亡き旦那の思い出のプロポーズ!4月の誕生石ダイヤの婚約指輪-北海道H様

手作りブライダルリング専門店 ジュエリーコウキ
婚約指輪や結婚指輪を手作りする宝石専門店です!

当店は鍛冶と金物で全国的に有名な新潟県にあります
新潟県長岡市の田舎にある小さい宝石店と工房です
小さい店&工房ですが全国各地からご依頼を頂きます。

日本伝統技法の1つである鍛造で結婚指輪を作ります
鍛造(たんぞう)とは結婚指輪や婚約指輪の素材となる
プラチナやゴールドを鍛冶で鍛えながら指輪にします。

この技法は昔から受け継がれたハイレベルな技術です
鍛造を継承したジュエリー職人しか作れない製法です。

そのような理由から全国でも鍛造は極めて少ないので
各地から本物の鍛造指輪が欲しいとご依頼を頂きます。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目でジュエリー職人の池田です
職人歴は26年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造で手作りする結婚指輪をブログで発信しています
他に鍛造製法の工程や、鍛造の魅力を発信しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますし体験談ということで募集もしています。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

本日は、北海道 H様からお伺いしたエピソードです

社内恋愛から結婚をされた方の結婚までのエピソード
亡き旦那様のことを思い出しながら書いて頂きました。

記事を書いている間、旦那様のことを考えている時間
がとても懐かしく愛おしかったのが文面で分かります
暗い内容ではなく結婚って素敵だなと思う記事です!

=================================

 

題名

【今は亡き旦那のプロポーズ】

投稿者 北海道 H様

 

私達は再婚でした。

正確に言うと私は初婚、
夫は再婚という事になります。

夫と私は、職場が一緒で私の上司に当たる方でした
物腰が柔らかくて仕事も出来て尊敬出来る人でした。

ユーモアのセンスもあり、彼がいるだけで、
職場に花が咲いたように明るくなり、
とても人気がある人でした。

転勤族でしたので一緒に仕事をした期間は3年でしたが
気が合っていたので、転勤後も連絡を取ったりして、
遊びに行ったりしたこともありました。

その後、しばらく連絡が取れなかった時期があったのですが、
風の頼りで、病気で倒れて入院している事を聞きました。

そのお見舞いに行った事がきっかけとなり、
お付き合いがはじまりました。

 

【職場の上司との社内恋愛】

明るく楽しい人だったので、
いつも笑いが絶えない感じでした。

ある日、一緒にご飯を食べていた時のことです
彼は、たまごかけご飯が大好きなんです。

いつも本当に美味しそうに食べるのですが、
たまごの白身が苦手で、いつも黄身だけを上手に取って
おしょうゆをかけて食べるんですね。

その日も、同じように黄身の部分だけを
白いアツアツのご飯にのせて食べていたのですが
私の顔をじーっと見て、ニッコリと、

「たまごかけご飯、美味しいね。きみだけが欲しいな。」

と言ったのです。

 

【そのセリフがプロポーズの言葉】

私は最初、良く分からなかったんですが、
ずっとニッコリしていて、私の顔を見ているので、

「うん?そういう事?」と言ったら、コックリと
うなづき、一瞬の間があった後、爆笑になりました。

他のカップルみたく、素敵なシチュエーションで、
演出があってというようなプロポーズは一切なしで、

ともするとスルーしちゃうようなプロポーズの言葉でしたが、
明るい彼らしいこの言葉は、私にとってはとても嬉しかったし

私達らしいな~と、思い出す度に笑顔になり
大事に大切に思っているプロポーズの言葉です。

 

【北海道H様の結婚指輪】

結婚する事が決まり、
ここでもまた面白い事がありました。

とにかく、普通のカップルとはちょっと違う私達
「婚約指輪は特に要らないから、結婚指輪が欲しいな」と私。

早速、二人で結婚指輪を見に行きました
シンプルなデザインの物が欲しかったので、
デパートのジュエリーコーナーに行って探しました。

指輪の素材はプラチナがベースで、
真ん中にキラキラとしたダイヤモンドが
上品に埋め込んでいて、とても気に入り、
その指輪に決めました。

指輪の裏側には、
イニシャルを入れてもらいました。

私は結婚が遅かったので、
結婚指輪をはめることがとても嬉しくて、ワクワクでした。

 

彼も当然同じのを買うと思ったのですが、
「自分は指輪をはめないから要らない。」と言うんです!

「え~、はめなくてもいいから、おそろいで持とうよ。」
と言ったら、そうかな~と言って、

いろいろはめて見たのですが
はめてるうちに抜けなくなり、、

冷や汗の中、ようやく抜けて、
「やっぱり自分は、指輪は要らない!」と言って、

結局、私達の結婚指輪は、
私だけ単独の結婚指輪となったのでした!

【彼は、結婚指輪の代わりに時計】

でも、彼は彼で
同じ場所で売っていた
素敵な懐中時計が気に入り、

時計にイニシャルを彫ってもらって
大事に持ち歩いてくれました。

これも立派な結婚指輪ならぬ、
結婚時計、でしょうか(笑)

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズも順調に(?)終わった、
爆笑の私達でした。

再婚でしたが私の父も、ようやく決まった
娘の結婚をとても祝福してくれました。

挙式は特に上げずに、
写真館で二人だけの結婚式を挙げて、
写真撮影をして、みんなに配りました。

何故、披露宴をしなかったかというと、
実は、彼は、重い心臓病にかかっていて
無理が余り出来ない身体だったからです。

でも、持ち前の明るさで、
いつも楽しく明るく過ごして
本当に楽しい結婚生活でした。

 

8年後、彼の心臓の具合が悪くなり、再度緊急入院。

幸い、一命を取りとめましたが、その時、彼が、
「婚約指輪をあげてなかったね。
遅くなったけど、買いに行こう。」と言って、

私を、結婚指輪を買ったお店に再び連れて行って
婚約指輪を買ってくれたんです!

婚約指輪 北海道

【彼の愛が詰まった婚約指輪】

私の誕生石がダイヤモンドなので、
ダイヤのついた素敵な婚約指輪でした
思わず泣いてしまいました。

「婚約指輪は要らない」と言っていましたが、
やはり、本当の本当は欲しかったんですね。

そんな優しくユーモアのある夫は、
病には勝てず、4年前に旅立ちました
今は、天国から私を見守ってくれています。

結婚指輪も婚約指輪も、今も大切に持っています
お金に困ったら売りなさいと彼は言ってましたが、
決して売りません!(笑)

折しも今日は、夫の月命日です
これから、夫が眠る納骨堂に行ってきます。

あの、プロポーズの言葉を、
久し振りに思い出したので、
彼の前で一緒に笑ってこようと思っています。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

北海道H様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

旦那様のことを本当に愛されているんだなと感じました
そして、こんなに愛された旦那様が本当に羨ましいですね。

二人の出会いからの恋愛、プロポーズ、結婚という流れで
書いて頂いたんですが、旦那様のことを想い出しながらの
執筆ということで旦那様もきっと喜んでくれていますよね!

夫婦の形は色々あると思いますが、北海道H様のお話しは
深いな~と思いましたし逢いたいだろうな~と思いました。

私のことで恐縮ですが、細かい事で夫婦喧嘩をしたりして
なんと大人げないかと!この記事を読んで反省しましたよw
嫁さんや子供達にももっと寛大な気持ちで接していきます。

普通の生活がどんなに大切かという事も気づかされました
普通の生活に感謝をしながら精一杯に頑張ろうと思います。

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA