ブルーダイヤを石留め・荒仕上げ結婚指輪の制作風景

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
株式会社ジュエリーコウキの池田です<(_ _)>

いや~仕事がめっちゃ忙しいのに・・・
左の太ももとお尻がとっても痛いんです(;´Д`)
椅子に座って作業机でする仕事なので激痛がw

肉離れをしている可能性が高いんですが
その激痛の理由は・・・正月の神社参拝の時に
普通に階段を登っているだけでなりましたw ぶww

42歳、自分の体力のなさにドン引きしましたw
今年の目標は、まずは体力作りだと思いました(汗)

 

 

さてさて、お尻は痛いですが大丈夫!
制作作業は年明けから順調に進んでおります

ブルーダイヤモンドをワンポイントで使った
プラチナ製のVデザイン結婚指輪を制作中です

DSCN9914

プラチナをヤスリで削る彫金作業
年始からガリガリ!と景気のよい音を放出中!

正月は酒三昧、寝正月でリフレッシュしましたのでw
エネルギッシュにバリバリに仕事をこなしています!

DSCN9918

リング全体の輪郭がV字デザインで
そのVデザインをさらに上から削って表面でも
動きのあるようなVデザインに仕上げていきます

DSCN9922

結婚指輪の側面(コバ)から表面へ削る手法で
指輪のコバと表面でデザインが繋がるように彫金
まるでメビウスの輪のように永遠にLOVEが繋がります

ヤスリで削ったままの荒仕上げ状態ですが
結婚指輪のデザインがキッチリと完成しました!
そしてついにブルーダイヤモンドを埋め込む作業です

DSCN9926

結婚指輪にワンポイントで1ピース入るので
そんなに大きくはないのですが、凄く綺麗なルース
アイスブルーという名前のブルーダイヤモンドです

ダイヤの石留め方法は「伏せ込み」

レール留めとも呼ばれていますが、ダイヤ全体を
地金に埋め込む手法になるので、爪は一切ナシ
引っ掛かりがないのが特徴で、つけ心地は良いです

DSCN9932

時間がないので石留めの風景の画像はないですが
簡単に説明するとダイヤと同じ幅に開けた穴に
ダイヤを押し込んで、ダイヤの周りのフチをタガネを
あてて金槌でそのタガネを叩いて全体を埋め込みます

プラチナの素材を意識して表現する「荒仕上げ」
渋く光る荒い輝きもプラチナだからこその魅力ですね
ブルーダイヤが荒仕上げの中に際立って見えます

今週も忙しいので制作の記事はここまでとなります
本日もご観覧を頂きましてありがとう御座いました<(_ _)>

 

どの制作工程も熟練された自信のある職人技です!
ブログやFacebookの制作記事を見て、制作工程に
納得をしてから、私の創る結婚指輪をご購入して頂けると
作り手として嬉しいです!下記のWEBからご購入頂けます
************************************************
株式会社ジュエリー皇妃(コウキ)
新潟県長岡市渡場町2-7
電話 0258-27-1771 (10時~17時まで受付)
メール j_kouki_ring@yahoo.co.jp (24時間受付)
ホームページ http://jewelry-kouki.com/
************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA