アメジストのパワーは素晴らしい!アメジストのネックレスに込められた力

ハンドメイドジュエリーの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市に店舗兼工房を構えている宝石専門店です

当店2代目の私、池田が書く指輪作りのブログです(^-^)
オーダーメイドの商品という事で工房で1つ1つ丁寧に私が
鍛造製法でリングやペンダントなどのジュエリーを作ります

鍛造(たんぞう)とは、ジュエリーの素材であるプラチナや
ゴールドを鍛冶で鍛錬をして鍛えながら造る日本の伝統技法
地金の密度が増すのでリングなどは変形しにくくて丈夫です

本日のブログではお客様のエピソードをご紹介いたします
宝石店ですので「宝石の魅力」をもっと知って頂きたいので
多くの方に宝石にまつわるエピソードを募集しておりました

本日お話しをお伺いした方は、何と学校の先生なんですよ
どんな宝石にまつわるエピソードなのかが気になりますね
それでは記事の最後までよろしくお願いいたしますm(__)m

=================================

 

アメジストの意味と原産国

アメジストは愛の守護石の呼び名でも名高く
家族や友人恋人など大切な人との結びつきを強める
力を持つ宝石で2月の誕生石としても知られています。

神秘的な濃い紫色から可憐なライラック色まで
幅広い色を持つこのアメジストは、主にブラジルや
ザンビア、ウルグアイなどで採掘されています。

 

アメジストにまつわる歴史や伝説

アメジストの語源は、
ギリシャ語の「amethysts 」
(酒に酔わない)というもの。

アメジストというのはギリシャ神話に
登場する月の女神アルテミスに使える美少女です。

ある日悪酔いしてしまった酒の神バッカスは、
「これからここを最初に通ったものを獣に襲わせる」
と言い、ピューマをけしかけました。

そこへ偶然通りかかってしまったのが、
月の女神の侍女出会った少女アメジストです。

これを見た月の女神は、慌ててアメジストを
純白の水晶に変身させ、危険を回避させました。

その後酔いから覚めたバッカスが自分の罪を反省し
水晶にワインを注ぐと水晶は透き通った紫色に変化し
現在のアメジストになったと言い伝えられています。

アメジストの効果とパワー

人生の悪酔いからも身を守ってくれる、
冷静さや落ち着きを与える効果を持つ、
そんな宝石として現代でも愛されています。

アメジストはネガティブな傾向にある人に
直接的に作用し、たとえば悪酔いが過ぎて人間関係に
亀裂を作りやすいような人に対しては自制心を与えます。

また、高貴さや凛とした人間性の向上を
目指すような人には品位を高める力を与えてくれます。

「心を癒すやすらぎが欲しい」
「大切な人との愛情。絆を深めたい」
「不安やトラウマを解消したい」
「精神を安定させたい」
「集中力を高めたい」
「毎日をポジティブに過ごしたい」など

こんな願いを持っている人には特におすすめしたい石です。

 

アメジストの原石は水晶なんです

鉱物としてのアメジストの特徴はモース硬度は
ダイヤモンドが10なのに対し、アメジストは7。

紫水晶とも呼ばれるように
水晶の一種であるため、あまり頑丈とは言えません。

また、水洗いや月光浴は石の浄化に良いとされますが
日光に強く晒されると色が褪せてしまうとも言われています。

そんな繊細さもこの石、アメジストの魅力の一つです。
神話でのエピソードはあれど、なぜ水晶が紫色になるのか
というのは長年の謎とされていました。

しかし、近年になってようやく共産する放射能鉱物の影響を
受けた結果着色されるのだということが解明されています。

アメジストの結晶は六角錐の集まりでよく採掘され、
このような固まりのものは高い値段で取引されています。

 

アメジストのネックレスは私の宝物

私は毎日、一粒のアメジストを
二連の細いネックレスに通してペンダントとして
身につけたりブレスレットにして持ち歩いています。

こちらに写っている画像がそのアメジストのネックレスです
ペンダントトップとしてペンダント枠に丸環が付いているので
取り外しも可能なのでネックレスを変えて付ける事もできます

ペンダントにしては珍しい石の留め方で、爪が8つもあります
私がよく見るペンダントは爪が4本の物が多いので珍しいです
アメジストが大事に包み込まれた印象を持ったペンダントです

アメジスト ペンダント

私がこのアメジストのペンダントネックレスに
出会ったのは成人を迎えた誕生日の日の事です。

成人したとはいえ、あまり大人になった自覚もなく
人と接するのも苦手な性格だった私は、
将来に対して不安ばかり持っていました。

こんなことでこの先やっていけるのか、
就職して生計を立てることなどできるのだろうかと
あれこれ考え、大人になるのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

そんな私にこの宝石を贈ってくれたのは私の母です
どんな気持ちであろうとやってきてしまった私の20歳の誕生日
鬱々としていた私に母は一緒に買い物に行こうと誘ってきました。

 

何気ない会話を楽しみながら特に当てもなく
街をふらふらとウィンドウショッピングしていた時、
ふたりでたまたま通りかかったジュエリーショップを眺めました。

キラキラとショーケースの中で自己主張する
指輪やネックレスなどの中、ふと目にに入ったのがこの宝石です。

私は別に2月生まれなわけではなく、
紫色が特別好きなわけでもなかったのですが、
派手すぎず、神秘的な佇まいで静かに輝いていた
この宝石になんとなく心惹かれて、じっと眺めていました。

すると、その様子を見ていた店員さんが近寄ってきて、
アメジストとはどのような力を持つのかを教えてくれたのです。

 

パワーストーンとしても人気のアメジスト

感覚を研ぎ澄ませ、心を落ち着ける力があること。
魔除けとしても古くから親しまれていること。
人との結びつきを深めること・・・。

一緒に説明を聞いていた母はその場ですぐアメジストの
ペンダントネックレスを包んでもらい私に渡してこう言いました。

「全ての人と仲良くなるなんてことはできないし、時には失敗する
こともあるでしょう。でも何事もやってみなければ、どうなるか
なんてわからないし、何も得られない。まずは自分の力を信じて、
支えてくれる人を大切にして一歩踏み出してみなさい。落ち着いて
何でも挑戦してみれば、きっともっと明るい世界が見えてくるはず。」

 

母は私の未来への臆病な気持ちを知っていたのでしょう
そしてこのアメジストが私の支えになるはずだと考えてくれたようです。

思いがけず、成人祝いにアメジストのネックレスをもらって
少し戸惑いましたが、家に帰ってからアメジストを眺めるうちに
母が伝えたかったことがなんとなくわかる気がしてきました。

アメジストのネックレスを贈られてからもうすぐ5年。
母の言葉ともらったアメジストのネックレスを身につけて、
今日も私は沢山の人に支えられながら一社会人として奮闘しています。

 

=================================

最後まで記事をご覧いただきましてありがとう御座いました
アメジストという宝石の効果やパワーは凄いもんですね(^-^)

私も職業柄、アメジストを使ったジュエリーは色々と作って
きましたが1番多く作ったのは、やはりペンダントなんです
それもとってもシンプルで石枠だけのデザインが多いんです

石をメインに魅せたいという理由が1番ですがアメジストは
綺麗な紫色なのでプラチナやゴールドに紫色が映り込むので
石枠の周りにデザインを入れる事が少ないんだと思います

本日もアメジストにまつわる素敵なエピソードを聞くことが
できて良かったと思います!ありがとう御座いましたm(__)m

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA