ラリマー効果あった!【ラリマー 不思議 体験】ラリマーの意味とパワー

アクセアリーの手作り専門店、ジュエリーコウキ
当店二代目で宝飾職人の私、池田が手作りします

当店は手作りでアクセアリーやジュエリーを工房で
1つ1つ私が手作りをしているジュエリーショップ
新潟県長岡市の自工房で鍛造という製法で作ります。

鍛造(たんぞう)とは、ジュエリーやアクセサリーの
素材となる地金をハンマーで鍛錬をする鍛冶作業で
作るという日本伝統技法の1つで世界的に有名です。

こちらのブログは鍛造を知っていただくために私が
鍛造のことをブログに書いて発信をしております!

そしてアクセサリーによく使うパワーストーンにも
興味を持って頂きたいので合わせて紹介しています
本日のブログではラリマーという宝石を紹介します。

ラリマーの意味や効果なども書いていますが他にも
ラリマーのブレスレットを付けている方にもお話し
をお伺いしたインタビュー記事もありますよ(^-^)
記事の最後までどうぞよろしくお願いいたします!

 

=================================

【ラリマーとは】

ラリマーは1974年に
発見された比較的新しい石で、

産出地のドミニカ共和国は、
カリブ海に浮かぶ小さな島です。

ラリマーの正式名称は
ブルーペクトライトですが、

ラリマーの呼称が一般的なため
正式名を知る人は少ないのではないでしょうか。

では、正式名のブルーペクトライトとは
全く異なるラリマーの名が付いているかというと、

ラリマーの語源は、ラリマーを発見した地実学者
ノーマン・ライリングが娘の名前の「ラリッサ」と、

スペイン語で海を意味する「マール」
を組み合わせたことに由来するからです。

娘の名前を石につけるなんて、
ロマンチックですよね。

そんなラリマーは、
1985年、アメリカの宝石商が

ラリマーの明るいブルーカラーを
「カリブ海の宝石」というキャッチネームで
売り出したことにより、人気がでました。

確かに、ラリマーは明るく美しい水色にまるで
波のような白い模様が美しいカリブ海を想像させます。

 

【ラリマーの効果】

ラリマーのパワーストーンの
意味合いは「愛と平和」です。

心の奥に潜在的に隠された、
怒りや嫉妬などのネガティブな感情を
優しく鎮めてくれるといわれています。

また、心のバランスをとり安寧を
もたらすので、心に健全な強さを与えます。

そのため、避けられないストレスを
受けてしまった際にそのダメージを軽減してくれます。

それにより、ストレスを受けてしまっても、
ストレスを受けたことをネガティブに捉えるのではなく、

それを経験値に変えて、次に向かって
進めるポジティブな心をもつことが出来ます。

 

【ラリマーのパワー】

そして、「変化」に強い石でもあります。

例えば転職や転居など、
新しい環境に変わる時には期待の他にも、
少なからず不安を持つことはありませんか?

ラリマーはそんな不安を和らげ、
ポジティブな気持ちに変えることによって、
前向きな気持ちにしてくれます。

新しい環境でも積極的に動くことが出来るので
どんどんと物事を進めることが出来ます
それにより、幸運をもたらすと言われています。

また、自分自身で気が付くことのできない間違った
観念の束縛から解放してくれるとも言われているので、
自分を冷静に見つめ直したい時のヒーリングにおすすめです。

他人にも自分自身にも寛大になれる広い心を育てるので、
豊かで深い人間関係を育てることができるでしょう。

創造性やインスピレーションを
高める効果もあると言われています。

芸術関係やクリエイティブな仕事に携わっている
人に閃きを与えてくれるのでおすすめの宝石です。

 

ここからは、ラリマーのブレスレットをしている
方からお伺いした体験談のインタビュー記事です

ラリマーと私が出会ったのは
私が高校を卒業したあと、

とあるパワーストーンショップで
働き初めて暫く経った時でした。

私は初めての接客業で、
緊張でなかなか上手に接客が出来ず、
失敗ばかりで落ち込んでいました。

ある日、入荷品を先輩とチェックしていたとき、
先輩が「珍しい石が入ってきたよ。」と教えてくれました。

それが、ラリマーでした。

私はラリマーを見た瞬間、
たちまちその綺麗な水色に釘付けになりました。

 

元々青や水色が好きでしたが、
自分の誕生石で大好きなアクアマリンや、
ターコイズや、ブルートパーズには無い、優しい水色でした。

そして、普段あまり石からパワー等を感じることは
少ない私ですが、何となくラリマーからは、
優しい雰囲気の他にもポジティブなパワーを感じたのです。

希少価値の高いラリマーは次々と売れていきましたが、
いくつか入荷したうちの私が最も気に入ったラリマーは
数日後の給料日まで残っていてくれました。

勿論、お給料が入ったと同時に購入しました!

ラリマー ブレスレット

ラリマーと相性の良い石で
ブレスレットを作りました

ビーズ型のラリマーだったので、
他の石と組み合わせてブレスレットにして
仕事中も身に付けていられるようにしました。

次の日から、
早速身に付けて仕事するようにしました。

ラリマーは上でご紹介しましたように、
ストレスを受けてネガティブになってしまった感情を
ポジティブに捉えられる様に心を安定させてくれるという石です。

そして、ラリマーの明るい海を思わせる水色は、
心も明るくしてくれて、まるで海辺にいるように
のびのびとさせてくれました。

なので、仕事で失敗してしまって、
落ち込んだときはラリマーを見つめて
その綺麗な色に癒されていました。

今まで私は、嫌なことがあったり
物事に失敗してしまうと

「どうしてこうも私は駄目なんだろう…」と
くよくよ思い悩んでばかりでした。

ネガティブな私を優しく勇気づけてくれたラリマー

でも、ラリマーを見つめているうちに
心が落ち着いてくると、
今までは思い悩んでばかりでしたが、

「でも、これもいい経験になった。」
「今回の失敗を活かして、次は頑張ろう!」
と思える力が沸いてくるように感じたのです。

そうして少しずつですが、
失敗してへこむことはあっても気を取り直して

失敗をバネに工夫を重ねるうちに、いつしか仕事仲間や
お客様からも認めてもらえていると感じられるようになりました。

元々ネガティブな性格だった
私の背中を押してくれたこの大切なラリマーは、

仕事を変わった今でも変わらず
私のそばにいてそっと気持ちをサポートしてくれています。

 

他にも色んな種類のパワーストーンの
効果や体験談など記事に書いています
面白いので是非、ご覧ください(^-^)

こちらから→パワーストーンの種類と効果&体験談

=================================

ラリマーのお話し(体験談)を聞かせて頂きまして
インタビューをさせて頂きありがとうございました(^-^)

ラリマーの癒し効果は、見た目の美しさもありますよね
水色というところが最大のポイントで優しさを感じます
淡い水色を眺めているだけでリラックスもできますよね。

同じ水色でもトルコ石のブレスレットを持っていますが
トルコ石の水色とラリマーの水色は同じ水色系の色でも
私の意見でが、ラリマーの水色のほうが優しく感じます。

ラリマーは他のジュエリーに素材でよく使われています
1番多いのはラリマーだけで繋いだブレスレットですが
他にもネックレスやペンダント、指輪やピアスもあって
色んなジュエリーやアクセサリーにぴったりの宝石です。

あくまで作り手としての意見ですが、ゴールドを使った
ジュエリーやアクセサリーよりも、ラリマーの優しい色
を引き立たせるにはプラチナやシルバーが合うと思います。

ゴールドだと金色が強すぎるのでラリマーの淡い水色が
引き立たたず負けてしまいそうです(私の意見ですがw)

そしてシンプルに目立たなくラリマーを身につけたい!
という方にはラリマーの小さい丸玉のピアスがお勧めです
淡い水色の小さい丸玉、目立ちませんがとても可愛いです。

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA