結婚指輪 刻印の例!私達は入籍の日付&相手の名前だけ入れました

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、埼玉県N様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は結婚指輪に超こだわったそうです
指輪の刻印にもこだわり素材にもこだわったそうです。

1番重要視したポイントは自然と手に馴染む結婚指輪
ということを1番に考えて結婚指輪を選んだそうです。

自然と手に馴染む結婚指輪とは日常生活で使える指輪
家事でも何でも1日を通して毎日使える結婚指輪です。

それでは埼玉県N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪の刻印はシンプルに】

 

投稿者 埼玉県N様

 

まず、結婚指輪を選ぶに当たって
夫婦で重要視したポイントは、
”自然と手に馴染むモノ”かどうか。

一生モノで常につけていくものなので、
派手すぎたり飽きるようなデザインのモノは避けました。

もともとお互いシンプルなものが好きだったので、
その点は揉めずに決めていけました。

決めた結婚指輪のデザインは、
主人用は何も付いていないシンプルなリング。

わたし用は少し女性らしさが欲しかったため、
小さなダイヤを埋め込んでもらいました。

 

男性用の結婚指輪はシンプル
女性用は小さいダイヤ入り

小さなダイヤ以外は男性用と
同じデザインのシンプルなリングです。

ダイヤは指輪に埋め込まれているので、
生活にも邪魔にならず削れる心配もいりません。

結婚指輪を購入し、1年が経ちましたが、
ダイヤの傷つきは全くなく、

写真を撮るときもシンプルながらキラッと
さりげなく輝くのでとても気に入っています。

 

【結婚指輪に結婚記念日を刻印】

そして、結婚指輪の内側には名前と
結婚記念日を刻印してもらいました。

主人用のリングには私の名前を、
私のリングには主人の名前を彫ってもらいました。

自分用に自分の名前を掘る方も
いらっしゃるみたいですが、

私たち的には交換するという意味を込めて
(結婚式の指輪交換もしたので)
相手の名前を刻むパターンにしました。

字体はシンプルかつオシャレに
ハートなど記号はつけませんでした。

たまに、結婚指輪を外して
この刻印を見るのがとても好きです。

 

【結婚指輪 刻印の効果】

夫婦喧嘩をしていても、
記念日と相手の名前が刻まれた
文字をみると気持ちが落ち着く気もします。

文字は指輪の内側に彫ってるので、
周りからは見えません。なので、

2人の合言葉や2人しかわからない言葉などを
刻むのも面白いかもしれません。

喧嘩中にみて、ほっこりしたり、
ぷっと笑える言葉でも良さそうです。

やっぱり刻むには意味を持たせた方が良いと思うので、
刻印をするなら夫婦で色々考えてみるのをおすすめします。

私はもうすぐ子供が生まれるため、
同じ素材でリングネックレスを作ってもらって
内側に子供の名前を入れるのも良いなあと考えています!

 

【結婚指輪の素材はプラチナ】

あと、私たち夫婦が
こだわったのは結婚指輪の素材。

シルバー、ゴールド、プラチナから
指輪の素材を選ぶことが多いですが、
私たちは断然プラチナ派でした。

色味はシルバーっぽいのがいいねと話していたので、
プラチナの色味も気に入りましたし、
何より長持ちするという点が一番の決め手でした。

1年使ってみて、多少はやはり
擦れたりして味が出てきてしまいますが、
お店で磨いてもらうとほぼ新品同様に戻ります。

なので、私たちは結婚記念日に
毎年お店に磨きに行くというのを決めました。

 

【結婚指輪のメンテナンス】

結婚指輪はおそらくずっと常につけているもの。

特に主婦は洗い物や洗濯など
家事もしなくてはなりません。

そういった生活の中で
結婚指輪が傷ついたりしてしまうのは、

それがどんな素材であるにしても
当たり前のことだと思います。

大事なのは普段のお手入れ。

自分で定期的に磨くのも良いですし
お店で職人さんに磨いてもらうのも良いと思います。

ずっ身につけるアクセサリーだからこそ、
自分でケアを怠らないようにすれば、
どんな指輪でも綺麗に保てると思います。

結婚指輪 シンプル

【私達の結婚指輪の値段】

私たちが購入した結婚指輪はシンプル、
プラチナ素材でおよそ一つ10万円ほどでした。

わたし用の結婚指輪には
小さなダイヤを埋めてもらったので12万円ほど。

思っていたより高くなく、
一生ものなのにこんなに安くて良いのかな?
と少し心配になったくらいでした。

【結婚指輪の予算】

結婚指輪の予算は本当に夫婦それぞれだと思いますが、
予算で決めるというよりは、
そこまではみ出ない範囲でですが、

デザインや素材で納得のいくものを
優先した方が良いなと思いました。

私はおばあちゃんになっても
大事に取っておきたかったので、

そこは妥協しないようにしよう!
と最初に決めて結婚指輪を選びました。

実際にそのスタンスで結婚指輪を
選んでいくとすごくスムーズでした。

ロマンチックな買い物だと思うので、
そこはあまりお金のことで悩んだりしたくないですよね。

その予算感も夫婦でなんとなく事前に
打ち合わせをしてからお店に行くとよりスムーズだと思います。

 

【プロポーズエピソード】

主人とは共通の友人を通して知り合いました。

お互い特に出会い目的でもなく
みんなで遊ぶことになったのですが、

お互いにびっくりするくらい
趣味や感覚が似ていて意気投合!

初めて出会ってから2ヶ月ほどで
2人で遊び、お付き合いを始めました。

プロポーズされたのは付き合ってから半年後。

だんだんと2人の周りの友人たちも結婚し始め、
年齢的にも結婚をお互い意識し始めていた時でした。

また、家賃が折半の方がお得だよね
という流れで自然に同棲をしていたため、
結婚も意識しやすかったのかもしれません。

なかなか同棲をしていないと
イメージがつきにくかったり、

結婚して思ってた人と違う!
となってもいやなので、
私は結婚前に同棲したい派でした。

 

そしてクリスマスイブ、
ご飯を食べにいった帰りに
自宅でプロポーズをされました。

お店でないところが逆に
サプライズ感があってとてもびっくりしました。

リビングでくつろいでいると、
手紙を書いたからと主人が持ってきて、
読んでと渡されました。

手紙の最後にプロポーズの言葉が書いてあって、
読み終えると婚約指輪をぱかっと…。

驚きと感動と照れ臭さで
可愛らしいリアクションはできませんでしたが、

ロマンチックな演出が苦手な彼が
頑張ってくれたのかと思うとすごくジーンときました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズを受けてからは怒涛の日々。

まず婚約指輪のサイズを直しにいき、
結婚指輪を探しにいって、
両家への挨拶を2ヶ月間くらいで済ませました。

とりあえずやるべきことを終えた後に、
ゆっくり結婚式場を探しに行きました
この期間がとても楽しかったです。

結婚式場選びは
いろんな会場のフェアに行きました。

試食会が付いていたり、お土産をもらえたりと、
2人で高級デートにいっているような感覚で楽しめました。

予算が心配だったり、あまり候補に入っていない
ところでもフェアにはいってみると良いかと思います。

無料で楽しめますし、以外と候補に
入れていない会場に一目惚れしたりもします
ワクワクしながらの会場選び期間はとっても幸せでした。

 

会場が決まってからは
7ヶ月後くらいに結婚式でした
準備期間としては十分だったかと思います。

ただ、結婚式が決まってからは節約モードになってしまい、
新婚旅行を考える時間と気力がなくなってしまったので、
新婚旅行はまだ行けていません。

式が終わってすぐ子供ができたため、
しばらく行けないのかと思うと、
もっと早くいっておけばよかった!と思います。

子供ができる前の2人だけの時に、
2人の思い出として好きなところに行くべきだと思います!

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介
こちらからご覧頂けます→先輩カップルの結婚指輪

 

=================================

埼玉県N様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

結婚指輪を選ぶ時、こだわりポイントが沢山ありましたね
指輪の素材はプラチナだったり、家事などの日常生活でも
安心して使える指輪だったり、刻印のこだわりなどでした。

特に刻印に関しては記号などを入れるのではなくシンプル
に入籍の日付と、相手の名前をアルファベットで入れたと
いう事で今でも結婚を外して刻印を見る事があるそうです。

たまに結婚指輪に刻まれた刻印を見ると夫婦喧嘩をしても、
記念日と相手の名前が刻まれた刻印文字をみると気持ちが
落ち着く気もします。とおっしゃっておりますので刻印の
効果はそういった意味もあるのかなと思いましたね(^-^)

当店もお勧めの刻印はシンプルな刻印をお勧めしています
長く身に付ける指輪なので歳を重ねてもシンプルな刻印は
時代や年代に左右されませんのでシンプルイズベストです。

刻印は彫りますのでザラザラした質感も出てしまいます
最近は付け心地の良さを重視して刻印ナシのご依頼も多く
なりましたので無理に刻印を入れなくても大丈夫です(^-^)

また、刻印を入れる場合でも文字数を少なく減らすだけで
ザラザラ感も減りますので字を減らすのも良いと思います。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA