婚約指輪はダイヤの質&リングのデザインを別々に選ぶセミオーダー

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技術の1つ、鍛造で指輪を作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、東京都I様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたご方は計画的プロポーズだったそうです
計画的プロポーズというのは、いったいどんな意味なのw

という疑問を持たれると思います。自分もその1人ですw
疑問に思いながら記事を読んでみると「なるほど~」と
納得しましたが、こんな流れもあるんだなと思いましたw

そして婚約指輪を探して購入をしたエピソードも教えて
頂きましたが、ダイヤとダイヤを入れる土台のリングを
別々に選んで作るセミオーダーだったそうで、そちらの
セミオーダーの流れなどの体験談も教えて頂きました!

それでは東京都I様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【計画的なプロポーズ】

 

投稿者 東京都I様

 

年末に私の実家に家族ぐるみで
付き合いをしていた現在の主人も
呼んで夕食を囲んでいたところ、

私の父から、長男が来春に結婚式を上げる際、
主人も式に参列してほしいとの話がありました。

父の話では、兄の結婚式の親族紹介では、
私の婚約者として紹介したいと父が主人に話したことから、

長男の結婚式に間に合うよう逆算された
プロポーズ計画が急遽進行することとなりました。

もともと結婚前提の付き合いになっていましたが、
主人は思わぬ自体に面食らったと思います。

私も結婚する意思を事前に主人の両親に
伝えて付き合いをしていたので、
いつかは結婚するとは思っていましたが、

まさかこんな形でプロポーズに
なるとは私自身も予想できませんでした。

 

兄の結婚式まで3ヶ月ほどしかありませんでしたので、
主人は急ピッチでプロポーズの準備を始めていました。

プロポーズは、私の希望も確認してもらったこともあり、
他人からみられることのない主人が一人暮らしをしていた

アパートの部屋でケーキと婚約指輪を用意してもらい、
2人きりでプロポーズをしてもらいました。

私は、どうしても一度プロポーズを断って驚かせてから、
承諾する逆サプライズをするつもりだったので、
周りに人がいると主人も気の毒と思い部屋にしました。

プロポーズ当日は、プロポーズされるのが、
わかっていながらもお互いそわそわしながら、
準備したのが懐かしいです。

そして、クライマックスにプロポーズを
一度断るサプライズをした時の
主人の驚いた顔は今でも忘れません。

 

【セミオーダーの婚約指輪】

婚約指輪はプロポーズをすることに
なってからの時間が3ヶ月しかなかったなかったのですが、

ダイヤモンドとリングのデザインそれぞれを
選ぶタイプのセミオーダーのものにしました。

主人の意向としては、
婚約指輪のデザインは身につけるものなので、
2人で一緒に決めることになりました。

そのため、リングのデザイン選びで
週末を楽しく過ごしていた記憶があります。

 

【ダイヤとリングのデザインは別々に選ぶ】

一方で、ダイヤモンドについては、
プロポーズとして主人から送るものなので、

私のために主人が自分で選びたいということで、
ダイヤモンド選びは任せることにしました。

そのため、主人はしばらくの間、仕事終わりに
ダイヤ選びに男1人でショップに足繁く通っていたようです。

主人が選んだダイヤは透明度とブリリアントカットが
ハートに見えるタイプのものを選んだようでした
また、透明度も高いものにしていたようです。

一方でダイヤの大きさについては、
私の希望としてあまりごろっとしたものは
あからさますぎてあまりつけなくなってしまうので、

あまり大きくなくて構わないと伝えていたので、
程よいサイズのものにしていたようでした。

 

【ダイヤモンドの4C】

そのため、主人がダイヤを選んだ基準としては、
一番はダイヤの色、二番がカッティングの綺麗さ
といった具合のようです。

婚約指輪に同封されていた証明書によると、
ダイヤはラウンドタイプのブリリアントカットで

重量は0.203ct
カットは、等級、研磨状態、対称性の三項目の評価が
triple excellent

カラーは、D評価
クラリティ(明澄度)はVS-1
蛍光性はNONE

 

【ハートアンドキューピッド】

そして、ダイヤモンドのクラウンと呼ばれる方向から
特殊な機材で覗き込んだ際に現れる模様が、

ハート型と矢模様が現れる
ハートアンドキューピッドというタイプでした。

詳しいことはわかりませんが、主人なりに
自身の財布と相談しながら検討してくれたものなので、
このダイヤモンドとリングを合わせることになりました。

ダイヤモンドがどれぐらいの金額のものか聞くのも
どうかとは思い、本人には直接はいまだに聞けず仕舞いですが、

リングのデザイン選びの際、
脇に置いてあったダイヤモンドのショーケースを
見てみるとおおよその相場はわかったような気がしました。

 

【昔は給料の三ヵ月分と言われていた】

もう死語になりつつありますが、
婚約指輪の相場は給料3ヶ月分という言葉を
当てはめてみると、もしこれで3ヶ月分だったら、

生活はすこし厳しいのではないかとは思いましたが、
そこは触れないようにしたいと思います。

主人選んだ婚約指輪のブランドは国産ブランドでした。

海外の有名ブランドのブティックも数カ所
回ったようでしたが、ダイヤの質を重視するのであれば、

海外ブランドと同額を出した場合でも
2ランク以上良いものが購入できるようでしたので、
国産ブランドを選んだようです。

 

【婚約指輪の素材は純プラチナ】

私としては、ダイヤよりも普段肌に触れる
リングの質の方が気になっていたので、
プラチナの純度が99.5%以上のものを選ぶようにしました。

リングのデザインを選ぶ際は、結婚指輪も同一の
ブランドで購入することを2人で相談して決めていたので、

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けした時にも違和感の
ないようなデザインのものを選ぶように意識していました。

リングのデザイン選びは、総数で三回ほど
ショップの方へ訪問した記憶があります。

そして、私の指が一般サイズよりも細く
4.5号だったため、試着するリングのサイズが
合うものが少なく、試着に数度訪問したような記憶があります。

最終的な出来上がりについては、
自分で気に入ったデザインを選ばせてもらえたことと、

主人が私のために選んでくれた
ダイヤがついているものなので、とても気に入っています。

 

【兄の結婚式に参列】

プロポーズが無事終わったあとは、
今回の契機になった兄の結婚式に
婚約者となった主人も一緒にに参列することになりました。

プロポーズされたので、
私もいづれ結婚式を上げる身として

兄の結婚式を自分が式を執り行う場合は
どうするのかを意識しながら参列していました。

手元の薬指には2人で選んだ婚約指輪が輝いていました。

兄の結婚式で晴れの日であるとともに
自分自身にもやがて訪れる晴れの日に向けて
とても心穏やかな一日だったと記憶しています。

 

プロポーズ以降は
自分たちの結婚式を翌年に開催したのですが、

それまでの準備は一年近くは猶予がありましたので、
結婚式の前撮りをかねて沖縄に旅行に行ったりと
楽しい時間を2人で過ごすことができました。

その他、
結婚式場選びに明け暮れるようになりました。

結婚式場の下見や事前の準備の作成など
結婚式に向けて一番大変ではありましたが、

思い返すとこの時期が
夫婦として楽しい時間だったかもしれません。

現在の指輪についてですが、
第一子が誕生したのを機にめっきり婚約指輪を
薬指に嵌める機会は減ってしまいましたが、

たまに寝静まった我が子の脇で婚約指輪を眺めるなどして、
当時の思い出に浸り、楽しく過ごしています。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

東京都I様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

指輪のセミオーダーのエピソードありがとうございました

婚約指輪=ダイヤの指輪をパートナーに贈る為にオーダー
でも比較的に簡単に進めることができる「セミオーダー」
をお二人がチョイスしたのはグッドだと思いました(^-^)

というのも、当店もフルオーダーもセミオーダーどちらも
しているのですがフルオーダーは本当に難しいんですよね。

その理由はデザインが無いまっさらな状態から始まるので
フルオーダーメイドは、スタートから難易度が高いんです。

予め自分が作りたいと思うデザインがあるなら見本として
デザインをカスタマイズしたりして指輪を作れるのですが
何も決まっていない状態から決めていくのは凄く大変です。

こだわりが強く、こういうのが作りたい!というデザイン
が決まっているならばフルオーダーのほうがお勧めですが
具体的に決まっていないならセミオーダーをお勧めします。

セミオーダーなら予め指輪のデザインが決まっているので
そのデザインの中から指輪を選んでダイヤモンドを決めて、

指輪に石留めをするとダイヤモンドの婚約指輪が出来ます
セミオーダーのほうがスピーディーに進められるんですね。

ダイヤモンドもランクによって値段がピンキリになります
ご予算の中で無理のない範囲で購入をするのがお勧めです。

当店はお客様のご予算に合わせて良いものを安く頑張って
ご提供いたしますのでお気軽にご相談くださいませ(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
3パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA