理想の結婚指輪の選び方と決め手!結婚をする方に参考になる体験談

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府N様から投稿を頂いたエピソードです

人によって指輪を選ぶポイントは違いますがご投稿を
頂いたこちらの方の結婚指輪を選んだ重要ポイントは
3点あったそうです(予め決めておくとスムーズです)

まず1つは婚約指輪に重ね付けができる結婚指輪です
2つめは自分好みのデザインで人と被らない結婚指輪
3つめは結婚指輪の予算(二人で話し合うと良いです)

この3点を重要なポイントに設定して探したそうです
実際に体験談を詳しく教えて頂いたので為になります
それでは大阪府N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【私達夫婦の結婚指輪 選んだポイントは3点】

 

投稿者 大阪府N様

 

私の職場は厳しくジュエリーは原則、結婚指輪しか
身に着けてはいけないという決まりがありました。

だからこそ、職場の先輩が結婚した際には
みんな結婚指輪を見せてもらい、

結婚指輪のここのデザインが気に入った、
このブランドと迷った、などと話を聞く機会は多く、
私の中でも既に理想のイメージは固まっていました。

結婚から今年で3年経ちますがいまだに私は
自分の付けている結婚指輪が一番お気に入りです♪
私の決めていた結婚指輪のポイントは3点ありました。

 

【婚約指輪と結婚指輪が重ねづけが出来る】

まず1点目は婚約指輪と重ねづけが出来ることです。

重ねた時に婚約指輪のダイアの部分と
結婚指輪が綺麗に重なるように、

結婚指輪の形は真ん中がVの字に
へこんでいるデザインにしました。

V字の結婚指輪は限られていたので、
形を最初から決めていたことにより結婚指輪を決定
するときはあまり悩むことなくすんなり決まりました。

次に2点目は自分らしい結婚指輪、
他の人と被らないデザインであることです。

 

【人と被らないデザインの結婚指輪】

私は元々ブランドものに興味が薄く、
ファッションもナチュラルだったので、

百貨店の1階に立ち並ぶようなハイブランドの
結婚指輪を買いたい欲はありませんでした。

その代わり、ファッションリングのような
可愛らしい華奢なデザインの結婚指輪で、

毎日眺めているのが楽しくなるような
自分の好きなデザインを選びたいと思っていました。

余談ですが、当時の彼はとてもシャイで
婚約指輪をサプライズで買うのが恥ずかしいと言って、
私は婚約指輪も結婚指輪も自分で選びました。

いろんなお店を周った結果、
私は婚約指輪にローズカットのダイヤの指輪を選びました。

 

【ローズカットのダイヤとは】

ローズカットのダイヤモンドとは、
中世ヨーロッパで流行っていたカットで、

ダイヤの上が平坦にカットしてあり、
ダイヤがきらきらと輝くというよりは、
ダイアの透き通った印象を感じさせるものです。

王道のブリリアントカットのダイヤの指輪と比較して、
輝きは劣るものの独自のアンティーク感があり、
控えめで上品なその婚約指輪に一目惚れしました。

そしてその婚約指輪に合う結婚指輪としてゴールドの
ハーフエタニティのきらきらした結婚指輪を選びました。

ローズカット ダイヤリング

ローズカットのダイヤリングに
ハーフエタニティリングを重ね付け

婚約指輪の控えめなダイヤモンドの輝きを、
ハーフエタニティのきらきらとした結婚指輪が、
重ね付けをしたときに一緒に輝いてとても素敵だったからです。

ローズカットのダイヤの婚約指輪も、
ゴールドのハーフエタニティの結婚指輪も
周りとは今まで被ったことがなく、とても満足しています。

 

【私達夫婦の結婚指輪の予算】

3点目は結婚指輪の予算です。

彼は結婚指輪の予算なんて
気にしなくて良いと言ってくれましたが、

私は王道ハイブランドのあまりにも
高い結婚指輪を買うよりも、

そのお金をハネムーンにまわして
楽しむ方が有意義だと感じていました。

結果、結婚指輪は2人で20万円程と、
決して安い買い物ではありませんでしたが、

デザイン重視で選んだおかげでハイブランドに
負けないお洒落さがあり、よく褒めていただきます。

お堅い職場でしたので、
ゴールドのハーフエタニティの
結婚指輪は少し派手かなと思いましたが、

華奢なデザインのおかげで、
下品になることもなく
可愛らしい存在感を放っています。

 

【男性用はV字でプラチナ製】

彼は同じV字の形状をした
プラチナの結婚指輪ですが、

カラーもリングの太さも私の指輪とは異なるので、
程よくお揃いすぎず、同じ職場で社内結婚をした
私たちにとっては恥ずかしくなくてちょうど良かったです。

結婚指輪を選ぶとき、ブランドや予算、
デザインなどいろいろ決める基準はたくさんありますが、
一番重要なのは自分の思いを大事にすることだと思います。

他人に言われたアドバイスを間に受けたり、
他人がつけているブランドより
良いブランドを身につけたいと欲を出すと、

どうしても考えがぶれてしまい、
あとで後悔してしまうことも出てくると思います。

私も実際、ゴールドはプラチナより強度が劣る、
シンプルなデザインの方が飽きが来ないなど、
周りからいろいろなアドバイスをいただきましたが、

自分の意思で決めたので
今まで後悔したことは一度もありません。

じっくり自分の思いを大事にして考えて、
素敵な結婚指輪に巡り合ってください♪

 

【プロポーズエピソード】

付き合って1年目の記念日を迎える2ヶ月程前。

社内恋愛だった私たちは
付き合っていることを周囲に黙っていましたが、

いよいよ周りからの追求が激しくなり、
嘘を突き通すのがしんどくなってきていました。

そのとき彼から「上司に変なばれ方をすると、
お互い中途半端な時期に異動させられるかもしれないよね。」

「どうせ報告するなら結婚報告を兼ねて
しっかり報告した方が良いよね。」と言われました。

私もそれを受け入れて「確かに、私もそれが良いと思う。
そしたら、もうすぐ記念日だしその日位に報告する?」

「うん、じゃあそうしよう。
そしたら婚約指輪買わないといけないか。」

「今調べたら婚約指輪って出来上がるまで
物によっては1〜2ヶ月かかるらしい!
じゃあ次の休みに早速一緒に見に行こう!」

「え?サプライズじゃないの?」

「だってどうせなら気に入った物付けたいでしょ?
僕指輪のことよくわからないし、
指輪買いに行くのも恥ずかしいし。」と。

 

とんとん拍子に話しが進み、
結局サプライズが全くないまま、当日を迎えました。

当日レストランへ向かう前に
婚約指輪を受け取りにジュエリー店へ。

店員さんに「一度フィッティングしてみますか?」
と言われ、お店で一度サイズを確認してから
再度彼にダイヤの婚約指輪をたくし、ディナーを堪能。

スイーツがくる前に
近くの教会へ店員さんに連れて行かれ、

先ほど付けたばかりの婚約指輪を改めてぱかっとされて、
「僕と結婚してください。」と言われ

「え!?まさか!ありがとうー!」と
猿芝居をしながら婚約指輪を改めてはめてもらいました。

サプライズゼロのプロポーズでしたが、
お互い安心して過ごすことができ、

私たちらしいなあと
笑いながらとても良い日を過ごすことができました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

無事婚約した私たちは社内にも
やっと上司にそのことを報告しました。
会社の同僚たちはみんな喜び、祝福してくれました。

それから私は近くの店に異動することになり、
入籍する時期には旦那とは違う店に配属されていました。

そのおかげで私は特に
いじられることもありませんでしたが、

同じ職場にい続けた旦那は
いつから付き合っていたのか、

結婚指輪はどんなものをしているのか、
プロポーズはどのようにしたのか、
周囲から相当いじられたようです。

その後結婚式の際には、
職場のみんなを招待して私もみんなと再会。

お互いを若手社員の時から知ってくれている
同僚は家族のように感動してくれました。

同僚の1人がブーケを作ってくれたり、
旦那の主賓である上司も挨拶で私の話に触れてくれたりと、
とてもアットホームな結婚式を演出してくれました。

 

今は家業を継ぐため、
2人とも仕事を退職することとなりましたが、

いまだに2人ともお世話になった同僚とは仲が良く、
家にまで遊びに来てくれる仲が続いています。

結婚するまでは周囲に隠すことに必死で、
悪いことをしていないのに隠し事をしなければいけない
という状況はしんどいものがありましたが、

結果周りに結婚報告というかたちで
2人の関係を報告できたときはとても心が軽くなりました。

周りの方々に祝福されて結婚できたことで、
いまだに私たちは仲良しですし、
毎日を楽しく過ごすことができています。

いろいろ苦労することもありますが、
結婚生活はとても楽しいです。
みなさんも素敵な結婚生活を送ってください♪

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

社内恋愛からの結婚、そして今も仕事仲間と仲良しという
とっても羨ましいなと思いました(私は工房で1人なのでw)

そして結婚指輪を選ぶ3つのポイントも教えて頂きました

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けできるデザインということ
そして自分らしいデザインで人と被らない指輪ということ
3つめは1番多くの方も同じだと思いますが予算ですよね。

選ぶカップルさんによって、こだわるポイントは違います
しかし結婚指輪の予算に関しては皆さん1番考えますよね。

何をこだわるにしても予算は必ず付きまとってきますので
まず2本で予算をいくらにするのか決めるのも良いですね。

そして予算の中で何が出来るのか、何を諦めるのかなどを
お二人でじっくりと話し合ってから選ぶ事をお勧めします
お二人が納得をした結婚指輪に出会えると良いですね(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA