結婚指輪はペアじゃないけど後悔してない!あえて揃えないのも有り

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、北海道Y様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方は、結婚指輪のデザインや
素材が男女で違っていてお揃いじゃないそうです(^-^)

一昔前は結婚指輪はペアなのでデザインも素材もペア
というのが普通でしたが(今もペアが断然多いですね)
今は素材とデザインを二人別々の方も増えてきました。

お互いにこだわりや好みがあると思いますので個々で
素材やデザインを決めてお揃いにしないのも有りだと
思いますので今回の方はどうだったのかの体験談です。

それでは北海道Y様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪は男女で違う!お揃いにしなかった理由】

 

投稿者 北海道Y様

 

わたしたちの結婚指輪は、
結婚が決まる前から決まっていました。

よく「夫婦は似てくる」
なんていう話を聞きますよね。

年月を重ねていくと趣味や好きなもの、
好きな食べ物なんかも少しずつ似てきちゃうみたいです。

わたしたちは出会って付き合ってすぐの頃は、
お互いのファッションの趣味は、
正直なところそんなに合っていなかったと思います。

でも同じ時間を過ごす中で、「これ可愛い!」
「うん。わかる。」と共感することが増えていきました。

一緒にウィンドーショッピングをしていたある日、
たまたま見かけたリミテッドショップ。
ここに後々、結婚指輪でお世話になることになります。

 

【唯一無二の結婚指輪】

そのお店は「唯一無二」のものを手作りで作っていて、
デザイナーさんのこだわりとお客様のこだわりを

いっぱい詰め込んだ、
そんな指輪をつくることができるお店でした。

「こだわり」これが、
このお店に決めるポイントになりました。

どんな結婚指輪にしようかと考えた時に、
一致した意見が「わたしたちらしさを表現すること」でした。

一緒に過ごしてきて少しずつ似てきた「同じ」ところ。
一緒に過ごしてきても、
それぞれらしさを尊重できる「違う」ところ。

このふたつ、
これが私たちにとってとても大切でした。

そこにこだわりを持って、
デザイナーさんとの打ち合わせを重ねました。

実はこのお店、デザイナーさんが
実際に指輪を作る作り手さんでもあります。

打ち合わせのなかで何気なく出た、
言葉やニュアンスなんかをきっちり取り入れてくれるところが、
安心してわたしたちの結婚指輪をおまかせできるところでした。

 

【階段をイメージした結婚指輪】

そして出来上がった指輪の名前は「階段」です。

人生をよく道に例えたりしますよね。
それと同じ、階段も結婚人生とにているところがあります。

時には同じ段差で一緒に一歩を。
時にはどちらかが一段上から相手を導き、

そして時には一段下がって、
もう一度登り直すこともできる。
夫婦の人生に重ねられるところがたくさんあります。

そんな意味を込めて、階段のような
段差をデザインに盛り込んでいただきました。

デザイン画を見せていただいて、
一目で「これだ!」とそろって気に入りました。
これがわたしたちの「同じ」ところです。

 

【結婚指輪は男女で違うデザイン】

「違う」ところは、色と素材です。
正直なところ、色と素材が違うと、

全く違うものに見えてしまって、
お揃いの結婚指輪感ゼロです!!!

出来上がってから気がつきました。
結婚指輪感がないと。(笑)

でもこれがわたしたち夫婦にとって、
本当に気に入ったポイントでした。

一番気に入っているポイントだと
言っても過言ではありません。

なぜかというと、とても似合っているからです。
わたしが好きなファッションはベージュ系ナチュラル。
夫が好きなのはグレー黒系。

そのそれぞれらしさがしっかり表現されていて、
お互いの出来上がった指輪をみて「すごく似合ってる!」
と褒め合えるものになりました。

結婚指輪 段差 階段

【お揃いではない結婚指輪】

見た目は確かにお揃い感がないのですが、
わたしたちにとってそれはそれほど重要ではなく

「お互いが輝いてみえるそれぞれの指輪で、
これから一緒に生きていく覚悟。
これに込められた意味」が何より重要で、

これからもずっと大切にしていくであろう
ポイントなんだと改めて強く思いました。

指輪というものは、結婚というものに
密接につながっている言葉だと言えます。

 

「結婚=指輪」とイメージする人も少なくないと思います。

だからこそ、これから生きていく夫婦としての
人生の中でお互いが一番重要だと思う事柄を、

普段身につけて目につくことが多くなるであろう
大切な結婚指輪に盛り込むことで、

いつでも結婚した当初の初心に戻って、
考え直すことができるもの。

気に入って購入した結婚指輪に、そんな力があると、
ここを支えてくれるような、そんな気持ちになりますよね。

夫婦になり楽しいことばかりではないけれど、
結婚7年目を迎えた今もわたしたちは
結婚指輪に支えられていると胸を張って言えます!

 

【プロポーズのエピソード】

はっきり言います。
プロポーズはありませんでした!

わたしたちは高校の同級生です。
初めて出会ったのは高校一年生の時、
入学式の日の教室でした。

お互いの第一印象は、最悪でした。(笑)
わたしは夫を「史上最強の無愛想」と思っていましたし、

夫はわたしのことを
「ただただ騒がしい人」と思っていたようです。

そんななか高校生活はじめてのイベント、
学校祭の準備が始まり、まだぎこちない仲の
クラスメイト同志の距離がグッと近づき始めます。

わたしたちもその波に乗るように、
話す機会が少しずつ増えてきました。

…っといっても、夫は本当に無口で無愛想な人だったので
話しかけても「うん」「いや」くらいしか言いません。
どんな声だったかなんて、全く思い出せないくらいです。

ある日何気なく窓から外の景色を眺めていたとき、
隣の窓からひょこっと顔を出してきて、
ぼーっと外を眺め出したのが夫でした。

なんだかひとりの時間を
邪魔されたような感じもしましたが、
話しかけると意外と話が盛り上がり、

驚きと楽しさが入り混じったような
感覚だったのを覚えています。

しかし、お互いの好きなものを話していても、
全く共通点がありませんでした。
でもひとつだけ、2人とも好きなものが「花火」でした。

ちょうど次の週末に近くの川で
花火大会が行われるということもあり、
一緒にいく約束をして連絡先を交換しました。

それから初デートに花火を見て、
映画へ行ったりスポーツをしに体育館へ行ったり、

まだ付き合っていないのに
2人でいろんなところへ行きました。

 

ふたりで会いはじめてから1年半後、
高校2年の秋に、
ようやく正式に付き合うことになりました。

友達の延長のような感覚で、
付き合いが始まりました。

高校を卒業してそれぞれやりたいことを
するために専門学校に進み、就職し、

わたしたちはいつでもお互いの一番の理解者で、
お互いを応援しているそんな仲になっていきました。

社会人一年目は、100キロほどの遠距離恋愛で
なかなか会うことが出来なくなって、
結婚を意識するようになっていきました。

わたしが結婚式、披露宴の
スタッフとして働いていたこともあり、

日常の中に「結婚」
という言葉があったからかもしれません。

社会人4年目のある日、
なにげなく仕事中に六輝カレンダーを見ていた時、

次の記念日が大安だということがわかり、
それを夫に話すと、

「すごい!結婚、今年する?」と言われ、
「そうだね、今年だね」となりました。
ということでプロポーズはされていません。

でも、本当にわたしたちらしい
「結婚に向けてのスタートを切った日」になりました。

何気ないこの日のことを、
おそらくわたしは一生忘れないと思います。

 

【プロポーズ後のエピソード】

高校の時の同級生で高校生時代から
ずっと付き合っていたこともあり、

結婚が決まった当初も、すでに
お互い相手の両親とは一緒に食事をする中でした。

ですが、結婚へ向けてスタートを切った時、
プロポーズは無かったものの、

その他両家が末長く付き合っていけるように、
結婚の挨拶や、顔合わせ、結婚式や披露宴などは
しっかりやっていこうということになりました。

それを話した時、
両家の両親はとてもよろこんでくれました。

わたしたちの仲を知っていた両家の両親は、
「プロポーズはなかった」という話を聞いて

「このまま結婚に関する行事は省略してしまうのか」
と少し寂しい気持ちだったそうです。

夫の両親へ挨拶へ行った時は、
最初からお義母さんは泣いていました。
ありがとうと何度もいってくださいました。

家族が増えるということはすごく嬉しいことだけれど、
やっぱり不安の方が大きいものですよね。

今まで「息子の彼女」としては、
それなりにうまくやってきていたけれど、
果たして「嫁」としてはうまくやっていけるかと不安でした。

でも泣きながらわたしにありがとうと
言ってくれるお義母さんの言葉を聞いて、
とても安心したのを覚えています。

 

それからわたしが結婚式の仕事をしていたため、
自分の職場で披露宴をあげることになります。

まだ結婚が決まる前、夫が好きな建築家が建てた
チャペルを見にドライブにでかけたことがありました。

夫はそこで結婚式をしたいという夢があったそうで、
わたしたちは結婚式はそのチャペルであげて、
披露宴はわたしの職場の施設を使うことにしました。

わたしの仕事の都合上、
そのチャペルを半分あきらめていた夫は、

すごく喜んでくれてとても積極的に色々調べてくれたり、
何度も足を運んでくれました。

家族だけでアットホームな結婚式を挙げることができ、
おばあちゃんや近しい親戚の方も
みんなとても楽しんでくれました。

披露宴では、予想よりも100人以上多くの方に出席いただいて、
みなさんのおかげでおいしい料理と
楽しい時間を共有することができました。

新婚旅行は、「食べたいものを食べる」
というテーマで大阪や福岡、沖縄など、
1週間たくさん美味しいものを食べ歩きました。

正直海外旅行もあこがれましたが、
この旅行が本当に楽しくて、

わたしが仕事をやめて家庭に入るタイミングで、
PART.2と題して、
第二弾の旅行にも連れて行ってもらいました。

わたしたちらしい結婚生活のスタートを切れたこと、
支えていただいてるみんなのおかげだと
感謝してもしきれない気持ちを今でも忘れていません。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

今回は当店のエピソードでは無いのですが当店の場合は
素材がプラチナとゴールドで男女2本別々でデザインが
同じというパターンも今までに比べて増えてきました。

例えば、男性用の結婚指輪をゴールドで作って女性用の
結婚指輪をプラチナで作るというパターンのことです。

流石に結婚指輪の素材がお揃いではなくて違っていても
デザインは全く同じということが断然に多いですね(^-^)

今回、体験談をご投稿して頂いた方は指輪の素材も別々、
指輪のデザインも別々という完全に2本が違うパターン
当店の場合はこのパターンは今の所はほとんど無いです。

結婚指輪なので素材が違っていてもデザインはお揃いに
する方が圧倒的に多いですが、今後は素材もデザインも
お揃いではなくて別々のご依頼も増えてくるかもですね。

ちなみに当店の場合、ゴールドは18金を使うのが普通
ですが18金ではなくて24金の純金で作ることも可能!
それに合わせて純プラチナで作ることも可能です(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA