婚約指輪とは二人の愛と絆の証!運命のエンゲージリングを探す!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
鍛造の結婚指輪を工房で宝飾職人が作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造るという意味で鍛造と呼ばれる伝統技法の1つ。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
大量生産も不可能ですし作るのに手間が相当かかります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、東京都S様から投稿を頂いたエピソードです

運命の婚約指輪を探しまわるエピソードの内容ですが
運命の婚約指輪は見つかったのか!凄く気になります。

プロポーズの時に男性側から箱パカでダイヤの指輪を
受け取ればそれがデザインに関係なく運命の指輪です
それはそれで女性にはとても幸せな指輪だと思います!

しかし、二人で運命の婚約指輪を探すとなると時間は
当然ですが必要になってきますし、どんな婚約指輪が
運命になるのかを決めるのもポイントになってきます!

女性だけの意見で買う場合もありますし男性の意見も
取り入れての場合もありますので、まず最初は二人で
どこが重要ポイントになるのか決めるほうが安心です。

ご投稿を頂いた方はどこに重要ポイントを置いたのか
それでは東京都S様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【運命のエンゲージリング】

 

投稿者 東京都S様

 

私と彼の出会いは婚活アプリでした。
ずっと海外で働いていた私は30を目前に本帰国。

帰国そうそうに「これからどうするの?」
「仕事ばかりで結婚は?」「彼氏もいないの?」
と親戚や友人に言われました。

30手前の女性がこんなに生きにくい
国だったなんて知りませんでしたよ笑

確かにパートナーは欲しいな、と思ったので
すぐ行動できる婚活アプリを活用しました。

彼との出会いは本当に偶然で、
お互いワインが好きで海外赴任経験があるという
共通点で盛り上がり、とんとん拍子に交際。

3つ下の彼はエンジニアでしっかり者。
毎週末デートに行ってました。

 

出会って一か月。

私がかねてから温泉に行きたいと言っていたので、
彼が温泉旅行をプレゼントしてくれました。

素敵な温泉で
のんびりしているときに突然のプロポーズ。

「僕は結婚したいと真剣に考えているよ」

まっすぐ向けられた視線に
私は驚いて「へぇ」としか言えませんでした。

正直なところ仕事が大好きでまだまだ働きたい、
結婚はその後、くらいに思っていたので

予想外の言葉に何も気の利いた
返事をしてあげられなかったんです。

彼も「まぁおいおいね!」
という感じで楽しい旅行で終わりました。

 

その後、少ししてから私の部屋で
お好み焼きを作っていた時のことです。

狭い賃貸マンションのため
部屋中には香ばしい良い匂いが立ち込めます。

心の中で「こればビールが合うだろうなぁ…
でも最近飲み過ぎているし…」とつぶやいていたその時

「我慢できない!ビール買ってくる!!」
そう言って彼はコンビニに向かってくれました。

実は二人とも大のお酒好きなのですが、
前日は飲まずに空けていたのです。

彼は私のために日本と海外の
ビールを2本ずつ買ってきてくれました。

「この人しかいない」

笑顔でビールを渡してくれる
彼を見て心の底から思いました。

「この間の話、よろしくお願いします。」

照れながら言う私を
彼は驚きながらも抱きしめてくれました。

 

【二人で一緒に婚約指輪選び】

私達はプロポーズが終わってからの指輪選びでした。

彼はもともと婚約指輪を
用意しようとしてくれていたのですが、

私の好みや欲しいと思うデザインをプレゼントしたい
との気持ちから一緒に選ぼうとしていました。

ただ、当の本人である私は…。
正直、婚約指輪の必要性をあまり意識していませんでした。

 

私の本音は婚約指輪よりも
新婚旅行にお金をかけたい

”ダイヤモンドなんてただの炭素でしょ?”
”そんなものよりも新婚旅行にお金をかけたい”
それが私の率直な気持ちでした。

楽しそうに宝石店を一緒に回ろうとする彼に申し訳なくて、
ちゃんと話し合おうと自分の気持ちを伝えました。
ちゃんとオブラートに包んで。

私の気持ちを聞き終えた彼は笑顔で言いました。

「これは誓いの気持ちを表すものだから」

「君を大切にしたい、一生大事にする、
そんな気持ちを込めるものだから」

「だから贈らせてほしい」

 

【婚約指輪は愛と絆を証明する指輪】

こんな風に考えてくれていたのか…。
自分が恥ずかしくなりましたし、
改めてこの人と出会えてよかったと思いました。

2人で話し合ったことで婚約指輪のデザインや方向性も
合わせることができ、色々なお店に行きました。

大道のCartierやTiffany、
スタージュエリー、ケイウノ、4℃、他。

色々なお店が集まっているところも見に行きました。
でもこれと言って私の心を惹かれる指輪には出会えません。

これは普段使いできなそう…
婚約指輪のデザインが凝りすぎ…
なんかキラキラしてる(当たり前ですが)…

もともと装飾品をあまり身に着ける習慣もなくて、
婚約指輪探しは時間がかかりました。

 

【運命の婚約指輪と出会う】

彼は根気よく一緒に探してくれましたし、
提案してくれました。

「これはどう?あっちも見てみようよ!
こんなの似合うと思うよ。」

本当に申し訳ない。でも本人がピンと来ない。
運命の一品に出会っていない。そんな気分でした。

2人ともほとほと疲れてきたとき、
たまたま入ったお店で今の婚約指輪を見つけました。

婚約指輪 ゴールド

ゴールドのサイドストーン
6本爪のダイヤの婚約指輪

シンプルだけどキチっと感があって、
それでいて可愛らしさもあって、
仕事上でもつけても問題なさそうな婚約指輪。

運命の出会い。
やっと出会えた。

お店の方もとても親切丁寧ホスピタリティにあふれ、
このお店なら間違いない。そう思いました。

なんでもここのダイヤモンドは
210面カットという特殊な加工をされているそうで、
ダイヤモンドの輝きが本当に素敵です。

時間をかけて運命の出会いをすることができて、
それを大好きな人から贈ってもらえて、本当に幸せです。

 

【挙式準備、現在進行中】

プロポーズを受け、
私たちは結婚の準備を進めています。

両親への挨拶、住む場所の準備、入籍の準備、
そんな中でも一番面白いと思ったのは結婚式の準備です。

結婚式の準備を通して、
改めて彼と結婚してよかったな。と実感しています。

私はもともと男兄弟のなかで育ったため、
男性的な思考が強い方でした。

結婚式も別に必要ないと思っていましたし、
効率的にすべてを進めていきたいと考えるタイプです。

彼はエンジニアなので最短で
効率よくというのは一致するのですが、
それがすべてではないと考えています。

私が無駄を省こうとすると、
本当にそれは無駄なのか、必要なことなのではないか?
と一度立ち止まり考えてくれます。

そんな彼の姿勢に私は何度も助けられています。

 

また彼と準備を進める中で
本当によかったなぁと思うのは、
ちゃんと話し合いができることです。

何事もそうかもしれませんが、
時には意見の食い違いが起こります。

そんな時、私たちはお互いの意見を伝え、
話し合い、整理し、決定することができています。

簡単なように思いますが、
これができるのは彼だからだと思っています。

最終的には「主役は君だからね」
という彼の優しい言葉に甘えることも多いですが、

こんなにちゃんと向き合い、
話し合える関係でいられることが嬉しいです。
まだまだこれから色々なことが起こると思います。

でも彼とならきっと乗り越えていける、
そんな風に感じる結婚式準備。
本番に向けて二人三脚を続けていこうと思っています。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

東京都S様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

東京都のS様は、ずっと海外で仕事をしていました
そして30歳目前になって日本に戻ってきたそうです。

日本に戻ってくるなり周りの人から結婚は?などなど
聞かれまくっていた本人は「30手前の女性がこんなに
生きにくい国だったなんて知りませんでした」という
記事にある言葉に、本当にそうだよなと共感しました。

何歳で結婚しようと関係ないと自分も思っていますし
30歳を境に周りから結婚の言葉が出てくるってのは
周りの勝手な考えで、もっと楽に生活したいですよね。

私は婚約指輪や結婚指輪を制作する宝飾職人ですので
色んな年代のカップルさんと打ち合わせをしています。

40代、50代、60代、年代に関係なく結婚指輪を
作らせて頂いていますが皆さん本当に幸せそうですよ!

先日は結婚40周年の結婚記念に結婚指輪のご依頼を
頂いて結婚指輪を作りましたが、本当に喜んで頂いて
作り手として感激しましたし素敵なご夫婦さんでした。

こういう幸せのお手伝いができる仕事につけたことに
本当に良かったなと感じていますしお客様に感謝です。

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
1パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA