結婚指輪の付け心地は重要ポイント~指に馴染むフィット感が大切!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
鍛造の結婚指輪を工房で宝飾職人が作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造るという意味で鍛造と呼ばれる伝統技法の1つ。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
大量生産も不可能ですし作るのに手間が相当かかります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、奈良県K様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた奥様のお話しですが年下の旦那様との
出会いから付き合うまで、また結婚までのエピソード。

付き合う時もプロポーズも奥様からということでした
年上の彼女からのアプローチはちょっと羨ましいですw

年下年上とかは関係なしに、女性からのアプローチは
大抵の男性陣はドキドキすると思いますし憧れですねw

そして結婚指輪探しでは結婚指輪の付け心地の良さを
1番の重要ポイントにして結婚指輪を選んだそうです
それでは奈良県K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪選びは何よりも付け心地】

 

投稿者 奈良県K様

 

夫との出会いは高校時代にまで遡ります。

当時私は飲食店のアルバイトをしており、
ホールで接客をしていました。

そして夫は大学生で一人暮らしをしており、
私がアルバイトしているお店に、

厨房スタッフとして
アルバイトの面接を受けにきていました。

控え室で面接に遭遇した私は
こんにちは〜と軽く彼に挨拶しました。

付き合う事になってから聞いた話ですが、
彼はその時抱いた私への第一印象は、
化粧濃っ!だったそうです。

たしかに高校生なのでメイクを頑張っていました
今となっては、すっぴんで
髪ボサボサの日もあり懐かしいエピソードです。

 

【女性の告白でお付き合い開始】

一緒に仕事の時間を過ごす内に、私が彼に惹かれて、
思い切ってした告白が成功し無事お付き合い開始となりました。

高校生と大学生という間からで
色々不安もありましたが、とても幸せな日々でした。

しかしあっという間に時は過ぎ
20代も後半に差し掛かった頃には焦り始めました。

平和なお付き合いが続いているのですが、
ここで私が捨てられたら次の恋愛に踏み出す勇気も気力もない!
と、お付き合いの時の告白同様私から動き始める事にしました。

 

【女性からプロポーズ】

付き合った記念日に、ディナーに選んだお店にて、
これは今年もプロポーズは無いなと悟った瞬間に
私からそれはストレートに結婚しよう!と宣言しました。

さすがに付き合いの期間が長すぎて、
彼の性格や結婚に対する価値観も分かっていたので
断られる事は無いだろうとの勝ち戦でした。

緊張する事も無く、
彼はハハッと笑ってそうだね。と返すのでした。

 

【結婚指輪を選ぶ基準】

さて結婚準備の大きなイベントでもある結婚指輪ですが、
ジュエリーにあまり関心が無かった私が、
どのように結婚指輪を選んだかをご紹介していきます。

●結婚指輪ってブランドごとに何が違うの?

まずそこから疑問でした。
初めに結婚指輪の候補を選ぶとしたら
完全に見た目のデザインからになりました。

いきなり高級ジュエリーショップに飛び込む勇気は無かったので、
まずはネットで様々なブランドの結婚指輪のページを読み漁りました。

 

【結婚指輪は予算とデザインで選ぶ】

しかし結婚指輪のお値段って本当に幅広いですよね。

沢山見て行くうちに、デザインだけでは無く
予算も考えないといけないなぁと

そこからはデザインと予算で
2つの目線から選び、釣り合いが取れる指輪を探します。

全く違う路線でオーダーメイドの指輪で
有名なブランドも候補に入っていました。

周囲が既に結婚している友人が多く、
有名ブランドの指輪となると被ってしまう事も
出てくるなぁと考えていた所から出てきた案でした。

オーダーメイドだと完璧に自分の好きな
デザインになるのも大きなメリットですね。

●いよいよ実物にご対面

いくつかの候補に絞れたところで
ジュエリーショップに出向く事にしました。

高級ジュエリーショップに出向くのは緊張しますね!
決して若い方では無かったけれどあの雰囲気には圧倒されます。

 

【結婚指輪の付け心地は重要ポイント】

カタログを貰ったり、実際に着け心地を
試させて貰ったりと貴重な経験を積みました。

「付け心地」これは本当に重要なポイントでした。

指輪って自分が気にいるデザインも大切ですが、
ブランドごとに着け心地って全く違うんです。

短期間にこんな多くの結婚指輪を
つけた事が無かったのでこれには驚きました。

そして今から思えば、沢山の種類の指輪に触れたからこそ
自分の中の一番の結婚指輪が決まったと思っています。

オーダーメイドのブランドは
この時点で候補から外れました。

ショップまでは出向いて店員さんに色々教えて頂いたものの、
よくよく考えれば絵心もなく、ジュエリーに大きなこだわりが

無かった私が結婚指輪をオーダーメイドする程の
切望している構想図が無かった事に気がつきました。

結婚式の準備同様、それに追われてストレスに
なる事が怖かったのでオーダーメイドは諦めました。

 

【理想の結婚指輪と出会い】

沢山のジュエリーショップを回る中で、
デザイン的には1番とはいかない指輪だったのですが、

ジュエリーショップで指にはめた瞬間の
フィット具合に感激した指輪に出会いました
とても私の手に馴染んで違和感なく気持ち良かったのです。

デザインよりもひたすら着け心地に魅力されてしまい、
一瞬で心奪われこの結婚指輪に決めました。

結婚指輪 ゴールド V字

結婚指輪が決まった事で一安心しました。

両親への結婚の報告を済ませていたので、
両家の顔合わせと相成り、指輪の話も話題に登りました。

私が結婚指輪に決めたブランドは、
またまたですが彼が若かりし頃、

学生時代のアルバイト代から一生懸命お金を貯めて、
始めて私にプレゼントしてくれたジュエリーのブランドでした。

しいて選んでいた訳では無かったけれど、
これも運命だったのかなと今になって思います。

人生をひとつのブランドと共に
歩んで行くのはいいものだなぁと感じます。

そのブランドでは子供への贈り物にする商品もあり、
私は子供が生まれた時にそれを子供にプレゼントしました
長年私達家族に寄り添ってくれるブランドとなっています。

子供がパートナーに贈るジュエリーも
このブランドが候補に入ればいいなぁと密かに思っています。

 

結婚指輪は結婚式を挙げるハワイに
飛立つ前の受け取りにしていました。

事前に受け取りの日時もショップと打ち合わせをし、
いよいよ待ちに待った結婚指輪のお迎えです。

ショップの方もこのまま結婚式に飛立つ事を
知ってくれていたので、お祝いの言葉と共に
快く送り出してくれた事が嬉しかったです。

ショップで結婚指輪を受け取った時の
高揚感は今でも忘れられません。

結婚指輪を大切にハワイまで運び、
結婚式当日にはハワイで用意したリングリレーで
参列者から両親へと渡り私たちのもとまでやってきました。

今でも動画を見返すと、最高の景色の中で
ようやく結婚指輪を手にした私達はとっても幸せそうです。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

奈良県K様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

こちらの方の結婚指輪を選んだ最大のポイントは付け心地
リングの付け心地の良さを1番に考えての指輪選びでした。

結婚指輪を作る宝飾職人としての私の意見も同じです(^-^)
結婚してから1番身近で1番長くする指輪になるからです。

日常生活で毎日指輪を付ける方も多くいらっしゃいますし
日常生活なので家事も含まれますし付け心地は最重要です。

そして、指輪の付け心地が良い悪いというのはブランドで
決まる訳ではなくてリングの構造によって決まってきます。

オーダーメイドだろうがハイブランドだろうが全てを含め
リングの構造やデザインによって付け心地が変わるんです。

私は結婚指輪を作って27年になるベテラン宝飾職人です
デザインも大切ですが付け心地の良さの方が1番重要です
毎日するリングにストレスが無いように作るのが私の仕事。

もちろんデザインや伝統技法に凄くこだわっていますので
それにプラスして付け心地の良さを今後も求めていきます。

ちなみに、私が作る鍛造の結婚指輪の付け心地は抜群です
指輪の内側が内甲丸という丸く滑らかになっているんです
指に合いますし水はけも良いので結婚指輪に最適です(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
3パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA