結婚指輪探しの決め手は!サイズ直しなどメンテナンスが効くこと!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
鍛造の結婚指輪を工房で宝飾職人が作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造るという意味で鍛造と呼ばれる伝統技法の1つ。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
大量生産も不可能ですし作るのに手間が相当かかります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、三重県O様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は、婚約指輪にお金を使うなら毎日つける
結婚指輪のほうにお金をかけてこだわりたいそうです。

昔はダイヤの婚約指輪で彼女にプロポーズをしてから
婚約の証である婚約指輪を贈るのが定番でした(^^)
そして結納の場で婚約指輪を飾るという流れでした。

しかし現在は結納をする人が本当に少なくなってきて
結納って何?という知らない人も増えてきました(汗)
結納をしなくても婚約指輪だけ贈る人も増えましたね。

そして結婚指輪は今も昔も変わらない大切な指輪です
毎日ずっと身につける指輪だからこそこだわりたい!
というカップルが多いのは作り手として嬉しい事です。

それでは三重県O様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【彼のご両親までプロポーズ】

 

投稿者 三重県O様

 

主人とは大学1年の頃から付き合い、
9年目で結婚しました。

たまたま同じ大学で同じ学部学科、
しかも同じ専攻のクラスで
隣の席という偶然の出会いでした。

少しずつ話すようになり、
趣味も合って自然と一緒に
いるようになり交際が始まりました。

大学卒業後は、彼は就職の関係で
関東に行ってしまったため遠距離恋愛。

私も仕事熱心だったため、
関東に付いていくこともできず、気づいたら27歳。
遠距離も4年目になり私の寂しさや不安も限界。

 

そこで彼は転職をして
三重に帰ってきてくれました。

私は絶対、ここでプロポーズが
あるんじゃないか?と思いましたが、なし。

「結婚したらこういうことしたいね」とか、
「どんな部屋にしたい?」とか

それっぽいことを言ってくるけど
確信を付いてこないことに不安もありました。

もちろん私が仕事大好きだから
気を使ってるのかもしれないけど、、、
何かモヤモヤした日々。

ある日、彼がいきなり
「親が会いたがってるから
実家に来てくれない?」と言ってきました。

 

長い付き合いだったので、ご両親とはそれまで何度も
お会いしたことがあるので緊張せず行ってみたら、
何やらピリついた雰囲気。

義母が開口一番

「あなたたちいつ結婚するの?ていうか○○(彼の名前)、
長年付き合ってていい歳なんだからしっかりしなさい!」
と私の前で彼を一喝。正直スカッとしました。笑

そして、その場で結婚することや、
入籍する日まで決めました。

まさかご両親に呼び出され、
結婚の催促をされるとは。

 

【結婚指輪はオーダーメイド】

私は指輪をあまりつけないタイプ、というか
キラキラしたものがもともと好きではありませんでした。笑

どちらかというと服は脱いだら全部洗濯機に
放り投げられるような綿素材が多くて、
普段用のアクセサリーなんて持っていません。

婚約指輪はいらないと主人には言ってありました。
その分、結婚指輪はこだわって
オーダーメイドにすることにしました。

ゼクシィ相談カウンターで紹介された
指輪やさんの中で、1つお店を選びました。

そのお店は完全オーダーメイドなのに
そこまで高価ではなく、他の指輪やさんより比較的
指輪の重さが軽く仕上がるという点が気に入りました。

 

【結婚指輪を作っている工房へ】

直接お話を聞きにいくと、作っている工房が目に入り、
いろいろな完成サンプルを見せていただき直感で
「ここしかない」と決めました。

私は「シンプルで軽くて、キラキラしすぎない
ちょっと変わったデザインにしたい」という
ワガママざっくりなイメージがありました。笑

彼も仕事柄、作業しやすい
軽い結婚指輪を希望していました。

スタッフさんに結婚指輪の要望を伝え、
ちょっとアーチがかったシルバーのフォルムに決まりました。

 

結婚指輪の表と内側に
ダイヤモンドを入れる

また、とは言ってもダイヤと言われると
キュンとしたので小さなものはつけることに。

表に1つ、内側に1つダイヤをつけてもらいました。
内側のダイヤは、私の誕生月のブルーっぽい色のダイヤ。

結婚記念日の月でもよかったのですが、
色的に決めました。笑

お気に入りなのは、光沢を抑えていること。
ヤスリで削ったような、トーンを下げたシルバー。
普段使いにとっても合いそうで気に入りました。

アーチがかった結婚指輪

【結婚指輪のメンテナンスは必要】

嬉しいのは、これからサイズが変わったり、
汚れてしまったときなメンテナンスを
何度でもやっていただけること。

きっと指のサイズは変わるし、
家事をしていたら小さな傷も入るだろうし
ダイヤも曇るだろうし。

メンテナンスがあれば、思い切って
毎日身に着けることができるので助かるサービスです。

 

カップルにはいろんな関係性があると思います。

大きいダイヤのついた婚約指輪を
プレゼントしてほしい彼女もいれば、
そんなことにお金をつかわず旅行したい彼女。

指輪に無頓着でサプライズが苦手な彼氏もいれば、
給料3ヶ月分を使って高い指輪を贈りたい彼氏もいたり。

大きくて大切なお買い物だから、
2人で話し合っていれば素敵な指輪が見つかること間違いなし。

これから一生つけていくもので、
その時の思い出も詰まっている結婚指輪というもとは、
他のもっと高価なものより価値のある宝物になると思います。

 

【私の両親へ報告】

彼のご両親からのプロポーズ、
兼ご挨拶が済んでしまい、今度は私の両親の番。

彼も両親とは何回も会い
仲良くなっていたのでスムーズでした。

緊張してスーツを着てきてくれたのですが、
玄関に入ってすぐ「もういいよ!着替えな!
BBQしようよ」と母がびっくり発言。

気に入られてたし、結婚することは
もはや当たり前だと思われていました。

こうして両家の挨拶は何もしがらみもなく終わりました。
両家の顔合わせも何も問題なく終わりました。

 

【彼からのプロポーズが曖昧】

結婚前提の交際ということはわかっていましたが、
彼のプロポーズははっきりしたものはありませんでした。

しかし彼曰く、

「○○で遊んだときに○○でこう言ったことが
プロポーズだったんだよ、伝わってなかった?」
と私がまったく覚えていないエピソードを話します。

「子供がほしい」とか「一軒家に住もうね」とか
プロポーズを超えた発言ばかりで、
嬉しいけどそれはプロポーズじゃない!

ドラマに出てくるような
プロポーズは滅多にないのかもしれません。

 

とはいえ、両家が快く
結婚を認めてくれたのはありがたいこと。

長年の付き合いだからこそ、
こういう展開になって今ではよかったと思っています。

彼も、結婚に対して経済的な不安や、
私が仕事大好き人間だったので
その配慮も考えていたそうです。

プロポーズは男性がして当たり前、
という私の考えも偏っていたと思います。

入籍はゴールじゃなくてスタートだから、
プロポーズも結婚式の準備も、
指輪のチョイスってすごく大事な節目。

2人でよく話し合って
2人で一緒にすることが一番かもしれません。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

三重県O様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

結婚指輪にこだわりたい人はオーダーメイドがお勧めです
理由は簡単で自分達に合った結婚指輪が手に入るからです
しかしオーダーメイドには何種類かあるのを知ってますか?

1番多いのはセミオーダーメイド(セミオーダー)ですね
セミオーダーとは、デザインやパーツなどが決まっていて
自分好みにデザインやパーツを組み合わせカスタムします。

もう1つは、フルオーダーメイド(フルオーダー)ですね
こちらはデザインやパーツが決まっていないのでお客様が
自分達の好みでデザインを考えて工房で作ってもらいます。

どちらが簡単かというとセミオーダーのほうがサンプルや
カタログなどがあるので比較的に、制作が簡単に進みます。

フルオーダーの場合は、デザインを考えたりするので時間
がかかりますし店のスタッフさんや工房の職人さんに話を
聞いて相談しながら指輪制作を進めるのが安心できますね。

まずは結婚指輪をオーダーメイドにしたいなと思ったら
ネットで検索をして信用できる専門店を見つけるのがコツ

店のホームページやブログ、SNSなどをチェックすれば
信用できるかどうか自分に合うかどうか大体は分かります。

ちなみに当店は日本伝統技法の鍛造で指輪を作っています
私、池田が1つ1つ手作りで指輪を作る本物の専門店です
オーダーのお問い合わせはいつでも受け付けております!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
3パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA