ミル打ち結婚指輪 メリットは美しい!デメリットは汚れが溜まる(汗)

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、新潟県M様から投稿を頂いたエピソードです

毎日ずっと結婚指輪を着けていたいというポイントを
1番に考えて普段邪魔にならないシンプルなデザイン
に絞って結婚指輪のデザインを選んで決めたそうです。

そして決めたデザインがミル打ち(ミルグレイン)と
いうデザインで小さい粒が並んだ繊細なデザインです。

ミル打ちの中でも定番のデザインでフチにミル打ちが
繋がって入っているデザインです(両縁にミル打ち)

ミル打ちの結婚指輪を15年間着けてみた使い心地の
感想を教えて頂きました(メリットやデメリットなど)

それでは新潟県M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【シンプルなミル打ちは邪魔にならない】

 

投稿者 新潟県M様

 

結婚指輪はしない主義だから必要ないと考え、
購入しないカップルも多くなってきていると聞きます。

その考えを否定するわけではありませんが、
私はやっぱり結婚指輪は大切だと思っています。

私たち夫婦はカップルのころからペアで何かを
身に着けるのは、気恥ずかしいし、
自分たちの意に反すると思っていました。

そのため、初めて身に着けた
お揃いのものが結婚指輪でした。

また、それと同時に夫婦になった証でもあるため、
結婚指輪にはかなり特別な想いがありました。

時代のせいもあるのでしょうが、幼い頃、
私の周りの男性(祖父や父、叔父など)は
結婚指輪を身に着けていませんでした。

だから、結婚指輪さえも男の人は
身に着けないのが当然なんだと思っていました。

でも、結婚が決まった時に夫が
「俺は結婚指輪をつけたい!」と
言ったので少し驚きましたが嬉しかったです。

そして結婚指輪選びがスタートしました。

 

【生活の邪魔にならない結婚指輪】

結婚指輪を選ぶポイントは、人それぞれ
重要視したいところが違ってくると思います。

私たちの場合はシンプルで生活の邪魔にならず、
基本的にはずっとつけているものなのだから

「質の良いものにしたい」
ということを頭において選んでいきました。

はじめに、夫がプロポーズの時にくれた
ネックレスと同じブランドにしようと決め、
お店にカタログをもらいに行きました。

夫もつけるなら2つとも同じデザインながら
男女どちらがつけてもオシャレで、
悪目立ちしないシンプルなものにしようと決めました。

そして、そのカタログの中からシンプルなミル打ちの
プラチナの指輪に一目惚れし、それに決めました。
指輪の価格はペアで15万円くらいでした。

ミルグレイン 結婚指輪

【ミル打ちのシンプルな結婚指輪】

結婚当初、結婚指輪を身に着け始めたばかりの頃は
指輪の存在になかなか慣れず違和感がありましたが、

シンプルなミル打ちデザインのものにしたおかげで
仕事や家事の邪魔になることはありませんでした。

結婚したばかりの頃は指輪を見て、
「私、結婚したんだな。夫婦になったんだな。」
としみじみ実感していたのを思い出します。

その後も子供が生まれ、育児が始まりましたが、
授乳やおむつ替え、お風呂に入れるなど
育児に関しても指輪が邪魔になったことはありませんでした。

そして、現在結婚15年目。

プラチナを選んだので、多少の傷は
あるものの目立った痛みや劣化は見られません。
デザイン的にも年齢関係なくつけていられます。

15年たった今でも、この結婚指輪を
選んで本当に良かったと思っています。

 

【ミル打ちのデメリット】

ただ1つ気になるのが、
シンプルなミル打ちの指輪ではあるものの、

上下に細かい筋のようなミル打ちがあるデザインなので、
その筋(ミル打ち)に汚れがたまりやすいというところです。

小麦粉やホットケーキミックスなどの粉ものを触るとき、
子供がまだ小さかった頃に一緒に粘土や砂遊びをしたとき、

庭で草取りや畑作業をするときなどに
ミル打ちの筋に汚れが入り込んでしまうので
意識して作業前に指輪を外さないといけません。

私の場合は婚約指輪をもらっていないので
考えもしなかったのですが、

友達はもらった婚約指輪と結婚指輪を
2つ重ね付けできるものを選んでいました。

もともと重ねづけするのを前提にデザインされ、
作られているものも多いようです。

 

【世界に一つだけの結婚指輪も魅力的】

また、職場の人は‘世界に一つだけの指輪‘という
自分たちで手作りできるジュエリー工房みたいな
ところで購入していました。

その話をしているときの幸せそうな笑顔を見て、
とても素敵だと思いました。

結婚指輪を購入するなら、2人で相談して
納得のいくものを購入して欲しいです。

ずっと身に着ける(持っている)
大事な大事なものだからこそ、
妥協はしないほうがいいと思います。

結婚に関する雑誌やインターネット、
周りの人たちからたくさんの情報を集めれば、
きっと自分たちにピッタリのものに巡り合えるはずです。

 

【プロポーズのエピソード】

私と夫は会社の同期でした。

新卒で就職した会社で店舗配属になる前に
1か月間の新入社員研修があり、
その時に毎日通勤する電車が一緒で仲良くなりました。

はじめは就職して間もないことからくる
不安を通勤中に相談し合ったり、
休みの日には同期のみんなと一緒に遊んだりしていました。

店舗配属でバラバラになってからはお互い忙しくなり、
同期とも月に1回集まるかどうか
という状態になっていたのですが、

夫とは連絡を頻繁に取り合い、
愚痴を言ったりたわいもない話をしていました。

私は気の合う何でも話せる仲間という感覚だったのですが、
ある日夫から告白されて付き合うようになりました。

付き合い始めてすぐに、「若いうちに結婚して
子供も早く育てて、その後の人生を謳歌したいよね!」

と2人の意見が一致したので
結婚に向けて少しずつ動き出しました。

結婚に向けて貯金をすることに決め、
デートのときも外食を控えて
夫のアパートで自炊することが多くなりました。

そうすると、少しずつ生活感が出てきて
お互いの金銭感覚や味の好みなど今までわからなかった
こともたくさん見えてくるようになりました。

そして、結婚に対する現実味みたいな
ものをだんだん感じるようになりました。

 

そんな中で2人の意思も確実に決まったので
私の両親に結婚の話をしました。

すると「まだ就職して間もないのにもったいない。」
「まだ早い!」と言われてしまいました。

私たちは将来をきちんと考えて早く
結婚することを決めたので、反対されてショックでした。

その頃お互いの結婚に対する意思確認をしていたので、
プロポーズのことなんて考えていなかったのですが、

後日夫のアパートでいつも通り過ごしていると
夫がいつも行っているサッカーチームの
練習に行かないと言い出しました。

不思議に思っていると、急に正座をし真面目な
顔になったので何事かとプロポーズをされました。

そのときは、本当に本当に
すごく嬉しくて自然と涙が溢れてきました。
人生で初めての嬉し涙だったと思います。

こんな風に悲しくもないのに涙が止まらなくなることって
本当にあるんだなと客観的に考えてしまうくらい、
自分で自分の行動に驚きました。

「プロポーズなんてないと思ってた。」と言うと、
「そんなはずない。そこはしっかり伝えておかないと…。」
夫が言ったので意外と硬派なんだなと思ってしまいました。

そして改めて1年後、
夫が私の両親に挨拶にきて結婚を認めてもらいました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後すぐに、嬉しくてたまらなくて
コンビニで結婚に関する雑誌を買いました。

そして、その雑誌を見て
本格的に結婚準備を始めました。

私も夫も結婚式に関しては
親に負担をかけたくないと考えていたので、

特にお互いの両親には相談せずに
全て2人で決めることにしました。

結婚式は、両親と予定の合う兄弟姉妹だけを
招待するアットホームなものにすることに決め、
式場探しをしました。

私の両親の新婚旅行先は沖縄でした。

幼い頃、両親の新婚旅行の写真を見ていたら母が
「いつか子供たちを連れてこようね!」
って言ってたんだと話していました。

それを思い出し、結婚式は沖縄で挙げることにして
両親を沖縄旅行に招待したいと提案すると
夫は快く賛成してくれました。

夫も子育てや仕事で忙しく、
なかなか旅行に行けなかった両親に
感謝の気持ちを伝えたいと思っていたようです。

ここまで育ててもらった感謝の気持ちを込めて、
結婚式&沖縄旅行のプレゼントをすることを決めてから、

必死で貯金し、並行してドレスやタキシード、
旅行の手配など休みのたびに2人で
あちこちいろんなところに行きました。

 

結婚式の準備はとてつもなく大変で、
途中で嫌になったりカップルの関係性が、

悪化するという話もかなり聞きましたが、
私にとって結婚準備は楽しく嬉しい忙しさでした。

自分のやりたいことがどんどん
現実的になっていくことが楽しくて、

様々な打ち合わせを苦だと思ったことは
1度もありませんでした。

夫もそう思ってくれていたのか、
2人で協力してお互いが納得できる大満足の
結婚式&沖縄旅行を計画することができました。

リゾートウエディングは
現地で打合せをするわけではないので、

結婚式の前日に式場に行き最終打ち合わせを
したときに初めて自分の目で式場を見ました。
担当のスタッフさんともそのときが初顔合わせでした。

実際に見てイメージが違ったら
どうしようという不安もあったのですが、

想像通りの式場と親切で感じのいいスタッフさんで、
安心して結婚式を挙げることができました。

結婚式&沖縄旅行は
多少のトラブルはあったものの大成功で、
お互いの両親もとても喜んでくれました。

私たちもすごく嬉しくて、
本当にいい結婚式だったと今でも思っています。

そしてまた改めて、
今度は友人を招いて結婚パーティーをしました。

タキシードとウエディングドレスを着て
地元のダイニングバーでやり、

たくさんの友人たちに祝福されて
本当に幸せな気持ちでいっぱいになりました。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

ミル打ちのシンプルな結婚指輪を15年間着けてみての
メリットやデメリットの体験談は本当に為になりますね。

これからミル打ちの結婚指輪を購入したいと思っていた
カップルさんに有益な情報だったのではないでしょうか。

今回の体験談は当店ではなく他店のミル打ち指輪ですが
ミル打ちは製法でかなり着け心地も変わってくるんです。

一般的なジュエリーショップで販売している市販の既製
の指輪は鋳造(ちゅうぞう)という機械の大量生産です。

ミル打ちを機械で彫ったり、原型の型のうちに彫ったり
するのでミル打ちが引っかかったりする事も多いんです
原型の型に流して作るのでミルの強度も弱いんですよね。

当店は日本伝統技法の鍛造で作っているので全て手作業
で作るので鍛冶で鍛えられたプラチナ自体が頑丈ですし
ミル打ちを1つ1つ手打ちで打つので強いミル打ちです。

ですのでミル打ちのデザインを希望している方は断然に
鍛造の手打ちで作ったほうが指輪が長持ちをするんです。

今回のご投稿をして頂いた方のミル打ちのデメリットは
汚れが溜まりやすいとの事でしたが、他にもあるんです。

それはミル打ちが削れたり凹んだりすると修復するのが
かなり難しくなりますしメンテナンスも難しいんですね
見た目から分かるようにミル打ちはデリケートなんです。

ですので、毎日ずっと日常生活で結婚指輪を着けたいと
思っている方はミル打ちでも強い鍛造をお勧め致します。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA