【甲丸-こうまる】つるんと肌に馴染む指輪!邪魔にならない結婚指輪

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、東京都N様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして頂いた方のご両親は結婚指輪に傷が付く
のが勿体なくてたまにしか指輪を付けなかったそうで、

そんなご両親の姿を小さい頃から見ていて自分が結婚
したら結婚指輪は毎日着けていたいと思ったそうです。

そして自分の結婚が決まった時に毎日着けられる邪魔
にならない肌に馴染む指輪を探したというエピソード
結果、甲丸(こうまる)という指輪に決めたそうです。

それでは東京都N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【シンプルで肌馴染みのいい丸い結婚指輪】

 

投稿者 東京都N様

 

私たちが購入した結婚指輪は
素材はプラチナでこだわりましたが、

デザインはいたってシンプルで、つるんとしていて、
表面にダイヤなどの装飾がないものです。

また、肌馴染みも良く、
つけていて邪魔だなと思うことなく、
とてもつけ心地の良いリングです。

色々なジュエリーブランドを見て歩いて、
接客を受けたのちに、昔から憧れていた
ブランドの結婚指輪に決めました。

私の両親は結婚当時に結婚指輪を買ったのですけど、
「高価なものだから普段からつけて、傷がついたら嫌だ」

と日常で全くつけていないのを小さい頃から見ていたので、
私は結婚指輪は毎日ずっとつけていたいと思っていました。

 

【毎日できる邪魔にならない指輪】

なので指輪に傷がついてもその傷ですら美しく、
デザインだと思えるようなつるんとした表面で、

普段の家事においても邪魔にならず、
洋服などにもひっかかりのないような指輪を選びました。

シンプルなデザインの結婚指輪なので、
プライベートでもビジネスシーンでもつけやすいですし、
どのような服装にも合うのでとても満足しています。

プライベートですこしおしゃれをしたい時は、
ダイヤのついている婚約指輪を重ね付けしたり、
ほかのアクセサリーをつけています。

結婚指輪がシンプルなので、
ほかのアクセサリーともうまく馴染むので、
非常に満足しています。

結婚して3年になりますが、
毎日指輪は付けっ放しにしていて、

今まで結婚指輪を外したのは手術の時や
大掃除の時くらいで、そのほかはずっとつけています。

指輪 こうまる

指輪の傷は夫婦の絆の証!
傷も指輪のデザインのうち

もちろん結婚指輪の表面には
大小の様々な傷がついてしまっています。

せっかく高い結婚指輪を買ったのに
もう傷がついてしまったと初めて大きな傷が
ついたときは少し残念な思いもありましたが、

結婚指輪の表面に傷が増えれば増えるほど、
二人の結婚生活が長く続いている証しだと今では考えていて、
結婚指輪に傷がつくこともデザインのうちと考えています。

結婚指輪は同じデザインの
ペアリングを選ぶ方が多いと思いますが、

旦那と私の結婚指輪は実は
同じデザインのペアリングではありません。

同じブランドで同じ素材のプラチナで選び、
結婚指輪を購入したのですが、
デザインはお互いに好きなものを選びました。

 

【夫婦で違うデザインの結婚指輪】

私は指が細くても小さいことから、
細身で表面が丸みを帯びている
華奢なデザインのものを選び、

旦那は私のリングの倍の太さのリングで、
表面が平らでどちらかというと
カクカクしたデザインの物を選びました。

ぱっと見のデザインは違いますが、
私のリングは内側が平らになっており、

旦那のリングは内側が丸みを帯びていて、
リバーシブルのような感じで繋がっているという
ところも気に入っているポイントになっています。

お互い、自分が好きなデザインの物を選んだこともあり、
私も旦那も、自分たちの結婚指輪はとても気に入っていて、
外すことなく、毎日付けっ放しにしています。

私は結婚指輪は絶対に夫婦同じデザインじゃなければ
いけないと以前は思っていたのですが、

実際に自分たちが結婚指輪を選ぶ立場になって、
インターネットで情報を収集し、
お店でたくさんの指輪を見て、気持ちも変わってきました。

 

【夫婦で別々のデザインでも有り】

店頭でお互い好きなデザインが割れているところを見て、
店員さんが「別々のデザインを買われる方も
たくさんいらっしゃいますよ。」

「お互いが気に入って納得して指輪をつけ続けることが
できるものを買われるのが一番いいと思います。」と

おっしゃってくださったことも後押しして、
各々が気に入った結婚指輪を購入することになりました。

実は現在の指輪以外にもう一つ
気になっていたブランドがあったのですが、

その指輪の説明を聞いて少し気になるところがあり、
最終的にそこが最後まで引っかかり購入をやめました。

指輪の表面のラインの説明をしていただいたときに、
店員さんが「右肩下がりのラインになっています」
とおっしゃったのです。

しょうもないことではありますが、
右肩上がりの方が演技はいいよなと考えてしまい、
そのブランドでの購入をやめました。

 

【プロポーズエピソード】

マッチングアプリで出会い、メッセージを交換し、
気が合いそうだと感じたので実際に会うことにしました。

ドライブデートも含め、2回ほどデートをし、
海外旅行という共通の趣味もあり、一緒にいて、
話していて楽しいことから交際をスタートしました。

お互い海外旅行が好きなので、
交際して5ヶ月後の夏休みに一緒にヨーロッパに
旅行に行くなど、楽しい毎日を過ごしていました。

会社のある日は、私が彼氏の家に遊びに行き、
一緒に晩御飯を作って食べて、そのまま泊まって、
次の日会社に行くという生活をよくしておりました。

私の会社が彼氏の家の近くにあったこともあり、
私が頻繁に彼氏の家に泊まるので、私の洋服や化粧水、
パジャマなどは常に彼氏の家にある程度置いてありました。

 

そんな生活が半年以上続いた時のことです。

彼氏の弟も含めて外食をして帰ってきて、
さあ寝ようと一緒に布団に入った時に、
彼氏が突然、「一緒に住もうか」と言ってくれました。

「それは結婚ってことかな」と聞き、
「そうだね」となり、結婚に向けての準備を
始めることになりました。

ロマンチックなムードでの
プロポーズではありませんでしたが、

お互いがリラックスした状態で、
またプライベートが保たれた空間でのプロポーズだったので、
私にとっては心地よく、とても嬉しい瞬間になりました。

若い時はフラッシュモブのプロポーズとかの動画を見て、
素敵だなと感動することもありましたが、

ある程度年齢を重ねてくると、
周りの人からの視線を集めるような場所での
プロポーズは恥ずかしいし嫌だなと思っていたので、

私の気持ちをしっかりと
汲み取ってくれたみたいで嬉しかったです。

また、向こうから切り出してくれましたが、
二人で会話の中で結婚を決めることが
できたのもよかったと思っています。

向こうから一方的にお願いされるような形の
プロポーズももちろん素敵だと思いますが、

交際中もいろんなことを一緒に話し合って決めて、
二人で進めてきていたので、結婚を決める際も、
二人で決めるような形の流れになりよかったと思います。

お互いに納得度も高いですし、二人で決めたことであれば、
ちょっとやそっとのいざこざでは喧嘩に発展しないと思います。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズを経て、
結婚をしようとお互い決めた後は
トントン拍子で話が進んで行きました。

まずは婚約指輪と結婚指輪を探しに
色々なジュエリーブランドを回りました。

はじめは彼氏も一緒にいくつかの
お店をまわり、接客を受けました。

ある程度候補を決めたのちに、
ほかのブランドも念のためという感じで
私一人で見て回りました。

その結果、やはり二人で見たブランドの指輪が
いいねとなり、そのブランドで買うことを決めました。

婚約指輪探し結婚指輪探しと並行して
両家両親への挨拶も進めて行きました
お互いの両親に紹介し、結婚の承諾を得ました。

その後、両家の顔合わせをするために、日程を調整し、
店を選び、お互いの両親を紹介し合いました。

顔合わせの調整をしながら、挙式の準備も始めました。

ハワイにて海外ウエディングがいいなと思っていたので、
インターネットで色々と情報収集をしたうえで、

海外ウエディング専門のお店に情報収集に行き、
気に入った式場プランがあったので、
日取りもプランもお店に行った日に決めました。

 

海外ウエディングがいいなと思ったのは、
いくつかの理由があります。

それまで友人の結婚式に何度も出席しましたが、
国内での大勢の方に参加いただく大きなウェディングだと、

お酌をしに行ったり挨拶をしなくてはいけないなどと
両親がゆっくりと結婚式を楽しめないかなと思いました。

また、私たち自身も色々な時代の友達が
きてくれることはありがたいですが、

せっかく遠くからきてくれても、
歓談や写真撮影などの間の数秒しか一人一人と
ゆっくりと話ができないかなと思ったことから、

大切な友人へはまたそれぞれ
ご報告の機会をいただくことにして、

両家の両親だけをよんだ
小規模なウェディングをすることに決めました。

両家の両親ともにハワイに
いけることをとても喜んでくれて、

私たちがハワイに到着するよりも先に現地に入って、
結婚式前日も観光を楽しみ、結婚式も気楽な雰囲気で
楽しんでくれて本当によかったです。

また、後から写真を見返しても、
どの写真も美しく、背景が綺麗なだけでなく、

両家の両親含め私たちもリラックスした表情で
楽しんでいたことがわかり、とても嬉しく思いました。

結婚式の後にはハワイを存分に楽しむことができ、
旅行としてもとてもいい思い出となっています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

ご投稿をして頂いた方のご両親は、結婚指輪に傷が付く
のが勿体なくて、たまにしか指輪を付けなかったそうで

そんなご両親の姿を小さい頃から見ていて自分が結婚を
したら結婚指輪を毎日着けていたいと思ったそうです。

そして結婚をすることになり日常生活で引っ掛かりなど
がなくて邪魔にならない甲丸デザインを選んだそうです。

つるんとした丸いデザイン、角が一切無いので着け心地
がとても良くて邪魔にならないので結婚指輪にピッタリ!

今は甲丸(こうまる)というデザインの呼び名が一般的
ですが昔は蒲鉾(かまぼこ)カマボコリングと呼ばれて
いた時代もあります(年配の方がよく蒲鉾と言います)

板に乗った蒲鉾の形に似ているのでそう言われてました
つるんと丸い形をしているので昔から愛されている形で
甲丸は今も昔も超定番で1番人気のデザインになります!

基本的な甲丸の形は丸や楕円がベースになっていますが
甲丸デザインの幅を太くしてみたり逆に細くしてみたり
肉厚を厚くしてみたり薄くしてみたり色々とできます。

一言で甲丸といっても、幅や厚みで甲丸全体の見え方が
変わってきますので自分好みの甲丸を探してみましょう。

ちなみにジュエリーコウキで作っている甲丸は鍛造です
幅や厚みはお好みで作ることもできますし鍛造で甲丸を
作るので頑丈で変形しにくく傷が付きにくいのでお勧め!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA