○丸みを帯びた結婚指輪○プラチナの柔らかい光沢&重厚感が好き

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、兵庫県S様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方の結婚指輪はプラチナです
デザインは丸みを帯びている甲丸(こうまる)と呼ばれ、

昔から根強い人気がある定番のシンプルなデザインで
誰にでも似合うというのがデザインの魅力になります。

そしてプラチナがピカピカの光沢で仕上げられていて
通常の指輪よりも厚みが分厚く重厚感があるそうです。

購入をした結婚指輪がどのように選ばれたのかなどや
指輪選びのエピソードなどを詳しく教えて頂きました。

それでは兵庫県S様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【プラチナの光沢がある丸みの結婚指輪】

 

投稿者 兵庫県S様

 

私たちの結婚指輪はプラチナで光沢があり、
丸みがあって少し重量感のある指輪です。

誰でも似合い購入される方が多いデザイン
ということで、お店の人から紹介されました。

それでは購入までの経緯と
エピソードをお話したいと思います。
最初は結構安めの指輪の購入を考えていた私たちです。

数軒のお店を見て回って、二人の意見を合わせて、
やっぱり老舗の宝石店へ訪ねてみることになりました。

 

【指輪はシンプルで重厚感が欲しい】

年齢も中年でしたのでやっぱりシンプルかつ
重厚感があるものがいいなという意見でした。

12月に結婚式でしたが、探し始めたのが11月でした
ギリギリだったのでほんとうに焦りました。

やはり式よりも数か月前に二人で時間が
あるときに気になるお店に何回か行ってみて、

あとでゆっくり二人で意見を出し合って
決めたかったかなと思います。

私たちの場合はもう時間がなくて、
その日に行っていいのが無いと迷って、
老舗ならっていう感じで決めたので。。。

結果は良かったですが、まぁ、
コスト的にもう少し考えたかったです。

一生持つものだからと折れましたが、
ここは決心も必要です。

 

【指輪のサイズ選びのポイント】

また季節的に結構寒かったので、
手が非常に冷たくなってしまってほんとの
ジャストサイズが分かりにくかったりします。

私の場合は少し体が温まるまでお店のなかで待ちました。
夏や秋など手が冷えてない季節に見るのがお勧めです。

またお酒飲みすぎて手がむくんだりしても、
サイズが結構変わってくるので選ぶときは
気を付けたほうがいいかもしれません。

元々指が骨っぽいので似合う指輪は
丸みあるものがよかったです。

プラチナ 結婚指輪 丸い

【丸い甲丸はオーソドックスで人気】

お店の人もオーソドックスながら
人気のあるタイプですとおっしゃっていました。

老舗のお店の人だけあって、迷っていたらすぐに
2-3個の指輪を出してくださって
選びやすくしてくださいました。

私たちの場合お恥ずかしいですが
時間が無く焦っていたので、

自分たちだけで全部決めるよりかは、
ほぼほぼお店の人に決めてもらいながらでした。
そのほうがまぁ私たちにとっては安心できました。

 

【結婚指輪の重厚感】

あとはやはり受注製作というだけあって
指輪はどれも温かみのあるデザインで既製品よりも

お~これぞ結婚指輪っていう
重厚感があるものがいくつかありました。

お店の人からはもうちょっと余裕をみて選んで
購入までしてほしかったと言われました。

というのは、作成するアーティストのかたの
スケジュールがあるのでその辺も考慮しないと
間に合わないので、と釘をさされました。トホホ。

色々ありましたが、上手く決められて良かったです。
とにかく結構ため息がでる状況でも
二人で乗り越えた~ってそんな気にもなりました。

結婚したらもっと大変なこともあるだろうな、
あの時は今頑張らないとっていう気持ちにもなりましたね。

 

【結婚指輪のサイズ】

それから二人で帰り道ホッとした~と言いながら帰りました。
それから発注して2週間後にもう一回来店しました。

指輪のサイズの最終調整をしますのでということで
自分たちの指のサイズに合わせてもらいました。

この時もまた私の手が冷たくて細いままでした。
結局私の指輪ブカブカのままでした。

旦那のほうも結構ブカブカだったんですけど、
お店の人がいうにはサイズぴったりだと後々
抜けなくなったり、はめにくくなったりしますよということ。

え~っ?て思われるかもしれませんが、
そのお店ではそういうふうに勧めてるようでした。

暖かい季節になったら無料で
サイズ調整しますということでした。

後々のフォローがあるなら良しとしようということで、
時間が無かったので今のサイズでもう少し
様子をみてみようということになりました。

私はこういう風に指輪を買うときに
勧められたことがなかったので、
オーダーメイドってこういうもんなんだと感心しました。

 

【旦那の指輪のみ再制作】

それから結婚後、こともあろうに
旦那が指輪を失くしてしまい、、、!

ちょっとショックでその後、
だんだん腹が立ってきましたが、

本人もだいぶショックを受けていて
金属探知機を購入して探そうとしていたので、
私も一緒に探すのを手伝いました。

それから約二か月ほど二人で
探しまわりましたが、見つからず。
もう一度あの老舗の宝石店へ行きました。

ほんと恥ずかしいかったですね。
お店の方は覚えていらっしゃって、

指輪の情報もすぐ見つけてくださり、
もう一度製作ということになりました。旦那のだけ。

で、私の指輪も少し大きかったので今回でサイズを
少し小さくしてもらうため預かって頂きました。

3週間ほど経ったあと、
連絡がきて指輪を受け取りに行きました。

指輪は前よりピカピカでより指に
しっくりくるようになりました。ほんと良かったです。

でもまだ少しだけゆるいですが
将来ぴったりなるころは貫禄が出てるかもと思います。

 

【プロポーズのエピソード】

結婚前は私たちは5-6年ほど付き合いがありましたので、
プロポーズらしきものがありませんでした。

それはやっぱりお互いがもう結婚前提で付き合っていて、
年齢も適齢期(?)を過ぎたおっさんと
おばさんだったからだと今は思います。

あるとしら、毎年ヴァレンタインデーに
赤いバラを送ってくれてそこにはメッセージで
『愛してる』と書いてありました。

いまでも嬉しい思い出です。ふふふ。
これを書きながら涙ぐんできました。
思い出って大事ですねぇ~(泣)。

付き合っていたころは、年齢的に
実家のことも大変で仕事も大変でした。
そのころは良く体調を壊していました。

満員電車を長い時間かけて会社へ行って帰ってきて、
もうへとへとで、でも実家は大変で。

このまま会社にもいかず、家にも帰らず
失踪しようかと何度も考えていたくらいです。

誰にも相談できず、彼だけが私の救いだったかもしれません。
彼がいたから私はここまで頑張れたんだと思います。

とても重たい話でほんとうに申し訳ありません。
でもほんとうに大事な相手と巡り会えて
奇跡のようだと今でも思います。

 

けれど最初出会ったころは、ほんとに
ただの友達でメール友達から始まりました。

しょっちゅう喧嘩していました。メールで。
それがいまでは、大事だと思える相手、

あの頃は彼の元へ行くんだ
という気持ちで毎日頑張っていました。

私の事を一番よく分かってくれている相手です。
彼だけには本当に正直になんでも話していました。

会社の辛い事とか実家のこととか。
なんども励まされ勇気づけられました。

そんなこんなで月日がながれて6年後、
彼の友人達がいる席に私も呼ばれて行きました。

そしたらなんと彼が友人達の前で、
『僕たち結婚するんだ』と宣言しました。

え~!!今かぁ!という感じになりましが、
私も一緒になって『はい、結婚しますと』言いました。

周りから『おめでと~!!!!』の嵐になりました。
嬉しいし恥ずかしいし、自分のイメージとは違う
これが彼のプロポーズだと思います。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後は結婚式でのお話になります。
まぁそこから結婚指輪の話にもどりますが、
何も準備してなかたった私たちはほんとバタバタでした。

そして結婚後、彼が指輪を失くしたので
今は失くさないように、今は外した時は
ジュエリーボックスへ入れるようににしています。

いやほんとにこれは私たちは反面教師のようです。
これからご結婚されるお二人は私たちの失敗談をご参考に
スムーズな結婚式をあげて頂きたいと思います。

とにかく私たちに関して言うと結婚式までは
何事も初めてのことばかりで上手く進まないことばかりで、
ストレスが溜まりやすかったです。

そんな時は二人で美味しいものを
食べてストレス発散していました。

私たちの場合もめたのはほんの些細な事で
結婚式の洋服のことと、ハネムーンを
どこに行くかでけっこうもめたりしました。

結婚式はカジュアルな感じだったので
身内だけで行う役所内での結婚式でした。

ご存じない方がほとんどだと思いますが、
海外ではこういう披露宴抜きの
役所婚の結婚式は普通あるのです。

 

で、そういう形式だったのでドレスではなく洋服でした。
その洋服の好みで私と意見が合わず、
結局彼の好みの派手なワンピースになりました。

というのは私が選んだものは全て却下で、
ダサいっていうんですもの。
じゃ、勝手にしろぉっという感じで彼に従いました。

ま、周りはかわいいといってくれましたが、
ワンピーズは総レースで色は真っ赤で帽子をかぶりました。

そしてヘアメイクもしてもらい、
バッチリだったんですが、

どこか自分は違和感バリバリで
これが自分か?と鏡を見て思いました。
服装の色といいなんかハロウィンの仮装に思えていました。

けれど結婚式当日は、役所の方々や神父様と彼のご両親も
一緒に結婚式を挙げ全てが感動したのを覚えています。

その時、読み上げてもらった結婚の誓いの重みと、
これから一緒になるんだという責任と嬉しさと混じり、
感動で涙がにじみ出てくるのを必死に抑えようとしていました。

そして今度は指輪交換でお互いの指にはめる形になり、
指輪を見てギリギリで買ったのを思い出して少し笑みがでました。
ほんとうに心に残るものになりました。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

プラチナで光沢の丸いシンプルな甲丸デザインでしたが
どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

丸みを帯びたツルンとした甲丸は昔から根強い人気です
今も昔も変わらず人気があるので今後も間違いなしです。

今回の記事のように厚みを分厚くした重厚感のある甲丸
も重量感があって、しっかりとした着け心地でGOOD!

逆に厚みもそんなに分厚くなくて幅も細めの華奢な甲丸
も人気があって丸いシンプルな甲丸は何でも合うんです。

シンプルなデザインですので自分好みで幅や厚みを指定
して甲丸の結婚指輪をオーダーで作るのも有りです(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

○電話番号 0258-27-1771 10時~16時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA