一粒ダイヤの婚約指輪でプロポーズ!ダイヤの大きさより質を重視!

結婚指輪の手作り工房、ジュエリーコウキです
鍛造という伝統技法で作り上げる結婚指輪です

新潟県長岡市にある工房で1つ1つを職人が作ります
日本伝統技法の1つ鍛造という技術で指輪を作ります。

鍛造(たんぞう)とは鍛えて造るという意味の言葉で
結婚指輪の素材となるプラチナやゴールドを鍛冶作業
でハンマーで叩いて強く鍛えながら造る伝統技法です。

世の中にある全てのジュエリーの中で鍛造で作られた
指輪は2~3%しかないと言われている究極の指輪です
鍛冶と金物で有名な新潟が誇る最高峰の指輪作りです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目でジュエリー職人の池田です
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りする結婚指輪をブログで発信しています
他に鍛造製法の工程や、鍛造の魅力を発信しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、徳島県H様から投稿を頂いたエピソードです

高校1年生から付き合ってきた彼との結婚エピソード
長いお付き合い期間の中、結婚までのエピソードです。

大学生になってからは遠距離恋愛で、就職してからも
遠距離恋愛が続いて彼からのサプライズプロポーズ!
という大恋愛のエピソードを教えていただきました。

彼女が憧れていたダイヤ一粒の婚約指輪でプロポーズ!
長いお付き合い期間でも新鮮で甘酸っぱいエピソード
それでは徳島県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【高校1年から付き合ってた彼と結婚】

 

投稿者 徳島県H様

 

高校1年生のときから交際を始めました
大学生になってからは遠距離になりましたが、

月に1~2回お互いが住むところを
新幹線で行き来しながら交際を続けてきました。

大学卒業後は就職して、彼は関東での勤務、
私は地元九州で働くことになり、遠距離恋愛は続きました。

大学時代より距離は離れてしまったのですが、
それでも月に1度ほど会っていました。

それでも始めたばかりの仕事のストレスもあって、
会いたいときに会えないことに
辛さを感じるようになっていました。

 

【逢いたい時に逢えない遠距離恋愛】

社会人1年目の冬、
年末に彼が帰ってくるため、

クリスマスは会えないかわりにと
年末に温泉旅行に行く約束をしていました。

だからクリスマスは友達とパーっと楽しもうと、
イブに私は友人と楽しく遊んでいました。

その帰宅後、彼から電話があり
「今から遊ぼう!」と言われたので、

こんな時に突然なんだと思いながらも
「電話で何して遊ぶの?」と聞くと

「下を見て」と言うのでマンション下を見ると、
なんとそこには彼の姿がありました。

 

【クリスマスに彼がサプライズ登場】

私はとても驚いたのですが、
車に乗ってと言われたので乗り込むと
そのまま海辺のホテルへ連れて行かれました。

戸惑いながらも彼の後についていくと、
そこは高層階の一室でした。

とりあえず話そうと言われ、話しているうちに、
最近のぎくしゃくしていた雰囲気もなくなり、
いつも通り楽しく会話をしていました。

会話の流れでなんとなく将来の話になったところで、
彼が突然背後からダイヤモンドの婚約指輪を取り出し、
素敵なプロポーズの言葉とともに指輪を差し出してくれました。

 

【クリスマスにプロポーズ】

ホテルに連れて行かれた時点で、
彼がこんな高級なホテルを用意するなんて、
もしかして…という気持ちと、

サプライズなんてされたこともなかったので、
まさか…という気持ちがあったのですが、

いざプロポーズをされたときは驚きと
感動で胸がいっぱいになりましたし、

彼とこれからもずっと一緒にいられるという
約束ができたんだと思うと嬉しかったです。

 

【彼からのダイヤの婚約指輪】

以前テレビの企画で婚約指輪を自分で
選んだかどうかというアンケートを一緒に観たときに、

私が何気なく、婚約指輪は自分で選ぶよりも
相手に自分のことを考えながら選んでもらうほうが嬉しいな

と言っていたのを覚えてくれていたようで、
婚約指輪は彼が選んでくれていました。

また、ブランドもプロポーズの何年も前に
私が憧れていると言っていたことがあるのを

しっかりと覚えてくれていたようで、
そのブランドを選んでくれていました。

リングの素材はプラチナで
ダイヤが一粒ついているデザイン

ダイヤ エンゲージリング

【シンプルな一粒ダイヤの婚約指輪】

彼が、これぞ婚約指輪というデザインを送りたかったのと、
私が普段からシンプルなものを好むので、

シンプルに一粒ダイヤモンドのデザインを
選んだのだと教えてくれました。

また心配性な私のことを考えて、
ダイヤモンドが服などにひっかかりにくい
デザインになっているものを選んでくれたようです。

さらに、彼は選ぶ際にダイヤモンドの大きさよりも
質の高さを重視して選んでくれたそうです。

ダイヤモンドの大きさより
ダイヤモンドの質を重視!

後から鑑定書をもらったのですが、
とても質の高いダイヤモンドだったので、
婚約指輪は高かったのではないかと尋ねると、

彼が「予算内で、そこまで質を重視しなければ
もっと大きいのを選べたし、もしかしたら女性からすれば
大きければ大きいほどいいのかなとも思ったけど、

俺は、多少小さくなったとしても
私には誰にも負けない綺麗さのダイヤモンドを
つけて欲しかったからこれを選んだ」
と言われて、とても嬉しくなりました。

長年付き合ってきて婚約指輪ほど私のことを
考えながら選んだものはないと言われて嬉かったですし、

私も今まででもらったプレゼントのなかで
一番の宝物になりました。

子育て中なので今はたまにしかつけられませんが、
つけているときは輝くダイヤモンドを見るたびに
もらったときのことを思い出して幸せな気持ちになります。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後、
私の両親と彼の両親に報告をしました。

いつ入籍しようかと話していたときに
彼の転勤が決まったのでそれをきっかけに入籍し、
私は職場を辞め、彼が住む場所についていく形になりました。

結婚式に関しては
お互いの地元で行うことは決まっていました。

ブライダルカウンターに行き、
式場の見学を数ヶ所したのですが、

たまたまプロポーズをしてもらったホテルのすぐそばにあった
式場のチャペルの雰囲気がとても気に入ったのでそこに決めました。

 

【アットホームな結婚式】

二人とも少人数でアットホームな結婚式がよかったので、
仕事関係は呼ばすに親族と親しい友人だけの結婚式にしました。

ウェディングケーキは、
高校から付き合ったということもあって、

同じ高校の制服を着た私たちのマジパンをつくってもらい、
校舎風のクッキーと一緒に飾ってもらいました。

また、割ると中から小さなハートの風船が
出てくるバルーンを各テーブルにとりつけ、

テーブルを周りながらそれを割り、
出てきたハートを持ってみんなで写真を撮りました。

さらに後から各バルーンで一つしか入っていない
赤いハートの風船をゲットしていた人には商品券の
プレゼントをするようにしたのはゲストにも喜んでもらえました。

 

【新婚旅行は京都】

新婚旅行はそのときお腹のなかに
赤ちゃんを授かっていたこともあり、
新幹線で行ける京都にしました。

そこでも歩き回るのは体力的にもきつかったので、
体験をたくさんする旅行にしようということで、
八ツ橋づくりや、陶芸、染め物体験などをしました。

あとは赤ちゃんが産まれたら当分行けないであろう
おしゃれなお店で美味しい京料理をたくさん食べました。

ゆったりとしたスケジュールでしたが、
その分のんびり過ごすことができたのでよかったです。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

徳島県H様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

高校生の時からの付き合い、しかも高校1年からとなると
かなり長い期間のお付き合いということになりますよね~

高校生、大学生、社会人と長い期間で色々とあったのだと
思いますので最終的に結婚ということは良かったですね~
相性が良いはずなので結婚してもきっと変わらないですね。

そして婚約指輪は、彼女が憧れの一粒ダイヤの婚約指輪!
今も昔もダイヤモンドの婚約指輪は女性の憧れです(^^)

ダイヤの硬さ、モース硬度10は地球上で1番硬いです
二人の愛、絆も地球上で1番硬いという理由で婚約指輪に
ダイヤの指輪が1番人気だと言われています(諸説あり)

昔からテレビドラマでダイヤの指輪が入った箱をパカッと
開けて、僕と結婚して下さい!という箱パカプロポーズの
イメージが強いので、ダイヤの婚約指輪は根強い人気です。

昔は立て爪のダイヤの指輪が、定番で根強い人気を誇って
いましたが、今は立て爪のデザインは少なくなっていて
立て爪だったとしても爪が低くなってて細くなっています。

爪でダイヤを留めない「伏せこみタイプ」のデザインや
小さいダイヤを沢山入れたエタニティリングなどあります
でもやっぱり今も昔もシンプルな一粒ダイヤが人気ですね。

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
3パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA