プロポーズも婚約指輪も無い (涙) 女性はダイヤの指輪に憧れます!

結婚指輪の手作り工房、ジュエリーコウキです
鍛造という伝統技法で作り上げる結婚指輪です

新潟県長岡市にある工房で1つ1つを職人が作ります
日本伝統技法の1つ鍛造という技術で指輪を作ります。

鍛造(たんぞう)とは鍛えて造るという意味の言葉で
結婚指輪の素材となるプラチナやゴールドを鍛冶作業
でハンマーで叩いて強く鍛えながら造る伝統技法です。

世の中にある全てのジュエリーの中で鍛造で作られた
指輪は2~3%しかないと言われている究極の指輪です
鍛冶と金物で有名な新潟が誇る最高峰の指輪作りです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目でジュエリー職人の池田です
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りする結婚指輪をブログで発信しています
他に鍛造製法の工程や、鍛造の魅力を発信しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、千葉県S様から投稿を頂いたエピソードです

プロポーズの言葉も無い!ダイヤの婚約指輪も無い!
女性はきちんとしたプロポーズの言葉が欲しいんです
女性はダイヤモンドの婚約指輪に憧れて欲しいんです。

リアルな女性の声、理想と憧れを聞いたように感じます
女心を理解しましょう!(自分が言われているみたいw)

男性の皆様!リアルな女心と葛藤が書かれた記事なので
記事を読んで頂いてプロポーズと指輪を贈りましょうw
それでは千葉県S様のエピソードをご覧くださいませ!

=================================

 

題名

【ダイヤの婚約指輪は女性の憧れ

 

投稿者 千葉県S様

 

出会ってから1年後に再会し、交際がスタート
交際後半年で入籍となりました。

恋愛に無頓着だった自分の突然の結婚とあって
家族にも友人にも寝耳に水、な状況での入籍でしたが…
なんとプロポーズの言葉、ありませんでした!

というのもの、交際がスタートした時点で
いまの主人には「結婚を前提とした交際にしてほしい、
こちらとしては今日にでも結婚したいと思っている」
と言われていたものを、

なんとかこちらが心の整理をつけながら
半年待ってもらっての入籍、
という形になったものですから、

主人からしたら
「つねにプロポーズしていたようなもの!」なんだそう。

恋愛至上主義でもなくこれといった
理想のプロポーズはない私ですが、

それでもやっぱり改めてかしこまった
プロポーズは欲しかった…と今になってみて思います。

 

その当時はすぐの入籍に
待ったをかけていたのは自分でしたから、

かしこまったプロポーズをせがむ立場にもなかったので、
今当時にもどってみてもやっぱり結果は同じだと思います。

今こうして文章に起こしてみると、
なんとも贅沢な文句だということは改めて自覚します。

自分との結婚を望みながら
交際してくれる主人との時間は、
私にはもったいない状況でした。

でも、うーん、やっぱりプロポーズの
エピソードとして語れる瞬間がないのも、
やっぱり悲しい!

ないものねだりなのでしょうが、一生に一度の
プロポーズの経験がある女性はとてもうらやましいです。

毎日のように結婚をせがんでくれた主人は
結婚から4年たっても変わらずの愛情を注いでくれます。

たぶん本人はプロポーズをしていないという自覚が
あまりないのではないだろうか…とも思っています
それはそれで、私たち夫婦らしくて良いのかもしれません。

 

【婚約指輪への憧れ】

私たち夫婦にはプロポーズがありませんでした。

交際前から結婚を希望して交際をはじめてくれた主人には、
プロポーズという概念がすっかりなくなってしまっていました。

プロポーズなし、ゆえに、婚約期間なし。
婚約指輪もなし、です!これには、
私のなかで二つのせめぎあう思いがあります。

婚約指輪というものへの普遍的なあこがれがあります。

しかしあこがれがあるからこそ、
実際にもし結婚指輪をもらっていたとして、

その指輪が気に入らなかったシチュエーションや
無くしてしまう可能性を考えると、

あこがれを抱きながらも思うようにならなかった不満で
気持ちが汚れてしまっていた可能性を考えてしまうのです。

結婚はした、それも好きな人と結婚することができた、
でも婚約指輪はあこがれとして残ったままである
これはこれでよかったかもしれない、と、最近は思います。

 

【婚約指輪を違う指輪にリフォーム】

私の結婚が終わったのちに、
母が自身の婚約指輪を
日常利用ができるような指輪に作り変えました。

こうして時を跨いで婚約指輪を
今に紡いでいる姿をみたときに、
婚約指輪の意義をみたように思いました。

結婚指輪のすばらしさを改めて知る思いでしたが、
だからといって自分の婚約指輪がないことへの不満は
とくに湧き上がってはこないことを自覚した出来事でもありました。

私には婚約指輪がありませんが、
主人からの愛情を疑ったことはありません。

ちなみに結婚指輪はしっかりといただきました
こちらは義母がデザインを施した、
義実家の家族が全員保有している指輪です。

 

【結婚指輪というより家族指輪でした】

あまり聞かないスタイルでしたので
最初はとまどう気持ちがありましたが、
今となっては家族指輪は特別にかんじています。

結婚はふたりだけのものではなく
家族を繋ぐものなのだと身をもって知った今だからこそ、
より家族指輪の意義を重たくかんじております。

家族指輪

【プロポーズ後のエピソード】

前述のとおり、私たち夫婦には
プロポーズらしいプロポーズがありませんでした。

交際前から結婚を望んでくれた主人を待たせつつ、
私が心の整理をつける時間をもらって
踏み切った結婚となりました。

その経緯を思い返すと、
主人は毎日がプロポーズのようなものでした。

「もうちょっと待って」を繰り返した自分が
「イエス」といったタイミングこそ結婚にむけて
具体的に動き出しタイミングだったはずなのですが、

なんと、思い出すことができません…
ちょっと反省の気持ちが湧き上がってきました。

私の退職と引っ越しを伴う入籍となったため、
退職の話を具体的にすすめたときが
イエスの回答の代わりになっていたように思います。

自分は改まったプロポーズがなかったことに
若干の不満をかかえておりましたが、

結婚の意思を伝えてくれていた主人に改まった
「イエス」を返していなかった自分に気が付きました。

恋愛、結婚はふたりもので、
もらってばかりでは成立しなはずなのに。

 

何事も自分よがりに考えてしまって、
もらうことばかりを考えてしまい、

自分が与える側として充分な行いができていないことに、
いまさらながら気づかされた思いです。

私がプロポーズのイメージを
漠然と抱いていたのと同じように、

もしかしたら主人は花嫁に「イエス」を
言ってもらえるシチュエーションを
頭に浮かべていたかもしれない…

考えすぎて、そんなこと
どうでもよかった可能性もあるのですけどね。

でもそれは私がそう決めつけられることではありません
やっぱり反省が頭をよぎります。

現在は結婚4年目です、5年目、10年目の節目の際には、
自分から行動して結婚に前向きに動いてくれた主人に
恩返しの言葉を返していけたらいいなぁと思っています。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

千葉県S様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

やっぱり女性はプロポーズの言葉が欲しいんですよね!
自然な流れで結婚も良いですが「言葉」が欲しいんです

「結婚して下さい!」という一言が女性は嬉しいんです
何も語らなくても分かる!ではなく言葉で伝えましょう

そして女性はプロポーズの言葉と同じように婚約指輪が
欲しいと心の奥では思っている人が断然に多いんです!
言葉では指輪はいらない。と言っても本心は違います!

ダイヤの婚約指輪を好きな人から贈ってもらうという事
これは子供の頃から憧れている女性が多いと思います!
箱パッカーンでダイヤの指輪!このイメージは強いです

実際に某アンケートで「ダイヤの婚約指輪を貰いたい?」
という質問に、ほとんどの女性がYESだったんですよ
プロポーズとダイヤの婚約指輪は女性にとって特別です!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
3パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA