結婚指輪は普段使い用!お勧めはブランド価値より品質&製法を重視!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、埼玉県E様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方はご夫婦でモノ作りをしているので
結婚指輪を何度もぶつけたり擦ったりするような環境
であっても耐えうる製法と材質が1番のポイントです。

確かに結婚指輪は毎日する指輪ですし仕事や家事でも
普段使いができるならば頑丈な指輪が重要になります。

毎日長く身に付けていれば指輪も変形したり歪んだり
傷がついたり摩耗したりしますので製法も重要ですね。

それでは埼玉県E様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【普段使いができる強い結婚指輪】

 

投稿者 埼玉県E様

 

妻はデザイナー、夫は職人の同業者夫婦です。

結婚指輪を探す際に調べたのは、
傷がつきにくい、傷が目立ちにくい、細い、
品質が確かなもの、20万円以内、プラチナ素材。

この6点を重視しました。

職業柄、夫の仕事では刃物を使ったり、
塗料を使ったり、扱う材料も布や革、

プラスチックや真鍮など多種多様な材料を扱い、
モノを作る仕事です。

何度もぶつけたり擦ったりするような環境で
あっても耐えうるデザインと材質が必要でした。

また、私自身も金属アレルギーがあり18金は大丈夫
だけど10金では体調によっては合わないこともあり、
毎日付ける指輪に金素材はリスクとしてはNG。

婚約指輪を作り入籍までの半年程度
指輪を付けていましたがやはり装飾がある
指輪をずっと付けているのは厳しい思い、
細くシンプルで「薄い」指輪を希望しました。

 

【純度の高いプラチナで作る結婚指輪】

そんな中で見つけたのが
純度が凄く高いプラチナの素材。

デザインは小さいダイヤが入った
シンプルで細いプラチナの結婚指輪
指輪の中央にはミル打ちが入っています。

結婚指輪 細い

この純度を扱える会社は世界にたった5社しかない、
世界で流通する貴金属の品位を保証するために

公認溶解業者を審査する「公認審査会社」の1社に
認定されているという話もまた信頼への1つでした。

結婚指輪のメンテナンスやクリーニングを
この先何十年とお世話になるのにまず指輪を販売、製造
する会社が末永く存続してもらわないとならないからです。

 

【結婚指輪はブランド価値より品質】

そして何より予算以内で収まる金額。

20万以内という金額は誰もが知るような「ブランド」で
購入したいと思っている人には足りない金額だと思います。

夫婦で「ブランド価値」より「品質・生産背景重視」
の価値観が共通したことは救いでした。

なにより結婚指輪の予算を決める上で
夫婦でお金の価値観について話ができたことは、
今思えば結構重要だった気がします。

結婚する上でのイベントで、結婚指輪の購入は結構
最初の段階に必要となる方が多いのではないでしょうか。

 

【結婚指輪の予算】

今後、挙式や披露宴・新婚旅行とイベントが続くのに
予算を決めて動かないと大変なことになりますよね。

一大イベントだからこそ後悔ないようにと
お金を使ってしまいがちですが、

自分たちで毎月稼ぐ金額と、今後もっと大きい
買い物やイベント(住宅購入・妊娠出産)
を希望していることも鑑み早い段階で

自分たちが家族としてどんな「生活」をして
いきたいのかを話すきっかけにするのはおすすめです。

婚約指輪を作らないかわりに
結婚指輪にお金かけるでも良し、
買い替えを鑑み結婚指輪は少し安価にするのも良し。

 

【結婚指輪のサイズ直し】

女性は妊娠、出産で体形が大きく
変わる可能性がありますので、

指輪のサイズ調整が無料で行えるという
サポート面も鑑みるほうが良いと思います。

それでも無限にサイズ調整ができるわけではありません
指輪の金属の性質上サイズ変更も回数制限があります。

あまりにも高額な指輪にして、体形の変化で
サイズ調整しすぎてもう使えなくなった。。。

なんてことがないよう、
自分の体質とかも考えて選ぶことをおすすめします。

私は結婚したことで仕事や居住地に変更があり、
環境の変化で太ってしまいましたが
1週間程度でサイズ変更してくれたのはありがたかったです。

 

【結婚指輪のクリーニング】

私達夫婦は関東の郊外に住んでいますが、
結婚指輪は都内の銀座で購入しました。

年に1度、結婚記念日の月に銀座に赴き、
結婚指輪のクリーニングをしてもらっています。

普段、夫は汚れてもいいような私服、
私は在宅勤務のため着心地の楽な服と
夫婦そろってオシャレとは遠い生活になっています。

ただこの銀座に行くときだけは最低限上品な服で
ちゃんと化粧してお出かけする日にしています。

クリーニング自体は1時間程度で終わるので、
結婚指輪を預けている間にランチしたり
ショッピングしたりとデートの時間にしています。

すでに恋愛から家族へと
関係性が少しずつ変わっている私達ですが、

この結婚指輪クリーニングを年1回の
デートの約束として続けていこうと夫婦で話しています。

 

【プロポーズエピソード】

プロポーズは黒歴史!
夫婦で笑いのネタになってます。

私の誕生日に自宅でプロポーズしてくれました
バラの花束と一緒に。

花束に結婚してくださいと英語でかかれた
メモが貼ってあったのですが私は気づかず。

いつも誕生日には花を希望しているのでいつもの
誕生日プレゼントだと思って気が付きませんでした
今回は豪華なバラだね~なんて言いながら。

しびれを切らした夫がメモ読んでよ!
って言って初めて気が付きましたね。

そのあと一緒にケーキ食べて
お祝いして幸せに過ごしたのですが、
次の日なぜかバラが萎れてしまいました。

 

1日でこんなに萎れることある!?ってよく見ると
花瓶にさしただけで水を入れ忘れていることに気が付きました。

時すでに遅し。すぐ水をいれましたが復活できず、
せっかくプロポーズに貰ったバラを1日に枯らしてしまいました。

帰ってきた夫に平謝り。バラの花束に一緒に飾りで
入っていた緑の葉だけは違う花瓶に入れてあり、

そちらにはちゃんと水があり元気でつやつや
しているのを見て夫婦で爆笑しました。

今でもお花をもらうと
「お水ちゃんといれた?笑」と言われます。

プロポーズのメモには気づかず、
プロポーズの花を1日で枯らす
残念な妻ですがいまでも夫婦仲良くしております。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズを受けて入籍して
最初の1年はひどいものでした。

私が転職したばかりの時期で仕事が忙しく、
仕事での関係性が築けるまで必要だと
毎週のように飲み会に参加したり。

特に環境の変化に弱い私は
ホルモンバランスも崩れていたのかもしれません。

小さなことでもイライラして
夫の何気ない一言に傷ついてずーっと根に持ったり。

夫のほうも新婚なのに毎週出かける妻、
ほとんど自炊できず毎日の夕飯は外食かコンビニ飯。

妻はなぜかいつもイライラしていて
毎日楽しくなかったと思います。

その後、都内に住んでいたところを
夫の勤務地に近い郊外に安い家賃で

お金を貯めようと引っ越しましたが、
これがさらに悪い方向へ。

 

追加の環境変化、通勤時間が10分から
2時間に変わり睡眠時間の減少と悪循環でした。

なんだか、入籍して名字が変わって、
クレジットカードや銀行、
パスポートなど本当に手続きが面倒で、
さらに通勤も遠くなって不公平感が増したんだと思います。

入籍1年で離婚の話がでたほどに拗れましたが、
もう一度夫婦で話し合って一度生活見直すことにしました。

お互いが辛いと思っているところを伝え、
どうしたら辛いことを改善できるか。

あまりに関係がこじれて離婚の話が出るほど
だったので案外冷静に話し合えたのかもしれません。

最初の1年は本当にひどいものでしたが
その後はうまく生活も関係も修復でき、

あのひどい時期があったからこそ
お互いが不満を持った時に
早い段階で話し合いができるようになりました。

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介
こちらからご覧頂けます→先輩カップルの結婚指輪

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

ご投稿を頂いた方の結婚指輪を選ぶ1番最大のポイントは
「ブランド価値」より「品質・生産背景重視」という事で
ブランド名よりも普段使いでも安心して使える指輪でした。

仕事で何度も指輪をぶつけたり擦ったりするような環境で
あっても耐えうるデザインと頑丈な材質が必要という事で
結婚指輪を探して理想の結婚指輪を見つけたそうです(^-^)

確かに結婚指輪を普段使い用にするという事は仕事も含め
家事などの日常生活も含まれるので頑丈さが求められます
そこでお勧めは、当店自慢の鍛造で作られた結婚指輪です!

鍛造とは日本伝統技法の1つで指輪を鍛えて作るんですよ
指輪の素材となるプラチナを繰り返してハンマーで叩いて
火入れをする昔ながらの鍛冶作業で指輪を作っていきます。

作る手間はかかりますが鍛冶作業で鍛錬されたプラチナは
粒子が締まって密度が増すので粘り強く頑丈になるんです。

指輪が変形や歪みにくくなって傷や凹みが付きにくい指輪
それが鍛造で作られた指輪で日常の普段使いに適してます
品質と製法を重視するなら日本伝統技法の鍛造で決まりです!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA