結婚指輪の手作り工程をご紹~プラチナ鍛造・彫金(平打ち幅広&極細)

いつもご観覧を頂きましてありがとう御座います
株式会社ジュエリーコウキの二代目、池田です。

現在、制作をしている結婚指輪のご紹介となります
新潟県長岡市のお客様からご依頼をいただきまして
結婚指輪を自社工房にて制作中でございます<(_ _)>

DSCN0284

結婚指輪のデザインですが、プラチナ鍛造の平打ちタイプ
男性がなんと5.5ミリという幅広タイプの結婚指輪
そして女性が3.5ミリという幅細タイプの結婚指輪です

男性と女性とで結婚指輪に2.0ミリの幅の違いがあるので
バランスを考えながら造っていく事が重要となる結婚指輪です

 

 

そして結婚指輪の側面(計4面)にミル打ち(ミルグレイン)が
打ち込まれるという繊細なデザインの結婚指輪となっておりますが
まずは男性と女性の結婚指輪の土台を作っていく作業となります!

DSCN0285

仕事が忙しく時間がないので、鍛冶作業の様子をお伝えいたしませんが
1つのプラチナの塊を叩いて叩いて、そして熱して叩いて整える~
そういった流れで手間をかけて鍛冶をしながらプラチナを板状に伸ばします

1つの同じプラチナで結婚指輪を作る事にこだわっているので
もちろん同じプラチナで結婚指輪を制作しますが、今回は指輪の幅が違います
男性と女性とで2.0ミリという幅の違いがあるので、この段階で調節します

DSCN0286
DSCN0287

専用の糸ノコギリで長いプラチナ板をペアにします
この時点のプラチナ板の幅は、男性の指輪の5.5ミリです
糸ノコギリでカットした片側の板を金槌で叩いて3.5ミリまで縮めます

DSCN0291
DSCN0297

プラチナ板の幅を狭くしようと思って金槌で叩くと、リング幅は狭く詰まっても
プラチナ板の厚みが絶対にでますので、肉厚も叩いて男性と同じになるまで調節
この作業でやっと男性と女性の結婚指輪の土台となるリング板が出来上がりました

DSCN0299

次は、この板状のプラチナをリングの形になるように丸める作業になります
丸棒という工具にプラチナ板を押し付けながら金槌で叩くと丸まっていきます

丸棒にあてながら丸める手法は親父直伝で綺麗に丸めるまで苦労した覚えが(汗)
でも22年も職人をしていると綺麗に丸めるコツを勝手に体が感覚的に覚えますw

DSCN0305

DSCN0307

やっと丸くなり指輪2本が出来て、結婚指輪の形が見えてきましたね(^ω^)
かなり手順をカットしながら写真をアップしていますが(特に鍛冶作業の場面)
カットしてもかなり手間というか時間がかかっているのが分かるかと思います。
それくらい手間をかけてでも良質な結婚指輪を作る事にガッツリとこだわります!

そしてリング状になったプラチナは、まだ繋がっていません
丸めた板の端と端を合わせてロウ付け(溶接)をして繋ぎ合わせます

当店でするロウ付けは一般的に行われるロウ付けではありません
一般的によくあるロウ付けはロウという物質(超弱い地金)を溶かして
地金同士をくっつけるのですが、当店では弱いロウは使用しません!

DSCN0308

それは弱いロウになると、溶かした跡に色が出る事が多いからです
ロウが弱ければ弱い程、そのロウ跡がクッキリ出ますし強度にも影響します

なので当店では弱いロウではなく、かといって強いロウでもなく
普通に結婚指輪の素材になっているプラチナを薄く伸ばして溶接面に挟みこみ
地金を高温の炎で直接溶かす「トモズケ」という手法でプラチナを繋ぎ合わせます

DSCN0309

同じプラチナ地金を炎でガッツリと溶け合わせて繋ぎあわす手法なので
ロウ付けとは違い、溶接の跡がでないんですね。もちろん強度も変わらず強い!

ただこの方法は結婚指輪だから可能なんです。めっちゃ細いネックレスなどに
トモヅケをすると全てが一瞬で溶けてしまうので指輪のみ可能な大技なんです

さて、本日の結婚指輪・制作工程の記事はここまでとなります
次回は彫金作業や、ミルを打ち込む作業を公開しますのでお楽しみに(^ω^)

制作記事の続きはコチラから

 

どの制作工程も熟練された自信のある職人技です!
ブログやFacebookの制作記事を見て、制作工程に
納得をしてから、私の創る結婚指輪をご購入して頂けると
作り手として嬉しいです!下記のWEBからご購入頂けます
************************************************
株式会社ジュエリー皇妃(コウキ)
新潟県長岡市渡場町2-7
電話 0258-27-1771 (10時~17時まで受付)
メール j_kouki_ring@yahoo.co.jp (24時間受付)
ホームページ PC版 http://jewelry-kouki.com/
ホームページ スマホ版 https://j-kouki.com/
************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA