木目金の結婚指輪-メリットは層の美しさ!デメリットはメンテが難しい

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は東京都Y様(男性)から投稿を頂いたエピソード

ご投稿を頂いたこちらの方の結婚指輪は木目金の指輪
杢目金とも言って昔から伝わる伝統技法で作られます。

当店も日本の伝統技法の鍛造という製法で作りますが
木目金と当店の鍛造とでは少し作り方が違っています
ただ、どちらも手間暇がかかる日本の伝統技法の製法。

購入をした結婚指輪がどのように選ばれたのかなどや
指輪選びのエピソードなどを詳しく教えて頂きました。

それでは東京都K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【セミオーダー 杢目金の結婚指輪】

 

投稿者 東京都 Y様 男性

 

私たちは結婚指輪を探すにあたり、まずは
よくある有名なお店の結婚指輪を見に行きました。

ただ、もともとコダワリが強い私たち…
既製品をいくつ見てもしっくりくるものに
出会えませんでした。

そんな時に友人がオーダーメイドで
指輪を作ったという話を思い出し、

私たちも有名なブランド店で買うのではなく、
他のお店では売ってない自分たちだけの
オリジナルの指輪を作ろうと決意を固めました。

オリジナルの指輪で検索をしてみたところ
デザインから作り上げていくフルオーダーメイドと、

形は決まっているが素材でオリジナリティを
出すセミオーダーのお店を見つけました。

最初にフルオーダーメイドのお店に行きましたが、
さすがはフルオーダー。

デザインは良かったのですが
値段がとても高く手が出ませんでした…

そのあとにもう一つの店舗に行って
実物を見たところ二人ともピンときました。

1店舗目のフルオーダーの時よりも
二人の気持ちが高まりました。
まさに運命的な出会いを果たしたのです。

結婚指輪 木目

【購入した結婚指輪は木目金】

なんといっても木目模様が
一番目立つので気に入っています。

いくつかの金属を組み合わせて
木目が作られていますが、この木目は世界に
一つだけしかないというのは心をくすぐられます。

また、木目をより目立たせるために
ツヤ消し加工にしたのも気に入っています。

木目を目立たせるもう一つの方法が
指輪の太さを太くすることでした。

私の指は19号と平均の指より少し太かったこともあり、
指に合わせて幅も広くしました。

おかげで木目がより際立って
見えるようになったので満足しています。

もう一つはリングの側面に桜が彫られており、
指輪を外した時にもとても可愛らしい指輪となっています。

普段身に着けている分には全然目立たないデザインが
されているため二人だけの秘密となっています。

あとは二人の好きな色の素材を
リングの裏側に使うことができたので、
よりオリジナリティが増したと感じています。

見るところがとても多く、着けているときも
外しているときも私たちを楽しませてくれます。

また、結婚指輪ではないのですが、
指輪をセットする箱もとても綺麗な
ものとなっていて気に入っています。

箱は桐箱となっていてリングが
変色しにくい性質があるそうです。

桐箱の中敷きは伝統工芸品の
京友禅で桜の模様が特徴です。

 

【購入した結婚指輪の少し残念な点】

側面にデザインを施したこともあり、
リングのデザインが平打ちリングのみ
しか選べませんでした。

購入しなかったお店では甲丸リングをつけたのですが、
付け心地でいえば甲丸リングのが正直良かったです。

また、ツヤ消し加工は意外と取れやすいのか
毎日着けていたところ半年で結構
ツヤが出てきてしまいました。

無料メンテナンスでツヤ消しをし
直すことはできますが、少し残念なポイントです。

指輪選びの決め手は
木目の文様の綺麗さ

実際に購入したお店でサンプルを
いくつか見せていただいて、

周りで同じ指輪をしているのを
見たことがない木目状の文様の綺麗さや、

指輪を受け取るときの儀式などが
自分たちに合っていると感じて決定しました。

お店が決まったので次は
デザインを決める必要がありました。

婚約指輪を別店舗で購入済みだったので、
デザイン同士が邪魔し合わないものとしました。

最終的にはカーブを描いているものや
Vラインを描いているものではなく、

シンプルなストレートタイプにしました。
何度も試着することをお勧めします。

購入するにあたっては保証についても気を付けました。
購入したお店は生涯保証を掲げており、

無料メンテナンスとしてクリーニングや
ツヤ消しをしてくれるので大切に使っていきたい
私たちにとってはピッタリの内容でした。

 

【結婚指輪のデザインと素材】

リング表面は木目調になっており、
リング側面には桜が彫られています。

リングの裏面の素材も選ぶことができ、
私はグリーンゴールド、
嫁はピンクゴールドとなっています。

【結婚指輪に使った素材が多彩】

木目を表現するために様々な
素材を使うことができるのですが、

私たちはこだわるなら使える素材は全て使って
いこうと話し合い以下の6種類の素材を使用しました。

・プラチナ
・シルバー
・ホワイトゴールド
・グリーンゴールド
・イエローゴールド
・ピンクゴールド

 

【指輪にダイヤ 有りor無し】

結婚指輪にダイヤは入れていません。

入れなかった理由はダイヤを入れると
溝に汚れがたまってしまうこと、

指輪自体のデザインを活かしたい
こともあり選択しませんでした。

【結婚指輪の製法は木目金】

木目金という日本独自の
特殊金属加工技術を用いて作られています。

金やプラチナなどの金属の薄い板を
重ね合わせて圧着させ、熱を加えてねじることで、
ミルフィーユ状から綺麗な木目模様ができます。

【結婚指輪の価格】

指輪には何も宝石を使っていませんが、
オーダーメイドということもあり
2本で約50万円しました。

これは結婚指輪の平均購入価格と
比べると正直かなり高めです。

ただ、値段が理由で買わなかったとしたら、
「やっぱりあっちにしておけば良かったな~」と

きっと後悔していたと思うので、
値段については特に気にしていません。

 

【結婚指輪の刻印】

結婚記念日と二人のイニシャルを入れました。

あとは、購入店のロゴにもなっている桜の
マークが特徴的だったのでこちらも入れました。

桜のデザインは少し凝っていて、
二人の指輪を重ねると桜が見えるようになっています。

【結婚指輪の納期】

契約を結んでから約1か月後に
指輪のサイズ合わせをしにお店に行きました。
その後さらに約2週間ほど経って完成しました。

【木目金の結婚指輪のメンテナンス】

生涯保証が付いているので、
何回でもメンテナンスが可能です。

指輪のメンテナンス項目としては、
以下の4つがあります。

・クリーニング(小傷直し含む)
・サイズ直し
・修理(石留めゆるみ直し)
・ツヤ消し・ツヤ・古美(いぶし)加工

私たちはクリーニングとツヤ消しを依頼しましたが、
クリーニングにかかる時間は約1か月ほどでした。

ちなみに、メンテナンスの一番最後に
書いてある加工については、
最初に選んだもの以外の加工もすることができます。

たまには気分を変えてツヤを出したり、
少し特徴的な古美加工を試したりと、
同じ指輪でも二度三度楽しめるのも良いかと思います。

 

【杢目金の結婚指輪を着けた感想】

今でも周りの人に自慢したくなるほどの素敵な指輪です。

購入してから2年以上経っていますが、
いまだに同じ指輪をつけている人は見たことがありません。

また、木目模様という和のデザインではありますが、
意外と服装を選ばないのでスーツや
タキシードといったフォーマルな服装から、

Tシャツとジーンズといったカジュアルな
場面まで幅広く身に着けることができています。

【長く着けてみた今現在の指輪の状態】

食器洗いなど家事をするときは必ず外したり、
硬いものにぶつからないように気を付けているため、
綺麗な状態のためメンテナンスはまだ1回しか行っていません。

少し気になる点は、コロナ過で
アルコール消毒を頻繁にすることが原因なのか、

ツヤ消しがちょっとずつ落ちてきてしまっています
歪みや色のくすみなどには特に影響は無さそうです。

他にもどうしても細かい傷は付いてしまうので、
定期的にメンテナンスをしたほうが良いかなと思います。

 

【これから結婚指輪を購入される方へ】

結婚指輪は二人で一生身に着けるものであり、
買い替えることができません。

どんな指輪にしようか、予算はいくらにしようか、
などは徹底的に話し合ってみるのが良いと思います。

もしかしたら現時点では、
「彼女が欲しいっていうなら何でもよい」
と思ってしまっている彼氏さんや、

「この指輪のブランドが有名だから欲しい!」
と考えてしまっている彼女さんもいるかもしれません。

もちろん相手のことを尊重することや、
ブランドもステータスの一つと考えるのも
もちろん良いかと思います。

ただ、結婚指輪を購入した後も、
様々なことで意見を言い合うことになります。

そういう時にきちんと相手と向き合える関係を
築き上げていく良いきっかけになったと感じています。

なので、個人的には絆を深めるためにも、
どんな指輪が良いのか話し合って、

二人で実際の店舗をめぐって、自分たちに
ぴったりの結婚指輪を見つけてほしいと思います。

そうやってちゃんと二人で決めた結婚指輪であれば、
どんなものを買ったとしても後悔はないです。

そして、結婚指輪を見るたびに
「あの時はこんな話をしたよね~」
などの思い出としても残ります。

ぜひ妥協することなく自分たちらしい
結婚指輪を見つけていただければと思います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

木目金の結婚指輪は個性的で何層にもなった地金の層が
綺麗な木目を醸し出して和の美しさを感じられましたね。

当店がしている製法は鍛造という日本の伝統技法ですが
杢目金という製法も日本の伝統技法で、どちらも昔から
伝わった伝統技術になりますので今後も守りたい技です。

当店で私が継承している鍛造という製法は地金そのもの
を鍛冶で鍛錬をして密度を増して頑丈に育てる技術です
プラチナやゴールドの素材を極限まで育てるという技術。

杢目金という技法は色んな地金を板にして重ねて打って
熱して打つという繰り返しで地金層を魅せる技術です
鍛造も杢目金も手間暇が相当かかって作る伝統技法です。

杢目金の魅力は何といっても層になった地金の美しさ!
個性的ですし重ね合った模様は唯一無二なのが魅力です。

ただ、あえてデメリットといえば地金層になっている板
の1枚1枚が別の素材なのでメンテナンスが難しいです。

融点(溶ける温度)も違えば硬さも粘りも違ってきます
温度の伝導率も違いますし摩耗をする速度も違います
ですのでメンテナンスに手間が相当かかってしまいます。

いくら1つのリングでも素材がバラバラという事なので
変色の可能性もありますしサイズ直しが難しいんですね。

ですのでご購入の際はスタッフさんに詳しく聞いた方が
安心できると思いますが杢目金の美しさは尊敬しますね
ちなみに鍛造は1つの素材なのでメンテは問題なしです。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA