天然ピンクダイヤの結婚指輪 【人気の手作り】 無垢のプラチナリングの作り方

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

本日の結婚指輪はピンクダイヤを使います(*´Д`)
ピンクダイヤは天然です!天然のピンクダイヤです!
天然のピンクダイヤを猛烈に強調させて頂きましたw

 

天然ピンクダイヤモンドの結婚指輪

何故そこまで天然のピンクダイヤを強調するのか?
それは天然のピンクダイヤモンドが少ないからです
希少価値が高いんです(色の綺麗なピンク色の場合)

だからこそトリートメント加工(人工)をした
カラーダイヤモンドが多いという事なんですよね

今回は、偶然に結婚指輪に入れたら似合いそうな
小さい綺麗なピンク色のダイヤが手に入ったので
さっそく結婚指輪に使わせて頂きました(^ω^)

 

ピンクダイヤモンドの値段と相場

天然ピンクダイヤモンドの値段と相場は時価です
というのも、ピンクダイヤの大きさ(カラット数)
ピンクダイヤの色の出方、また傷の程度、透明度
などピンクダイヤモンドによって様々だからです

しかし基本的に、天然は間違いなく高額になります
小さくてもピンク色が濃くて綺麗なら何万もします
婚約指輪にするような大きさとなったら何十万、
何百万などランクにより大きく値段も変わってきます

ちなみに私の唇の色なら100万しますw ぶw
冬になってカサカサになると値下がりしますがw
いや~真冬のようにネタが寒くてすいません(;´Д`)

冗談は置いといて、天然のピンクダイヤモンドが
今すぐ欲しい!と購入したいと思っても・・・
見つけるのが難しく(探すのにある程度の日数)が必要
年々、ピンクダイヤの数は減っているので大変です(汗)

※人工のピンクダイヤとは全くの別物ですのでご注意を

 

使用するピンクダイヤを撮影しましたが
写真の撮り方が下手くそですいません(涙)

もっとピンク色が綺麗なんですが自分のせいですw
カメラの撮り方、撮影方法をもっと勉強しますね(;´Д`)

この大きさのピンクダイヤモンドでも(直径2ミリ)
色が濃くて綺麗なら「うん万円」するんですよ
お客様のルースなので価格は差し控えさせて頂きました

un8v8mazdgo7guv1479179698_1479179720

 

 

ご依頼を頂きましたお客様は栃木県のお客様です

前回の記事でもご紹介をさせて頂きましたが、
エタニティリング制作、ファッションリング制作
そして今回のピンクダイヤの結婚指輪の制作です

しかも遠方から当店までのご来店を2回も(涙)
人柄もめっちゃ良くて、とっても良くして下さり
感無量とはまさにこの事だと実感しました(号泣)
本当に沢山のご依頼、ありがとう御座いました!

それではピンクダイヤを使った結婚指輪を
真心をこめて制作しましたのでご覧くださいませ
鍛造、彫金、磨き、匠の技を凝縮した結婚指輪です

 

まずはプラチナ900の溶解(ようかい)です

お二人分の指輪を作るのに必要なプラチナを
計算して、溶解(溶かす事)をして塊にします

プラチナが溶ける融点は約1770度
溶けたプラチナは眩しく熱くエネルギー全開です

DSCN2493

プラチナの鍛金&鍛造

溶かしたプラチナ(地金)を鍛え上げます
鍛える金(地金)と書いて鍛金(たんきん)と呼び、
鍛えた地金で物を造る事を鍛造(たんぞう)と言います

一般的にジュエリーショップで販売している既製品の
結婚指輪は、基本的に鋳造(ちゅうぞう)というタイプ
溶かしたプラチナを用意した指輪の型に流し込む製法です
大量生産で、普通の宝石店がほとんどこれに属しています

しかし当店は他のジュエリーショップとは全く違います
先程、説明した鍛造製法で1つ1つ手作りをするんです!
鍛造で結婚指輪を作れるお店は、全国的に見ても少ないです
工房などの設備も必要ですし、何より熟練された職人が必要です

1466400020151344859

鍛造&鍛金のメリット

一握りの宝石店しか出来ない事もあって手間がかかります
溶かして塊にしたプラチナを金床(角床)という台に乗せ
金槌でガッツガツ何度も何度も、地金を叩き上げるんです

そして叩き上げたプラチナを炎でナマス(焼き上げる)
金槌で叩いて炎でナマスを繰り返す事によって鍛えられます

鍛える意味を更に説明すると、地金中にある「ス」という
微量な空気を放出させ、プラチナの粒子を締めて整わせて
プラチナの密度を極限まで上げるという事なんです

こうして密度をMAXに上げたプラチナは最強です
粘り強くて、強度もあり長くつける結婚指輪に最適です
メリットは沢山あり、デメリットは手間がかかる事だけ

dscn3710

プラチナの塊が1本の長い板になりました

金槌で叩いて焼いての繰り返しで地金の塊が写真のように
長細い板状になりました(制作する指輪の幅と肉厚です)

予め、男女の結婚指輪のサイズに必要な長さを計算して
2本分の結婚指輪となる長さの板に成形して長いんです。

dscn3712

1つのプラチナ板を2つにします

2つ分の指輪の長さの1枚のプラチナ板を2枚にします
糸ノコギリで丁寧にカットして、ペアリングのベースに

同じ1つのプラチナから、2人分の結婚指輪が誕生!
とってもロマンティックな工程だと思いませんか(*´Д`)
お互いの指輪から、お互いの絆や愛を感じれて最高です!

結婚指輪だからこそ、ずっとずっと一緒にお互いの事を
身近に感じて欲しいなぁ♪という私の願望からの工程です

dscn3715

結婚指輪に刻印を打ち込みます

ペアになったプラチナのベース板に刻印を入れます
結婚指輪の内側(中側)になる部分に刻印を打ちます

プラチナ900を証明する刻印と、ジュエリーコウキ
が間違いなく作りました!の証明のJK刻印となります

dscn3720

プラチナの板を丸めてリングの形にします

刻印を入れたプラチナ板を指輪の形になるよう丸めます
丸棒という棒に、板を押し当てて木鎚で叩いて丸めます

色々な丸め方があるのですが、私はこの方法で丸めます
木槌を使って叩くのは、傷がつかないようにする為です。

dscn3721

丸棒は、プラチナ板を丸めるという役目だけではなく
指輪のサイズを伸ばす重要な役目もある工具なんです

この段階で指輪のサイズを伸ばす工程ではないのですが
指定されたサイズの丸棒の大体の位置(丸棒の外径)で
丸めると指定のサイズに近くなるのでピッタリ合います。

dscn3723

共付け(ロウ付け)

丸棒でピッタリと隙間を合わせて、丸めたリングの隙間に
薄く伸ばしたプラチナを挟み込んで溶かして溶接をします

一般的なロウ付けとは、溶けやすいロウ(伸ばした地金)
を使用して本体の指輪が溶けないようにして溶接ですが
共付け(トモヅケ)とは本体の指輪と同じプラチナを
薄く伸ばして挟みこみ、本体と一緒に溶解する方法です

dscn3724

本体の指輪も、ロウも全く同じプラチナなので融点が同じ
普通に考えれば、同じ融点なら同時にどちらも溶けます

ですが熟練した匠の技でロウと指輪を同時に溶かしながら
指輪が溶ける範囲を、極力少なくする事が出来るんですね

そうする事によって完全に地金同士が融合するんです
元は同じ地金なので相性も良く、そして強度もあります。

dscn3725

V字に指輪を曲げます

今回のデザインは、フラットな真っ直ぐタイプではなくて
緩やかなV字が可愛いくて、凄くシンプルなデザインです

シンプルといっても甲丸や平打ちとは違って、V字の箇所
に緩やかな曲線と同じく、緩やかな曲線のカットをします

その為に、真っ直ぐな指輪のベースをVに曲げます(^ω^)
万力にガッチリと指輪を固定して、ヤットコでVの曲りを
調節しながら男女の指輪のV角度が合うように曲げるんです。

dscn3727

リングを真円にしてサイズ調整

結婚指輪をV型に曲げたのでリングの円が歪んでいます
丸棒に歪んだリングを入れて金槌で表面を細かく叩きます

細かく叩く理由は、指輪を完全な真円にする為に叩いて
いない場所がないようにする為に間隔を詰めて叩くんです
歪んだ指輪が完璧な真円になったら次はサイズの調整です。

dscn3731

丸棒にリングを入れて金槌で叩いて真円に成形しました
そして、そのままリングを丸棒に入れたまま同じように
金槌で細かく指輪の表面を叩いていくんです(工程は同じ)

真円に仕上げっていますので全面を叩くとサイズが伸びます
力の具合でサイズが極端に伸びたりのするので力加減が重要

力の入れ方を軽くするとサイズも少しづつ伸びるのでお勧め
サイズの微調整も可能になるので、半番サイズにも対応可能。

dscn3732

結婚指輪の彫金作業の開始

いよいよ結婚指輪のデザインを作り出す作業です(^ω^)
ヤスリでプラチナリングを削って形を造っていきます
この作業の事を、彫金(ちょうきん)作業と呼びます

まずは指輪の側面(両側)をヤスリで削ってVラインと
結婚指輪の幅を確定させます(男女で指輪の幅が違います)

dscn3733

2本の指輪はサイズも幅も違いますので1本1本だけで
彫金作業を続けていくと2本が揃う事が難しくなります

しかし2本揃ってこその大切な結婚指輪(ペアリング)
ですのでサイズや幅が異なっていても見た目で揃うよう
Vの角度を合わせながら削ります(曲がる位置や肉厚など)

dscn3734

指輪の側面だけではなく表面も彫金

2本のリングが同じに見えるように、側面や肉厚などを
2本を合わせながら削って調節してベースは完成しました

次は指輪の表面を削って、表面のデザインを作り出します
基本的にはシンプルで平たい甲丸がベースなのですが、
Vのセンターの部分が更に動きが出るように斜めにします

dscn3735

側面から表面にラインが繋がるように彫金

結婚指輪の全体の流れ、ラインのフォルムが崩れないように
側面から表面のVラインに繋がるようにラインを削っていき
V字ラインの反対側(裏側)はシンプルな平甲丸に丸めます

男女の結婚指輪はサイズが異なりますが、Vラインの時と
同じようにラインの繋がりも2本を合わせて彫金をします。

dscn3737

荒目のヤスリから、目の細かいヤスリで仕上げる

荒い目のヤスリで結婚指輪のデザインを削り出しましたが
荒い目のままだとヤスリの深い傷がリングに沢山あるのと
目が荒いので指輪の角がビシッ!と出ないのでヤスリを交換

細かい目のアブラ目という種類のヤスリで仕上げていきます
深い傷を小さい傷にしていく効果と、角を綺麗に出せます。

dscn3740

ピンクダイヤの石留め

結婚指輪のデザインベースが完成したら、いよいよ石留め
ピンクダイヤモンドをプラチナリングに埋め込む作業です

まず、ピンクダイヤモンドのサイズを計り(幅と高さ)
そのサイズに合わせた穴を指輪に開ける作業になります

いきなりピンクダイヤと同じ太さのドリルで穴を開ける
のは危険ですので、細い太さのドリルから穴を開けていき、
じょじょにドリルの太さを太くしてピンクダイヤに合わせます

dscn3741

穴がキツイと当然ながらピンクダイヤは入りませんし
ガバガバな緩さだとピンクダイヤが外れてしまうので
ピッタリに穴に収まる感じにします(隙間がゼロ状態)

そしてピンクダイヤモンドを指輪に沈める位置も重要で
指輪の表面と、ピンクダイヤのテーブル面がほぼ同じの
高さにすると1番綺麗にダイヤが魅せれます(*´Д`)

dscn3745

ピンクダイヤの石留め方法は、指輪に沈めたダイヤの
周りのプラチナをタガネで叩いて縁(フチ)を作って
そのフチでダイヤを取り囲むように留める方法ですね

※伏せ込みや、レール留めと呼ばれる石留め方法です

爪で留めている石留めと違って、フチ全体でピンクダイヤを
留めているので石が外れる可能性が極めて少ない留め方です
デザインに合わせて留め方を私が判断させて頂いております。

dscn3749

結婚指輪の「つけ心地」を良くする

結婚指輪の内側は、フラットで平な状態になっています
指の形に合わせながら内側を丸く削る事で角が丸くなり
着け心地が凄く良くなるんです。最高の着け心地です

結婚指輪に限らず、指輪のつけ心地は凄く重要になります
ストレスを少しでも感じると指に違和感を感じる事になり
ストレスが蓄積していきますので、ストレスを一切感じず
フィット感があって優しい着け心地が指にはベストです!

dscn3750

プラチナリングの仕上げ作業

結婚指輪の内外&石留めが完成したら仕上げていきます
目の細かいアブラメというヤスリで最終仕上げとなります

指輪全体のV角度や、ライン自体の角度、甲丸の丸さ
色々な角度から結婚指輪を見て、形を整えて仕上げます。

dscn3752

プラチナリングの傷とり

結婚指輪の微調整(仕上げ)がOKになったら
彫金で出来たヤスリ跡(小傷)を取り除く作業です

耐水性の紙ヤスリでプラチナリングの全面を擦ります
水をつけながら擦る事で、研磨砂が小傷の奥まで入り
小さな傷も綺麗に取り除く事が可能になります(^ω^)

プラチナリングが真っ白になって、小傷が全て消えた
状態を確認したら、次の磨き作業へと進んでいきます。

dscn3753

シリコンポインター仕上げ

リューターというペン型工具の先端にシリコンポインター
という「研磨ゴム」を装着してプラチナリングを磨きます

ポインターバーには大きく分けて2種類の素材があります
茶色い硬いゴムは研磨用のゴム(研磨材が入っている)
水色の柔らかいゴムは表面を滑らかにする役目のゴムです。

dscn3754

ポインターバーには素材以外にも形が様々ありますので
指輪のデザインの凹凸に合わせて選び使用していきます

ポインターバーで磨いたら最終磨きになります
光沢の結婚指輪ですが、普通の光沢ではありません

鏡のように反射して映り込む「鏡面」に仕上げます
ヘラ棒という工具を使って鏡面を作っていくんです。

dscn3755

へらがけ(へら磨き)

鉛筆のように先が尖った工具、それが「ヘラ棒」です
ヘラに水分をつけながら指輪を磨いていくのですが、
鏡面を出したいプラチナ面にヘラ棒を強く押しあてて
プラチナの面を潰すイメージで強く押しこんで磨きます

かなりの力とコツが必要な「へらがけ」になりますが
プラチナが鏡のように反射して鏡面が誕生します!
この作業を「鏡面仕上げ・鏡面磨き」と呼んでいます。

dscn3758

バフがけ(バフ仕上げ)

バフと呼ばれる研磨布で最後の磨き作業(本当に最後)
ヘラがけで、プラチナ全面が鏡面に仕上がりましたが
ヘラ棒を強く押しこんで磨いていたので「ヘラ跡」という
ヘラ棒で強く磨いた時の薄らした波打ち模様が出るんです
例えでいうなら涙ぐんだ瞳のような(例えが下手過ぎるw)

その薄い波打ち模様をバフでバンバン磨いて消します
そして鏡面も更に磨く事で鏡面度がアップするんですね
バフにも小型、大型など種類あって順番で使って磨きます

dscn2735

ピンクダイヤのプラチナ結婚指輪が完成

天然のピンクダイヤモンドを使用した結婚指輪の完成(*´Д`)
ピッカピカに光った結婚指輪に可愛い天然ピンクダイヤモンド

ゆるやかなV字の洗礼されたフォルムが好印象ですよね
そしてセンターのVラインと側面が繋がって一体感が出ます

これだけプラチナが輝いても、淡いピンク色のダイヤモンドの
存在も一歩下がる訳ではなくダイヤはダイヤで主張しています
天然の淡いピンク色なので、透明感と存在感があるんですね♪

dscn3759

今回、ピンクダイヤの結婚指輪のご依頼を頂きました
栃木県のM様には心から感謝しております<(_ _)>
今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします!
指輪制作のご依頼を頂き誠にありがとう御座いました!

そして栃木県のM様から素敵なメッセージを頂きました
娘様とお母様からの超嬉しいお手紙です(*´Д`)
娘様は結婚指輪でお母様はファッションリングです
(メール文と、Facebookでコメントを頂戴いたしました)

お手紙をご紹介させて頂いて、ピンクダイヤの結婚指輪
の制作記事を終わりにさせていただきます<(_ _)>
それでは頂戴したお手紙をご紹介させていただきます!

 

娘様からのお手紙

お世話になっております。指輪受け取りました!
可愛いケースを開けるとピカピカの指輪が…!
大満足です!サイズもぴったり!

池田様にお願いして本当によかったです!
この度は本当にお世話になりました。
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

お母様からのお手紙

その節はお世話になりました。
私の疑問にも丁寧に答えてくださり、とても有意義な時間でした♪
リングは毎日つけております。
重厚感、存在感のある素敵な指輪をありがとうございました。

 

こだわりの制作記事をご覧頂いて、制作工程に納得をしてから
私の作る結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
結婚指輪の一覧はコチラ → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA