ステンレスのマリッジリングは危険?特徴やメリット&デメリット

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


埼玉県E様、女性の方から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングの素材はステンレス。

当店ではステンレスの製品は取り扱っていないのですが
最近、ステンレス製品のリングを見ることが増えました。

ステンレスのリングが増えてきた理由は金属アレルギー
の方でも着けられるというのが1番の理由なんですよね。

インターネットで検索をするとデザインも沢山あります
ただ何故、当店はステンレス製品を扱っていないのか?

それはメリットもありますがデメリットもあるからです
分からない人が後悔しないようにその訳を記事の最後に
書きたいと思いますので記事を最後までご覧下さいませ。

理由が分かったうえで、ステンレスのマリッジリングを
選ばれるならば全く問題がないですので良いと思います。

今回の記事では、ステンレスのマリッジリングを7年間
着けてみた実体験の感想もありますので有難い情報です。

それでは埼玉県E様のエピソードをご覧ください(^-^)

=================================

 

題名

【ステンレスのマリッジリングの体験談】

 

投稿者 埼玉県 E様 女性

 

マリッジリングを選んだ時のエピソードですが、
結婚前から私の方に「結婚指輪にはダイヤが
付いていてほしい」というこだわりがありました。

その理由はもともと肌が弱く、ネックレスや
ブレスレットを付ける習慣がなかったため、

肌身離さずつけておく結婚指輪には何かしらの
アクセサリー要素を入れたいと思っていたからです。

結婚当初、少しでも相手のためにお洒落で居たい
綺麗で居たいと思っていた気持ちからでした。

また、こちらは後々、
「よかったな」と思ったことなんですが、

赤ちゃんが産まれお世話をするようになると、
赤ちゃんに引っ張られてしまったり、

肌を傷つけないためにアクセサリーは
基本つけない生活になります。

自分の身なりに
構っていられない場面も多々出てきます。

そんな時に、ふと自分の指に目をやると、
キラキラしたダイヤがあるのでママになっても
女性としての気持ちがあがり幸せになりました。

 

【ステンレスのマリッジリング】

次にマリッジリングの素材選びですが、
定番のプラチナ・ゴールドではなく
「ステンレス」を選びました。

なかなか馴染みのない素材ではあると思いますが
近年一般的になってきているおすすめ素材です。

ステンレスの特徴はアレルギーの
元となる金属イオンが出にくいため、
金属アレルギーの方でもつけやすいという点です。

マリッジリング ステンレス

【ステンレスの指輪は傷が付きにくい】

また傷や熱に強いのでメンテナンスを
こまめにしなくて良いという点が魅力的でした。

日々の生活が忙しいとなかなか自分で指輪を
磨いたりする時間をゆっくりとることが出来ません。

ですが傷に強いという特徴があるので
家事をしててたまにガンとぶつけてしまっても
目立つ傷になったことはありません。

また結婚指輪のように高価な買い物をすると
必ず購入した指輪屋さんで気軽にクリーニングや
メンテナンスをお願いすることが出来ます。

私は年に一度、お店に持っていき
メンテナンスをお願いしています。
結婚記念日付近にその日を設定しておくと忘れなくて良いです。

 

【ステンレスのマリッジリングは安い】

またプラチナ・ゴールドに比べると
多少ですが安価であることも決め手でした。

私の方に結婚指輪にはダイヤを
入れてほしいという希望があり、

やはりダイヤが入っているものと入っていない物では
値段に差があったので素材の方をステンレスに
する事で予算にもちょうど良いと感じました。

 

【ステンレスのマリッジリング デメリット】

私にはメリットのほうが大きかったので
迷わずステンレスを選択しましたが、

もしデメリットをあげるとしたら
次のような点になるかなと思います。

まず1つめは気持ちの上だけの事なんですけど
プラチナやゴールドをつけているよりも

「ずしんと重い結婚指輪をつけている、買ったんだ」
感が感じられにくいと思う方がいるかもしれません。

「お値段をかけてこそ、
また定番を買うこと=価値がある」
という考え方の方は少し物足りないかもしれません。

2つめは強い素材であるがゆえにゴールド等の
柔らかい素材に比べて指馴染みに慣れるまで
固さや分厚さに若干違和感を感じらる場合があります。

やはり初めてステンレスのリングをつけた時から、
指に吸い付くようなぴったりとした
感覚があるのはプラチナやゴールドの方です。

ただ毎日つけていると
しばらくしたら全く気にならなくなりました。

 

【ステンレスのマリッジリングの価格】

気になるステンレスのマリッジリング価格と
ステンレスのマリッジリングのサイズ選びですが、

夫の指輪は11万円、私の指輪は15万円です。

こちら自分達に手が届く価格だったので
そうしましたが後々調べると、

結婚指輪の予算の平均が
夫婦二本で22~26万円だったのでやはり
そのあたりを選ぶ方が多いんだなと思いました。

デザインは同じで私の方にはダイヤが
入ってるためそれが4万円の差になっています。

ちなみにダイヤ自体のランクには
こだわりはなかったのでそこまで高い物ではなく、

16粒ついているラインタイプのものですが、
一つ一つがしっかりと4つの爪で止まっている為、
ぶつけたりしても外れたりしたことは一度もありません。

一粒タイプのダイヤよりラインの方が
指が細く綺麗に見える効果がある。
とスタッフの方に教えてもらいました。

 

【ステンレスのマリッジリングのサイズ選び】

サイズはその場で計測してもらったんですが、
私は9号で一般的なサイズでした。

しかし夫は11号という男性にしてはとても細いサイズ
でしたので取り寄せるのに時間がかかりました。

逆に友人の夫はサイズが大きすぎて特注扱いになり、
同様に手元に届くまで時間がかかりました。

女性は普段おしゃれでアクセサリーを
付けることがあるので何となくでも自分の
指輪のサイズを知っている事が多いですが、

男性で自分の薬指が何号か。というのを
把握してる方の方が少ないと思いますので、

もし前撮りなどがあり指輪を急ぎで作りたい、
結納の際に交換するので日程が決まっている。

などの場合は間に合わないといけないので
指輪を見に行って注文する際は早めに行かれた方が
いいかなという経験からのアドバイスです。

 

【ステンレスのマリッジリングの刻印】

ステンレスのマリッジリングの刻印ですが、
定番のお互いの名前や結婚記念日、好きな数字から
メッセージまで基本的に何でも入れられます。

どんな文字を入れようかなと
二人で話す時間はとても幸せですね。

私と夫は○○to○○(○○はお互いの名前)の後に、
一粒誕生石を入れることにしました。

インサイドストーン・シークレットストーン
という名前で呼ばれることが多く、
お互いの誕生石をいれることが定番となっています。

私は1月生まれですので
「ガーネット」という赤色の石でしたが、
4月生まれの夫は「ダイヤモンド」でした。

どうしようかな…と二人で沢山悩みました。
私の指輪の表側にダイヤがついていることと、

宝石の定番ですので何となく違うものがいいな、
個性を出したいなと思い考えた結果、

結婚記念日である5月の「エメラルド」を
二人の指輪に入れることにしました。

私たちの家族が出来た日、家族の誕生日という
イメージで二人同じ宝石を入れることによって
特別感が出て嬉しかった記憶があります。

指輪の裏側に入っている一粒の宝石は、
他人はおろか本人達さえ一年に一度
見るか見ないかというレベルです。

なので完全に自己満足ではありますが、
見るたびに初心を思い出せるようで

何度も新婚の時のキラキラした気持ちを
思い出せる良い機会になっています。

 

【ステンレスのマリッジリングの感覚】

前述したようにステンレスのマリッジリングを
実際につけてみると最初は何となく違和感がありました。

具体的には、固めなので
「まるでつけていないような感覚」

という謳い文句の指輪とは違い
「しっかりつけている感覚」がありました。

分厚さや高さもステンレスは
ゴールドに比べるとあるので、

普段指輪をされない方は
邪魔だなとまではいきませんが、
慣れるまで気になるかなと思います。

ただ私の場合ですが、数週間もすれば
自分の体の一部になり全く気にならなくなりました。

結婚して7年が経ちますが、
ほとんどメンテナンスらしい
メンテナンスをしてないにも関わらず、

すごく綺麗な状態を保っており、
ダイヤもキラキラと輝いているので、

見るたびに本当にこのステンレスの
マリッジリングにして良かったなと思います。

とはいえたまに購入店に持っていき
ステンレスの指輪のクリーニングをお願いすると、

信じられないぐらいピカピカになって返ってくるので、
やはり綺麗に見えても定期的なクリーニングを
することで、自分の気持ちがあがりますね。

 

これからマリッジリングを購入される方へ。

まだマリッジリングを購入段階では、
よっぽどこだわりを持ってこの指輪がいい、

お店もばっちり決まっている。
という人の方が少ないと思います。

マリッジリングと一口に言っても、
デザイン、価格、素材、ブランド、

アフターサービスの充実度など
選ぶべき点は色々ありますよね。

 

【ステンレスの指輪はサイズが重要】

よくあるのがステンレスのマリッジリングの
サイズが変わったときにすぐに対応してくれるのか、
ということを私は確認しました。

出産を期に指輪のサイズが変わってしまい、
なかなか戻すことも出来ず、指輪サイズを
変更しようかなと現在考え中なんですが、

私が購入したお店ですと5000円で
納期も早めに対応してくれるとのことでした。

わりと気軽に頼みやすいなという印象でした。
基本的な研磨やクリーニングも無料で行ってくれます。

まだダイヤが取れたりぐらついたり
という事は起こっていませんが、
そういった場合でも迅速に対応してくれるそうです。

 

マリッジリングは人生のなかでも
大切な瞬間の高価な買い物です。

「特にこだわりはないよ、つけられたら何でもいいよ」
と最初は思っていても、色んなお店を回っていくうちに

「こんな変わったデザインもあるんだ!」
「もう少し予算を増やそうかな」など
どんどんこだわりが出てくるものです。

また自分はこのデザインがぴったりで
このステンレスのマリッジリングが欲しい!

という気持ちになっても同デザインの男性版が
どう考えても夫に似合わないという事もありました。

夫は指輪のサイズも11号という女性サイズでしたが、
指の形も男性特有のゴツゴツ節があるような感じではなく、

手だけ見ると女性のような
ほっそりとした節のない指でしたので、
なかなかぴったり合うデザインが見つからず苦労しました。

ただ「ああでもない、こうでもない」と二人で
相談しあいながらマリッジリングを選ぶ時間
というのは非常に尊く、幸せな瞬間です。

これから指輪を購入される方に一生ものの
素敵なマリッジリングとの出会いがありますように。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

ステンレスのマリッジリングを実際に7年間着けている
方の体験談は本当にありがたくて凄く有益な情報でした!

ステンレスはプラチナやゴールドと全く違うものなので
リングを着けてみるとステンレスは硬さが分かるという
着け心地の感覚は着けた方しか分からない情報ですよね。

ステンレスは硬いのでプラチナやゴールドと比べてみて
傷や凹みが付きにくいですし変形や歪みにも強いんです。

ステンレスは頑丈ですし安いですし金属アレルギー対応
というのがステンレスのマリッジリングのメリットです。

そして記事の投稿者様に教えて頂きましたがデメリット
もありますのでプロの目線でデメリットをお伝えします。

まずステンレスという素材は基本的に今までジュエリー
などの貴金属にはほとんど使われたことがない素材です。

分野が違うというかジュエリーではなくて工業製品類の
イメージが強い素材が壊れにくい頑丈なのがステンレス。

ですので、一般的なジュエリーショップや宝石店などは
ステンレスのリングのメンテナンスが出来ないんですね
ステンレスを専門分野とした店しか対応ができません(汗)

無理に当店の工房でステンレスのメンテナンスをしよう
とすると、工具が壊れてしまったり等の不具合が出ます
ですので当店ではスレンレス製品は受け付けていません。

そしてもう1つステンレスのリングは安いものが多いの
は事実ですが実は高額になるものもありますので一概に
ステンレスは安いと決めつけるのも注意が必要なんです。

地金価値で言えばプラチナやゴールドが圧倒的に上です
資産価値もありますので仮に同じような価格帯でしたら
私でしたらプラチナやゴールドを絶対にお勧め致します。

金属アレルギーだからスレンレスを選びますという理由
が1番のポイントでしたらゴールドでも純金、プラチナ
でしたら純プラチナならば金属アレルギー対応なんです。

イメージ的に金属アレルギーの方はプラチナやゴールド
が身に着けられないと思いがちですが純粋な純プラチナ
や純金でしたら不純物が含まれないので大丈夫なんです!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA