捻れた結婚指輪のデメリットとは?指輪が回って捻りが下側になる(汗)

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、長崎県K様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして頂いたこちらの方の結婚指輪は「捻り」
がデザインのメインになっていて捻りがゴールドで
そこに小さいダイヤが並んで入っているデザインです。

当初からシンプル過ぎないデザインで捻りのデザイン
が理想だったそうで捻ったデザインに決めたそうです。

リングは基本的にストレートタイプとウェーブタイプ
の2通りありますが結婚指輪はストレートが定番です。

なぜストレートが定番なのかというと結婚指輪は長く
着ける指輪なのでクルクルと指輪が回ってもセンター
が決まっていないので気にせず着けていられるからです。

捻ったウェーブタイプはセンターが決まっているので
指輪が回ると下に来たりするのでストレートが人気です
実際に捻りの指輪をしている方の体験談は気になります。

それでは長崎県K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【捻りの結婚指輪を付けた感想】

 

投稿者 長崎県K様

 

お互いに2人とも、とくに結婚指輪として
絶対にこれがいいというブランドがなかったため、

何店舗か見てまわり、お店の雰囲気が良いと感じる
有名なブランドのお店で購入することにしました。

購入者に選択できるプレゼントが
あったのもつい引かれるポイントでした

結婚式スタイルのペアのクマのぬいぐるみが可愛くて、
結婚式の受付等に置きたいと思いました。

ぬいぐるみの他にも選択肢があったのですが、
覚えていません。

実際に結婚式の際にウェルカムボードの隣に
ベア達を起きましたが、結婚式らしく可愛くなり満足でした。

結婚指輪は2人で見て気になるものを出してもらいました。
ガラスケースの中に入っている状態と近くで見る状態では
印象が少し違って見えることもありました。

店員さんがとても丁寧に対応してくれて、
何回も行ったり来たりしていましたが、
指輪をゆっくり選べる空間でした。

お互いに少しデザイン性が欲しくて、
でもあんまりゴテゴテしていると普段使いしにくいかも、
ということを念頭に見比べながら、

 

【捻りデザインの結婚指輪】

ペアだと見て分かりやすい、そして普段使いしやすい、
かつシンプル過ぎない一部に捻れたようなデザインの上に
小さなダイヤが捻りの上に6個並んでいるものにきめました。

値段は気にしすぎないようにして決定したのですが、
店舗の中で真ん中くらいの価格帯になったと思います
(1本12万円くらい)

結婚指輪 ゴールドとプラチナのコンビ

無料で名前と、結婚記念日を彫ってもらい、
誕生石を入れて貰えました。

内側なので外さないと見えないのですが、
気持ち的に自分たちの指輪感が高まりました。

あと、今となっては笑い話になってしまうのですが、
結婚記念日を彫ってたら、もし忘れてしまっても
確認出来るんじゃないかという思いもありました
(旦那さんの方が記念日忘れないので)

結婚式が入籍日より半年後だったので、
指輪の交換で新しい指輪を交換したいねということで、

2人で結婚式の時から結婚指輪をつけ始めることにしたので、
それまでは自宅で保管していました。

結婚式の挙式でお互いに指輪の交換をして、
そこから結婚指輪を付ける生活になりました。

実際に結婚指輪を嵌めていると、
最初は慣れないので何となく毎日恥ずかしかったり、
眺めていたりすることがありました。

 

【結婚指輪は傷が必ず付く】

また、あまり傷がつかないようにと
気にして家事をしたりしていました。

3年経過した今となっては、
付けているのが当たり前になってしまっていて、

特に傷を気にすることもなくなり、
小さな傷もたくさん出来てしまっています。

やはり傷もがつくのはなかなか避けられないので、
普段使いしやすいデザインのものにしてよかったと思います。

結婚指輪をつけているのが当たり前になってしまった今でも、
何気なく指輪を触ってしまったりして、
1日1回は結婚指輪のことを思い出しているような気がします。

そして、意識していなくても不意に
旦那さんの指の結婚指輪が目に入ると、

未だに結婚しているという実感が湧いてきて、
何となく嬉しい気持ちになります。

自分だけでなく、
旦那さんが付けているのを見ると、
その気持ちが強い気がします。

 

【捻れたデザインのデメリット】

捻れたデザインの結婚指輪のデメリットとしては、
私たちの結婚指輪は一部分(センタートップ)が
捻れたようなデザインになっているのですが、

気づけば結婚指輪がくるくる回って、
捻りのデザインの部分が指の内側(下)に
来てしまっている事が多くあります。

捻りを気にしなければいいのかもしれませんが、
何となく気になって、デザインのある捻った部分を
外側(上)に回すことがよくあります。

もともと全部統一のものでなく、
一部に捻ったデザインのあるものがよかったので、

今選んでも同じような捻りを選んでしまうとは思うのですが、
デザインのある部分が動いてしまうのが嫌な人は、

結婚指輪がくるくる回ってしまっても、
どこから見ても同じストレートのものがいいかもしれません。

 

 

【プロポーズエピソード】

SNSで知り合い、お互いに顔も知らぬまま
連絡を取り合いましたが、やり取りが楽しく、
1ヶ月後に実際に会ってみることになりました。

初めて会う時はランチでしたが、
行こうとしていたお店が定休日で、
急遽お店の変更をするというバタバタから始まりました。

実際に会ってみても、
話しが合い楽しく過ごせ、次回も会う約束をしました。

2回目に会った際に
旦那さん側から告白されて、付き合うことになりました。

付き合ってみると落ち着く感じがあり、
交際期間は短くても長く一緒に居るような居心地のよさで、
この人となら結婚したいなという気持ちを持っていました。

旦那さんガワが転勤族で付き合い始めて数ヶ月の間で、
もし転勤になったらついてきて欲しいという話をされました。

ついていく=結婚の方向だと思いその意向を伝えて、
旦那さん側はその時はそこまでは考えていなかったようですが、

反対はなかったようで、
2人で結婚の話や結婚後の話をするようになりました。

 

決定的なプロポーズの言葉がないままに
実家に彼氏として紹介したり、
友達に紹介したりしました。

入籍の日取りの目安や、結婚式について、結婚後の家族構成、
お金についてなどたくさん話し合いをして、
このまま結婚するのだと思っていました。

その日は、旦那さん側の家に遊びに行っている日で、
夕食を外食にしようと誘われました。

あまり外に出る気分ではなく、寒かったので、
家でご飯を食べようと誘い夕食は結局、
旦那さんの家でご飯を作って食べました。

食後はいつも通りコタツに入ってゆっくりしていると、
押し入れの中から真っ赤な赤い薔薇の花束を持ち出してきて、
シンプルに「結婚してください」とプロポーズをうけました。

プロポーズはもうないものと思っていたので、
とても嬉しく少し涙がでました。
花束の後に婚約指輪も貰いました。

本当はお店などでプロポーズしたかったそうなのですが、
特にお店を予約しているとかではなかったようで、

それならお店を予約して少し強引に
連れて行ってくれても良かったのではと思いますが、

プロポーズきちんとしてくれたので、
よかったと思いました。

プロポーズしてもらったことで、区切りというか、
結婚するということが明確になった気がします。

 

【プロポーズ後のエピソード】

婚約指輪のサイズがピッタリだったので、
凄いなと思っていたのですが、

いつの間にか話の流れで
自分で聞かれて答えていたようでした。

また、旦那さんの部屋はワンルームで、
押し入れに花束を隠していたので、

それまでよく私が気づかずに過ごせていたなと、
後から妹達に笑い話にされてしました。

プロポーズされたことを
報告して1番喜んだのが母でした。

旦那さんは何度か実家に来ており、
母も結婚を意識していたので、嬉しかったようです。

母に促されてバラの花束と婚約指輪を飾って、
祈念に写真をたくさん撮りました。

その後は旦那さん側の方にも出向いて、挨拶をしたり、
お互いの両親を交えたご飯会を催したりしました。

旦那さんの実家が遠方だったので、
私達も向こうのご両親も大変でしたが、
みんなが祝福モードで有難かったです。

 

結婚式のころには妊娠しており、
少し大きいお腹でしたが、

式場の方々が色々気遣ってくれて、
ドレスも和装も着ることが出来、
無理なく過ごすことが出来ました。

結婚式もお互いの友人や親族が遠方で、
ホテルの手配や交通手段など大変でしたが、

お互いに大掛かりなものは望んでおらず、
必要な親族と仲のいい友人だけでの式で
こじんまり目でしたが満足のいくものでした。

披露宴も妹と友人に男装してもらい、
旦那さんの代わりに入場して「ちょっと待ったー」
を旦那さんにしてもらったり、

お互いの趣味である釣りにちなんで、
ファーストバイトを釣竿仕様の鯛焼きで行ったり、

クイズ大会をしたり、
私の好きなアーティストの歌で、

ダンスの余興をしてもらったりと、
好きなように楽しく過ごすことが出来ました。

また、最後の機会だと思い、
恥ずかしかったですが、
両親への感謝の手紙も読みました。

途中涙で詰まってしまったのですが、
こんなことがないと伝えられなかったので、

やってよかったと思います。
母もですが、父の涙は久々に見ました。

新婚旅行は妊娠中なこともあって、
車で行ける遠すぎない場所にしました。

水族館やサファリパーク、観光地など楽しく過ごし、
1泊は温泉付きの少しお高めの宿に泊まりました。
遠方に行けない分、宿やご飯を少し贅沢にしました。

子供が産まれて育児に忙しくなってしまった今となっては、
ゆっくりと新婚旅行出来て良かったなと思います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

捻りの結婚指輪を実際に着けている方の体験談は参考に
なりますので本当にご投稿ありがとうございましたm(__)m

こちらの方がおっしゃっておりましたが捻りのリングは
くるくる回ると捻りが下側に来ることが多いんです(汗)

実際には下側だけではなくて横に向いたりと様々ですね
その原因はリング一周の重さが均等でないからなんです。

例えばストレートのリングで幅の広さや肉厚が一周全て
同じの場合は重さが均一なので回りにくいという事です
もし回ったとしてもストレートでプレーンなら問題なし。

捻りの場合はストレートと違って一部分が捻っています
その捻った部分の重さが軽いか重いかで回るんですよね。

私は指輪を作っている宝飾職人ですが指輪の着け心地に
関してもウェーブよりもストレートのほうが良いんです。

作っている私がいうので間違いがないのですがウェーブ
の種類にもよりますが、捻りが強くきつくなるにつれて、

引っかかりも感じるようになってきますし、指に触れて
いるリング面積も捻りの箇所だけ変わるのが影響します。

ですので着け心地の良さを1番に考えている場合は捻り
ではなくストレートのデザインを選ぶのが最善の策です。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA