結婚指輪のサイズが大きい=市販の既製品は特大サイズがほぼ無い!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、徳島県K様から投稿を頂いたエピソードです

こちらのご投稿して頂いた方は男性の指輪のサイズが
かなり大きくて結婚指輪探しに苦労をした体験談です。

どうして大きいサイズの結婚指輪選びに苦労したのか?
それは市販の出来合いの既製品の結婚指輪はサイズが
企画である程度決まっているので少ないんですね(汗)

指輪のサイズは15号を超えると大きい部類に入って
サイズが20号を超えるとかなり大きい部類に入って
サイズ25号を超えると凄く大きい規格外になります。

基本的に市販の既製品はよく売れるサイズが中心です
平均的なサイズは9号~14号が展示品のサイズです。

鋳造という型流しの製法ですので原型の型の大きさが
企画内に収まっていることが多いことが原因なんです
記事の最後に作り手の私が詳しく説明させて頂きます。

それでは徳島県K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【彼の結婚指輪はサイズが大きい!探すのに四苦八苦】

 

投稿者 徳島県K様

 

初めての出会いから5か月後には結婚。

急に結婚が決まったので披露宴や
新居など凄まじい勢いで決めていきました。

結婚指輪のことをすっかり後回しにしていましたが、
披露宴の演出の際には結婚指輪が必要とのことで
式の2週間ほど前に一応購入することになりました。

急いで地元のデパートに行って探すものの、
ときめく物が全く無く、とりあえず数万円くらいの
結婚指輪を妥協して仮に購入しようと決めました。

私自身、今までの人生で指輪にあまり縁が無いため、
すぐに購入できるものだと思いこんでおりました。

いざ結婚指輪を購入しにお店にいくと、私の指の
サイズは標準でいくらでも店頭に並んでいるのですが、

彼は背が高くて体も手も大きいので
この手の指輪のサイズは外国人並みで店頭に無はく、

取り寄せなければいけないし、この大きいサイズを
取り扱っていないところもあるとのことでした。

しかも取り寄せるにしても2~3週間は日数がかかるし、
結婚指輪となると名前やイニシャルを掘る方が多いので

1カ月はかかるとのことで、とりあえずの購入も
かなり難しいことが判明しました。

 

彼の指のサイズが大きくて
取り寄せるにも時間が必要

まさか結婚指輪の購入がここまで困難だとは思いもせず、
かなり焦りましたし落胆して、
どうしようかと半ばあきらめていたところ、

日頃うちの母がお世話になっている
外商さんが私たちのことを母から聞き、
宝石売り場に来てくださいました。

すると数日後にちょうどブランドCの
宝石の展示会があると教えてくださいました。

ブランドCは過去に一度、この地元のデパートに
時計を中心とした展示会できたことがあるとのことで、

それ以来数年ぶりだということ、
また、今回は宝石を中心とした展示会だと聞き、
あまりのタイミングの良さにかなり驚きました。

ちなみに私たちがデパートに行った時間帯は
仕事が終わって駆け付けたため夕刻で、

しばらくするとデパートが閉まる閉店間際の時刻でした
外商さんが急いでブランドCにお電話を入れてくださいました。

展示会はだいたい標準のサイズの物しか
店頭に置けないので彼のサイズを伝えて、

週末の展示会にはその結婚指輪のサイズの物を
必ずもってきてほしいと伝えてくださいました。

ちょうどブランドCの担当者の方も
あと少ししたら帰宅するところだったということで、
ありがたいことに全てのタイミングに守られたという状況でした。

外商さんが手際よく段取りをしてくださり、
ほっとひと安心してから帰宅。

帰宅してから彼と2人で頂いたブランドCの
カタログを開き、じっくり眺めておりました。

「やっぱり綺麗だよね~。」と言いながら
どれがいいかと尋ねると私が良いと思ったものと
同じ結婚指輪を指さしていました。

展示会の当日を迎え、ブランドCの担当者から
差し出された結婚指輪はたったの3組。

 

サイズの大きい結婚指輪は
市販の指輪ではあまり無い

彼の大きい指のサイズは市販ではほとんど無く、
あるのがこの3組の種類だけですとのことでした。

しかもその3組のうちの1組は、数日前に見たカタログで
2人ともが気に入ったシンプルなデザインの物でした。

お値段も手頃で合わせて30万円。自分たちが
結婚指輪にと考えていた予算とピッタリでした。

披露宴で指輪ケースから出して
結婚指輪をはめてくれるという演出でしたので、
ブランドCの鮮やかで華やかな赤いケースも最高でした。

結婚指輪 サイズが大きい

入籍日とお互いの名前も掘って頂けるのですが、
完全に日数が足りない状況で、

担当者の方がかなり尽力してくださり、ぎりぎり、
披露宴の数日前にきちんと用意してくださいました。

結婚指輪を半ばあきらめていただけに、
欲しいブランドの結婚指輪がこんな素晴らしいタイミングで

完全な形で、バッチリ手元にくるなんて
私にとっては奇跡に近い出来事でした。

妹夫婦からプレゼントされたブランドCの時計と合わせて、
結婚指輪をセットではめている左手を見るだけで、
テンションが上がってときめきますし、

外商さんや担当者の方のご尽力に
数年経った今でも指輪を見ると思い出して、
温かい気持ちが込み上げてきます。

 

【プロポーズエピソード】

出会いはある年の5月下旬。

知り合いが開いてくれた、
結婚を真剣に考える方々が集まった
男女30人ほどの食事会に参加しました。

私自身かなり年齢もいっており、
こういうパーティーのようなものに参加すること自体、

今更感と抵抗があり、
かなりの勇気がいりましたが、

隣の県での開催でしたので、
思い切って参加することができました。

友人と2人で会場の駐車場に到着しましたが、
あまり気が乗らないので
開始時刻ぎりぎりまで車中にいました。

緊張感をほぐしながら会場に向かい、
扉を開くと目の前に体の大きな男性がいました。

一瞬だけ目が合いましたが、こんな人が
来てるんだなとかなり強く印象に残りました。

1人ずつ整理券を配布されるのですが、
私の番号は10番。

到着して適当に席について食事。
30分ほどすると司会者から整理券の
番号の席についてくださいと言われて席につくと、

同じ10番の席に先ほど
目が合った大きな男性が座っていました。
司会者の合図とともに彼とおしゃべり。

同郷で年も近くて食べ歩きという趣味も
一緒ということもあり、始めからかなり
話が弾んでずっと盛り上がっていました。

 

4分ごとに男性が変わっていき、
一巡したところで彼が戻ってきて私の前に着席。

すると彼は「ただいま」と言い、
私は自然と「おかえり」と言ってました。

フリータイムとなった時、司会者から
「あなたと喋りたいと言ってる男性がいるので
外のパラソルで待っていてください。」と言われ
待っていると、先ほどの10番の札の男性が。

何組かパラソルでしゃべるカップルがいる中、
私達2人はかなりおしゃべりが弾み、彼との会話中、
私はずっと笑いっぱなしで本当に楽しい時間でした。

こんなに相性のいい人がいるんだと
感心するくらい非常に居心地が良かったです。

連絡先を交換し2週間後にデート。

パーティーの時にはダボっとした白いシャツを着ていて、
少し太って見えていた彼ですが、

待ち合わせ場所には、黒のポロシャツに濃紺ジーンズで、
立っている姿は見違えるほどかっこよく、

私を見つけて手を振ってくれた時は
本当に嬉しく思いました。

初デートで意気投合し、
深夜0時の閉店時間まで話が弾みました。

初デートから1ケ月後にプロポーズをされ、
4か月後には入籍し、激流に落ちたように
とんとん拍子で進みました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

初デート以降、毎週土曜日、
午前中で仕事が終わるとその足で
彼は私の家に来てくれていました。

毎週来てくれて、昼から晩まで
楽しくおしゃべりはするものの、

いつもそれだけで終わり友人の状態が続くこの関係は、
一体何なのだと疑問に感じるようになりました。
そんな時、私にお見合いの話がありました。

念願の公務員の方のお話で、
母親が尊敬する方からの紹介の為、
お見合いを強く進める母でした。

毎週訪問してくれる彼はいい人だけど、
少し決断力に欠けるため、

もしかして結婚のご縁じゃないのかもしれないと、
私自身かなり迷いました。

悩んだ結果、思い切って彼にお見合いの話があって
その話をお受けするかを迷っているのだと、相談してみると

「お見合いはしないでほしい。
好きなので僕とつきあってほしい。」
と初めて彼の気持ちを聞くことができました。

それから順調に愛を育み、
翌月の7月にはプロポーズをされました。

結婚願望があったものの男性は
やはりのんびりしている方が多いのか、

その人の性格によるのか、彼からは
翌年の秋に入籍したいと提案されました。

 

一方、私は翌月にでも入籍したいほど焦っており、
早く身を固めて落ち着きたい気持ちでいっぱいでした。

8月に入り結婚の時期を真剣に彼と話し合いました。
遅くても年内、できればこの秋にでも入籍したい旨を訴えると、

その真剣さが彼に響き、
秋に入籍する方向で決まりました。
その後、我が家の母のところへ彼が結婚の挨拶に来ました。

私は20代で父を病気で亡くし、
3人姉妹の真ん中で姉と妹が出ているため、
母と2人暮らしをしています。

緊張しながらもバシッとスーツで決めて、
うちの母に堂々と立派に挨拶をする姿は、
非常に男らしく頼もしく感じました。

8月のお盆休みに姉妹のいる県外へ行きご挨拶。
あまりの急展開に妹の旦那さんはそれはそれは喜んでくれました。

そんな挨拶旅行も束の間で、
披露宴を10月3日に定めたため、
かなり多忙なスケジュールとなりました。

披露宴の準備、新居探しと目まぐるしい日々でしたが、
今までに出会った中で、一番素敵で一番居心地がいい人を
伴侶にすることができるという幸せな気持ちで溢れていました。

長年、どうして私だけは結婚できないのかという、
取り残された感満載で、
負の気持ちを払拭することに必死だった私が、

一気に幸せ街道まっしぐらに進めるなんてという、
不思議な気持ちでいっぱいでした。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

大きいサイズの結婚指輪選びに苦労をしたようでしたね
基本的に市販の既製品の指輪はサイズが企画内なんです。

基本的に市販の既製品はよく売れるサイズが中心なので
平均的なサイズの9号~14号が中心となっています
サイズが大き過ぎたり、小さ過ぎるのは少ないんですね。

そして市販の既製品の結婚指輪の場合、規格外の大きい
サイズや規格外の小さいサイズを注文した場合、指輪の
サイズ直しをしてサイズを合わせるやり方が多いので、

リングの全体バランスや、デザインのバランスが歪んで
しまう事があるので極端なサイズの場合注意が必要です
サイズ直しが大きいと、地金も増えるので高くなります。

原型の型が何種類もある場合は、サイズ直しではなくて
大きい原型や小さい原型を使って型で合わせて作ります。

型がある場合はバランスは崩れませんがサイズの範囲が
決まってます(型の数に限りがあるので限界があります)
同じくサイズが大きいと地金が増えるので高くなります。

ではサイズが極端に大きい場合や、極端に小さい場合は
どうしたらいいのか?それは市販の出来合いの結婚指輪
ではなくてオーダーメイドで作るのが1番のお勧めです!

オーダーメイドならサイズに関係なくサイズの大きさに
合わせて作れるのでバランスも良いのでお勧めです(^-^)

ちなみにジュエリーコウキの場合は私が鍛造で1つ1つ
手作りで作りますのでサイズが規格外でも大丈夫です!
※鋳造のように原型の機械生産ではなく完全手作りです

サイズを計るリングゲージは1号~30号まであります
極端に大きいサイズ(20号~30号)の場合でもOK
逆に小さいサイズ(1号~7号)も作れるので安心です!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA