永遠の幸せを指輪に 【幸せの結婚指輪・インフィニティ】 無限大∞のデザイン

無限大(∞)をイメージした結婚指輪です
人気のインフィニティリングを作りました

 

当店ブログを見て頂いてありがとう御座います
手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキの
2代目、池田です(^ω^)宜しくお願いします。

本日ご紹介をさせて頂く結婚指輪の詳細ですが
プラチナ900を鍛えて造る鍛造の結婚指輪です
完全なハンドメイドで造る手作りの結婚指輪です

そしてデザインは、人気のインフィニティです
無限大の曲線が綺麗に出せるかがポイントとなります

既製品の結婚指輪にもインフィニティのデザインは
多々ありますが、無限大になっていない場合も多くて
何処をどうみたらインフィニティの輪のラインなのか
微妙というデザインも多々ある現状なんですよね(;´Д`)

私が制作するインフィニティリングはバランス重視!
輪のヒネリが綺麗に見える部分を厳選して作りました
まずは完成したインフィニティリングをご覧ください。

自然体で優しいでしょ(*´Д`)

バランスを重視して曲線を彫り出しているので、
インフィニティで1番の見せ場である輪の一部を表現

全部のラインを魅せようとすると形状的にバランスが
難しくなるのでヒネリ部分を強調する事で解決しました

そうする事によってシンプルになり曲線が引き立ちます
滑らかな曲線が重なり合いヒネリが強調、まとまります

それでは、こちらの結婚指輪の制作工程(作り方)を
じっくりと記事と画像でご紹介させていただきます(^ω^)

 

 

指輪作りはコチラの作業から始まります
プラチナの熔解(ようかい)鍛冶(かじ)

ジュエリーコウキで作る指輪は全て鍛造

鍛造とは指輪のベースとなる素材(プラチナや金)を
鍛えて造るという事で、鍛造(たんぞう)と言います

一般的に市場にある既製品とは全くの別物と考えて下さい
既製品のほとんどは鋳造(ちゅうぞう)と言われる製法です

指輪のデザインの型に、溶かしたプラチナを流しこんで
指輪の形にする製法で、大量生産も可能ですし市場の製品の
ほとんどがこの鋳造品という事になります(ブランドも含め)

鍛造は鋳造とは全く違い、このような流れで作業が進みます
下の写真を見ながら詳しく説明をさせていただきます(^ω^)

鍛造の流れは、プラチナを熔解(ようかい)した塊を
角床という台に乗せて、金槌でガンガン叩くのが基本作業

金槌と角台に挟まれ叩かれたプラチナは厳しく鍛えられます
地金中に含まれた微量の空気が、外に放出して粘り強くなり
叩かれて焼かれた衝撃で粒子が整い、密度が増していきます

粘り強さと強度を誇る上質なプラチナに育つんです(*´Д`)
時間はかかりますが、鍛え上げた地金で造る指輪は最強!
全国的にみても鍛造で作る結婚指輪はごく僅かになります。

鍛冶で鍛えながらプラチナを板状に成形

丸かったプラチナの塊を金槌で叩いて炎でナマして
(ナマス=焼く)その作業の中で地金を成形していきます

四角形にしながら四面を同じように鍛えていくんですが
最終的には、これから作る結婚指輪の幅と厚さにします
じっくりと叩き上げてプラチナを板状に成形するんですね。

1つのプラチナから2つの指輪を作る・幸せの結婚指輪

1つのプラチナから2つの結婚指輪を作るんです
結婚指輪を同じ地金から作るなんて滅多に出来ません
鍛造で時間をかけて1つ1つ対応するので可能なんです

同じプラチナから作った結婚指輪、幸せをビンビン感じます
絆やLOVEを直接、指輪から感じられるなんて素敵でしょ♪
この珍しい制作方法は、凄く人気があるんですよ(*´Д`)

2本の指輪ベースが出来ました

お客様の指のサイズによって長さが違いますので
指輪のサイズに合わせての板の長さという事になります

2枚の指輪のベースに刻印を2種類打ち込みます
1つはプラチナ900を証明するPT900の刻印
もう1つはジュエリーコウキで作った証のJKの刻印

※お客様の記念日やお名前などの刻印は完成後に彫ります

板を指輪の形に丸めます

刻印を打ち込んだプラチナ板を丸く曲げていきます
ここでリングの形になるのですが、適当に丸めると
歪んだ丸になってしまうので綺麗になるよう丸めます

プラチナ板の丸め方は色々ありますが、自分の場合は
丸棒という工具と木槌(金槌)で丸める方法が好きです
それは丸棒に沿って綺麗な円になるからです(技術が必要)

ヤットコや他の工具で丸める方法もあるのですが、
意外と綺麗に丸まらず、歪んだ円になる事が多いからです
多少の歪みは後で修正が効きますが、歪みすぎは厳しいです

丸棒と木槌で丸めていくと、最終的には下の写真のように
プラチナ板の繋ぎ目がでてきますが、この繋ぎ目に隙間が
あるとロウ付け(溶接)の時に困るので隙間なく合わせます

繋ぎ目に薄く伸ばしたプラチナを挟みこむ

繋ぎ目に隙間がない事を確認したら、薄く伸ばした
プラチナを挟み込みます(これをロウと呼びます)

ロウには溶けやすいロウから溶けにくいものまで
様々な種類があるのですが用途によって使い分けます
そしてロウを溶かして溶接する事をロウ付けと呼びます

共付け(トモヅケ)

先程、ロウを溶かす溶接方法をロウ付けと言いましたが
これからする方法は、ロウ付けよりも難しい溶接方法です

共付けと言われる溶接方法で、溶けやすいロウではなくて
現在作っている指輪の一部のプラチナを薄く伸ばした物で
それを挟みこんで結婚指輪と一緒に溶かす溶接方法です!

ファイヤー!!!

ロウ付けは指輪よりも先にロウが溶けますが、
共付けの場合は指輪も挟み込んだ地金も同時に溶けます

プラチナの熔解温度は約1770度

指輪も挟んだ地金も同時に溶かすという難しい溶接方法
しかし、メリットが大きく割れにくく強度が強いんです!
同じ地金で溶接するからこその相性の良さという事ですね

結婚指輪の角が若干溶ける程度で済ませられるように
溶ける範囲を極力少なくするのが職人の腕の見せ所です。

指輪の溶接部分(共付け跡)を馴染ませます

共付けの跡を見ると、角が若干溶けているのが分かります
そして溶けたプラチナも溶接付近に盛り上がっています

ヤスリで溶接部分を削って綺麗に仕上げていきます(^ω^)
プラチナリングの表面、側面、裏側と全面を馴染ませます。

歪んだ円を真円に整え、サイズを伸ばす

溶接部分を馴染ませたら、また丸棒に指輪を入れて
指輪の表面を細かく隙間がなくなるように金槌で叩きます

もともと丸棒で丸めてあるので、円の歪みは少ないですが
それでも真円ではないので完全な真円になるようにします

真円になったら、お客様の指のサイズになるように
叩いて伸ばします(小さいサイズでこの作業に来るように)
最初から大きすぎるとサイズが超えてしまうので注意です!

プラチナリングの彫金作業

いよいよプラチナリングを削っていく彫金に進みます
基本的にはヤスリや先端工具などで削ったり彫ります
その削ったり彫ったりして形にするのを彫金と呼びます

二本のペアリングになった形をよく見てみて下さい
ペアリングの肉厚が、けっこう厚い事が分かりますよね

これは、インフィニティの形を造るのに必要な厚みです
指輪の高さが薄すぎると無限大の曲線を表現できないです
綺麗に交差した無限大のラインを出すには厚みは重要です。

まずは結婚指輪の幅を合わせます

あれだ気合を入れてプラチナリングを叩いていると
自然とプラチナリングの幅が太くなって広がっています

まず2本のプラチナ・ペアリングの幅を合わせる作業
2本のペアリングの幅が同じ幅になるように削ります
ちなみに今回の指輪の幅は3.0ミリとなります(^ω^)

インフィニティ・無限大の曲線を削り出す

2本のプラチナの指輪、ペアリングの幅が3ミリに
揃ったら両側の側面の彫金から表面の彫金へと進みます

まず設計図を指輪のセンター面に描く事から始まります
いきなり彫金作業を始めると、失敗する可能性があるのと
インフィニティの曲線バランスが合わない可能性がある為。

インフィニティの、例のこの形∞を作っていきます

設計図でバランスを重視しながら細かい線を書きますが
指輪の上に書かれたラインは細すぎて間違えやすいのでw
削る部分を間違えないように太いマジックで印を書きます

このマジックの印を元に、ラインを確認しながら削って
インフィニティの無限大の輪になるように調節するんです。

結婚指輪ですので、2つのペアリングが合うように

ここで注意しなければならない事が、これは結婚指輪
プラチナ製のペアリングという事になりますので、
インフィニティのバランスも2本同じでないと駄目です

2つの指輪のバランスを統一させる事で、見た目が
整った綺麗な結婚指輪になるのでバランスは重要です!

ペアリングの曲線が一致

結婚指輪は、男性と女性でサイズが違う場合がほとんど
しかし結婚指輪のサイズ(大きさ)が違ったとしても
インフィニティの曲線のバランスは2つ一致しています!

そして曲線も上手くヒネリが効いて動きがあります
まるで指輪がセンターで捻ってあるかのようですね
綺麗なインフィニティのペアリングですよね(^ω^)

結婚指輪の後ろは甲丸にします

指輪の表側にはインフィニティの無限の曲線が入り
指輪の後ろ側はシンプルな甲丸に削って仕上げます

結婚指輪の後ろは、指に直接あたる重要な部分です
着け心地を良くする為にシンプルな甲丸にするんです

後ろにも無限大を入れる事も可能ですが、着け心地の
問題もでてきますので、お客様のお好みに合わせます。

結婚指輪が丸くなり優しいフォルムに

指輪の後ろ側を甲丸にするのと同時に、指輪全体の
角も落としていきながら甲丸に合わせる(融合する)
そうする事によって全体的に優しいフォルムになります

先程のカクカクした指輪の画像と比べてみると
優しいフォルムになった印象がすぐ分かりますね
もちろん見た目だけではなく着け心地も優しくなります。

精密ヤスリで丁寧にインフィニティを整える

インフィニティリングのフォルムが出来上がりました
ほぼ完成形の形に仕上がったという事ですね(^ω^)

そして最終チェックという事で細かい部分に対応して
精密ヤスリを使ってインフィニティの曲線を整えます

精密ヤスリの目も細かい物を使用して完全に仕上げます
この作業でインフィニティの曲線が綺麗に完成しました。

指輪の内側を丸くします(良い着け心地)

彫金作業で指輪の側面、表面ときたら最後は内側です
指輪の中の面もこだわって彫金作業をするんですよ~

つけ心地が良くなるように丸く(楕円形)に削ります
角が取れて丸くなる事によって、指への当たりが良く
違和感なし、ストレスなしの優しい着け心地になります。

楕円形に削るという所が最大のポイント

丸すぎると結婚指輪に隙間が生じやすくなり緩く感じます
逆に平過ぎると密着面が多すぎて痛く(きつく)感じます
中間である楕円形というのが指へ1番フィットする形です

これでプラチナリングの全ての面の削る彫金が完了しました
ヤスリで削ったので、ヤスリ跡(小傷)が全面にあるので
小傷を消しながらプラチナの全面を仕上げる作業へ進みます。

紙ヤスリでプラチナの小傷を消す

耐水性の紙ヤスリを使用して小傷を取り除く作業です
紙ヤスリの種類も豊富ですが、私は400番で仕上げます

何故、耐水性を使うかというと、水分をつける事によって
研磨砂と混ざり合い小傷の奥まで浸透して消えやすい為です
インフィニティの曲線にも小傷があるので綺麗に消します。

研磨ゴムで滑らかに仕上げる

紙ヤスリで仕上げると精密ヤスリの小傷は消えますが
紙ヤスリの跡が残っていますのでシリコンポインター
という研磨ゴムでプラチナを滑らかに研磨していきます

主にシリコンポインターの素材には2種類あります
茶色い硬いゴムには研磨材が入っており研磨をします
青い柔らかいゴムはプラチナに光沢を出す役目です。

シリコンゴムには色々な形があります

茶色のシリコンゴムも、青いシリコンゴムも形は様々です
指輪のデザインの凹凸に合わせて使い分ける事になります

またどうしてもデザインの形に合わない研磨ゴムの場合は
自分で研磨ゴムを削って使いやすいように調節して使います

青色のシリコンゴムで磨くとプラチナに光沢が出てきますが
プラチナ特有のピカピカとするような鏡面ではありません
反射するような鏡面にする場合は「ヘラがけ」が必要です。

ヘラ掛け(ヘラがけ)

プラチナに光沢以上の輝きを放つ「鏡面」
まるで鏡のように反射する面という事から「鏡面」ですが
鏡面を出すにはヘラ棒という工具で磨く必要があるんです

ヘラ棒をプラチナに強く押し付けて、プラチナの面を
潰すイメージでヘラ棒を力強く滑らせて磨いていくんです
珍しい磨き方ですが昔からこの手法で職人は磨いています。

バフ掛け(バフがけ)

ヘラ掛けの次はバフ掛けという最終磨きで完成となります
○○掛けという言葉がヘラもバフも似ていますよね(^ω^)

バフとは「磨き布」の事です
バフの磨き布も、バフの本体の機械も色々な形があります
リューターというペン型工具に設置する小さいタイプのバフ
バフ機という大型の機械など同じ工具でも沢山あるんですね。

憧れの結婚指輪・幸せの無限ループの完成!

幸せの無限ループが印象的なインフィニティリング
鏡面に光る事によって曲線が綺麗に映えますよね(*´Д`)

結婚指輪のベースはシンプルな甲丸タイプ(バレルタイプ)
しかし、シンプルの中にもセンターに無限大が表現されて
ワンポイントになっててシンプル過ぎないのが良いですね☆

無理なく綺麗なインフィニティが表現されていてスッキリ

斜めから無限大のラインをご覧ください(^ω^)
ラインの捻り、ラインの流れが綺麗にまとまっています

これを無理して指輪を完全に捻ると無理がでてきますし
指輪の内側にも捻りが生まれて着け心地が悪くなります
指輪の表面だけにヒネリを持たせる事で解決できますね☆

インフィニティのループを形に表現すると曲線バランスが
難しいのですが、全部見せようとするからそうなるんです
こちらのデザインのように半分魅せるだけでまとまります!

そして今回はピカピカの光沢、鏡面で仕上げましたが
艶消しのマット加工でもOKですので宜しくお願いします。

制作依頼をいただいた、ご依頼主様には感謝感謝です
指輪を作らせて頂いて本当にありがとう御座いました(^ω^)

こちらの結婚指輪を動画でも撮影しております
色々な角度から撮りましたのでご覧くださいませ

動画のインフィニティの指輪は全面マット加工です
センターの捻りラインのみ光沢でこちらも魅力的です

 

=================================
指輪作りの制作日記をご覧頂いて、工程に納得をしてから
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
真心をこめて1つ1つ手作りをする本物の結婚指輪ですよ

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA