結婚指輪はシンプルイズベスト!男は太いストレート 女は細いVカーブ

手作り結婚指輪の宝石店・ジュエリーコウキ
新潟県長岡市にあるジュエリーショップです

同店2代目の私、池田が書くブログです(゚∀゚)
指輪作りが生活の一部という指輪作りマニアですw

もちろん指輪作りで食べているのでプロの職人です
仕事でも仕事外でもジュエリーをよく作り愛します

職人として経験が豊富なので、普通の人とは違った
切り口で指輪作りを事細かくアップしていきます!
趣味で書いているのではなく本気で書いていますw

 

さて早速、指輪作りへ進んでいきたいと思います
今回はプラチナで結婚指輪を手作りいたします!
ジュエリーコウキで作る指輪は、すべて鍛造です

鍛造(たんぞう)と言いますが、その言葉の通り
鍛えながら造るから鍛造、指輪なので鍛造リング
順を追って説明しますがまずプラチナの熔解から。

熔解と書いて「ようかい」と読みます
地金類(プラチナやゴールドやシルバーなど)を
溶かす作業の事を、業界では熔解作業と言います

上の動画を見て頂けましたか?
こちらの動画はプラチナを溶かしている様子です
ジュエリーコウキで作る指輪は全てここからです!

 

 

熔解したプラチナを鍛える

熔解したプラチナの塊をじっくりと鍛え上げます
ちなみに溶かしたプラチナの塊は結婚指輪を作る
為に必要な重量なんです(2本分のリングの重さ)

熔解をする前に、これから作る結婚指輪のサイズや
幅や高さ、またデザインなど計算して割り出します
そして必要な重量が確定したら熔解をするんですね。

プラチナの鍛金

鍛える地金と書いて鍛金(たんきん)

ここでいう地金とはプラチナ900の事を指します
地金とは、これから制作するジュエリーの素材です

もしゴールドが結婚指輪の素材なら地金はゴールド
今回はプラチナ900の指輪なので地金はプラチナ

角床や金床と呼ぶ専用の鉄板台に、プラチナを置き
大きな金槌(鉄製ハンマー)で、じっくり叩きます

丹精を込め、そして力も込めて叩き上げていきます
地金を鍛えるという意味から、鍛金作業と言います。

プラチナの鍛冶

鍛えてリングを造るから鍛造リング

地金を鍛える作業を~鍛金(たんきん)
鍛金で鍛えた地金で造る事を~鍛造(たんぞう)
ややこしいですが、鍛造リングの製造方法です

ちなみに具体的にどうやって鍛えるのか?

上記の写真のように金槌で何度も地金を叩き上げて
下記の写真のように酸素バーナーで何度も焼きます
焼きなまし。と言われる工程でナマスとも言います

プラチナの焼きなまし

鍛造のメリットとメカニズム

鍛造のメリットと、鍛造のメカニズムを説明します

まずは鍛造のメカニズムですが、地金を何度も叩き
絞め上げる事から職人さんの間では「絞める」とも
言われている作業です。よく聞く言葉では鍛冶作業

地金中には微量な空気が僅かに入っているのですが
金槌で地金を、四方向から満遍なく叩き上げる事で
粒子が締まって、僅かな空気が抜けていくんですね。

プラチナ 焼きなまし

そして続いて、鍛造のメリットになります
叩くと粒子が詰まり硬くなるので、今度は炎で焼き
ナマス事で柔らかくなってまた絞める事ができます

この繰り返し作業をじっくりと続ける事によって、
地金から空気が抜け、そして詰まり密度が増します

密度が極限まで増したプラチナは粘り強いんです!
変形に強くなりますし強度も上がり丈夫になります
これが、鍛造リングのメリットとメカニズムですね。

鍛造の様子を動画でご覧ください(゚∀゚)
プラチナが闘魂注入されている姿ですよ!

プラチナを2つにカット

同じ素材から手作りをする結婚指輪

鍛冶で細長く伸ばしたプラチナ板を2枚にカット
そうなんです、1つの同じ素材から2つの指輪が!
めっちゃロマンチックな結婚指輪ですよね(*´ω`*)

同じ1つの素材から結婚指輪を作るというこだわり
この広い業界でも、ここまで手間をかけている工程
の店は滅多にないと断言できます(専門店ならでは)

結婚指輪のベース

2つの長さが違いますが理由があります

細長く伸ばしたプラチナの板を2枚にしましたが
2枚の板の長さが違う事に気がついたと思います

これは男女で指輪のサイズが異なる為なんですよ
長い板がメンズの指輪、短い板がレディースの指輪
この段階で指輪サイズに合わせて長さを調節します

そしてプラチナ板の長さだけではなくて幅と肉厚も
これから作る結婚指輪の幅と肉厚に連動しています
鍛冶の段階で考えながらプラチナを伸ばすんですね。

指輪を丸める

プラチナ板を丸く丸める

ようやくこの作業でリングの形状になります
丸棒という鉄棒にプラチナ板を押し付けて木槌で
板を叩きながら丸棒に沿わせて丸めていくやり方

コツがいる丸め方なのですが、丸棒は真円なので
綺麗に沿って丸められれば真円に近い円になります
極端な変形な円になると、肉厚が変わったりします。

リングのロウ付け

ロウ付け(溶接作業)

板を丸めてリングの形にしたら、合わせ口を溶接
ロウという溶接専用の地金を隙間に挟み溶かします
この溶接の事をロウ付け(ろうずけ)と言います

プラチナリングと変わらない地金のロウですので
溶ける温度もほぼ変わりません。指輪もロウもほぼ
同時に溶けるので指輪が溶け過ぎないように注意!

指輪をVに曲げる

指輪のフォルムを調整

ロウ付けが完了すると完全なリングとなります
制作中の結婚指輪のデザインですが男女で違います

メンズリングは、幅が5ミリのストレート甲丸で
レディースリングは、幅が3ミリのカーブ甲丸です

結婚指輪のフォルムが、甲丸で統一されていますが
太さの違いとストレートとカーブの違いがあります
メンズはそのままでレディースをV字に曲げます。

指輪のサイドを削る

サイズを伸ばしてから幅を整える

メンズリングはストレートなので、丸棒にそのまま
リングを入れて金槌で均一に叩いてサイズを伸ばし
レディースリングはVの角度を確定したら伸ばします

どちらのリングもサイズを指定まで伸ばしたら次は
リングの両側の側面を削って幅の太さを調節します
ちなみに男性は5ミリの太さ、女性は3ミリの太さ。

プラチナのペアリング 男女で太さが違う

ヤスリやタガネ、また先端工具などでジュエリーの
素材となる地金を削ったり彫ったりする作業の事を
彫る地金と書いて彫金(ちょうきん)と言います

昔の職人さんは地金類(プラチナやゴールドなど)
を削ったり彫ったりする事を彫金と言っていました

今は鋳造(ちゅうぞう)する為のジュエリーの原型
例えばロウやゴムなど、地金ではなくてワックスの
柔らかい原型を作る時も彫金作業と言っています。

※鋳造(ちゅうぞう)とは?
ロウワックスなどで作った原型(イメージしやすい
のは3Dプリンターで作ったような素材の事です)

ゴム型にとったジュエリーの型に、溶かした地金を
流し込んで固めて作るジュエリーを鋳造と言います
※私が今している鍛造と全くの別物の製造方法です

プラチナリングに穴をあける 石留め

レディースの結婚指輪には、Vの中心にダイヤが
1ピース入るのでダイヤの位置を確定するように
V字カーブのど真ん中、センターに穴を開けます

ダイヤを入れる穴の開け方に注意が必要になります
ガボガボして穴が大きいと、ダイヤが留まりません
ダイヤと同じ幅のドリルで穴を開けてキツクします

※現段階では、まだダイヤと同じ大きさにしないで
小さいドリルで印程度にします。最初から大きい穴
を開けると指輪を甲丸に削る時に穴が狂うからです。

プラチナリングの中を丸く削る

リングの全体フォルムを彫金します

ここから平打ちの角を削り落としながら丸くする
彫金作業になるのですが、まずはリングの内側が
平なので着け心地が良くなるように丸く削ります

指の形にリングが1番合うようにして丸く削ると
フィット感と滑らかさが増して、良い着け心地に
なりますが具体的に楕円形に削る事がベストです!

プラチナリングをヤスリで削る

いよいよ平打ちだったリングの表面(角)を
丸い甲丸デザインにする彫金作業が始まります
結婚指輪の角を段階的に削りながら落とします

段階的に角を落としていかないと、丸さの調節が
出来ないので(一気に落とすと修正が効かない為)
角度と丸さに注意しながら角を落とす事がポイント

甲丸の丸さを強く出したいのであれば、角度を出し
大きく削りますし、甲丸の角度が緩い楕円形ならば
角を少なく削っていきながら丸さの角度を決めます。

プラチナリングの彫金

メンズとレディースで丸みが違う

2つのプラチナリングを合わせてみるとリングの
丸さ、甲丸の角度が違っている事がよく分かります

男性の指輪は、丸みを抑えてあるストレートタイプ
女性の指輪は、丸みを強くしてカーブラインを強調
どちらもデザインの特徴がよく出るようにしました

もし、リングが同じ幅で同じデザインのタイプなら
甲丸角度(丸さ)を合わせる方が無難だと思います。

削りたてのペアリング

丸く削ると平の時と見た目のイメージが変化します
平打ちの形の方が、面積が多い為に起こる現象です

指輪の形状でこれだけ変化をするので先を読みます
頭の中で丸めた時のイメージをしながら削ります

そしてヤスリで結婚指輪の表面全体を削り合わせ
段差のあったカクカクした表面を滑らかに整えます。

アブラメヤスリでリングを仕上げる

リングの表面の凹凸を滑らかに丁寧に削りながら
荒い目のヤスリから、細かい目のヤスリに替えて
結婚指輪の表面をより滑らかにしていく彫金作業

ミラーボールのようにカクカクしていた表面が
滑らかに整っていくのが見た目で実感できますね
ちなみに目の細かいヤスリをアブラメと言います。

甲丸のペアリング ストレート&カーブ

ヤスリで削る彫金作業はここまでとなります
ここからは紙ヤスリ、シリコンポインターなどを
使いながら細かいヤスリ目(ヤスリ跡)を消します

まずは耐水性の紙ヤスリでプラチナについた小傷を
消していく仕上げの作業。耐水性なので水をつけて
リングを擦ると傷の奥まで浸透して綺麗に消えます。

指輪をサンドペーパーで仕上げる

シリコンポインターで滑らかに

シリコンポインターという研磨ゴムを使用します
リューター機というペン型工具の先端に設置して
高速回転でポインターバーを回転して使用します

研磨ゴムなので、同じ場所にずっと当てていると
当てた部分が凹んでしまうので注意が必要な作業。

ポインターバーで指輪を磨く

こういう1つ1つの仕上げ作業が凄く大切です
ほんの少しでも手を抜いてしまうと結婚指輪の
完成度に大きく関係してきますので妥協はNG

小さい傷だから大丈夫という甘い考えは駄目です
徹底的に小傷を取り除くからこそ光沢が出ます
ピカピカの鏡面にするには下地を徹底的に磨く!

四点留めでリングにダイヤを石留め

今回はダイヤをより大きく見せるように爪留めを
チョイスしましたが、ダイヤの輪郭を表面全体で
埋め込む伏せ込み型(レール留め)でも可能です

そして最終磨きとなります
ヘラ掛け(へらがけ)と言われる磨き方で
鏡面を出す為の昔から伝わる伝統的な手法です

このヘラ磨きという作業は凄く大事なんです
この作業がないとプラチナの指輪は光りません

プラチナリングのヘラ掛け

プラチナの表面を、強く押し潰すように磨きます
結構な力を込めて滑らさないと鏡面になりません

ヘラを使わず機械(バレル)でも磨けますが
手作業で丁寧にヘラで磨く光と、機械で光らせる
のとでは輝きの奥行が違うと自分は感じています

単純な作業に見えるんですが、凄く難しい作業です
綺麗な鏡面を出すには熟練された職人の腕が必要です
ヘラ掛けはこのような作業なので動画でご覧ください。

※動画は研磨ゴムから始り、ヘラ掛けへ進みます

ヘラ作業は本当に手間がかかる磨き作業なので
この作業をしていない職人さんもいると聞きます
しかし私はヘラ掛けに超こだわって磨き倒します!

機械の発展で簡単に磨けるようになった現代ですが
昔から伝わる伝統技法を続けるのも職人のプライド
手作業にこだわって作る昔の職人魂を受け継ぎます!

甲丸の結婚指輪 甲丸のマリッジリング

ヘラ掛けが終わればバフ掛け(高速回転の布で磨く)
ヘラで磨いた鏡面の反射度が増して鏡のようになり
洗浄液で油分や磨き粉を落として完成となります!

100%満足して100%納得して結婚指輪を作りました
1つ1つ丹精をこめながら手作りした結婚指輪です
結婚指輪の制作依頼を頂きありがとう御座いました

小さい工房で私と父の二人だけで制作しております
指輪の完成まで約3~4週間のお時間がかかります
本物の手作り結婚指輪を安く提供しておりますので
完成まで楽しみにお待ち頂ければと思います(^ω^)

 

=================================
指輪作りの制作日記をご覧頂いて、工程に納得をしてから
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
真心をこめて1つ1つ手作りをする本物の結婚指輪ですよ

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA