結婚指輪コンビのデメリットはサイズが直せない!後悔しない指輪選びを

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、熊本県N様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は、結婚指輪をネットで検索をしていたら
プラチナとゴールドの2色になっているコンビリング
を見つけて2色のコンビに惹かれて購入したそうです。

ただ、プラチナとゴールドのコンビという違う性質の
地金で作られた指輪なのでサイズ直しが一切効かない
という大きなデメリットに悩んだ末に決めたそうです。

実際に結婚指輪を受け取ったときはサイズが緩すぎて
サイズ変更ができなくて指輪を作り直したそうです(汗)
コンビを使ってみた感想もブログに書いて頂きました。

それでは熊本県N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪はコンビ 後悔してません】

 

投稿者 熊本県N様

 

結婚指輪を選ぶ時、ふたりともこだわったポイントは
「シンプルで歳を重ねても飽きずにつけられるもの」
という点でした。

夫は特に「シンプルで色はシルバーがいい」
と主張していたので、最初は素材がプラチナで
形はストレートのものを探していたんです。

しかし、私の方は夫とほぼ同意見だったのですが
「少しだけ何か個性があったらな…」と漠然と思っていました。

結婚指輪を探してみて初めて知ったのですが、
世の中には本当に色んなデザインの指輪が存在するんです。

ある程度目星を付けて現物を見に行こうと思い、
ネットで色々探していくうちに「コンビリング」
というものを見つけて「これだ!」とビビッときました。

 

結婚指輪は、プラチナと
ゴールドのコンビリング

実際に夫と一緒に現物を見に行って
ふたりとも気に入ったので、その時にネットで見て
ビビッときた指輪が私たちの結婚指輪になったのでした。

コンビリングは異なる2つの素材を
組み合わせて作られた結婚指輪で、私たちは
プラチナとゴールドの組み合せのものを選びました。

指輪の表がプラチナ
指輪の裏がゴールド

表側がプラチナで内側がゴールドという配色で、
パッと見た感じはプラチナの結婚指輪に見えます。

近くでよく結婚指輪を見るとプラチナとゴールドが
グラデーションになっているようにも見えてとても綺麗です。

最近はパーソナルカラーによってで
シルバーが似合うorゴールドが似合うなどの意見もありますが、
このコンビの配色だと誰でも肌馴染みが良いように感じます。

 

【コンビリングはサイズ直しができない】

ただ、コンビリングは一度製作すると
サイズ変更ができないので(一部のメンテナンスもできない)
サイズ感は実際につけてよく確認して決めた方が良いです。

私たちは普段、結婚指輪をしないふたりだったので、
余裕をみすぎてサイズが大きめに出来上がってしまい
再度サイズを下げて結婚指輪を作り直してもらいました。

結婚指輪を作り直してもらうのは申し訳なかったのですが、
結婚指輪はずっと長く使うものなのでサイズを
ピッタリにしてもらって正解だったと今も思います。

日常的に結婚指輪をつけてみて感じたことは、
ずっとつけていると体の一部のようになって
意外と気にならないということです。

今まで安価なアクセサリーで、かぶれたりしたことも
あって指輪はあまりつけてこなかったのですが、

やはりそれなりに価値のある金属だと
変色もなくアレルギーも起こらなかったです。

 

指のサイズは季節によって
太くなったり細くなったり

あとは、指は季節によって太くなったり
細くなったりすることを知りました。

指輪を購入する際に店員さんにも言われたのですが、
指は冬は細くなって夏は太くなるんです。

なので、夏場はたまに
付け外しがしにくいことがあります。

私たちは結婚指輪のサイズを
ジャストフィットに作り直しもしてもらったので、

付け外しが難しくなったら
どうしようと不安に思っていました。

しかし、指の太さは多少変動はあるものの
5年間つけていて今のところ問題なく付け外しできています。

 

【どんなシーンでも付けられる結婚指輪】

プラチナとゴールドのコンビリングは
どんなファッションでも合わせやすいです。

他のアクセサリーや腕時計の金属部が
シルバーでもゴールドでも馴染むような気がしています。

また、カジュアルな服装でもフォーマルなシーンでも
シンプルなデザインなのでどんな服装でも違和感がないです。

シンプルなストレートリングで、
宝石や凝ったデザインでもないのですが個人的には
お手入れもしやすいところも気に入っています。

傷はつきやすいのでどこかに勢いよく
ぶつけてしまわないように気をつけてはいます
でも、傷がついてしまってもそれも味だと思うことにします。

 

【結婚指輪の刻印にこだわる】

実は、もうひとつ隠しポイントとして、
結婚指輪の内側の刻印にこだわりました。

刻印には名前や日付を入れる方が多いかと思いますが、
私たちはふたりの思い出の映画に出てくる
短いセリフを入れてもらいました。

他の人から見ればよくあるシンプルな
結婚指輪に見えるかもしれませんが、
自分たちらしい結婚指輪になったのでとても満足しています。

 

 

【プロポーズエピソード】

夫とは学生時代からの友人で、
社会人になってからお付き合いを始めました。

交際期間が長く、共通の知り合いも多かったので
周りからは「いつ結婚するの?」
と冷やかされることもありました。

結局、交際期間は
6年間ほどで結婚することになりました。

プロポーズは、
私の誕生日も近かったこともあると思うのですが、

何でもない休日のドライブデートで突然
「結婚しようか?」と言われました。

特に目的地のないドライブデートで、
近くに海水浴場があるということで
立ち寄った先でのプロポーズでした。

春先のまだ若干
寒さが残る人のいない海水浴場でした。

 

ずっと、いつかは結婚するんだろうなとは
思っていましたが実際に突然言われると

驚きの方が先にきてしまい、嬉しさは
後から後からじわじわ沸いてくる感じでした。

夫の方はもしかしたら前から考えていて
あのタイミングだったのかもしれません。

あるいは、なんとなく「結婚しようか?」
と出たタイミングがたまたまあの日だったのかもしれません。

実際のところどうだったのかは
詳しく聞いていないのですが、

どちらにせよ今も幸せに暮らせているので
結婚して良かったと思っています。

夫への感謝の気持ちを忘れずに
末永く一緒に暮らしていきたいです。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズの後は、とりあえずお互いの両親に
了解を得ようとそれぞれの実家に出向きました。

付き合いも長くお互いの家族とも馴染みがあったので
了解というよりは報告に近かったかもしれません。

私の母はつい本音が出てしまったのか、
「やっと一人お嫁に出たわ」と言っていました。

挨拶のあと、後日両家の顔合わせを兼ねて
家族だけの小さな披露の場を設けました。

両家の実家と私たちの住んでいる場所が
離れていることもあり、結婚式などは行いませんでした。

それでも親戚や友人から暖かいお祝いの言葉を
沢山いただけでとてもありがたかったです。

 

新婚旅行では、社会人になってから離ればなれに
なっていたお互いの友人に再会しながら国内を色々回りました。

交際期間が長く結婚前に同棲もしていたので、
新婚さんという感じではなかったですが

同居による生活のすれ違いなども少なく、
割とすんなりと夫婦になれたように思います。

時にはもちろんケンカをすることはありますが、
歳を重ねるごとに相手の性格の攻略法みたいなものも
少しずつ分かってきました。

時々ふと結婚指輪を眺めて、
色々考えることもあります。

そういう意味でも結婚指輪という形に残るものを
しっかり残しておいて良かったと改めて感じています。

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介
こちらからご覧頂けます→先輩カップルの結婚指輪

 

=================================

熊本県N様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

プラチナとゴールドのコンビの結婚指輪は見た目が2色で
綺麗に見えますがサイズ直しやメンテナンスが効きません
ですのでコンビの結婚指輪を選ぶには注意が必要なんです。

私は日本伝統技法の鍛造を継承した宝飾職人なので地金を
叩いて火入れをする「鍛冶」で作るので地金の性質には
詳しいのでなぜサイズ直しが出来ないのかをお伝えします。

まず、プラチナとゴールドは溶ける融点がかなり違います
プラチナが溶ける融点は約1770度、ゴールドが溶ける
融点は約1065度、その差は約700度も違っています。

指輪のサイズ直しをする作業工程は、サイズを小さくする
ときはサイズを縮める分の地金をリングからカットします。

逆にサイズを大きすするときはリングをカットして大きく
するサイズ分の地金(プラチナや金)を足して伸ばします。

サイズを大きくする小さくする、どちらも溶接をするので
融点が違うプラチナとゴールドは不具合が生じるんですね。

プラチナを溶かす時の火力、ゴールドを溶かすときの火力
バーナーの火力も地金の融点も違うのでゴールドのほうが
先に溶けてしまいプラチナとゴールドの同時溶接は不可能。

ただ、弱いロウを使った溶接やレーザー溶接を駆使すれば
サイズ直しが出来ないわけではないのですが、溶接個所が
凄く弱くなるので指輪を使ううちに不具合がでる可能性が
かなり高くなります(不具合とはひび割れや金属疲労です)

そのような理由でコンビの指輪のサイズ直しは厳しいです
結婚指輪は長くする指輪なのでサイズ直しやメンテナンス
が効くものを選んだほうが良いと思いますしおすすめです。

ちなみに当店ではサイズ直しやメンテナンスが結婚指輪に
凄く重要と考えて作るのでコンビは作っていませんm(__)m

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA