婚約指輪と結婚指輪が別々のブランドでも指輪の重ね付け出来ます!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、兵庫県H様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は「婚約指輪と結婚指輪を重ね付けしたい」
というのが指輪探しの1番のポイントだったそうです。

先に某有名ジュエリーショップで婚約指輪を購入して
後日に、婚約指輪に合う重ね付けができる結婚指輪を
同じジュエリーショップで探したそうですが難しく(汗)

難しいというのは婚約指輪と重ね付けする結婚指輪が
しっくりこない・・・違和感があるという理由でした
同じブランドで揃えても合わない場合があるんですね!

それでは兵庫県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【私たちに似合う結婚指輪を選ぶ大切さ】

 

投稿者 兵庫県H様

 

私たち夫婦の結婚指輪は、
私が普段から気に入ってつけている
ファッションジュエリーのお店で購入しました。

婚約指輪を買ってくれた時は私の好きな
お店でいいよと言ってくれたカレに甘えて、

憧れのジュエリーショップの中でも
控えめなダイヤの指輪をもらいました。

普段から地味な私が思い切ってその有名な
ジュエリーショップの名前を口にした時、

彼が嬉しそうに「行こう行こう」
と喜んでくれたのが嬉しかったです。

婚約指輪は私だけがつけるものですが、
結婚指輪はペアでつけるので選ぶ際、

今度は彼も自分にも似合うもの
がいいという希望がありました。

 

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けは
同じジュエリーショップなら合う

婚約指輪と同じジュエリーショップで買えば、
重ねてつけても違和感がなくて良いという記事を見て、

婚約指輪を買ったジュエリーショップに
まずは行ってみました。

「結婚ハイ状態」の私と彼は、
店員さんからの「おめでとうございます」
という声かけにも気持ちよくなって、

このままここで結婚指輪を買ってもいいね!
という雰囲気になったのですが、

「これを一生つけるんだ」と
しみじみ幸せに浸っていると…あれ??

ほんとに似合ってる??
全身うつる鏡の前で急に普段の
自分には似合わない気がしてきました。

彼にもほかのお店も見てからに
しようとお願いして帰りました。

 

有名なジュエリーショップの
ブランド名に惹かれてしまう

お店を出てから
「さっきの結婚指輪、ああいうの好き?」と彼に聞くと

「好き…でもないけど、あのお店はいいね~」と
有名ジュエリーショップの名前に惹かれているだけの様子。

お店で感じた違和感を彼にも説明すると、
「確かに…」と納得してくれました。

アクセサリーはつけない彼だったので、
結婚指輪選びもどう選べばいいか
わからなかったようなんです。

私が普段アクセサリーやジュエリーを
選ぶ時は服装とか自分の雰囲気に合ってるか、

自分がなりたい感じに近づけるか
考えて買うなぁとお喋りていると、
彼も「一生つけるんだもんな」とポツリ。

ずっと結婚指輪をつけていようと
思ってくれてることが嬉しかったです。

私のまわりの男の人は、
結婚指輪をつけてない人が多かったので

彼もつけてくれるのは
新婚の時だけかな~なんて思っていたので。

 

【どんな結婚指輪が良いのか考える】

それからは彼もどんな感じの結婚指輪がいいか、
普段見るファッション雑誌を
見ながら考えているようでした。

次の週末また結婚指輪を見に行くことになった時に、
私が気に入っているファッションジュエリーのお店に
良い感じの結婚指輪があったと彼が教えてくれました。

お店の奥の狭いスペースに確かに
小さくブライダルジュエリーのコーナーが
あった事を思い出して行ってみることに。

 

【シンプルな結婚指輪に一目ぼれ】

そこにあった結婚指輪に2人とも一目ぼれでした。

シンプルな作りに少しデザインがあって、
キラキラしすぎないくすんだ色の指輪。

シンプルでカジュアルな
私たちの雰囲気にぴったりでした。

店員さんのナチュラルな接客も逆に
浮足立つことなくゆっくりと選ぶ
心の余裕ができてよかったと思います。

彼もつけた瞬間から自分に
なじんでいるようなその指輪が気に行ったようでした。

結婚指輪 シンプル

結婚指輪と婚約指輪の重ね付け
そこだけは譲れないポイント!

婚約指輪を眠らせずに
結婚してからもお出かけの時などは、

結婚指輪に重ねてつけたいという私の希望にも、
店員さんがアドバイスしてくれました。

違うテイストの指輪でも結婚指輪が
主張しすぎないタイプだから大丈夫ですよ、

むしろ婚約指輪の特別感と
結婚指輪の普段の感じが重なって素敵です、と。

その言葉にぐーっと背中を押されて、
婚約指輪とは違うこのお店で買うことに決めました。

 

【自分達がずっと着けられる事が大切】

今は夫になった彼も、
今でも結婚指輪をつけてくれています。

あの時、私たちの雰囲気に似合わない結婚指輪を
買っていたら結婚指輪は特別な日にしか
つけないものになっていたかもしれません。

「結婚」という華やかなイメージは
いったん置いておいて、

これから自分達夫婦にずっと寄り添って
くれるものかどうかを基準にして、
気に入ったものを選んで本当によかったと思っています。

 

【プロポーズエピソード】

付き合って2年目、私は社会人5年目で
少しずつ責任のある仕事を任され
ストレスを感じることも多くなってきていました。

高校卒業後、
実家を離れてからの一人暮らしも長くなり、

この先自分はこの会社でずっと働くのか、
など人生について考えることが増えてきていました。

地元に帰って父と母の近くにいてあげたいと
思うこともあると彼に何気なく話した時に

「そうなると別れることになるね」

と淡々と言い放たれ、
彼が急に冷たい人に思えて悲しくなりました。

付き合い始めて1年たった頃に、
急に一度彼から別れ話をされて、
説得して考え直してくれましたが、

その時から私の中では
「私の事ほんとうはそんなに好きじゃないのかも…」

という不安な気持ちが
ぬぐえないまま付き合っていました。

もう一度ちゃんと
話し合ったら別れることになりそうで…。

 

そんな不安をかかえたままで迎えた
付き合って2年目のバレンタインデーに
思いがけず彼からプロポーズされたんです。

バレンタインだったので私は美味しいチョコを
用意して食事に出かけたレストランで
彼にチョコを渡そうとしていました。

すると、彼が「そろそろ結婚しようか」と。
ビックリしました。

私ばかりが好きで付き合ってると不信感があった分、
驚きが大きかったです。

嬉しくて泣き出す私を見て
彼も目を潤ませていました。

甘い言葉を口にするのが苦手で
ゴメンと言ってくれました。

冷たく感じていた彼の反応でしたが、
私がこの先の事を考え始めているのがわかって

自分の気持ちをハッキリ伝えようと
プロポーズを決めていたということでした。

バレンタインに今でもチョコをあげますが、
そのチョコを一緒に食べながら
毎年プロポーズされた幸せを思い出します。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズされた瞬間から、
不思議なことにいっきに
世界が変わったように感じました。

会う人みんなに「私結婚するよー」
と叫びたい気持ちでした。幸せだったなぁ。

一度、別れ話をされたことを知っている友人からも
「奇跡が起こった」と驚かれました。

自分を好きでいてくれてるのか
疑っていた気持ちも完全になくなってましたね。

当時、彼は資格をとるために
仕事と勉強を両立させていたため、

週末も会える時間は限られていましたが、
それも不満に思うこともなくなりました。

その日も勉強のため出かけていた彼でしたが、
夜に私の部屋に来た時に私を驚かせようと
ゼクシィを買ってきてくれました。

レジで恥ずかしくなかったのかと聞くと
「全然!」という彼。

その後、親に挨拶に行ったり
結婚式の準備をする中でも、

自分に素直な人だなぁと感じる事が多くて
どんどん好きになりました。

 

私の実家も彼の実家も遠方で
日帰りで行くことができなかったため、

それぞれ泊りで旅行もかねて
実家に挨拶に行きました。

彼の両親は彼が資格を取って
転職しようとしていることに賛成しておらず、

そんな中で結婚を決めて
私に申し訳ないと言っていました。

当時、彼は大きな会社に勤めていたので
彼の両親はその会社を辞めて欲しくなかったようです。

私は彼の転職が失敗するとは
ほんの少しも疑ってなかったのですが、

後から聞くとそういう私の楽天的な
ところに惹かれたと言っていました。

今考えると確かに大きな会社に
勤めてくれてた方が良かったかもしれませんけど(笑)

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

特に結婚指輪探しのエピソードは婚約指輪と結婚指輪を
重ね付けしたい!という方には有益な情報でしたね(^-^)

婚約指輪と結婚指輪を購入をしたジュエリーショップが
違っていてもブランドが違っていても重ね付けできます。

確かに結婚指輪も婚約指輪も同じジュエリーショップや
同じブランドならデザインも合わせやすいのは本当です。

しかし、婚約指輪の場合は先に購入をする事が多いので
結婚指輪の事を考えて購入する人のほうが少ないんです。

婚約指輪の購入時は結婚指輪の重ね付けを考えて購入を
するよりも、婚約指輪だけのデザインを重視する為です。

なので後日、結婚指輪を選ぶときに合わせようとすると
重ね付けが上手くいかなかったり合わなかったりします。

ですので、重ね付けというのを1番に考えているのなら
婚約指輪を購入の段階で結婚指輪も選ぶのがベストです。

しかし、今回の投稿にもあったように同じブランドでも
しっくり来なかったり合わなかったり違和感がある事も
当然ありますので最初に二人で話し合うことが大切です。

指輪を作っている宝飾職人として私の知識になりますが
実はブランドが違っていても指輪のフォルムを合わせる
だけでも簡単に重ね付けの相性が上がるんですよ(^-^)

例えばストレートの婚約指輪ならストレートの結婚指輪
婚約指輪がウェーブなら結婚指輪も同じウェーブにする
平打ちなら平打ち、甲丸なら甲丸に合わせるということ。

たったそれだけでも、ブランドやジュエリーショップが
違っていても簡単に重ね付けができるようになるんです。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA