入籍から1年後に結婚指輪を購入!結婚○周年に贈る人が増えてます

手作り結婚指輪の工房、ジュエリーコウキ
日本伝統技法で作り上げる鍛造の結婚指輪

鍛造(たんぞう)という伝統技術で指輪を手作りします
鍛えて造るという意味で鍛冶で鍛えて指輪を作ります。

伝統技術なので技術を受け継いだ職人しか作れません
師匠から弟子へ、昔から受け継がれてきた匠の技です。

鍛造製法を継承している宝飾職人はごく一部のみです
今現在、日本全国でも限られた人数しか存在しません。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目でジュエリー職人の池田です
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りする結婚指輪をブログで発信しています
他に鍛造製法の工程や、鍛造の魅力を発信しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、愛媛県H様から投稿を頂いたエピソードです

今回、エピソード記事を投稿していただた愛媛県H様の
付き合ったきっかけがドラマチックだなと思いましたw

仕事柄、二人が付き合ったきっかけやプロポーズなどの
エピソードを打ち合わせの中で聞くこともあるのですが
このようなエピソードは初めて聞いたので印象深いですw

専門学校の同級生で、彼が居候をさせて下さいm(__)m
というエピソードから始まるのでドラマのようですよw

そして結婚指輪を選ぶポイントも教えていただきました
入籍から1年後に二人で結婚指輪を購入されたそうです
それでは、愛媛県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【一年越しのプロポーズと結婚指輪】

 

投稿者 愛媛県H様

 

私と夫は元々専門学生時代の
クラスの学級委員同士でした。

当時実家暮らしの夫が両親と口論になり勘当され、
私は当時学生でしたが、夫は入学した年のうちに
退学していたので1年ほど音沙汰もありませんでした。

ある日夫から「唐突で申し訳ないけどしばらく
居候させてくれないかな?なんでもするから」
と相談がありました。

唐突で驚きましたが「きっと私に連絡するまで
何十軒と他を当たってきたのだろう…」

と困っている夫がとても哀れに思え、
居候させることにしました
夫の居候中、家事を全て引き受けてくれました。

 

【交際がスタート】

夫が居候してきて1ヶ月で交際を開始しました
彼氏というより家族のような感覚になっていました。

そして2ヶ月後、私は就職のため
県外に引っ越すことになりました
夫はアパートを借りてその近くに残りました。

私が引っ越して2ヶ月後に妊娠が発覚しました。

元々その年の9月に入籍を
するつもりでいたので少し驚きはしましたが、
自然な流れで夫が私の新居に越してきました。

ただ妊娠は想定外だったので出産費用を貯蓄するため、
結婚指輪どころではなくなってしまいました。

予定通り9月に入籍し、
入籍から4ヶ月後に出産しました。

 

【入籍から1年後に結婚指輪を購入】

結婚指輪のことなどすっかり忘れていましたが、
入籍して1年が過ぎた頃、ふと夫が
「そろそろ結婚指輪を買おうか」と言ってきました。

とても驚きましたが
(夫は結婚指輪のことなど頭にないと思っていたので)
私と夫のボーナスが入った週に結婚指輪の注文に行きました。

そして約2ヶ月後に結婚指輪を取りに行ったとき、
私の結婚指輪を手にして「これからも家族として一緒に
生きてくれませんか?」と私の手に指輪を通してくれました。

入籍の日はプロポーズもなく、
かなり淡々としたいただけに感動して泣けてきました。

今は3人の子供に恵まれ、幸せに暮らしています。

夫の給料だけで買ってくれた結婚指輪では
ありませんが2人で節約して2人で貯めたお金で
買った大切な結婚指輪なので思い入れも人一倍です。

 

【愛媛県H様の結婚指輪選び】

結婚指輪の形状については
特に揉めることもありませんでしたが、

ショップに実際に出向いた際、
ダイヤが入っていて綺麗だったことはもちろん、

「手と手を取り合っている」ように見えた
デザインの結婚指輪に目が止まりました。

普段、私と夫は価値観がかなり違うため、
何かを購入するときも喧嘩になることが多かったのですが、

結婚指輪を選ぶ時はとても穏やかに選ぶことができ、
私の希望通りの結婚指輪を購入しました。

結婚指輪 V字

V字のラインにダイヤが入った
結婚指輪のデザインに一目惚れ

私の結婚指輪はシルバーで小さなダイヤが4つ付いていて、
小さなダイヤが光に反射してキラキラ輝いていましたが、

決して派手なデザインの結婚指輪でもなく、
シンプルなデザインの中に可憐さを感じました。

また、職業柄どんっと大きなダイヤは付けられませんでしたが、
それでもこのシンプルなデザインがとても気に入りました。

夫の結婚指輪にはダイヤはありませんが、
形状は私のものと同じでシンプルですが、
むしろ派手なものが苦手な夫には丁度良かったのかもしれません。

私がこの指輪を一目見た時に
「手と手を取り合っているようで、
これまでいろんなことを乗り越えてきたからこそ、

これから何十年先もこの指輪のように
手と手を取り合っていけたらいいね…」とぼそっと呟くと、

夫が「そうだね。俺もこれがいいと思った。
これにしようよ。」と言ってきたので、かなり驚きました。

 

【結婚指輪の内側に刻印と誕生石】

結婚指輪の内側には私と夫の
イニシャルと結婚記念日を入れました。

お店の方から「指輪の内側にお好きなストーンを
入れることができますがどうされますか?」と言われて、

私は入籍月の9月のストーンを入れたかったのですが、
夫が私の誕生日ストーンを入れたいと言い張ったので、
結局指輪の内側にはエメラルドのストーンを入れてもらいました。

普段夫は5万を超える買い物には
どんなものであれ「高い」とぼやくのですが、
珍しいことに大人しくキャッシュで支払っていました。

とはいえ、夫のお金ではありませんし、
私たち夫婦の稼ぎの中で一生懸命節約をして
貯めたお金で買ったものですが…

それでも私の希望通りの結婚指輪を
購入できたことはとても嬉しかったですし、

今まで指輪など購入したことがなかったため、
指のサイズも知らなかったので、きちんと測ってもらい、
自分にぴったりの指輪を手にすることができて満足しています。

 

【プロポーズ後を振り返ってみる】

一年越しのプロポーズと結婚指輪になってしまいましたが、
今まで指輪が欲しいとあまりおねだりしたことが無かったこと、

入籍した日は淡々と婚姻届を出し、
ディナーを食べに行っただけで、
何のプロポーズの言葉もなかったですし、

「もうプロポーズも結婚指輪も諦めようか…」
と思っていた矢先だったので、

まさか夫から指輪だけでなくプロポーズの言葉まで
貰えるとは思っていなかったので驚きました。

そして夫婦となって
幾度とない価値観のズレで喧嘩もしましたし、

育児においてもすれ違い生活でしたので、
普段シャイな夫からプロポーズの言葉を受けた時は
色んな思いが溢れて泣いてしまいました。

 

【久々のデート】

たまたま子供を保育園に預けて有給を取って
指輪の購入をしていた隣県のジュエリーショップに
結婚指輪を取りに出向いていたので、

久しぶりに指輪をつけてランチをして、
ジェラートのお店に行ったり、服屋さんに行ったり、
温泉に行ったりと独身ぶりのデートをしました。

とても幸せな日でした。

今までは結婚指輪をしていなかったことから、
1人でリフレッシュがてらカフェに行くと

ナンパされることも度々でしたが、
指輪をつけてからはナンパされることもなくなりました(笑)

そして、友人の結婚式に参加しても
「独身?結婚指輪してないけど」と言われることもあったり、

入籍を知っている友人からは「離婚したの?」
などと言われることもありましたが、

今では「既婚者」であることを
一目で分かっていただけるので、説明する手間も省かれました。

そして現在、
3人の子供たちと(もちろん夫も)仲良く生活しています。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

愛媛県H様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

入籍から1年後に結婚指輪の購入とプロポーズエピソード
結婚をして1年後のサプライズは嬉しかったと思います!

昔は入籍をする日が結婚式ということが多かったものです
ですので結婚式で結婚指輪の交換をするのが普通でしたが
時代とともに結婚の流れが変化をしていると感じています。

入籍をする日、入籍日が必ずしも結婚式と同じではなくて
二人だけの大切な記念日に入籍という流れが多くなってて
入籍後の良い日に結婚式をするという方が多くなりました。

それに結婚式をするカップルさん自体が減っていますよね
結婚式ではなくてパーティーの形など様々の形があります。

ただ、結婚の形は変化してきても、結婚指輪を贈るという
流れは変化していないので指輪を作る職人として安心です
やはり二人の結婚の証となる結婚指輪は特別だと思います。

また、結婚指輪を贈る時期も昔と違って色々ですね(^-^)

昔は結婚式や入籍に結婚指輪を贈るのが圧倒的に多かった
のですが今は「結婚○周年に結婚指輪を作って欲しいです」
というご依頼が本当に多くなったと作り手として感じます。

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
1パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA