結婚指輪×鍛造【純プラチナが超おすすめ】錆びないし肌に優しい

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純プラチナの結婚指輪】

本日、ご紹介をする鍛造リングは、純プラチナの結婚指輪

一般的にプラチナ結婚指輪といえば ほぼほぼpt900です
配合はプラチナ90% パラジウム10%でpt900になります
しかし純プラチナというのはプラチナ約100%ということ。

純プラチナとは

純プラチナとは純度MAXのプラチナでほぼ100%のこと
ほぼ100%というのはプラチナは純金のように100%が金
のようにはならず 99.5%~99.9%がMAXの値なんです。

これが純プラチナで 刻印として表記すると2通りあります
pt999もしくは pt1000の刻印が標準として使われています
当店の場合は99.5%~のプラチナをpt1000で刻印をします。

プラチナは錆びない

基本的にプラチナは錆びませんので安心して着けられます
特に純度がMAXの純プラチナは不純物が含まれていない
ので肌に優しくて金属アレルギーの方でも安心できますね。

 

【鍛造の結婚指輪×純プラチナ】

早速ですが今回制作をした純プラチナの結婚指輪をご紹介
普通の結婚指輪のデザインではなくてインパクト満点です!

まず目が行くのはリング幅が男性用と女性用で違う所です
結婚指輪はペアリングなので同じ幅のデザインが多いです。

しかし今回は男性用が幅広くて女性用が細いデザインです
男性用リングが6ミリ幅で、女性用リングが3ミリ幅です。

結婚指輪 純プラチナ

純プラチナに槌目を打ち込み
つや消しにしてハートを彫る

リングのフォルムは平甲丸で、つや消しの槌目仕上げです
更に1本1本のリングにハートの片割れが彫ってあります。

2本のリングを合わせるとハートになる所が可愛いですね
ごつく力強く見えるのに可愛い雰囲気もあるデザインです!

こちらのインパクト満点の結婚指輪の制作工程になります
結婚指輪が完成するまでを記事にしましたのでご覧下さい。

純プラチナ

純プラチナを用意して溶かす

結婚指輪は2本のペアリングですので2本分の結婚指輪を
作るために必要になる純プラチナを用意をして溶かします。

指輪の幅、厚み、サイズによって必要になる純プラチナの
重量が違いますので、計算をして割り出して用意をします。

坩堝や溶解皿に用意をした純プラチナを入れてバーナーで
ドロドロになるまでガッツリと溶かして1つの塊にします。

純プラチナ

溶かす工程を溶解(ようかい)

プラチナに限らずに地金を溶かす工程を溶解といいます

地金によってドロドロに溶解をする融点は異なりますが
純プラチナの場合は約1770度でドロドロに溶けます。

純プラチナは溶けると高温のオレンジ色になってまるで
太陽のようになるので肉眼では熔解作業が出来ないので
溶接作業専用のゴーグルをしながら溶解作業をします。

強烈に眩しいだけではなく強烈に熱いので火傷に要注意
純プラチナは冷めると鏡のような美しい銀色になります。

純プラチナ

鍛造の基礎は鍛冶(かじ)

日本伝統技法の鍛造とは、鍛えて造るという意味ですが
どうやって鍛えて造るのかというと鍛冶で作るんです!

鍛造の基礎となる作業が鍛冶作業で鍛冶が中心作業です
金床や角床と呼ばれる鍛冶台に塊になった純プラチナを
置いてヤットコで掴んでハンマーで叩いて締め上げます。

純プラチナ

本物の鍛造を継承している私、池田がお作りします

当店で作っている「本物の鍛造」は師匠から弟子へと
昔から鍛冶技術を受け継いだ宝飾職人しか作れません
私も父から本物の鍛造技術を受け継いだ宝飾職人です

本物の鍛造と表現をしたのは鍛造風が凄く多いからです
鍛造風とはプレスなど機械で圧縮をして作る製法です
地金板を圧縮してリングの形にくり抜くという製法です

他にもリングの一部をハンマーで叩いただけで鍛造です
と説明しているショップもありますので注意が必要です

本物の鍛造は宝飾職人が「鍛冶で鍛錬」をして作ります
刀職人が刀を鍛冶で鍛えながら作るように、宝飾職人が
指輪を鍛冶で鍛えながら作っていくのが本物の鍛造です

純プラチナ

万遍なく鍛える=角棒にする

純プラチナを万遍なく鍛えないとムラが発生しますので
一部だけ頑丈で一部だけ弱いというのは絶対にNGです!

万遍なく純プラチナを鍛えていけばどの部分も頑丈です
そこで四面からハンマーで叩いて四角形の角棒にします
角棒(かくぼう)といって、角材にしながら伸ばします。

純プラチナ

鍛造リングは密度が濃いリング

鍛造製法で作るリングの事を「鍛造リング」といいます
鍛冶で作り上げる鍛造リングは密度が濃く頑丈なんです。

純プラチナの密度が増す理由は、鍛冶で何度も叩き上げ
純プラチナを締め続ける事で地金内にある巣穴の原因と
なる巣(す)という微量な空気を地金外に放出させます。

地金から巣が無くなることで粒子が絞まって整って密度
が高まって濃くなっていくので頑丈になっていくんです。

純プラチナ

焼きなましで更に鍛える

鍛冶作業は何度も何度も繰り返して鍛錬していきますが
何度も繰り返していくと純プラチナが硬くなっていって
更に鍛錬をするには炎で真っ赤にナマス作業が必須です。

ナマスや焼きなましと言って硬くなり過ぎた地金を炎で
少し柔らかくすると更に鍛冶で鍛え続ける事が出来ます。

鍛冶で鍛える流れはハンマーで叩いて地金を締め上げて
硬くなり過ぎたら焼きなまし、そしてまた叩いて締めて
この一連の工程を角棒が長く伸びるまで繰り返します。

純プラチナ

結婚指輪のサイズになるように鍛冶

何も考えないで鍛冶で角棒に伸ばした訳ではありません
最終的には角棒からリングサイズの板になるようにです。

リングサイズの意味ですが、リングの幅、リングの厚み
そして2本分の指のサイズに必要な長さという意味です。

今回の結婚指輪の場合ですが2本のリングの幅が違って
いるのでまずは男性用の6ミリ幅に合わせて伸ばします。

純プラチナ ペアリング

1枚の板を2枚にする

6ミリ幅に伸ばした1枚の純プラチナ板を2枚にします
地金を切れる専用の糸ノコギリを使って2枚板にします。

この段階で男性用のリングのサイズの長さでカットです
残った純プラチナ板を今度は女性用のサイズに調整です。

金床にもう1枚の純プラチナ板を乗せて再び鍛冶作業で
6ミリ幅から3ミリ幅になるように叩いて狭く縮めます。

純プラチナ 結婚指輪

1つの同じ純プラチナから
2つの指輪を作っています!

プロの宝飾職人としてお客様に喜んで頂けるという事は
作り手として凄く嬉しいことですし幸せなことなんです。

ですので、一手間をかけてお客様が喜んで頂けるような
工程で結婚指輪をお作りしております!同じ純プラチナ
から2つの指輪が誕生するって素敵でロマンチックです!

お互いの指輪から愛情や絆をダイレクトに感じられます
こんなにも素敵な制作工程は小さい工房で私が1つ1つ
お作りできるからこそ可能な制作工程なんですよ(^-^)

結婚指輪 純プラチナ

結婚指輪のベースが出来ました

結婚指輪のベースとなる2枚の板が出来上がりました!

男性用のリングが6ミリ幅で女性用のリングが3ミリ幅
この状態の板を丸めていくと指定幅のリングになります。

2本のリングの厚みも、ここの段階で調整をしています
男性用のほうがリングの幅が広いのでバランスを考えて
男性用のほうが女性用のリングよりも少しだけ肉厚です。

純プラチナ リング

板をリングの形に丸める

6ミリ幅、3ミリ幅、どちらの板も丸めていく工程です
芯棒という鋼の棒と木製の金槌を使って丸めていきます。

木製の木槌を使うのは板が凹んだり傷がつかないように
木槌を使って叩くのですが作業後半では金槌を使います。

丸め方は、板を芯棒に押し当てて木槌で板を叩きながら
芯棒に板を巻き付けるイメージでリングの形に丸めます。

純プラチナ 指輪

隙間が開かないように丸める

板をリングの形に丸めると合わせ口の繋ぎ目が出ますが
繋ぎ目に隙間が少しでも開くと溶接の時に不具合が出て
しまいますので合わせ口に隙間が開かないようにします。

溶接時の不具合とは、繋ぎ目自体が溶接できなかったり
繋ぎ目が食い込んで溶けたりヒビワレが発生したりします。

指輪 純プラチナ

ファイヤアアアアー!!

純プラチナリングの溶接で、共付けという溶接作業です

一般的にはジュエリーの溶接といえばロウ付けが一般的
ジュエリー本体が溶接の高温で溶けないように本体より
溶けやすい弱いロウ地金を溶かして溶接をしていますが、

共付け(ともづけ)は本体と同じか、ほぼ同じの地金を
ロウ地金として溶かして溶接をするので難易度がMAX
本体もロウ地金も融点がほぼ同じなので難しいという事。

純プラチナ 結婚指輪

頑丈な鍛造リングには
頑丈な共付けがベスト

どうして難易度が高くて技術が難しい共付けをするのか?
その理由は単純で共付けの方がロウ付けより頑丈だから。

純プラチナの融点(溶ける温度)は約1770℃です
当然ですが純プラチナリングも約1770℃で溶けます

そして共付けに使うロウ地金もほぼ同じ融点という事は
共付け溶接の時に純プラチナリングもロウ地金も同時に
溶けるので失敗をすればリングが溶けてしまうんですね。

上の共付け後の画像を見ると分かりますがリングの角が
少し溶けています。ギリギリここまで食い止めたんです
熟練された高い溶接技術があるからこそ究極の溶接です。

リング 純プラチナ

平打ちの角を落としながら甲丸に

共付けが完了したら、次はリングのフォルムを作ります

共付けが終わった時点でフォルムは真っ平な平打ちです
この平打ちの状態から丸い甲丸のフォルムに仕上げます。

芯棒に平打ちリングを通してハンマーで角を叩きます
段階的に角を叩き落としながら少しづつ丸めていきます。

指輪 純プラチナ

甲丸にしながら槌目を打つ
同時にサイズも合わせる

平打ちの角を段階的にハンマーで叩いて落としながら
甲丸の丸さを出していきながら槌目を打っていきます。

槌目(つちめ)は金槌の槌で打つ模様という意味で槌目
金槌の形や重さ、打つ力加減で変わるので唯一無二です。

バランスや配置がとても重要で職人によって変わります
私、池田が打つ槌目は絶妙なバランスで槌目を魅せます
同時に槌目を打ちながらサイズも合わせていく同時作業。

純プラチナ 指輪

女性用、男性用共に幅を合わせる

女性用が3ミリ幅で、男性用が6ミリ幅の結婚指輪です

どちらの指輪も叩きまくったので幅が広がったり歪んで
いますのでヤスリで指輪の側面を削って整えていきます。

ここで注意するポイントが必ず両側面を同じだけ削る事
片側の側面だけを削り過ぎると甲丸の角度が変わるので
甲丸のバランスを保つには両側面を同じだけ削る事です。

指輪 純プラチナ

結婚指輪の着け心地の良さは重要!

結婚指輪はずっと長く身に着ける特別な指輪になります
毎日着ける方も多い指輪なので着け心地が重要ですよね!

まずは指輪の表面、表側の着け心地を良くしていきます
指輪の角をヤスリで削り落として当たりを優しくします。

平打ちリングのように角が際立っているものに関しては
角を強めに落とさないとですが、フォルムが丸い甲丸や
平甲丸については元々が丸いので角落としも少なめです。

純プラチナ リング

指輪の内側を内甲丸に仕上げる

結婚指輪の内側を内甲丸(うちこうまる)に仕上げます

内甲丸とは甲丸のような丸みが内側にあるという意味で
指輪の内側の角を段階的に削って丸く仕上げていきます。

指に1番合う丸さが楕円形なので実際に私が触りながら
指で触れながら1番良い感じの滑らかさに合わせてます。

純プラチナ 指輪

内甲丸は最高の着け心地
更にメリットもあります!

指と指輪が優しく触れ合うことで指を曲げてもキツサや
痛みなども一切なく最高の着け心地の良さを味わえます。

着け心地が良いというのが1番のメリットになりますが
更に水はけも良くなりますので衛生的になるのもグッド
水分で指が白くふやけるという事もほとんどありません。

内甲丸も純プラチナも肌に優しいというのが素晴らしい!

純プラチナ ペアリング

結婚指輪にハートを彫る準備

純プラチナ鍛造の結婚指輪も完成に近づいてきました!
最後に入れるデザインは結婚指輪にハートを入れる工程。

男性用と女性用でリングの幅が2倍も違うのでハートの
バランスが崩れないように2本合わせて下書きをします。

1本1本の指輪にハートの片割れを彫っていくのですが
2本合わせてハートを書けばバランスは安心できますね。

純プラチナ 指輪

先端工具でハートを彫る

リングにハートの下書きをしたらハートの彫金をします
先端に刃が付いている先端工具を使って彫っていきます。

先端工具の種類は沢山ありますのでハートの深さや形や、
ハートの輪郭などに合わせて先端工具を選んで使います。

リュータ機という機材の先端にセットをして高速回転で
先端工具を回しながら純プラチナを削って彫り上げます。

ペアリング 純プラチナ

綺麗なハートが出来上がり

結婚指輪を合わせると綺麗なハートが出来上がりました
ハートの大きさ、輪郭、リング幅が違っていても大丈夫。

今回の場合はハートを同じサイズでデザインしましたが
お客様のお好みでハートの大きさを変えてアンバランス
なハートをデザインするのもお洒落でGOODですよ(^-^)

純プラチナ ペアリング

サンドペーパーで傷消し

ヤスリで削った面を全てサンドペーパーで傷消し仕上げ
彫金をした面全てということで側面と内面を仕上げます。

耐水性のサンドペーパーを使って水を含ませながら面を
擦ると研磨砂と水が混ざって傷の奥まで浸透していって
傷の大きさ傷の形に関係なく綺麗に消えやすくなります。

ここで注意をする点は、表面の槌目にサンドペーパーが
触れると槌目模様の凹凸が摩耗をして消えてしまうので
表面の槌目には絶対に触れないように仕上げていきます。

純プラチナ 指輪

シリコンポイントで更に研磨

耐水性のサンドペーパーでヤスリで削った彫金跡の傷を
綺麗に消したら次はシリコンポイントで更に仕上げます。

シリコンポイントは先端工具でリュータ機にセットして
高速回転で回してサンドペーパーの跡の小傷を消します。

シリコンポイントは大きく分けると2種類あるのですが
1つめは研磨をする研磨専用の硬いシリコンポイントで
2つめは磨き専用の柔らかいシリコンポイントの2種類。

上の画像のブラウンのシリコンポイントは研磨用です
下の画像のブルーのシリコンポイントは磨き用です。

純プラチナ リング

純プラチナに光沢を出す

研磨用のシリコンポイントで細かい小傷を消したら次は
磨き用のシリコンポイントで純プラチナを磨き上げます。

プラチナといえば鏡のような鏡面をイメージをしますが
鏡面になる前の工程で、まずは光沢に仕上げていきます。

純プラチナ リング

指輪の内側を鏡面仕上げ

純プラチナを光沢に仕上げたら次は鏡面に仕上げます
ヘラ掛け(へらがけ)バフ掛け(ばふがけ)をします。

まずはヘラ掛け、ヘラ棒という工具を使って磨きます
純プラチナの面にヘラ棒を押し当てて面を潰すように
面を詰めて(締めて)いきながら鏡面を生み出します。

簡単そうに見えるかもしれませんが実は凄く難しい!
ヘラ掛けを失敗すると深い傷だらけになるんです(汗)
ヘラ掛けは熟練された技術が高い職人の技になります。

リング 純プラチナ

バフ掛けで鏡面が完成

ヘラ掛けで鏡面に仕上げたら最後にバフ掛けで鏡面を
徹底的に磨いて鏡のように反射度を高めて完成です!
バフとは簡単に説明をすると専用の研磨布のことです。

今はバレルなどで機械でも鏡面にする事ができますが
昔はヘラ掛けが出来ないと鏡面には出来ませんでした。

その全ての鍛造の技術は先代の父から継承しています
私は父から継承をした鏡面仕上げにこだわっています!

指輪 純プラチナ

純プラチナ つや消し

先程の純プラチナの鏡面仕上げとは真逆の艶消しです

純プラチナの光沢は美しいですが、つや消しも美しい!
つや消しの種類にもよりますが真っ白で凄く綺麗です。

つや消しの目が細かくなればなるほど白く澄むんです
雪のような真っ白な純プラチナも落ち着いて綺麗です。

リング 純プラチナ

つや消しでも槌目は優しく光ます

つや消しでも槌目模様がキラキラと光るんですよ~
流石に光沢仕上げほどピッカピカには光りませんが、

画像のように光が当たっている槌目の面は光ります
光沢の強い反射ではなくて艶消しの優しい反射です。

ペアリング 純プラチナ

純プラチナ 鍛造の結婚指輪が完成!

結婚指輪は長く身に着ける指輪になるので日常使いでも
「安心して着けていたい」というのが1番の願いですね。

日本伝統技法の鍛造で作り上げた結婚指輪はその願いが
見事に叶っている指輪だと作り手として自信があります
結婚指輪の強度、結婚指輪の着け心地の良さ、完璧です。

特に純プラチナはプラチナ純度がMAXになりますので
とても柔らかいので指輪として心配だと思いますが鍛造
で作れば市販の既製品よりも数倍も頑丈になるので安心!

画像だけではなく動く動画でも自慢の鍛造の結婚指輪を
がっつり見て頂きたいのでスマホで動画を撮影しました
画像では分からない指輪の魅力を動画でご覧下さい(^-^)

 

【純プラチナ 鍛造の結婚指輪の詳細】

○製造方法 鍛造(たんぞう)彫金(ちょうきん)
○使用地金 純プラチナ(pt1000)
○指輪の幅 男性用6ミリ 女性用3ミリ
○指輪厚さ 約2ミリ
○デザイン 平甲丸リングに槌目 ハート彫り
○仕上げ方 槌目つや消し(内面は鏡面仕上げ)

私が手作りをする指輪は自慢の日本の伝統技法の1つ
鍛造製法に超こだわって1つ1つ手作りをしています。

強靭でリングが変形しにくくて日常使いでも安心して
身に着ける事ができますし鍛造リングは使い込むほど
生活で付く傷や凹みが味になっていくので魅力的です。

槌目模様は使い込むほど味わいや雰囲気が出てきます
槌目模様のクオリティ&ポテンシャルを感じて下さい。

純プラチナ ペアリング

静岡県A様のご依頼で結婚指輪を制作

当店は新潟県長岡市に店があるのですが全国各地のお客様
から鍛造リングのご依頼を頂いており今回は静岡県A様の
ご依頼で純プラチナ鍛造の結婚指輪のご依頼を頂きました。

直接ご来店を頂かなくてもメール等で打ち合わせをさせて
頂ければ全国どちらからでもご依頼を受け付けております。

打ち合わせと言っても指輪のデザインがある程度決まって
いれば指輪のサイズくらいなので簡単な打ち合わせでOK。

指輪のサイズが分からなくても指のサイズが計れるリング
ゲージを発送しておりますので全国どこでも対応できます。

純プラチナ 結婚指輪

静岡県A様 ありがとうございました!

ご依頼をいただいた静岡県のA様はジュエリーコウキの
ブログで私が手作りをした鍛造の結婚指輪を見て下さり
一目ぼれをして下さってご注文を頂いたんですね(^-^)

作り手として自分の作った指輪に一目ぼれをして下さる
というのは宝飾職人として本当に幸せな事なんです(涙)

静岡県A様から頂いたお手紙をご紹介させて頂きまして
今回の制作記事は終わりです。ありがとうございました!

===========お客様の声============

池田様 こんばんは!
本日しっかりと指輪を受け取らせていただきました!!
本当にありがとうございました!!

池田様とご縁があり出会えた事に本当に感謝しております。
池田様の優しさに触れ、職人技を見せていただき、

こんなに素敵な指輪を
私達のために作っていただけた事に感謝です。

本当に本当にどうもありがとうございました。
つけ心地も最高!

お願いしてから受け取らせて
いただくまでの時間が全て最高でした。

嬉しい、という言葉ではこの気持ちを伝えきれません。
本当にありがとうございました。

今後も、夫とこの指輪をつけている幸せを
感じながら過ごしていきたいと思います。

そして、次は是非形見の指輪のリメイクを
お願いしよう…と決めています(笑)
その際はまたどうぞ宜しくお願い致します!

私達の指輪をこんなに早く作っていただき
本当にありがとうございました!!

こんなに早くつけられると
思っていなかったので感動です!

本当にありがとうございました!!
今後の益々のご活躍を心より応援しております!!!

=============================

お仕事のお問い合わせやご依頼は→コチラ

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

ネット販売→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

メールやお電話でもご対応しております
○電話番号 0258-27-1771 10時~16時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=============================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
1パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA