結婚指輪の手作り工程~プラチナを叩いて削る鍛造・彫金(甲丸タイプ)

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
株式会社ジュエリーコウキの池田です<(_ _)>

今週も目一杯に結婚指輪の制作を
ガッツリとさせていただきました!
ご依頼を頂きましたお客様に感謝感謝です

今週は二組様の結婚指輪を制作中
本日、ご紹介させていただく結婚指輪の
デザインはシンプルなバレル(甲丸)リングです

 

 

指輪の幅が男性と女性で違うんですが
男性の指輪はフラットな真っ直ぐタイプ
女性の指輪はVラインの曲線タイプなんです

同じ甲丸でも幅と形が違うという事で
造り方も通常通りとはちょっとだけ違うんですね
職人歴が長いですので臨機応変に対応できますw

DSCN0173
DSCN0176

鍛冶作業から始まる結婚指輪の制作
同じ1つのプラチナの塊から結婚指輪を造る事に
こだわっていますので、ここまでの作業は同じです

DSCN0181
DSCN0183

1枚の板状になったプラチナ版を2人分にします
ただ、ここからが少しだけ工程が違うんですよね

結婚指輪の幅が男女で違うという事で
幅が広い男性の方に合わせて板状にしたのですが
ここから男性のリング幅と同じ幅になっている女性用の
指輪を再度、鍛冶作業で幅を叩いて狭くしていくんです

DSCN0186
DSCN0187

写真を見てわかると思いますが女性用のリングの
幅が狭くなりました(男性5ミリ・女性3ミリです)
肉厚も2本とも調節して鍛冶作業で合わせればOK

DSCN0194
DSCN0196

指輪の土台ができたら丸棒という工具と
金槌を使いながらリング状に丸めていきます

そして丸めた端と端をロー付け(溶接)で
繋ぎ合わせれば指輪の形ができあがります

DSCN0198

この時の結婚指輪は凄いエネルギーを放ちます
太陽のように赤く、太陽のように熱い!眩しすぎるw

結婚指輪に相応しくLOVEというか絆というか
そんなエネルギッシュなパワーを強く感じる瞬間!

DSCN0199

ロウ付け作業が終わったら
女性用の指輪をV字に曲げていきます

指定されたV角度が予め決まっているので
その角度に忠実に合わせて曲げていきます

DSCN0202

ここからまた鍛冶作業が続きます
そして鍛冶作業が終わればいよいよ彫金作業
プラチナを削って結婚指輪のデザインを造ります

さて、本日の制作記事はここまでになります
また時間のある時に続きをアップしますね~
結婚指輪を造る事は自分にとって最高に楽しい時間です

 

どの制作工程も熟練された自信のある職人技です!
ブログやFacebookの制作記事を見て、制作工程に
納得をしてから、私の創る結婚指輪をご購入して頂けると
作り手として嬉しいです!下記のWEBからご購入頂けます
************************************************
株式会社ジュエリー皇妃(コウキ)
新潟県長岡市渡場町2-7
電話 0258-27-1771 (10時~17時まで受付)
メール j_kouki_ring@yahoo.co.jp (24時間受付)
ホームページ PC版 http://jewelry-kouki.com/
ホームページ スマホ版 https://j-kouki.com/
************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA