アメジストは酒から守ってくれる守護石!酒神バッカスの悪戯で産まれた石

新潟県長岡市の結婚指輪の手作り専門店 ジュエリーコウキです
当店2代目の私、池田が書く指輪制作をご紹介するブログです!

新潟県の長岡市にある小さな宝石店と小さな工房で手作りします
手作りといっても今流行っているワックスというロウ材を削って
原型を作ってその原型に溶かした地金を流して造る鋳造ではなく
溶かした地金を鍛冶で鍛錬しながら形を作っていく鍛造製法です

鍛造(たんぞう)を分かりやすく説明すると例えば指輪の素材が
プラチナの場合、プラチナを金槌で叩いて炎で焼いて繰り返して
プラチナを鍛えて締めてプラチナ密度を上げながら作る製法です

鍛錬をして密度が増した指輪を、鍛造指輪と昔から呼んでいます
しかし誰でも作れる訳ではなく伝統技法なので代々受け継がれた
鍛造技術を受け継いだ一握りの鍛造職人しか作れないという製法
その割合は全てのジュエリーの中でも数%しか存在していません

鍛造指輪 作り方

さて、ジュエリーコウキ自慢の鍛造の説明はこれくらいにしてw
今日のブログでは指輪の作り方ではなくて、指輪と密接な関係の
宝石(今回はアメジスト)についての内容を書かせて頂きます

人気が低迷している宝石や石の魅力をもっと知って頂きたくて
宝石にまつわるエピソードを幅広く募集をしておりました(^-^)

本日はアメジストにまつわるエピソードを持った方からのお話しを
ご紹介をさせて頂きます!では記事の最後まで宜しくお願いします。

=================================

 

二月の誕生石であるアメジストまたはアメシストは
日本語で紫水晶と呼ぶように、紫色をした水晶です。

アメジストと発音されることが多いのですが
実はアメシストと発音するほうが正式です。

さて、そんなアメジストの語源ですが、
ギリシア語のamethustosからきています
amethustosとは、「(お酒に)酔っぱらわせない」という意味。

 

アメジストにまつわる伝説

どうしてこの美しい紫色の宝石、アメジストに
そんな名前がついたのか?それにはこんな伝説があります。

ギリシアの酒の神バッカスがいたずらで、月の女神アルテミスに
仕える女官であるアメシストに猛獣をけしかけました。

アメシストが守ろうとしたアルテミスによって
アメシストは水晶に変えられてしまいます。

酔いが醒め、自らの過ちに気がついた
バッカスは水晶に葡萄酒を注ぎました
こうしてアメシストは紫色の水晶になったのです。

というわけで、アメジストはお酒から身を護る宝石とされ
タイピンなど男性の装身具にもよくもちいられています。

アメジストの石言葉

他にもアメジストは「出エジプト記」に登場したり
キリスト教では男性の献身を表す宝石であったりと

非常に歴史が古く、長い間私たちによりそってきた
歴史のある宝石であることがわかります。

そんなアメジストの石言葉は、
ギリシア神話を由来とするであろう
「覚醒」「愛情」「高貴」「誠実」「心の平和」

特に「愛情」の宝石として親しまれていて、
恋人、夫婦、家族、友人との絆を深めてくれると言います。

 

古代から愛されてきた宝石

また、紫色が高貴な色とされることから、
アメジストもまた高貴な宝石としてあつかわれ、
かつては王族の石とされてきました。

現代の日本でも、
アメジストの御数珠は格式の高いものとされています。

さらに、水晶は浄化の石、癒しの石とされていることから、
心の平和とエネルギーをもたらす石であるとも。

このように、アメジストは美しいだけでなく、
たいへん多くの意味がある魅力的な石として、
広く人気を集めてきた宝石なのです。

 

アメジスト 紫色の秘密

紫水晶は、石としては二酸化ケイ素が
結晶した石英と呼ばれる石の仲間です。

石英のうち、無色透明のものを水晶と呼び、
さらにそのうち鉄イオンなどの関係で
紫色をしたものが紫水晶つまりアメジストです。

一般的に紫の色が濃いもののほうが価値があるとされています。

 

アメジストの紫色は紫外線に弱い

ところがこの紫色は紫外線に弱く、
直射日光を長時間浴びると色がうすくなってしまいます。
日のあたる窓際においたりなどは以ての外です。

熱を加えると変色するのも特徴で、加熱して色の変わったものは
シトリンという別の宝石として扱われるようになります。

主な産地はブラジル。
国内でも、鳥取県、宮城県で産出されます。

特に質が良いのは、
中央アフリカ産、スリランカ産、マダガスカル産です。

 

アメジストはお酒から守ってくれる守護石

お酒から身を守ってくれるという
ありがたい言い伝えのある宝石、アメジスト
私にとっては本当に御守りのような存在です。

何しろ私はアルコールにとてつもなく弱く、
洋酒の入ったパウンドケーキやゼリーでさえ心音があがり、
アルコールを利用した保存剤で気分が悪くなり、
ラムレーズンのアイスクリームで二日酔いを起こす体質なのです。

さて、まだ若くアルコールについて全くなじみのなかった頃。
当然、自分がそこまでアルコールに弱いとは知りませんでした。

というのも、大人になればだんだんそのうちに
慣れてくるものだろうと信じていたのです。
でも、そういうものでもありませんよね。

いつになってもお酒のにおいだけで
胸元がきゅーっとするのは変わらないままでした。

 

それでも御神酒がまわってくることもあるわけで、
成人していると一口はすすめられるものです。

あるお正月、なめるつもりが、
うっかりごくんと飲み込んでしまいました。

さあたいへん。
たちまち胸が熱くなり、胃がひっくりかえり、
頭がぼうっとし、倒れないのがやっとの状態に。

隣席の家族に支えられてふらふらと
別室に運ばれることになってしまったのです。

 

ハンカチに包まれた伯母の気持ち

しばらく寝て、気がつくと、御神酒をすすめた伯父の
奥様である伯母が私の枕元で必死にわびておりました。

ややしっかりした心持ちになった私が身を起こすと、
「ごめんね、ごめんなさいね」といって、
伯母は私にハンカチに包んだ小さく堅い物を渡しました。

母とお互いに謝ったりいやいやと
やりとりしながら伯母が部屋を出たあと、
私は再び横になり、布団の中でさっきのハンカチを開きました。

 

子供の頃はよく、こうして白いレースのハンカチに
キャラメルなんかが入っていて、
それを母に内緒でこっそりと渡してくれたものです。

私はこの時もキャラメルなどを期待して、
伯母の子供あつかいをくすぐったく懐かしく思っていました。

しかし、レースのハンカチに包まれていたのは
なんと紫色の宝石のついた美しい指輪でした。

アメジスト 指輪

アメジストの指輪との運命の出会い

私はびっくりして、思わず妙な声をあげました。
母は何事かと布団をめくりました。

布団から出た紫色の石はキラキラと輝いて
私はそれが伯母の指にはまっていた指輪で、
伯母のアメジストの指輪であることに気がつきました。

母は「なんてもったいない」とあわてて伯母の元へ
ですが伯母はかたくなにうけとらず、母と私にアメジストが
お酒から身を守る宝石であるということを教えてくれました。

 

成人した私が、今後、
お酒で失敗することのないようにと。

それを聞くと母は伯母の意をくんで、
大切にするようにと私にアメジストの指輪をもたせました。

以後このアメジストの指輪をつけることはまだありませんが
このアメジストの指輪は、大切な御守りとなっています
また、そのおかげなのかお酒での大きな失敗は以後ありません。

アメジストの石言葉には「愛情」というものもあり、
また家族との愛を深めてくれる石であるとも言います。

このアメジストの指輪は伯母の大きな愛情と、
家族親戚のありがたさを強く感じることができる
思い出の宝石、思い出の指輪になってくれました。

 

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとう御座いましたm(__)m
ハンカチの中からアメジストの指輪が出てきたらそりゃ
誰でもびっくりしますよね(汗)まさにサプライズですね!

アメジストは、お酒から守ってくれる意味を持つという事で
自分も何だかんだお酒を呑む機会が少し多いのですが・・・

同じく自分も体質的にアルコールに弱いという(;´Д`)
アメジストの石をお守りに持っていきたいなと思いましたw
効果がある無いに関係なく気持ち的に楽になりそうですよね

=================================

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

アメジストは酒から守ってくれる守護石!酒神バッカスの悪戯で産まれた石」への2件のフィードバック

  1. アメジストの、紫色、私の大好きな色です。依頼したピアスが、素敵になりますように願っています。よろしくお願いします⤵️

    • いつもお世話になっております!
      アメジストピアスのリフォームのご依頼を頂きまして
      誠にありがとうございましたm(__)m

      ゴールドからプラチナに地金が変わりますので
      今までと違ったイメージの素敵なピアスになると思います(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA