目 バングル

槌目模様を艶消しマットに

シリコンポインターで槌目模様を綺麗に仕上げたら次は
槌目模様を艶消しのマット加工に仕上げていく作業です
しかも通常より細かい艶消しなので白く見えて素敵です!

もちろん艶消しではなくてピカピカの光沢に仕上げる事
も出来ますが今回はお客様の好みで艶消しに仕上げます。

作り手としての私の好みは艶消しにした方が槌目模様が
ハッキリと見えるのでお勧め(光沢にすると反射をして
槌目模様がぼやけるのと、派手に見えて凄く目立ちます)

しかし派手で目立つほうがいい!となれば光沢も有り!
槌目1つ1つがギラギラに輝くので注目間違いなしですw

バングル 艶消し

バングルの内側もマット加工

バングル内側も艶消しのマット加工で仕上げていきます。

というのも、内側を艶消しにするとサラサラになります
分かりやすいイメージで伝えるとベビーパウダーをした
ような感じで、汗をかいてもペタペタしにくくなります。

ピカピカの光沢の場合は、肌にペタペタくっつくんです
手首に汗をかくとバングルが濡れて、くっつくんですね。

それと、見た目もバングルの表面と側面が艶消しなので
バングル全体をマットにしたほうが一体感も出ますよね。

バングル 槌目

鍛造のプラチナ槌目バングルが完成!

ついに!ついに究極の鍛造バングルが出来上がりました!

たっぷり惜しげもなくプラチナを使って作ったバングル
その重さは約75グラムというまさにモンスター級です
バングルの太さは極太10ミリ!更に厚みは2.5ミリ!

手間を惜しまずに鍛冶で丁寧に作られた自慢の鍛造製法
プラチナが頑丈で強く育っているので変形にも強いです
安心してヘビロテで毎日付けれるバングルは心強いです。

画像だけではなくて動く動画でも自慢の鍛造バングルを
がっつり見て頂きたいのでスマホで動画を撮影しました
画像では分からない槌目の魅力も動画でご覧下さい(^-^)

 

【プラチナ鍛造 槌目バングルの詳細】

○製造方法 鍛造(たんぞう)彫金(ちょうきん)
○使用地金 プラチナ(pt900)
○幅の太さ 10ミリ
○全体厚み 2.5ミリ
○デザイン 槌目フルバージョン
○仕上げ方 艶消しのマット加工

私が制作するバングルは自慢の日本の伝統技法の1つ
鍛造製法に超こだわって1つ1つ手作りをしています。

頑丈でバングルが変形しにくく日常生活でも安心して
付ける事ができますし槌目のバングルは使い込むほど
生活で付く傷や凹みが味になっていくので魅力的です。

今は出来立てホヤホヤなので槌目の凹凸がありますが
槌目の角が摩耗をして味わいや雰囲気が出てきます!

バングル プラチナ

レディースでもメンズでもOK

バングルのサイズの計り方でもご説明を致しましたが
お客様の手首の形や、手首の太さに合わせて作ります。

手首のサイズは個人差が当然ありますので手首が細い
手首が太い、手首が平っぽい、手首が丸っぽい、等々
様々ありますが画像で判断できますのでご安心下さい!

先程の画像ように手首の表と横を定規で計って撮影を
して頂ければお客様に1番合ったバングルを作ります
レディースでもメンズでも問題なく作る事ができます。

バングル  槌目

バングルのご予算も合わせます

今回のバングルは幅の太さが10ミリ幅で作りましたが
お客様のお好みで作ることができますので、もっと細い
バングルが良い!逆にもっと太いバングルが良い!など
オーダーメイドで作れますので何でもご対応いたします。

ただ今までの制作工程を見て頂いて分かって頂けたかと
思いますが、手間が半端なくかかる特注のバングルです
そして必要になる地金の重さも相当必要になってきます。

かなり高額になりますがお客様のご予算もありますので
ご予算を教えて頂ければご予算に合わせてお作りします。

また、使ってない地金を利用して作る事もできます!

使っていない指輪やネックレスなどのジュエリーを1つ
にして溶かしてバングルに作り替えることもできますよ!
そうなれば地金代金を安く抑えることも可能ですね(^-^)

槌目 バングル

山口県H様のご依頼でバングルを制作

当店は新潟県長岡市にあるので山口県から直接ご来店を
頂くのが難しいですので、ラインで何度か打ち合わせを
させていただきました!本当にありがとうございました。

打ち合わせと言っても鍛造バングルのフォルムは決定を
しておりましたので(バングルの素材と幅や厚みと槌目)
お客様の手首サイズくらいなので簡単な打ち合わせでOK

メールでもラインでも、こちらのお問い合わせフォーム
からでもお問い合わせできますので宜しくお願いします。

槌目 バングル

山口県H様 ありがとうございました!

ご依頼をいただいた山口県H様はジュエリーコウキの
ブログで私が鍛冶で作ったプラチナ鍛造リングを見て
槌目に一目ぼれをして頂いてご注文を頂いたんです!

作り手として自分の作った指輪に一目ぼれをして頂く
というのは宝飾職人として本当に幸せなことなんです
その槌目を利用してバングルを作ったという事でした。

それでは頂いたお手紙をご紹介させていただきまして
今回の記事は終わりになります!有難うございました。

===========お客様の声============

お世話になります。

バングルありがとうございます。

しかし装着した状態、カッコいいですね。

素直に思い切ってバングルつくって良かったなと思います。

ありがとうございました。

=============================

お仕事のお問い合わせやご依頼は→コチラ

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

メールやLINE お電話でもご対応しております

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

「LINEで問い合わせをしたいです」
という声も頻繁に頂くようになりました
私、池田のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12
ユーザーネーム 池田じゅん

お気軽にご連絡をお待ちしております(^-^)

=============================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
2パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA