結婚指輪のサイズゆるくして大失敗!きつめサイズの方が後々馴染む!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、青森県N様から投稿を頂いたエピソードです

結婚指輪エピソードを投稿して頂いた方は結婚指輪の
サイズに余裕を持って緩めにしたら失敗をしたという
切ないエピソードになりますがサイズは凄く重要です!

私は長年、指輪を作っている宝飾職人ですがサイズは
ゆるめの大きいサイズで作るというのは危険なんです。

きつめのサイズが苦手だからという理由や指が浮腫み
やすいので余裕を持って楽に結婚指輪をしていたいと
考えている方が多いのですが失敗する事が多いんです。

最初は指輪をすると慣れていないのでキツめに感じる
こともありますが、そのうち馴染んでくるんですよね
なのでピッタリのジャストサイズをお勧めしています。

それでは青森県N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪 サイズの選び方は重要】

 

投稿者 青森県N様

 

近くにある指輪屋さんの中から、
2店舗を訪れて結婚指輪を試着しました。

指輪については無知だったので、
始めて試着したときは似たようなデザインでも

ストレートタイプやS字、V字など形によって
指にはめた時の印象がずいぶん違うものだと驚きました。

指輪屋さんで初めて結婚指輪を
はめたときはお互い緊張で指がガチガチで、

特にむっちり気味の旦那には全然指輪が通らず、
店員さんに「旦那さんもっと力抜いてください!!」
と笑われたのが面白かったです。

はじめはペアリングのデザインにこだわっており、
どちらも似合うデザインでペアリングに
なっているものを探していたのですが、

なかなかお互いの好みに合うものが
見つからず悩んでしまいました。

 

結婚指輪は無理にペアの
デザインにしなくていい

しかし、店員さんの
ペアリングにこだわるのも素敵なことですが、
それぞれの好みの指輪を選ぶことも
『お互いを尊重する』と言う意味になります。

毎日つけるものだから本当に
気に入ったデザインの方が気分も上がるし、

ペアにこだわらず好みに合ったものを選んでみては?
とのアドバイスを頂き、気持ちが吹っ切れました。

最終的に、パッと見がペアに見えるように
2人とも指輪の形はストレートのものにしました。

個人的にはS字の方が指が
細くきれいに見えて良かったのですが、

旦那の指はむっちり系なのでS字が似合わず、
でもペア感は出したかったので私が妥協しました。

でも実際二人でつけてみて、
形を一緒にして良かったなと思っています。

 

女性用の結婚指輪にピンクダイヤ

私の指輪は、斜めに2本ラインが入っており、
その中に小さなダイヤが3つ並ぶデザイン。

真ん中の1つをピンクダイヤに
してもらったのがお気に入りポイントです。

ダイヤのカットやグレードによって
値段が変わることもその時初めて知りました。

長く大事にしたいので
グレードが高い方を選んでもらいました。

結婚指輪 ウェーブ

【旦那さんの結婚指輪 ねじりデザイン】

旦那の指輪は少し太めで、
真ん中にねじりのデザインが入っています。

ねじりの角度や幅が、私の指輪の斜めの
ラインと近いところがペアっぽくてお気に入り。

ねじり部分につや消し加工が入っていて、
むっちり気味な指を少しだけスタイリッシュに
見せてくれるかな…と思っています。

指輪の内側には2人のイニシャルと結婚記念日を刻印し、
さらにお互いの誕生石を交換した石を留めてもらいました。

 

【指輪のサイズ選び~ゆるめ大きめは危険】

ふたりとも普段から指輪をつけないタイプだったので、
結婚指輪のサイズ調整の際、締め付け感が気になって
少しだけ大きめのサイズを選びました。

なんとそれが大失敗!

結婚指輪を受け取った当日、
2人でお風呂に入ったら、

泡で滑りがよくなった指輪が
スルッと抜けそうになってしまいました
結婚指輪が流れなくて本当に良かった…。

サイズのお直しも考えましたが、
旦那が仕事柄指輪をつけられないこと、

せっかく作ってもらった指輪を切ることに
抵抗があったのでお直しはしないことに。

私もおっちょこちょいな面があり、
家事の合間に落としてしまったら困るので、
普段はつけず、お出かけの時だけつけることにしています。

指輪の内側にくるくる巻き付ける
ゴムみたいなパーツをネットで購入し、
なくさないようにつけています。

指輪を買うって初めての経験だし、
指輪屋さんにも必要がないと行かないから、

指輪に関して分からないことが
たくさんあるのだな…と思った経験でした。

 

【結婚指輪を身に着けて思うこと】

毎日指輪をつけられないことが
はじめのうちは寂しかったですが、

今は週末2人でお出かけするときに
結婚指輪をつけあいっこするのも楽しんでいます
これはこれでライフスタイルに合っていて良いのかな。

それに普段つけない分、結婚指輪に傷がつきにくいし、
長くきれいな状態のままで楽しめるのも良かったと思います。

結婚指輪って高い買い物だし、
普段つけないならなくてもいいんじゃない?
と思う人もいると思うけど、

手をつないだ時や相手の手が視界に入ったとき、
「あ~結婚したんだな~。」って少し嬉しくなるので、
結婚指輪を買ってよかったな~と思っています。

 

【プロポーズエピソード】

出会いは街コンでした。

仕事をしていると職場と家の往復で、
職場には年配の職員しかいないので出会いもなく…。

極度の人見知りなのに一大決心をして、
1人で街コンに参加。

初めに通された席の向かいにいた人が、
今の旦那さんです。

初めて会った時から、人見知りなのになぜか話しやすく、
もっと話したいな~と自然と思えたのでびっくりしました。

旦那はとてもフレンドリーだったので
後からびっくりしたのですが、

実は旦那もめちゃめちゃ人見知りで、
でも彼女を作りたかったからネットで会話術を
たくさん仕込んで頑張っていたそうです(笑)

 

何度かデートを重ねて告白してもらって、
1年くらいたった私の誕生日にプロポーズしてくれました。

誕生日ディナーに連れて行ってくれた後、
当時はプチ遠距離恋愛だったのでホテルを取ってくれてお泊り。

初めてお手紙を書いてくれて、
最後の最後に「結婚してください」の文字が。
嬉しくて涙が出ました。

読み終わって顔を上げると、
婚約指輪をパカっとしてくれました。

私がボロボロ泣いているから、笑いながら
「結婚してくれる?」って聞いてくれたけど、
言葉が出なくてブンブンうなずきました。

すごく優柔不断な旦那さんなので、
実はプロポーズをちゃんとしてくれるか心配でした。

でもなんとなく誕生日だな、
ってことは察しがついていたので、

ディナー中も今なのかな、デザートの時かな、
ってハラハラしていたのも旦那にはお見通しで、
反応を楽しまれていたみたいです。

でも素敵すぎる婚約指輪も選んでくれて、
しっかりプロポーズしてくれたので幸せな誕生日でした。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズを受けてすぐ、
私の実家に報告に行きました。

旦那のスーツ姿を見たのは初めてだったので、
写真を撮りたかったのに拒まれたのが残念…。

付き合っているときから
既にお互いの両親に顔を見せていたし、

結婚するつもりだよって伝えていたので、
「娘さんをください!」は円満に終わりました。

入籍日が連休だったので
そのまま旅行にも行きました。

新婚旅行は結婚式の後に改めて行くけど、
入籍記念のプチ旅行。

実はコロナ禍で結婚式を延期にして、
新婚旅行にもまだ行けていないので、

あのタイミングで旅行に
行っておいて良かったなと思っています。

 

私は結婚式に憧れがあってぜひやりたい!
でも旦那は恥ずかしいけど結婚式をやるのが

当たり前だからやる、というタイプなので、
結婚式場選びの時はすこし険悪ムードになりました。

結婚式に関しては女性側が突っ走ってしまい、
男性が適当になる…という一般的なパターンだと思うので、

根気強く旦那さんの意見を聞いて、
話し合うのが大事だなと思いました。

結婚すると色々なことを
2人で決めて行かないといけないから、
その練習ができて良かったなと思っています。

結婚式の準備はまだ全部できていませんが、
今のところ一番楽しかったのはやっぱりドレス選び。

たくさんドレスを着られて楽しかったし、
それに合わせて旦那のタキシードを
着せ替えするのも楽しかった!

客観的な意見が欲しかったので、
最終決定の日は母にも見てもらいました。

すごく気に入ったドレスが選べたので、
結婚式がとても楽しみです!

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

私は長年、結婚指輪を作っている宝飾職人ですがサイズは
ゆるめの大きいサイズで作るということはとても危険です。

私は修理仕事もしているのですが結婚指輪のサイズ直しは
多いのですがそのほとんどが縮めて下さいという修理です。

結婚をしてから年月が経過してからの指輪のサイズ直しは
サイズを大きくするご依頼が多いのですが、指輪を作って
すぐの修理はサイズを縮める事が多いので注意が必要です。

結婚指輪を購入されるお客様は、実は指輪を今まで着けた
ことがないんです。というお客様が多いので(特に男性)
指輪を着けるのに違和感があり緩めを選ぶ傾向があります。

確かに初めて指輪をする方は、きつめと感じるよりも余裕
を持った大きめのサイズを選んだ方が安心だと感じますが
実はキツメ位のサイズがいずれ馴染んで丁度良くなります。

指輪のサイズがブカブカのユルユルで、すぐ抜けてしまう
というレベルの緩さになると指に馴染むことはありません
結婚指輪のサイズ選びは丁度良いかキツメを選びましょう。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA