ピンクゴールドの結婚指輪は錆びる?デメリットを知って後悔しない!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、福岡県T様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方はピンクゴールドの結婚指輪を選びました
元々ゴールド系が大好きでその中でもピンクゴールド
の色合いが気に入ってピンクゴールドにしたそうです。

男性用の結婚指輪の素材といえばプラチナが多いので
珍しいピンクゴールドを彼にして欲しかったそうです。

そこで注意をしたいポイントがピンクゴールドの特徴
です!販売をしているお店では販売をしているだけで
ピンクゴールドのデメリットを教えてくれないんです。

というのも他店で購入をしたピンクゴールドの指輪や
結婚指輪の修理や相談が当店によく来るんですよね(汗)

基本的に当店ではピンクゴールドは扱っておりません
理由は不具合が多くてお客様に迷惑をかけない為です。

そこで指輪を作っている宝飾職人の私がデメリットや
ピンクゴールドの特徴を記事の最後にお伝え致します。

ピンクゴールドは色合いだけで選ぶと後悔することも
ありますので後悔しないようにしっかりとデメリット
を知ってから購入するかどうかを考えて欲しいですね。

それでは福岡県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【ピンクゴールドの結婚指輪を選んだ理由】

 

投稿者 福岡県T様

 

私は結婚指輪を購入するにあたって、
ひとつの店舗でしか試着しませんでした。

というもの、最初から指輪はこのブランド
(某有名ブランドC)で買おうと決めていたからです。

家の近くにはなかったので、
彼と少し遠出をして買い求めに行きました。

元々所持しているアクセサリーは
ゴールド系の方が圧倒的に多いので、

プラチナよりゴールドか
ピンクゴールドにしようと思っておりました。

いくつか試着し、ゴールドよりも
ピンクゴールの方が肌なじみが良いと感じ、
色味はピンクゴールドに決めました。

結婚指輪 ピンクゴールド

【ピンクゴールドの指輪に決めた理由】

そしてこの色味に決めた理由はもう一つありました。

女性は勿論ですが、男性もプラチナの結婚指輪を
している人の方が街でもよく見かけますよね。

私は独身時代からついつい男性の結婚指輪の
有無を確認してしまう癖がありましたので、
この統計は割と信ぴょう性があります。

ですので、彼にもピンクゴールドをつけて貰う事で、
他の人とはちょっと違う特別感が出せると思ったからです。

彼は最初から指輪の色味について特に希望はなく、
私の希望に沿ってくれました

 

【結婚指輪 ダイヤの有無】

そして次に迷ったのは、
ダイヤモンドが入っている物にするのかという事です。

ダイヤモンドが入れば
当然お値段もその分高くなります。

しかし私は値段というよりも、日常的につける
指輪としてどちらの方が良いのかを考えました。

実は婚約指輪として同じブランドの
ダイヤの指輪を貰っていたので、

結婚指輪はシンプルな方が
良いのかなと予め考えておりました。

婚約指輪はよく
”タンスの肥やし” になると聞きます。

でも私はせっかく頂いたものですので、
外出の時は婚約指輪も重ねてつけたいと思っておりました。

ですのであまりに結婚指輪が
ダイヤモンドでギラギラしていると、

婚約指輪と重ねた時にちょっと
嫌らしい感じがするかなと思ったのです。

その理由から、ダイヤモンドが入っていない
シンプルなデザインを探す事に決めました。

 

【結婚指輪のデザインのポイント】

そして一番最後に迷ったのは
結婚指輪のデザインです。

シンプルなものと言っても、
少し角ばったもの、丸みがあるもの、
カーブしたもの…等々色々な種類がありました。

最終的に決めたのはカーブしているタイプでしたが、
その決め手になったポイントがあるので
いくつかご紹介します。

まず、その日は婚約指輪を持参していたので、
重ね付けした時の感じを確認しました。

私が選んだタイプは、カーブしている部分がちょうど
婚約指輪のダイヤモンドを包み込むように見えて、

つけているだけで、とても美しい
女性らしい手元に見せてくれました。

逆にストレートタイプですと、
結婚指輪と婚約指輪の間にわずかですが、

隙間が出来てしまい、なんだかフィット感を
感じる事が出来ませんでした。

そしてもう一つ。
私が選んだ指輪は2ウェイというか、
カーブしている部分の反対側はストレートになっており、

更にはそこに、憧れのブランド名のロゴが入っていました。
つまり一つの指輪で、二つのデザインを味わえるという事です。

その日の気分によって変えても良いですし、
婚約指輪の有無によってもどちらの
デザインにするかを変えられるなと思いました。

 

【最大のポイントは使いやすさ】

そして最後のおすすめポイントですが、
やはり日常的にとても使いやすいという事です。

仮にダイヤモンドが入っているタイプを選んでいたとしたら、
私の性格的に気になって家事や炊事、
お風呂の時などいちいち外していたと思います。

それも毎日の事になると、
とてもめんどうな事ですよね。

ダイヤモンドが入っていない分、
ゴージャスさは欠けるかもしれませんが、

普段から気にせず外す事なく、
家事等が出来ております。

ゴージャスさを出したいのならば、
外出時に婚約指輪と重ねると良いですからね。
以上が私がこの指輪を選んだ理由です。

 

【プロポーズのエピソード】

プロポーズの日は、実は大ゲンカをしておりました。

原因は些細な事です。
彼が私に些細な嘘をついている事が発覚したのです。

男性からしたらこんな事で
と思われるような事かもしれませんが、

女性側からしたら、好きな人に、
それも結婚を考えている人からの嘘は
とてもダメージをくらいました。

私が問い詰めて、彼が白状したような形でした。
スポーツ観戦に行く予定でしたが、
なんだかもう帰ろうか…といった雰囲気。

私自身「本当にこの人と付き合ってて
良いのだろうか。」と疑心暗鬼になっておりました。

しかしほぼ無言のままスポーツ観戦にはいきました。
最初はつまらないなと思っていたのですが、
スポーツの方が盛り上がってきた事もあって、

徐々に会話をするようになりました。
こればっかりは、スポーツのおかげ様だと思っております。

同じ ”応援” という目標を
持っているわけですから、意気投合しますよね。
試合が終わる頃には、普段通りの二人に戻っていました。

しかも普段からお金にはシビアめな彼が、
会場で売っていたアイテムまで買ってくれたのです。
(結構なお値段したはず)

その事から、「これは結構反省しているな」と感じた私は、
とりあえず今日はもう普通に接する事にしようと決めました。

 

車で家まで送って貰っている中、到着まであと少し!
という所で、なぜか彼が車を停めました。

その時女の勘が働きました。
「あ。プロポーズされるかも」と…。

そして私の勘は的中しました。彼の口から
「試合も勝ったことだし!結婚しようか」
というセリフが聞けたのです。

恥ずかしくなってとっさに
「なんだか試合のついでみたいね!」とはぐらかしました。

なんせプロポーズなんてされたのは人生で初めてでしたので、
心臓は実はバクバクしておりました。

ここはきちんとお返事しておかないと…と思い、
「よろしくお願いします」と堅苦しいお返事をしました。

その日はそのまま帰宅し、
家族に「プロポーズされた!!」
と大騒ぎしてしまったのを覚えています。

私も嬉しかったんでしょうね。
喧嘩の後の逆転勝利みたいな感覚だったのだと思います。

車の中で突然…というシチュエーションも微妙なのに、
その時は舞い上がってしまって、頭の中はお花畑でした。

彼の方も普段から口下手な方でしたので、
結構勇気を振り絞ったと思います。

スポーツ観戦で気持ちが高揚し、
その勢いにのったとしか考えられません。

その日は眠れませんでした。
まさか自分が結婚出来るなんて…!
という気持ちていっぱいでした。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズで舞い上がっていた私ですが、
実はこの後彼に、

「プロポーズの返事はもう少し待って」と伝え、
なんとそこから2ヶ月間もお待たせする事になりました。
どうして?!と思われるかもしれませんね。

プロポーズ当日は舞い上がって本当に幸せな気分でした。
しかし一日寝てみて、
「あれ?なんだこの気持ち?」と思ったのです。

私は元々とても優柔不断でした。
お洋服を買うのも歩き回り過ぎて疲れて、
結局買えずじまい…なんて事はしょっちゅうでした。

ですので ”結婚” という
大きな決断を迷ってしまったのです。

更には私の悪い癖で ”蒸し返し” をしてしまいました。
そう、プロポーズ当日の大ゲンカの事です。

彼は私に嘘をついたのです。
その事がまた頭の中に蘇ってきて、イライラしてきました。

些細な事だったとはいえ彼は私に嘘をついた。
根に持つタイプの私は、ずっとモヤモヤが消えず、
結局2ヶ月が経過してしまったというわけです。

その間も普通に彼と会っておりましたが、
結婚の話はお互い暗黙の了解という感じで、
触れる事はありませんでした。

良く考えたら、彼もよく2ヶ月も
何も言わずに待っていてくれたと思います。

私も、「話さなくちゃ…ちゃんと」
と何度も思ったのですが、

結局彼の優しさに甘えている部分があり、
時間だけが経過していきました。

そしてそこからどうやって
お返事をする事に至ったかというと…

実はその後、
また些細な事で喧嘩をしてしまいました。

 

私は結婚の事も考えすぎてとても疲れていたので、
この喧嘩で何かの糸が切れた様な気がしました。

彼に「少し距離を置きたい」とメールで伝え、
そこから一週間音信不通にしました。

付き合ってからそれまで、
毎日何通ものメールをしてきていた二人にとって、
この何も連絡を取らない一週間というのはとても長く感じました。

一週間が経過した頃、彼からメールで連絡がありました。
そのメールにはこのような事が書かれていました。

「正直心が折れそうです。喧嘩を何度しても、
自分には○○しかいない。そう感じた。」

「仕事の時も家にいる時もいつも
○○の事を考えている一週間だった。」

「プロポーズの時についてしまった嘘もあったし、
結婚を迷われて当然だと思う。
1年でも待つ覚悟でいるから返事をください」

このメールを見た時にはっとしました。
私は彼をもてあそんでいたような気持ちになったのです。

私の心はもうとっくに決まっていました。
しかし彼が嘘をついた事がどうしても許せなくて、
少し意地悪をしていただけでした。

翌日彼と会い、
改めてプロポーズのOKの返事をしました。

そして時が経ち、
今では子供にも恵まれて幸せに暮らしております。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

ご投稿を頂いた方は納得をしてピンクゴールドの指輪を
選んで決定したと思いますのでそれはそれで良いんです。

ピンクゴールドは淡いピンク色が可愛いですし綺麗です
メンテナンスを抜きにすれば魅力ある素材だと思います。

決してピンクゴールドの事を悪く言っているのではなく
ピンクゴールドのデメリットを伝えている所が少ないと
感じますので作り手として知って頂きたいと思いました。

販売をすればそれで終わりではなくお客様がずっと安心
をして結婚指輪を着けて頂きたいと思っているからです。

まずピンクゴールドは銅が多く地金に含まれているので
ピンク色が出るのですが、銅が多いということは変色を
します。よく錆びるといいますが錆びではなく酸化です。

これは専門店で磨けば酸化膜が取れて元の色になります
メッキ加工などしてると元の色に戻らない事もあります。

ただ銅が多いので通常のゴールドよりも金属アレルギー
が出やすいと言われています(実際に相談もありました)

また、銅の配分が決まっていないので配分が様々あって
素材の色を一定に出来ないのでサイズ直しを含めた全て
のメンテナンスがとても難しいのがピンクゴールドです。

自分は地金を溶かしたり叩いたり削ったりする宝飾職人
なので地金特徴は知っていますが普通の人は知りません
ですので後悔や失敗がないように伝えたいと思いました。

ちなみに当店はピンクゴールドの指輪は作っていません
以前はピンクゴールドも作っていましたがメンテナンス
が本当に難しいのでご迷惑をかけないように辞めました。

やはりどうしても、ピンクゴールドじゃなければ駄目!
という強い理由が無い限りは普通のイエローゴールド
をお勧めしたいと思います。特に結婚指輪はそうです。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くので
ジュエリーコウキ2代目、私のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA