結婚指輪のメレダイヤ 後悔しないように綺麗なダイヤを選ぶコツ!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、沖縄県M様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は以前ジュエリーショップにお勤めだった
ということで普通の人よりジュエリーに詳しいという
ことでご自身の結婚指輪の品質にこだわったそうです。

結婚指輪で1番こだわったポイントがメレダイヤです
メレダイヤとは小さい小粒のダイヤのことを言います。

メレダイヤは結婚指輪に使われたり婚約指輪の両脇に
サイドストーンとして使ったりとよく使うダイヤです
メレダイヤを使うことで指輪が華やかになります(^-^)

そんなメレダイヤですが品質がピンキリにあるんです
汚いメレダイヤは指輪全体がくすんでしまいます(汗)

綺麗なメレダイヤは指輪全体が美しく綺麗に見えます
メレダイヤで後悔しないように選ぶのが重要なんです。

それでは沖縄県M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【PT950と綺麗なメレダイヤで結婚指輪を制作】

 

投稿者 沖縄県M様

 

結婚指輪を購入するお店は決めていいました。

以前宝石店で勤めていたこともあり、
自分の結婚指輪をどこで購入するかを
結婚前からずっと考えていたからです。

指輪を選ぶ上で確実に抑えたいポイントは「品質」です。

【プラチナ950の結婚指輪を希望】

素材は絶対プラチナがいい。
それもPT950を選びたい。

PT950とは、指輪に使われている
プラチナの純度が95%ということ。

そして、ダイアモンドの美しさ。

結婚指輪に使われているダイアモンドは、
通常、普段使いの面から考えて

大きなダイアモンドは使われることはなく
約1ミリ以下のメレダイアモンドが使われています。

小さなダイアモンドだけど、
実は品質の違いで見え方が大きく変わる。

 

【メレダイアは品質が良いものを】

結婚指輪の中には、このメレダイアモンドに
こだわっていないブランドが本当に多いんですよね

そのようなダイアモンドは大抵曇ったように見えたり、
黒っぽく見えるものが多い、ひどいものでは
傷や内包物でゴチャゴチャに見えるものも存在する。

私は、毎日つけるものなのでダイアモンドは絶対に
「ハート&キューピット」「エクセレントカット」にしたかった。

これらはダイアモンドのカットの種類で、
このカットならダイアモンドが光を受けて、キラキラと輝く。

またこのカットなら、
品質の悪いダイアモンドが使われることは少なく、
品質についてもある程度安心できます。

ただ、私はダイアモンドはクラリティもSIクラス以上
(内包物の数、大きさ、位置を一定基準に基づいてきめたもの)
のものを選びました。

ここまでダイアモンドにこだわったのは、
私がダイアモンドが多く使われた
結婚指輪が欲しかったからです。

 

【サイズ直しやアフターが保証】

指輪自体の品質以外にも、サイズが豊富、
サイズ直しやアフターがしっかりついている。

また、忘れがちですが、この先無くなる可能性が
低いブランドを選ぶことも大事だと思います。

宝石店で働いていたころ、今はないブランドの
結婚指輪の修理を頼まれて困った経験があるからです。

条件に合ったブランドを見つけ、
絶対にここで結婚指輪を買うと決めていました。

そして、いざ結婚が決まり、
あこがれていブランドに結婚指輪を買いに行くことに

私は、欲しいと思っていたデザインがあったので
迷わずその結婚指輪を試着させてもらいました。

しかし似合わない・・・。

あまりの似合わなさに、
少し脳がフリーズしました。

 

【私の指にエタニティリングが似合わない】

この時選んだ指輪は真っすぐなラインに
ダイアモンドがたっぷり使われた「エタニティリング」

私の指に真っすぐの指輪が似合わず、
太さや、ダイアモンドの数を変更しても無駄でした。

悲しい気持ちで他の結婚指輪をを見ていると、
ウエーブラインでダイアモンドが沢山使われている
デザインの結婚指輪が目に入りました。

店員さんがこの結婚指輪は、
私の指に似合いそうと持ってきてくれたもので、

実際つけてみると、本当に指に似合っていて、
私はすぐにこの結婚指輪が好きになりました。

ウェーブ 結婚指輪

【指に合う結婚指輪にしたほうが良い】

やはり、好みも大事ですが、長く使うものなので
「似合う」ということは本当に大事だと思います。

ここで、夫の話ですが、実は私の結婚指輪は
ほんの10分くらいで決まったものの、
夫の結婚指輪選びは1週間ほどかかりました。

この間お店には3度行き、何度も試着しました
私の指輪はウエーブタイプでこれと対になっているものも、
ウエーブタイプのダイアモンドなしの結婚指輪のデザイン。

夫はウエーブは絶対に嫌だといい、
真っすぐのデザインのタイプにしたいと、
ほぼすべてのデザインを試着しましたが、

それぞれ、厚み、太さ、デザインの微妙な違いから
訳が分からなくなり、迷いに迷い、ついに嫌だけど、

私と同じデザインのウエーブにしようかと
言い出し始めたのを私は必死に止めました。

 

【難航する夫の結婚指輪選び】

「急がなくてもいい、
だから自分が身に着けたいと思うものを選んで。
これから何年も使っていくものだから、絶対に妥協しないで」と。

私自身、このブランドで買うと決めるまで時間をかけました。
ここ以外では結婚指輪は買わないと決めるほどです。
それは妥協したくなかったからです。

結果的に、夫は一番初めに見ていた
ストレートラインの指をを選び、
今でも満足して毎日身に着けています。

また、長い時間、親身にアドバイスを
してくれたスタッフの方にも感謝しています。

 

【プロポーズのエピソード】

私たちはプロポーズはありませんでした。

それは私が「結婚前提なら同棲してもいい」
といったのを受け入れ同棲がスタートしたからです。

同棲を始めてすぐなのに「入籍はいつにする?」
と言い始め、入籍日を決めたからです。

なので、大きなプロポーズの思い出はないですが、
ある意味同棲を始めてから
毎日私からプロポーズしたような形です。

夫はそれを、気付いたら結婚していたといいます。
なのでこのような結婚の形も今はありなんでしょうね。

プロポーズではないですが、同棲前、
私は会社でのパワハラから体調とメンタルを
大きく崩しとてもひどい状態にありました。

毎日のようにお酒を飲み、気付けばワイン瓶2本を
飲み干すような日々を送っていました。

そんな私を心配し、食事やドライブに
時間がない中連れて行ってくれました。

 

ある時、限界に達し会社の上司に
歯向かいクビになりかけたことで、

さらに状態が悪化した私に気付いた彼は、
私を励ますため食事に連れて行ってくれました。

そこで私は、このようなパワハラで
気持ちが限界にきていることを伝え、
迷惑をかけてしまい申し訳ないと謝りました。

すると彼は、「自分の方こそゴメン、
そんなに君がつらいのに気づいてやれなくて、
これからはもっと僕に頼ってくれていいから」と言ってくれました。

ほどなくして、私は会社を辞め、休養を取っていると
「クリスマスだから出かけようと」いい、

何も言わずイルミネーションの有名な
ホテルに連れて行ってくれました。

きっとこの時期で予約を取るのも難しいのに
本当にやさしい人だと思ったのが
結婚したいと思った一番の思い出です。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ自体彼からはありませんでしたが、
私の毎日のように言っていた「入籍日いつにする」
という言葉から、ついに入籍日を決めました。

入籍日を入れたかった日は過ぎてしまっていたので、
彼が一番日取りの良い日にしようといい。

暦上で一番日取りが良いとされる日を探し、
この日を入籍日にしました。

結婚し、確かに同棲時期や付き合いたての
ドキドキ感はないのかもしれませんが、

今も毎日のようにお互い褒めあい、
愛を伝えあっているのは夫婦でも珍しのかな。
と思う時もあります。幸い、ケンカも無く幸せな日々です。

本来なら結婚後、新婚旅行で海外に行く予定でしたが、
新型コロナの影響でそれが叶わなくなってしまい、
今は落ち着いたときに北海道に旅行に行こうと考えています

 

ところで、私たちはプロポーズがなかったのと、
私が欲していなかったため婚約指輪はいただいていません。

そこで、ついこの間、初めての
結婚記念日を迎えたときに夫と話したのは

「今も婚約指輪は欲しいとは思っていないけど、
この先一緒に過ごしていく中で、
10年目には新しい指輪が欲しい」と伝えました。

確かに、今はいらない、
でも、ずっといらないわけではない。

私は一気に思い出をもらうより、
数年ごとに思い出になるようなジュエリーが欲しい。

なので、10年目には婚約指輪のデザインか、
スウィート10のデザインか
どちらかもらえることとなりました。

次のリングをどのようなデザインにするか
考えるのがまた楽しみでもあります。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

婚約指輪を貰っていない代わりに結婚10周年に記念となる
スウィート10のダイヤリングというのも楽しみですね!
実際に当店でもスウィート10のダイヤリングは人気です。

そしてご投稿を頂いたこちらの方も最初エタニティリング
が欲しかったということですが、エタニティリングも人気
があって婚約指輪と結婚指輪の兼用で使う方が多いですね。

さて今回の記事の題名であるように結婚指輪に入っている
メレダイヤで後悔しないように選ぶポイントを教えます!

ご投稿をして下さった方はジュエリーショップで働いてた
経験があるという事で、おっしゃってたようにメレダイヤ
はピンキリです(メレダイヤの品質も価格もピンキリです)

ブランド品だから安心!という訳では決してないですので
注意が必要ですし汚いメレダイヤが入っているだけで指輪
のデザインが良くても指輪の完成度や価値が下がります。

綺麗なメレダイヤを選ぶポイントですが、そのお店にある
ジュエリーに使われているメレダイヤが全部綺麗かどうか
メレダイヤの品質にこだわっている店は信用ができますね!

また、お店のスタッフさんがダイヤの知識があれば指輪に
使われてるメレダイヤのランクが分かるので安心できます
綺麗な上質なメレダイヤを使っている店をお勧め致します。

ただ今回ご投稿の方はメレダイヤのランクやカットなどを
おっしゃっておりましたが、ある程度メレダイヤの大きさ
が無いとランクが取れないダイヤのサイズがありますので

メレダイヤのランクばかりにとらわれず見た目の美しさが
肉眼でが分かるように色んなお店を回って目を鍛えた方が
メレダイヤの品質を判別できますので良いと思います(^-^)

ちなみに当店ジュエリーコウキで使っているメレダイヤは
全て上質のメレダイヤしか使っていないのでご安心下さい
小さいサイズのメレダイヤでも品質重視で使っております!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くように
なりましたので私、池田潤の LINEのID をお知らせします

LINE ID  junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

 

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA