インフィニティの結婚指輪・鍛造編 【無限大に繋がる指輪】 プラチナを∞の形に

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

今回の結婚指輪のデザインは「インフィニティ」

インフィニティとは無限や無限大という意味で、
記号ではと表記されています(^ω^)

結婚指輪のインフィニティ、無限大のデザインは
メビウスと同様に、良いイメージで人気があります

 

そして、今からご紹介する結婚指輪のご依頼主様は
彼氏さんが埼玉から、彼女さんが横浜からのご来店を!
わざわざ遠方から当店までお越しいただき超嬉しいです

この仕事をしていて職人冥利に尽きます(涙)
I様、本当にありがとう御座いました<(_ _)>
すでに完成しておりますので先に結婚指輪をご紹介!

dscn3017

マリッジリング本体のラインも曲線での形にして
更に曲線を生かす為に、リングの面も削って全面の
曲線が繋がるように動きを出したマリッジリングです

のフォルムの中にのヒネリも加えたという事です
説明が下手ですが・・・画像を見て頂ければ分かるかとw
それではインフィニティの結婚指輪の制作工程の始まりです

 

 

インフィニティ結婚指輪の作り方

まずは、当店で結婚指輪を作る時の最初の作業となります
2つの指輪なのでペアリングを作るのに必要なプラチナを
計算して溶かす溶解(ようかい)という作業からスタート

最初にお知らせ致しますが、今回の制作記事は鍛造編と
彫金編の前編と後編の2回にわけて記事を書こうと思います

ウエディングシーズンで忙しいので記事を書く時間がないw
後程、時間を見ながら後編の彫金編を書きますので(汗)
という事で、記事を2回にしますのでお許し下さい<(_ _)>

dscn1832

プラチナの融点は約1770度

1800度以上の火力が出る酸素バーナーで溶かします
太陽のように眩しいので溶接用のサングラスが必須です

そして2人分の指輪の元となるプラチナが溶けたら鍛冶作業
鍛金(たんきん)と言われるプラチナを鍛える作業に進みます
鍛えながら造るので鍛造(たんぞう)とも呼ばれる工程です。

DSCN8050

金槌で何度も叩いて、何度も炎で焼く作業

金床(角床)と呼ばれる鍛冶用の台にプラチナを乗せて
大きい金槌(玄翁)でガッツンガッツンと叩き上げます

地金が固く締まってきたら、炎で焼いて柔らかくします
また叩いて叩いて、焼いての繰り返し作業を続けます
そして叩きながらプラチナを四角形に成形していきます

%e7%9a%87%e5%a6%83-%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%88%b6%e4%bd%9c%ef%bc%88%e3%82%bf%e3%82%bf%e3%82%ad%ef%bc%89

鍛えて造る「鍛造」の魅力

一般的に販売している既製品(完成品)は鍛造ではなく
鋳造(ちゅうぞう)と呼ばれる型に流し込むタイプです
溶かしたプラチナを指輪の型に流し込むので叩いていません

鍛金で造り上げる鍛造とは、溶かしたプラチナを叩きながら
プラチナを強く育てていきながら指輪を作っていきます!

地金を何度も叩いて焼く事によって、地金中に入っている
微量な空気を放出して粘り強くして、更に地金の粒子を
絞めて焼く連続作業によりプラチナの強度が増すんです!

DSCN8058

とにかく手間が必要になる鍛冶作業ですが、プラチナの質が
他のプラチナ比べて圧倒的に違うので(良質)この作業に
当店は超こだわって、結婚指輪を1つ1つ手作りしています

鍛造の作業を、写真や文章で説明すると長くなるのでw
動画で撮ってありますので、見て頂けたら分かると思います
このような作業をするんです→ youtube プラチナ鍛造

 

さて、動画でご紹介をした鍛金&鍛造を繰り返していくと
ごっつい塊だったプラチナが長細い板状になります(^ω^)

最終的に写真のような長細い板になるまで鍛造をしていき
2本分の指輪に必要な長さ、指輪の幅と肉厚に仕上げます。

dscn2945

1つの同じプラチナから二人分を制作

当店で手作りをする結婚指輪は全てこの工程で作ります
同じ地金で結婚指輪を作る事によって、絆や愛をずっと
身近に感じる事が出来ると思ってこその工程なんですね

1つの同じプラチナから誕生する2人の結婚指輪
とってもロマンチックで素敵ですよね(*´Д`)
手作りだからこそ可能な工程ですので自慢してくださいw

dscn2946

1枚のプラチナ板を2枚にします

長い1枚のプラチナ板を糸ノコギリで2枚にします
この作業で、男性リングのサイズに必要な長さにして
同じように女性リングのサイズに必要な長さに合わせます

1枚のプラチナ板を2枚にしただけですので
指輪の幅や厚さは2枚ともに同じという事です(^ω^)
ちなみに幅は3.3ミリで、厚みが1.7ミリです

dscn2947

指輪に必要な刻印をいれます

指輪の内側になる部分に、必要な刻印を打ち込みます
指輪に必要な刻印は当店の場合、主に2種類となります

1つはプラチナ900を証明するプラチナ900
もう1つの刻印は当店で手作りをしたという証明の
JKマークの刻印です(ジュエリーコウキの略です)

dscn2949

プラチナ板を丸めてリング状にします

刻印を入れたプラチナ板をリング状に丸めます
刻印がリングの中側になるように丸めていきます
逆に丸めると刻印が表に出てしまうので注意しましょう

ようやく結婚指輪のベースとなる形が見えてきました
このような工程で結婚指輪の元となる形を造るんですね

dscn2950

木槌と丸い棒でリングになるように丸めます

リングの形になるように丸める工程で、色々な丸め方が
あるのですが私の場合は丸棒という鉄棒と木槌を使います

ヤットコで掴んで丸める事も可能ですが、より綺麗に
丸めるには完全な丸い棒で丸める事で綺麗な円になります
木槌を使うのはプラチナ板に余計な傷をつけない為ですね。

dscn2952

指輪の共付け(溶接)

一般的によく使われている溶接方法は「ロウ付け」ですが
当店ではロウ付けではなく共付け(トモヅケ)なんです!

ロウ付けとは、溶けやすいロウという地金を溶接したい
箇所に置いたり挟んだりして、ロウが溶ける温度の炎で
溶かして地金同士を溶接をする作業の事です
ただ、これは分かりやすくいうとハンダゴテみたいなもの

共付けとは、ハンダゴテを使ってくっつけるのとは違って
完全に地金同士を溶かして融合させるという溶解作業です

イメージで分かるかと思いますが溶かして1つにします!
指輪本体が溶けるので、熟練された職人の技術が必須
指輪の溶ける範囲を極力小さくする事が職人の腕ですね

dscn2953

当店は結婚指輪を作る時には共付けで融合させていますが
勘違いしてほしくないのがロウ付けが駄目とかじゃないです
手作りの結婚指輪を作る場合に共付けが適しているという事

ロウ付けが外れやすいとか、壊れやすいとかないですよ
当店も細かい修理の時にはロウ付けもしていますし大丈夫です
作業によりロウ付けとトモ付けを使い分けているという事です

難しい作業をしてまで結婚指輪に共付けをする理由は
結婚指輪なので完全に離れない無限のリングにしたいからです
もちろん理由はそれだけではなく、強度もやはり強いんですね。

dscn2957

結婚指輪のフォルムを∞の形に曲げる

共付けが完了して、繋ぎ目のない完璧なリングになりました
次は結婚指輪の全体の形、フォルムがになるように曲げます

指輪の全体をバランスよく曲げていく事が重要になります!
曲げ方のバランスがおかしいと見え方のバランスもNGです

綺麗なのフォルムになるように、万力でガッチリ固定し
ヤットコで掴み、少しづつバランスを見ながら曲げていきます

 

基本的な話になりますが、結婚指輪は常に指にする指輪です
つけ心地が凄く重要となりますので曲げ過ぎには注意です!

曲げ過ぎると指にあたるリングの面積が一定箇所ではない為
つけ心地が悪くなるんです(くるくる回ったりもしますので)

ですので基本的に指輪は、真っすぐに近ければ近いほど
指へのあたりが一定して着け心地が良くなるんです(^ω^)
という事で今回のインフィニティも弱めの曲げ具合です

dscn2958

結婚指輪ですので、ペアで見た時が重要なんです
1つ1つの指輪の曲がり具合のバランスも大切ですが
重要なのは結婚指輪として2つ一緒に見た時です(^ω^)

ペアリングが同じ曲がり具合のに調節
指輪のサイズの大きさが違い、リングの面積も違いますが
それでも2本見た時に同じに見えるように曲げるのがプロ!

dscn2960

指輪の形を完璧なリング状の「真円」にする

曲げた指輪は曲げた力で、リング全体の形が歪んでいます
そこで丸棒(芯棒)に曲げた指輪を入れて金槌で叩きます
指輪全面を細かく金槌で叩く事で歪みが消えて丸くなります

指輪が丸まったら指定サイズまで伸ばす

型の指輪の歪みがなくなって綺麗な真円になったら
そのまま丸棒に入れながら更に金槌で叩き、サイズを調整

お客様の指のサイズまで丁寧に伸ばしていきます
手作業で細かく伸ばしているので、お客様のご要望で
細かいサイズに対応できるようになっております(*´Д`)

dscn2961

結婚指輪の幅を削って整える(彫金)

ここから、いよいよ彫金作業の開始となります!
叩いて広くなった指輪の幅を削り、指定幅になるように調整

インフィニティの形も綺麗になるように角度も合わせます
スケールやノギスといった計る器具でキッチリ計ります
そして同時作業で指輪の角も落としていきましょう(^ω^)

dscn2963

ラインの下書き(設計図)を制作

結婚指輪のフォルムが綺麗なインフィニティの形になったら
次はフォルムではなく指輪の表面を削ってラインを出します
正確なラインを出す為に、計算しながら設計図を描きます

キッチリとラインの間隔や位置を出さないと本番の彫金で
ヤスリでガッツリ指輪を削ると、ラインなどが狂う可能性が
あるので正確な下書きをする事が失敗しない秘訣となります

※この下書きの事を専門用語で「ケガク」と呼んでいます

dscn2966

ケガク工具は基本的に先端が針のように細いです
これは細かい(小さい)部分までケガけるようにです

ケガいたラインが細くて見えづらい場合が良くあります
そんな時、自分は油性マジックで太く上書きしますw

「太すぎだろw」とツッコミを入れたい人もいるかとw
しかーし!重要なラインのみ太くしただけなので問題なし
しかも彫金が進めば油性マジックも消えるので安心(*´Д`)
そして太い眉毛の女性がタイプですw(どうでもいいw)

dscn2968

本格的な彫金作業の開始!

下書きに間違いがなければ本格的な彫金がスタート!
設計図のライン通りに削っていくのですが、まずは
マジックで書いた太いラインに沿って削っていきます

このマジックで書いた太いラインが今回のインフィニティ
の動きを出すのに凄く重要なラインとなるんです(*´Д`)

dscn2969

インフィニティ結婚指輪に無限の動きを

ヤスリで削りながらインフィニティの流れを表現します
全体のフォルムは、既に綺麗な∞の形になっているので
更に指輪の表面を削ってインフィニティを押し出します!
立体的なインフィニティを作るという事ですね(^ω^)

さて!
今回のブログ記事はここまでとさせて頂きます!

指輪作りもブログ更新も、どっちも大切な作業なのですが
締切が決まっている結婚指輪作りの方が今は重要ですのでw

また時間をみつけて今回の後編記事を書こうと思います!
それではまた次回、後編の記事でお会いしましょう(^ω^)

 

※記事の続きはコチラ → インフィニティ結婚指輪・後編「彫金編」

 

=================================
指輪作りの制作日記をご覧頂いて、工程に納得をしてから
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
真心をこめて1つ1つ手作りをする本物の結婚指輪ですよ

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA