重厚感のある結婚指輪をご紹介 幅4ミリ・ミル打ち&打ち出し(艶消し)

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
株式会社ジュエリーコウキの二代目、池田です

本日も結婚指輪の制作工程をアップ(^ω^)
プラチナを使用して幅が4.0ミリで肉厚
そんな重厚感のある結婚指輪を造っております

お客様の好みが左右される結婚指輪の中で
デザインはひとまず置いといて、指輪の幅や厚み
にこだわるお客様が昔よりも増えている感じです

例えば男性と女性で幅を変えたり、幅は同じでも厚み
を変えたり結婚指輪を艶消しや光沢したりと様々ですが
お客様それぞれの個性に合わせて作るのが楽しいです♪

DSCN9493

今回、ご紹介する結婚指輪は少し太目の4.0ミリ
一般的には2.5ミリ前後の結婚指輪が多いので
幅4.0ミリとなる幅が広い部類に入りますね(^ω^)

こだわる部分は幅と肉厚だけではありません!
結婚指輪の表面に打ち出し仕上げをして(艶消し)
結婚指輪の側面にはミルを打ち込む事になっています

打ち出しの前には槌目(つちめ)も入れますので
めっちゃ作り応えがあって楽しそうな仕事ですねw

 

 

今回も鍛冶作業はカットして(時間なくてすいませんw)
指輪の形になった所からの作業をお伝えしていきますね
でもせっかくなんで軽く手順だけでも文字で説明します

金槌で叩いて焼いての繰り返しでプラチナの塊を板状に
伸ばしていき、板を丸めて指輪の形になるように丸め
そしてトモヅケという工程で指輪の繋ぎ目を溶接します
その工程が完了すると上記のような写真のようになります

 

槌目(つちめ)を結婚指輪につけます

DSCN0600

金槌で叩いて生まれる模様を槌目(つちめ)と呼びます
槌目模様を結婚指輪につけていくのですが、槌目?
打ち出しじゃないの?という声が聞こえて来そうですが
これでいいんです!まずは槌目を結婚指輪につけるんです

というのも、打ち出しの下地に槌目が必要なんですよ
最初から指輪に打ち出しをするのと、一手間をくわえて
槌目の上に打ち出しを打ち込むのとでは完成度が違います

実際に何度も実験的に制作してみましたが一目瞭然!
断然に槌目の上から打ち出しをした方が見栄えが違います

DSCN0602

結婚指輪に綺麗な槌目模様が入りましたね
家でいうなら基礎を丁寧に造ったイメージです

どんなモノでも基礎って本当に大事なんですね
芯がしっかりしていないと良いものが造れません!

 

「打ち出し」をタガネで打ち込みます!

DSCN0603

いよいよ打ち出しを打ち込む作業にはいります
打ち出しミル打ちの2トップのデザインなので
まずは1トップの打ち出し模様を生み出す作業です

金床に置いてある指輪と4本の棒
この棒がタガネという工具で、これを打ち付けます

ちなみにタガネも鍛冶で叩いて焼いて作った自作工具
焼きなましを繰り返したタガネなので強度も抜群です!

DSCN0604

槌目の上からタガネをあて金槌で叩きます
この打ち込み作業で、打ち出し模様が誕生します

とりあえず自作のタガネは4本用意しましたが、
自分が作ったタガネなの本数もかなりありますが、
今回はこの4本を使い分けて打ち出しを魅せます( *´艸`)

DSCN0606

結婚指輪の全面にバランス良く打ち込む事が大事
1枚目の打ち出し写真と、2枚目の打ち出し写真を
比べてみて下さい。打ち出しの雰囲気が違いますね
2枚目の写真の方が、より魅力的に見えると思います

打ち込めば打ち込む程に、味わいが増していくんです
タガネの大きさ、打ち込む角度、叩き具合、力加減・・・

その全てが重なり合って、打ち出し模様は誕生します
なので深い味わいというか絶妙な雰囲気を感じるんです

DSCN0607

打ち出しがキラキラ奥深く光る鏡面磨きも可能ですが
こちらのデザインは光らない艶消しなので艶消し加工も
打ち出し作業と同時に表面にマットをつけていくんです

つや消しの打ち出しも魅力的ですよ!
打ち出し結婚指輪を使い込めば使い込む程に
凸した部分は光り、凹した部分は変わらず艶消し
この絶妙なバランスが味となって表現されるからです

 

打ち出し模様が完成!

DSCN0609

とっても魅力的な模様が出来ましたね(^ω^)
槌目が下地になっているからこそのデザインです
槌目模様がなかったらここまでの奥行き感は出ません

打ち出しは何回作っても同じ模様は存在しません
先程いったように全てが重なり合って出来る模様、
だからこそ全く同じ模様を作りだす事が不可能なんです

DSCN0610

打ち出しを施すと、どうしても結婚指輪の幅が
広く出てしまいます(タガネで表面を叩くから)
この広く出た指輪の幅をヤスリで削って指定の
結婚指輪の幅に調節して打ち出しリングの完成です!

そしてもう1つのメインデザインでもある
ミル打ち作業に入りますが次回お伝えします
まずはメインデザインの1つである打ち出しの
作業工程をアップさせて頂きました(^ω^)

作業工程のつづきを読む

 

どの制作工程も熟練された自信のある職人技です!
ブログやFacebookの制作記事を見て、制作工程に
納得をしてから、私の創る結婚指輪をご購入して頂けると
作り手として嬉しいです!下記のWEBからご購入頂けます
************************************************
株式会社ジュエリー皇妃(コウキ)
新潟県長岡市渡場町2-7
電話 0258-27-1771 (10時~17時まで受付)
メール j_kouki_ring@yahoo.co.jp (24時間受付)
ホームページ PC版 http://jewelry-kouki.com/
ホームページ スマホ版 https://j-kouki.com/
************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA