タイガーアイ 原石の効果が凄い!タイガーアイの金運アップの体験談!

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキ
鍛造リングの製造販売をする宝石店です

鍛造リングとは、リングの素材となる地金を鍛冶で
鍛錬しながら作る伝統技法の1つで職人の指輪です。

伝統技術ですので鍛造の技を継承した宝飾職人しか
作ることができないので全国でも一部の専門店のみ。

ジュエリーコウキで作る鍛造リングは、当店二代目
で宝飾職人歴25年の私、池田が工房で作っています
そして、このブログも私が書いて更新をしています。

鍛造リングの紹介や、制作工程などを書いています
他にも、リングの素材として使うパワーストーンや
宝石も知っていただきたいので紹介をしております。

本日はタイガーアイという宝石をご紹介いたします

しかもアクセサリーとしてのタイガーアイでなくて
置物としての大きなタイガーアイの原石なんですよ!

大きなタイガーアイの原石の事を詳しく知っている
方からお伺いをした体験談のインタビュー記事です
不思議なパワーがあるらしいのでご紹介を致します。

=================================

 

【タイガーアイの意味と効果】

パワーストーンとしてのタイガーアイは
「金運の石」としてその名が広く知られています。

その名の通り「商売繁盛の石」「幸運の石」として
実業家や会社経営者などとても人気がありますが、

タイガーアイがそのように普及したのは、
どのような事があったからか考えたことはありますか?
タイガーアイは虎という動物が大きく関与しています。

古来より東洋において虎は
神秘的な存在だと考えられてきました。

冷静に物事を見つめる眼や、強い行動力を
兼ね備えた高貴な佇まいは神が宿っているとされ
中国や日本においてもそれは信じられてきました。

室町時代の屏風や、江戸時代の書き物においても
特別な存在として「虎」が位置付けられています。

それだけではなく、
古代エジプトにさかのぼると幸運を招く聖なる石として

神々の眼にタイガーアイをはめ込み
物事を見通す目として崇拝の対象となっていました。

遠く離れているエジプトと中国などで
同様に崇拝されていた特別な宝石と言えます。

古代ローマでは、お守りとして病気の治療や痛みを
タイガーアイが軽減させるパワーがあると考えられ
強力な護符として作用を持っていたようです。

 

【タイガーアイは和名 虎眼石】

タイガーアイで虎の瞳を思わせる輝きのことを
キャッツアイ効果(シャトヤンシー)と言います。

この光の帯が眼の中の光に
例えられこの宝石の最大の魅力です。

虎の瞳に代表されるようにこの石は洞察力を高め、
物事の本質を見抜き、災いを避けることで
成功をもたらすパワーストーンとされています。

目先の損得にとらわれることなく、
自分にとって本当に必要で大切なものを見抜き、
最良の判断へと導いてくれる事でしょう。

決断力と行動力を高める石灯されるため、
新しい事業を始めようとする人や新しいことに
チャレンジしようとする人をそっと後押しをしてくれます。

自信を持って前に進むことができない人に対しては
失敗する恐怖やトラウマなどを和らげてくれます。

 

【タイガーアイの色】

色は褐色、黄色、黄褐色がありますが、
脱色処理が行われるとホワイトタイガーアイや
クリソベリルキャッツアイなど石の名前が変わります。

稀にレッドタイガーアイが
天然石であることもありますが、

流通するほとんどは加熱処理された
赤くなったレッドタイガーアイです。

主な産地は南アフリカ、
西オーストラリア、ナミビア、中国など。

最初は少量しか産出する事ができませんでしたが、
現在は徐々に産出量も安定し全世界へ普及しています。

 

タイガーアイの宝石言葉は
洞察力、独立、好奇心、知識、高貴。

誕生石・守護石は10月の誕生石、
寅年の守護石、獅子座・牡羊座の守護石となります。

ちなみに、タイガーアイは
石に含まれるクロシドライトという成分が
酸化して黄色くなるとタイガーアイ、
変化していない灰青色をホークスアイ、

生糸に変化する途中の緑っぽい灰色では
ウルフルズアイと呼ばれる石になります。

 

ここからはタイガーアイにまつわるお話しです
タイガーアイの体験談、インタビュー記事です

この大きな塊のタイガーアイは
古くから事務所に伝わる神聖な石です。

タイガーアイ 原石

タイガーアイの原石

この今働いている事務所は、かつて江戸時代の時に
江戸からかなり離れているのにも関わらず「別の府」
という形で幕府直轄の地として栄えてきました。

その旧家に伝わるタイガーアイ原石の塊になります。

私自身にまつわる話ではありませんが
この事務所に伝わるエピソード、実話です。

 

九州の中でもこれといった大きな産業が無い大分県

この場所は昭和に入って造船業や鉄鋼業を
自分たちの県に産業として招きたいという
思いがあり話し合いや活動を進めてきました。

ですが、なかなかその話をうまく進めていけるほどの
人脈や経済力、説得力は無く、県の財源や若手の仕事の
場が無く他県に人材が移動してしまう状態がありました。

そこで前のこの事務所の持ち主が話し合いを持ちかける事で
造船業と鉄鋼業地帯を県中央に持ってくる事ができたと言われています。

それが大分県にある新日鉄製鉄所、県南にある造船業です。

 

この持ち主は現在他界されていますが、
造船業と鉄鋼業を大分県に普及させただけでは無く、
この家(2年前1億円で購入しました)を作り、
まだ沢山の土地をもつ大地主です。

その方の言われていた言葉の中に、
この石を持つ事だけで楽して儲かるってわけじゃ無いよ。

広い視野を持つ事、
物事を見極める事、
人との縁を大切にする事、

この石を持ってそのように意識がけていけば、
この石が背中を押してくれるからと生前言われていました。

その結果事業がうまく進んがり、
金運が上がったと感じる事ができるし、

その信頼という部分に人は対価として
禊としてお金を払うんだよと、

タイガーアイは持ち主を育て、
その事ができる器に成長させてくれるものだと。
おっしゃっていました。

 

この石を持って自己実現が何か、
自分自身が何をしていきたいのかを
強い信念と理想をを持ちたいと思うようになりました。

実際私は現在、
福祉用具のカラーデザイナーになりたいとの夢を持ち、
資格として色彩療法士や理学療法士という資格をとりました。

これからデンマークや福祉の先進国へ進み
デザイナーになって、現在多く高齢者がいる中で、

その人たちがデザインを選びオシャレに納得して服をきて、
好きなデザインの服をきて生活していけるようにと思っています。

この石を持ち、様々な人に出会う事ができました。

先人がおっしゃ多様に信頼を積み重ね、
自分自身がその器に成長できるように
努力していこうと思っています。

このタイガーアイを引き継いで、
自分のエピソードを作っていけれるように
努力していきたいと思います。

タイガーアイは持つ事で
そのパワーを使うこともできますが、
是非、石といい関係になっていこうと思います。

 

他にも色んな種類のパワーストーンの
効果や体験談など記事に書いています。

こちらから→パワーストーンの種類と効果

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました(^-^)

それにしてもタイガーアイの原石が大きくて凄かったです
タイガーアイの原石で小さいものは、探せばあるのですが

インタビュー記事でご紹介をさせて頂いたようなサイズの
大きいタイガーアイの原石は、とっても珍しいと思います。

正直、こんなサイズが大きいタイガーアイの原石の値段は
いくらくらいするのか、分かりませんし凄く気になります。

金運アップの効果があると言われているタイガーアイです

こんなに大きいタイガーアイの原石ならば
きっと金運アップの効果も大きいのかもw
と、いやらしい考えをしてしまう自分が恥ずかしいw

タイガーアイは手軽に身につけられるブレスレットは人気
がありますが、小さくても原石もありだなと思いましたね。

例えば、職場の仕事机の上に、置石として飾ってみるとか
仕事運アップもしそうで最終的に金運に繋がるみたいなw
いやらしい考えが尽きませんが自分自身の努力も必要ですw

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA