銀婚式 純プラチナリングをプレゼント!結婚25周年にお勧めの指輪

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です。

鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います
本物の鍛造は鍛冶作業で1つ1つ職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%以下しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴30年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

銀婚式 指輪 プラチナ

【銀婚式に純プラチナの指輪】

早速ですが、今回ご紹介をさせて頂く鍛造リングですが
結婚25周年にプレゼントをする銀婚式の記念リングです。

銀婚式にプラチナリングを贈るというのは昔から人気で
定番なのですが普通のプラチナではなく純プラチナです!

一般的なプラチナリングは pt900 がほとんどなのですが
純度MAXの純プラチナ pt1000 はとても珍しい指輪です
更に日本伝統技法の鍛造となれば凄く珍しい激レアです!

銀婚式の指輪にダイヤ

デザインは槌目(つちめ)を艶消しのマット加工にして
ダイヤモンドを埋め込んだ幅広いデザインで上品なので
結婚25周年の銀婚式にピッタリな純プラチナリングです。

こちらの鍛造の純プラチナリングが出来上がるまでを
記事に詳しく書きましたので最後までご覧下さいm(__)m

純プラチナ

銀婚式 純プラチナ 指輪の作り方

それでは早速、銀婚式にプレゼントされた鍛造リングの
制作過程を詳しく書きますので宜しくお願いいたします。

これから作る銀婚式の指輪に必要な純プラチナの重量を
計算して割り出してから用意をして溶かして塊にします。

坩堝や溶解皿といわれる溶解専用の容器に純プラチナを
入れて強烈な火力の酸素バーナーで溶かして塊にします。

鍛造リング

鍛造リングは鍛冶で作るリング

日本伝統技法の鍛造とは、鍛えて造ると書いて鍛造です
どうやって地金を鍛えるのか?というと鍛冶で鍛えます。

刀職人さんが刀を刀鍛冶で鍛えながら作っていくように
宝飾職人の私が指輪を鍛冶で鍛えながら作っていきます。

画像のように溶かして塊になった真っ赤な純プラチナを
金床という鍛冶台に乗せてハンマーで力強く叩きます。

純プラチナ

純プラチナを万遍なく鍛える

鍛冶で純プラチナを鍛えると頑丈になっていくのですが
ムラが出てしまっては駄目なので万遍なく鍛錬をします。

純プラチナを万遍なく鍛えるには四角の角棒にしながら
四面からハンマーで叩いてムラが出ないように叩きます。

純プラチナ 鍛造

火入れをして更に鍛錬をする

鍛冶で純プラチナを鍛錬し続けていくと当然ですが強く
頑丈に育っていきますが、更に鍛えるには火入れが必要。

火入れを「焼きなまし」とも言いますが硬くなり過ぎた
地金に火入れをすることで硬さが緩むので更に叩けます。

鍛冶作業はハンマーで打って締めて叩いて伸ばしながら
火入れをして再度ハンマーで打つの繰り返しの作業です
この繰り返し作業で地金が極限まで強くなっていきます。

純プラチナ 鍛造

鍛冶で地金が頑丈になる理由

鍛造のメインである鍛冶でどうして地金が強くなるのか?
その理由というかメカニズムを詳しくご説明いたします。

地金内には巣(す)という巣穴の原因となる微量な空気が
が含まれています。プラチナもゴールドもシルバーもです。

その巣が地金内にあると巣穴が多くあるのと同じですので
強度が下がって弱くなります(市販の既製品はそうです)

しかし鍛冶で打って締めて叩いて伸ばすことで地金内から
巣が地金外に放出されて粒子が整って締まって詰まります
結果、地金が無垢のように濃くなって頑丈になるんですね。

指輪の幅を5.5mmにする

鍛冶作業で純プラチナを鍛錬しながら伸ばしてきました
最終的にこれから作る指輪のサイズに調節をするんです。

指輪のサイズとは指輪自体のサイズもそうですし他にも
指輪の幅、指輪の厚みになるように鍛冶で伸ばすんです。

今回、銀婚式に送られる純プラチナリングの幅は5.5mm
その理由はゴーゴー!今後も行くぞー!という意味ですw

縁起を担いでで5.5mmにした訳ですが、ここに関しては
指輪の幅はお客様の好みで決めて頂いて問題ございませんw

銀婚式 リング

刻印を打って板を丸める

鍛冶で伸ばした真っすぐな板に2つ刻印を打ち込みます
画像では撮ってないですが純プラチナを証明するpt1000

もう1つはジュエリーコウキで鍛造で作った証でもある
ジュエリーコウキのブランドロゴのjkの刻印を打ちます。

2つの刻印を入れた真っ直ぐな板を、芯棒という工具に
巻き付けるイメージで木槌で叩きながら丸めていきます。

銀婚式 リング

隙間が無いように丸める

板を丸めていくと必ず合わせた口の繋ぎ目が発生します
この繋ぎ目に隙間が少しでも開いていると不具合が出ます。

どんな不具合かと言うと、溶接作業の時に不具合が出ます
隙間が開いていると溶接で溶かしている時にひび割れたり、

食い込んで溶けたりなど様々な不具合が発生するんですね
完璧な溶接をする為にも繋ぎ目の隙間は完全ゼロにします。

銀婚式 指輪 プラチナ

ファイヤアアアアアアアー!!

これが純プラチナリングの溶接になります!凄いですね!
力強いエネルギッシュなパワーを画像から感じられます。

通常、ジュエリーに使われる溶接はロウ付けと言います
しかしロウ付けは、ジュエリー本体が溶けないように本体
よりも弱くて溶けやすいロウ材を使って溶接をしています。

しかし、鍛冶で鍛え抜かれた鍛造リングにはロウ付けでは
弱くて物足りないので1番強くて頑丈な溶接をするんです。

共付け(ともづけ)といってジュエリー本体と同じ素材を
使って溶かすという究極に難しい最高難易度の溶接です!

何が難しいのかというとロウ材もリングも同じ純プラチナ
という事は溶ける融点も同じ。これは難しい訳です(汗)

失敗をすればリング自体が溶けてしまうリスクがあります
しかし成功すれば鍛造リングに相応しい強度を得られます。

純プラチナ 鍛造リング

ダイヤを入れる位置を決める

この時点ではまだ指輪にダイヤを埋め込まないのですが
槌目を打ち込んでいくのでその前に穴を開けていきます。

槌目を打ち込んだ後に位置を決めるのが難しいからです
ダイヤを入れたい位置を決めてドリルで穴を開けます。

銀婚式 指輪 プラチナ

槌目を打ち込みます

槌目(つちめ)とは、金槌で打った模様の事をいいます

金槌の形や大きさ、打ち込む力加減などで模様が異なり
全ての槌目模様が違うことから唯一無二の模様なんです。

そして適当に金槌で打ち込んでいる訳ではなくて全体の
バランスを考えながら打つのでセンスも非常に重要です
槌目模様は技術とセンスが必須の日本の伝統工芸です。

指輪 銀婚式 プラチナ

槌目模様の美しさを追求

先程も説明をしましたが、槌目加工は高度な技術力と
センスが問われる加工になります(経験値も必要です)

全体のバランスを考えながら金槌で打ち込んでいきます
槌目模様の打ち方は、職人さんによって違ってきます
はっきり言うと職人さんのレベルで槌目が変わるんです。

私の場合は槌目を重ねて打ち込んだり、逆に重ねないで
打ち込んだりと打ち方を変えながら1番綺麗に魅せれる
ように計算をしながら考えながら打ち込んでいきます。

画像を見れば一目瞭然ですが槌目の力強さが違います!
これが宝飾職人歴30年の私、池田が打つ槌目模様です。

銀婚式 指輪 ダイヤ

ダイヤモンドの石留め

結婚25周年の銀婚式ということでダイヤを入れました

こちらはお客様からご要望でダイヤを埋め込みましたが
銀婚式だからダイヤを絶対に入れるという決まりは無く、

ダイヤを入れなくても全く問題ございませんのでお客様
のお好みでダイヤ有りか無しで決めて頂いて大丈夫です。

今回の場合はという事でダイヤを伏せ込みという手法の
石留めでリングの中心にダイヤモンドを埋め込みました。

※伏せ込みはダイヤを埋めるので引っ掛かりが無いです

銀婚式 リング

指輪の幅を5.5mmにする

純プラチナリングを金槌で打ちまくっていたので指輪の
幅が広がったり歪んだりしているので削って整えます。

今回の指輪の幅は5.5mmですのでヤスリで削っていきます
擦り板にリングを固定して側面をヤスリで削っていきます。

必ず両面の側面を同じ分だけ削って幅を調整していきます
その理由は、槌目をバランスよく打ち込んだからなんです。

片面の側面を削り過ぎると槌目のバランスが崩れるんです
ですので、必ず両側面を同じ分だけ削って幅を合わせます。

リング 銀婚式

指輪の角を削り落とす

純プラチナリングの両側面を削っていたので角が出ます
バリとも言いますが削って出る鋭利な角なので削ります。

指輪の角が強いと指に当たると痛みを感じてしまいます
そこで指で実際に指輪の角を触りながら角落としをして
指と指輪の当たりや手触りが良くなるように調整します。

ここで注意する点が、角を削り落とし過ぎると指輪の幅
が狭く見えたり角落としの違うデザインに見えたりする
可能性もあるのでここでもバランスを見ながら削ります。

銀婚式 プラチナリング

指輪の内側を内甲丸に

指輪の表面の角落としをしたら、次は指輪の内面の角を
落としますが内面の場合は角落としだけでなくて内甲丸
というフォルムになるように削って仕上げていきます。

指輪の内側を内甲丸(うちこうまる)という楕円形の
形状に仕上げることで最高の着け心地の良さになります。

銀婚式 プラチナ 指輪

内甲丸リングの滑らかさは別格!

内甲丸のフォルムは楕円形がベースになっております

楕円形なら何でもいい訳ではなくて指の形に合うように
楕円に仕上げる事で指と指輪が馴染んでフィットします。

指と指輪が馴染む事で指を曲げても違和感がありません
優しく触れ合っているので最高の着け心地になるんです
私が実際に指で触れながら仕上げるので可能なんですね。

更に!楕円形になっていることで水はけも良くなります
指輪から水が抜けやすくなるので衛生的にも良いですね。

結婚25周年 指輪

専用の紙ヤスリで傷を消す

ヤスリで削った純プラチナの面の小傷を消す工程です
表面は槌目加工で仕上げてあるのでそのままでokです。

リングの両側面と内面の内甲丸を紙ヤスリで仕上げます
普通の紙ヤスリではなくて専用の耐水性の紙ヤスリです。

耐水性なので水を含ませて擦ることで機能を発揮します
水と研磨砂が混ざり合ってヤスリで削った小傷の奥まで
浸透していくので純プラチナにある傷が綺麗に消えます。

銀婚式 指輪

更に研磨ゴムで仕上げる

耐水性の紙ヤスリで純プラチナの小傷を綺麗に消したら
次はシリコンポイントという研磨ゴムで更に仕上げます。

ヤスリで削った傷は耐水性の紙ヤスリで消して紙ヤスリ
で擦った髪の毛のような極細の細かい傷を消す工程です。

リューターという機材の先端にシリコンポイントを設置
そして高速回転でシリコンポイントを回して仕上げます
髪の毛のような細い小傷が仕上げる度に消えていきます。

純プラチナの鏡面仕上げ

シリコンポイントで綺麗に仕上げたら更に仕上げます
鏡面仕上げというプラチナを鏡面に仕上げる工程です。

今では機械でプラチナを鏡面に仕上げる事が出来ますが
昔は機械ではなく手作業で時間をかけて鏡面にしました。

私は今でも手間をかけてヘラ掛けという手法で手作業で
プラチナを鏡のようにピカピカの鏡面に仕上げています
機械の鏡面よりも手作業の鏡面のほうが反射がいいです。

銀婚式 指輪

バフ掛けで最終鏡面仕上げ

ヘラ掛けはヘラ棒という工具を純プラチナに押し当てて
面を潰すようにして滑らせながら磨くと鏡面になります。

失敗すると傷だらけになるので諸刃の剣のような工程で
凄く難しいヘラ掛けは熟練された技術と経験が必須です。

更にヘラ掛けで鏡面になった面をバフ掛けという研磨布
で徹底的に磨き上げると反射度が強い鏡面に仕上がります
バフの種類は沢山ありますが使い方は高速回転で磨きます。

銀婚式 指輪 プラチナ

つや消しで槌目模様を仕上げれば
銀婚式の純プラチナリングが完成!

つや消しで槌目模様をホワイトカラーに仕上げれば完成

白い槌目模様が上品で落ち着いていて大人の雰囲気です
ダイヤモンドの輝きも引き立ちますので美しい仕上がり。

銀婚式の記念にプラチナリングを贈る方は多いのですが
更に上ランクの純粋なプラチナとなる純プラチナリング
を贈る方は少ないのでお勧め(作れる店が限定される為)

結婚25周年の銀婚式にピッタリな特別な指輪になります
今回は純プラチナリングでしたが更に上のランクになる
1番高級な純金リングを贈る方もいらっしゃいます(^-^)

銀婚式 指輪 純プラチナ

【銀婚式の指輪 詳細】

○製造方法 鍛造(たんぞう)彫金(ちょうきん)
○使用地金 純プラチナ(pt1000)
○指輪の幅 5.5mm
○指輪厚さ 2.0mm
○デザイン 槌目模様 ダイヤ入り
○仕上げ方 槌目つや消し(内面は鏡面)

私が手作りをする指輪は自慢の日本の伝統技法の1つ
鍛造製法に超こだわって1つ1つ手作りをしています。

強靭でリングが変形しにくくて日常使いでも安心して
身に着ける事ができますし鍛造リングは使い込むほど
生活で付く傷や凹みが味になっていくので魅力的です。

銀婚式 指輪 プラチナ

東京都W様のご依頼で銀婚式の指輪を作成

当店は新潟県長岡市に店があるのですが全国各地のお客様
から鍛造リングのご依頼を頂いており今回は東京都W様の
ご依頼で銀婚式の純プラチナリングのご依頼を頂きました。

直接ご来店を頂かなくてもメール等で打ち合わせをさせて
頂ければ全国どちらからでもご依頼を受け付けております。

打ち合わせと言っても指輪のデザインがある程度決まって
いれば指輪のサイズくらいなので簡単な打ち合わせでOK。

指輪のサイズが分からなくても指のサイズが計れるリング
ゲージを発送しておりますので全国どこでも対応できます。

銀婚式 プレゼント 指輪

東京W様 結婚25周年の銀婚式
本当におめでとうございます!

ご依頼をいただいた東京都のW様はジュエリーコウキの
ブログで私が手作りをした鍛造の結婚指輪を見て下さり
一目ぼれをして下さってご注文を頂いたんですね(^-^)

作り手として自分の作った指輪に一目ぼれをして下さる
というのは宝飾職人として本当に幸せな事なんです(涙)
職人冥利に尽きるとはこの事で作り手として感無量です。

結婚25周年の節目となる大切な銀婚式という記念日に、
私が作成した純プラチナリングが使われるのは光栄です
銀婚式からずっと結婚指輪を着けて頂きたいと思います。

=============================

お仕事のお問い合わせやご依頼は→コチラ

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

メールやお電話でもご対応しております
○電話番号 0258-27-1771 10時~16時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=============================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
1パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA